図書館戦争のロケ地は全国にある!注目のロケ地を知る完全攻略まとめ!

あまりの人気ぶりに続編も制作された「図書館戦争」。

その「図書館戦争」のロケ地が全国に散らばっているのをご存知でしたか?

全国のどこに図書館戦争のロケ地があるのか、どんなシーンに使われていたのかを細かく調べてみました。

これを読めばロケ地めぐりはばっちりです!

かっこよさと胸キュンで夢中になった!図書館戦争って?

「図書館戦争」とは有川浩さんの小説「図書館戦争」を実写化した映画です。悪影響を及ぼすとされるメディアの取り締まりが強化された日本で本の自由を守るために作られた図書館の自衛組織図書隊を舞台としてストーリーが描かれています。
本を守るために必死に戦う図書隊の姿臨場感あふれる肉体戦緊張感がとめどない頭脳戦、さらには主人公と上官の恋愛模様友人愛あふれるストーリーにファンが多く人気な作品です。

大人気の原作漫画を忠実に再現!

同じく「図書館戦争」の小説を原作とした漫画弓きいろさんによって描かれていますがこちらも大人気です。小説を知らず漫画から図書館戦争にはまったという人も多くいるようです。原作の小説のキャラクターがそのまま出てきたような躍動感あふれるキャラクターは多くの漫画ファンに愛されています。
映画「図書館戦争」では小説のストーリーと漫画のキャラクター感を忠実に再現しながらも映画独自のストーリーも盛り込んだ魅力的な作品となっています。かつて原作が実写化された作品でここまで原作ファンが夢中になった作品はなかったのではないでしょうか。人気の為続編も制作され図書館戦争は多くの人に愛される作品となりました。

主役を務めたのは演技力とアクション力が高く評価されているあの人!

映画「図書館戦争」の主役を務めるのは岡田准一さんです。正義感あふれ毎日厳しい訓練をこなしどんなことがあっても部下や本を愛する人を守るために戦い抜く堂上教官を演じたのですが、もともと演技力とアクションシーンに高い評価がある岡田准一さんなだけあってスピーディーな動きと原作そのもののキャラクターに称賛の声が集まりました。

女の子のトキメキが全部つまってる!?上司や彼氏、夫としてもあり!

厳しくも優しいツンデレな堂上教官はもともと高い人気があったキャラクターだったので実写化にあたり公開前は不安の声もあがっていましたが、映画公開後は「岡田准一さん以外に堂上教官はあり得ない」「岡田准一さんが演じることで堂上教官がますます好きになった」との声が多く上がり映画が大成功した理由のひとつともなりました。
部下に厳しいながらも愛情をもって接し、好きな人を多少心配しすぎかなと感じるほど大事に守ろうとする堂上教官の姿に「こんな上司が欲しい!」「堂上教官に叱られたい!」という声が多発、それだけでなく彼氏だったら、夫だったらとファンの妄想はとまりません。

図書館戦争のロケ地めぐりがしたい!でもどこにあるの?

映画「図書館戦争」にはまると訪れたくなってしまうのがロケ地。実際に映画が撮影された場所を訪れるとさらに作品が楽しめますよね。でも実際にどこにロケ地があるのかはあまり知られていません。実は映画「図書館戦争」のロケ地は全国にあるんです。もしかしたらあなたの住んでいる地域にもあるかもしれませんよ。

図書館戦争のロケ地は東京だとどこにある?

ドラマ「図書館戦争ブックオブメモリー」にて榮倉奈々さん演じる笠原郁が家族と堂上教官と訪れたのが、東京都調布市にある「そば処湧水」です。運が良ければお店の方に頼んで実際に撮影に使用されている席の撮影や座らせてもらう事も可能なようです。
ドラマ内で出てきたものと同じメニュー「湧水もりそば」と「天ぷら盛り合わせ」は味も格別なようです。ロケ地めぐりするのであれば、食事の時間もロケ地めぐりをしたいところ、その点この「そば処湧水」はお腹も気分も満たしてくれてピッタリですね。

図書館戦争のロケ地が北九州にもあった!

映画の中でも頻繁に登場する関東図書基地のロケ地となっている北九州市立中央図書館はロケ地の中でも有名です。事務所で館内撮影の許可をもらえれば写真撮影を行うことも可能な為ファンが訪れやすい場所でもあります。
映画の中の重要なシーンである良化隊襲撃のシーンもこの北九州市立中央図書館で撮影されているので映画を見ている人には必ずどのシーンか分かるはずです。館内だけではなく渡り廊下や屋根の上も映画で出てくる場所なので見逃さないようにしてくださいね。

図書館戦争のロケ地が横浜にもあるって本当?

映画「図書館戦争ザラストミッション」にこの横浜の「アルテリーベ」というお店が登場します。主人公の郁が手塚彗という人物と食事をする場面で使用されているのですが堂上教官が郁を迎えに来るトキメキの多いシーンでもあります。
おしゃれで落ち着いた店内はランチもディナーもやっており、生演奏を聴きながら食事を楽しむことが出来ます。ロケ地めぐりをした感想を語らいながら特別な夜を過ごすのも素敵ですね。

茨城にある図書館戦争のロケ地って?

茨城県にあるロケ地は水戸市立西部図書館です。個性的な円形構造のこの図書館は映画の作中の日常的なシーンで多く登場しています。図書館としても使いやすく地元民に人気のある図書館です。

外せない!仙台にある図書館戦争のロケ地とは?

仙台で外せないロケ地といえば宮城県図書館です。劇中では水戸図書基地として出ています。戦闘シーンが撮影された場所は今は「カミツレ広場」という愛称でファンが多く訪れる場所となっています。

このシーン見た見た!となる福岡の図書館戦争のロケ地はどこ?

福岡のロケ地として北九州美術館も外せません。劇中では小田原情報歴史図書館として登場しました。戦闘シーンのメインとなるので見覚えのある外観に感動を覚えるファンは少なくないようです。北九州市立中央図書館とあわせて訪れたいロケ地ですね。

ロケ地めぐりでもっと図書館戦争を楽しんじゃおう!

. 図書館戦争好きすぎて図書戦垢つくりました? #図書館戦争 #堂郁 #小毬 #手柴

コ ー ラさん(@library_wars18)がシェアした投稿 –

もともと図書館戦争が好きな人もロケ地巡りをすることでより深く図書館戦争が楽しめると思います。マナーを守ってモラルある行動でロケ地めぐりを楽しんでくださいね!