【ドラゴンボール】バーダックは偉大な戦士!壮絶なる伝説よもう一度!

語られる機会は少ないながら、抜群の存在感を誇る孫悟空の父・バーダック。未来を変えるべくたった一人で挑んだ最終決戦は、今なお語り草になるほど。更に後年では、何とスーパーサイヤ人伝説の原点になったかもしれないという更なる伝説を作り上げた偉大な男・バーダック。彼の戦いに満ちた生涯を今一度振り返る事で、伝説を追体験してみましょう!

偉大なオヤジ・バーダックとは

バーダックとは、ご存知ドラゴンボールの主人公・孫悟空の父である人物で、その人物像は、TVスペシャルとして放映された「たったひとりの最終決戦」にて描かれました。
名前の由来はサイヤ人の命名規則通り(野菜に関するネーミング)、ゴボウの英名であり、さすがは主人公の父というべきか、悟空同様サイヤ人の下級戦士でありながら、幾度も死線を潜り抜けた事によりその戦闘力は10000に達するほどの強者でした。
登場作品は少ないものの、主人公の父ということもあり、後年ゲームなどで再登場する機会も多く、知名度は中々高いものがあります!次項以降は、彼の登場作品や、人物像について解説いたします!!

バーダックの登場作品紹介!

TVスペシャル「たったひとりの最終決戦 ~フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父~」

バーダックの初登場作品が、ドラゴンボール初のオリジナル長編TVスペシャル「たったひとりの最終決戦」です。
ドラゴンボール本編開始以前の物語が描かれた本作では、本編で台詞のみで語られた惑星ベジータ消滅サイヤ人の滅亡、そしてバーダックがサイヤ人が滅亡する未来を見た事をきっかけに、未来を変えるべくその元凶であるフリーザにたったひとりで挑む姿が描かれます。
完全アニメオリジナルストーリーでありながらその完成度は高く、原作者の鳥山明をして、「僕だったら絶対描かない話。いい意味で違うドラゴンボールを見ている感じがする」と言わしめ、数多い劇場版やTVスペシャルの中で本作が最も好きであると発言しています。
 
果たして、バーダックは未来を変えることが出来るのか?その結末とは・・・

漫画に逆輸入?

TVスペシャル1作のみの登場でありながら、大変強い印象を残したバーダック。
原作者の鳥山氏は、「たったひとりの最終決戦」の完成度の高さに感動し、アニメオリジナルキャラであるバーダックを、なんと原作に逆輸入する形で登場させます!その場面がこちらで、フリーザが悟空と対峙した際、彼の容姿がかつて自分に抵抗をしたサイヤ人(=バーダック)とそっくりである事に気づくというシーン。
フリーザはサイヤ人を滅ぼした張本人にして、サイヤ人編~ナメック星編の大ボスともいえる存在。バーダックを僅かながら登場させることにより、物語に深みを加えるその手法はお見事という他ありません!!

その後を描いた映画

TVスペシャルにて壮絶な最期を遂げたはずのバーダック。しかし何らかの影響により、彼は死ななかったうえ、過去の惑星ベジータ=惑星プラントへ飛ばされていた・・・!
そんな彼の意外過ぎる後日談として話題を集めたのが「ドラゴンボール エピソードオブバーダック」です。惑星プラントに飛ばされたバーダックを待ち受けていたのは、フリーザの先祖である宇宙海賊・チルド率いる軍団でした。
フリーザ同様、圧倒的強さを誇るチルド。自分はまたも、なすすべもなく敗れるのか?そんな彼の自分への怒りが、バーダックをスーパーサイヤ人に変身させるのです!!
大逆転でチルドを下し、惑星プラントを救ったバーダック。これこそが、スーパーサイヤ人伝説の始まりとなったのか?それは誰にも定かではないのです・・・

バーダック・壮絶な人生

仲間想いのサイヤ人

生粋のサイヤ人であるバーダックは、当初フリーザの下で、仲間であるトーマ、トテッポ、セリパ、バンプーキンらと共に他惑星の破壊及び侵略による地上げを行いながら戦いに明け暮れる日々を過ごしていました。
性格は粗暴かつ口も悪いながら、仲間想いであるバーダック。彼が最後の戦いを挑んだ理由の一つが、フリーザ一味に殺された仲間たちの仇を討つことでした。
その反面、生まれたばかりの息子・カカロット(=孫悟空)に対する愛情は薄く、カカロットの低い戦闘力を見て「何の見どころもない下級戦士のクソガキ」呼ばわりしてしまいます。
そんな彼に、転機が訪れます・・・

破滅の未来を見た男

ある日、仲間らと共にカナッサ星を侵略したバーダック。そこで彼は、カナッサ星の戦士・トオロから未来を見せる幻の拳を撃ち込まれます。
その時以来、彼は時折自身や惑星ベジータが滅びるという予知夢を見ることになってしまいます。そしてその夢通り、フリーザ一味はサイヤ人に反旗を翻すべく行動を開始、手始めにバーダックの仲間たちを殺害してしまいます!
フリーザは、日に日に力を増していくサイヤ人らが、いつ自分に牙をむくであろうことを考え、抹殺を決意したのです。
フリーザの裏切りを知ったバーダックは、フリーザと戦うよう同胞らに呼びかけますが、フリーザに疑問を持たない同胞達に一笑に付されてしまいます。バーダックは唯一人、滅びの運命に立ち向かう決意をするのです・・・

未来を変えるか!?壮絶な最期

惑星ベジータに向かうフリーザの宇宙船に向かうバーダック!途中フリーザ軍兵士らの妨害に合うも、見事な戦闘技術でこれを蹴散らします!バーダック強し!!
そして遂にフリーザと対峙するバーダック。フリーザに向けて、すべての命運をかけたバーダック渾身の一撃が炸裂します!!
しかし、フリーザの力はそれをはるかに上回っていました。フリーザの指先から発した光弾はとてつもない大きさとなり、惑星ベジータを直撃する!その威力になすすべもなく吹き飛ばされるバーダック・・・
そんな彼が最後に見たもの。それは、成長したカカロットがフリーザと対峙する未来の姿でした。その光景を見てニヤリと笑うバーダック。「カカロットよー!!!」息子に後の事を託し、バーダックは惑星ベジータと命運を共にするのでした・・・

ゼノバースでの大活躍!

エピソードオブバーダックにてスーパーサイヤ人に覚醒したバーダックですが、更なるパワーアップを遂げている作品があるのをご存知でしょうか?
それがゲーム「ドラゴンボール ゼノバース2」です!今作では、当初黒幕であるトワに操られ仮面のサイヤ人として時空の改変を行っていました。これは惑星ベジータ消滅直前、トワによって別次元に連れてこられたというのが真相だったのです。
 
やがて洗脳が解けたバーダックは、トワが主人公らを陥れるために作った時空の狭間にミラを道連れに連れて行き、一大バトルを展開!その戦いでバーダックは、スーパーサイヤ人、スーパーサイヤ人2、そして何とスーパーサイヤ人3へと覚醒し、ミラを打ち破るのでした。
戦いの中で強くなるサイヤ人・バーダックらしさあふれる展開は一見の価値アリですよ!!

戦士の伝説は永遠に

以上、悟空の父・バーダックの活躍を紹介しました!
粗暴で好戦的なサイヤ人ながらもどこか人間味があり、何より強いバーダックは、ドラゴンボールの中でも魅力あるキャラクターの一人であると言えます。
今後は更に、悟空との親子共演、悟飯や悟天との孫共演なんて増えると面白いかもしれないですね!!