【血界戦線】ホワイトの正体は?第1期のキーパーソンをネタバレ紹介!

今回お送りする内容は血界戦線の第1期オリジナルキャラクター、ホワイトの正体と体の秘密についてです!秋に始まる第2期血界戦線&BEYONDを見る前に、第1期のおさらいをかねてキーパーソンだったホワイトについて紹介いたします!

アニメ版オリジナルキャラクター、ホワイトって誰?

ホワイトとは、アニメ血界戦線第一期に登場するオリジナルキャラクター、メアリ・マクベスの通称です。

ホワイトはなぜ自らを幽霊と呼ぶのか、彼女とそっくりの男の子ブラックとは誰か、ホワイトの過去や行動など今回はネタバレ込みで紹介させていただきます。

自らをゴーストと名乗る少女の正体は?

レオが出会ったホワイトことメアリ・マクベスは、自らをゴーストと自称する少女です。もうすでに3年間心臓が悪い為にセントアラニアド中央病院に入院しており、レオとは彼女のお気に入りの場所、病院内にある墓地で出会いました。

性格は勝気でおてんばですが、現在は心臓の疾患で入院している為におてんば度合いは病室を抜け出して院内墓地に行く程度に留められています。レオに対しては良い奴と呼び、好意を寄せていますが、彼女の目的の為に気持ちを押し殺している面があります。

ブラックと呼ばれる双子の兄がおり、兄弟仲はとてもよく兄が見舞いに来たときも楽しそうに話をしています。

ホワイトの双子の兄、ウィリアムとの関係

ホワイトの双子の兄、ブラックことウィリアム・マクベスは産まれ付きPSIと呼ばれる特殊能力を持った少年です。メガネをかけ、身長が低いことから子供のころは同級生にいじめられていた虐められっ子ですが、性格は優しく、妹思いな性格をしています。PSIについては両親共に術士と呼ばれる特殊能力保持者で、PSI能力保持者の中でも特別に強い力を持っています。

しかし、幼い頃にそのPSIを無闇に使用しその能力の使い方に恐怖を覚えて以来、使いこなせるようになるまではPSI能力に頼らずに生きていくと自身に固く誓っています。

双子の妹、ホワイトとはとても仲がよく、妹のカメラがいじめっ子達に取り上げられた際は勇気を振り絞ってカメラを取り返す等、大変妹思いの兄でもあります。

ホワイト&ブラック。双子の声優を演じたはこの人

ホワイトとブラック、双子の声を演じるのはベテラン声優の釘宮理恵で、釘宮の代表作には銀魂のヒロイン神楽、鋼の錬金術師のアルフォンス・エルリック、エルドライヴのドルーなどが上げられます。

アニメ版オリジナルキャラクターとしてアニメ版のみ登場するホワイトは監督の松本理恵自身が原案を書き、原作者の内藤康弘が監修しています。第一期が放送された際に原作者の内藤はホワイトはなかなか全貌を掴ませてくれない不思議な少女だとホワイトの人柄について触れており、彼女がレオ達と出会いどんな化学反応を起こしてくれるのか、今からとても楽しみですとコメントしています。

ホワイトの体に起こった悲劇、結界の行方と彼女の体の秘密に迫る!

ベンジャミン・マクベス、母、エマ・マクベスLHOSに所属する術士として活動しながらも二人の子供を大変愛していました。郊外に家を構え酒造業を営み、広く広大な湖のほとりの土地で羊をはじめ様々な動物と暮らしながら子供達の成長を日々楽しみに生活をしていました。

PSIを持つ兄のウィリアムPSIを持たない妹のメアリ。ベンジャミンとエマはPSIの有無に関わらず分け隔てなく二人を育て、それぞれの悩みや思いに向き合ってきました。他の術士よりも強いPSIを持って産まれてきたウィリアムは力の制御以外は普通の子供として育てられたのは実に幸運で、その為妹思いの優しい兄という性格のまま育ちました。

PSIを持たないメアリはその事をコンプレックスに感じながらも、しっかりと家族に愛されまた家族を深く愛していました

行方不明の最後の一つ、結界は彼女の体の中に…

3年前、アメリカの大都市、NYを突如大崩落と後に呼ばれる天変地異が襲いました。ある日突然異界との門が開き、NYは重力を始めとする様々な法則が捻じ曲げられ混沌とした世界となりました。

LHOSの構成員の両親と共に、ホワイトとブラックはその日NYにて大崩落を経験、ホワイトは崩落の最中に命を落としてしまいました。 止まってしまった心臓の変わりに両親は大崩落を防ぐ為の結界を自分達の命と引き換えに心臓に埋め込み、ホワイトは生き返ります。

しかし、生き返り、探し当てた兄の元では更なる絶望がありました。

そして絶望へ。絶望をもたらす絶望王との出会い。

ホワイトを一度失い、彼女が生き返る代わりに両親を失い、深い絶望に打ちひしがれていたブラック。一度は命を失い、両親の代わりに蘇りながらも助からないかもしれないという絶望に打ちひしがれていたホワイト

二人の絶望は異界で長く人々の絶望を傍観し続けてきた存在、絶望王を呼び寄せてしまいました。妹には何も無い、奪うなら僕から奪うんだ。二人に対峙した絶望王からホワイトを守る為にブラックは自らの肉体を宿木として絶望王に差し出します

そして大崩落から生き残ったその後、本来心臓が止まっているところを無理に結界で動かしている為にとても心臓の動きが不安定なホワイトはセントアラニド中央病院に入院。ブラックは自身の持っているPSIをホワイトの生命維持に使い続けていました

【ネタバレ注意】ホワイトの命を掛けた思いとは

大崩落から3年後意思を持つ結界として生きていたホワイトに転機が訪れます。それは、お気に入りの院内墓地に現れた神々の義眼を持つ少年、レオナルドとの出会いでした。神々の義眼を手に入れろ。ウィリアムの体を返す交換条件に絶望王が提示したのは、レオナルドの持つ能力でした。

自身の身代わりになって絶望王を体に宿し、さらに自分の心臓代わりの結界を維持するために無理をしていると、知り合ったばかりで仲良くなりたいと思っている何の罪も無い男の子。ホワイトは最初こそ絶望王の提示に乗りましたが、レオとブラック、友情と親愛の間で苦しみ何度もレオを捕らえることを躊躇します。

散々苦しんだ結果、ホワイトが助けたいと選んだのはブラックでした。

たとえ全てを失っても…。彼女には守りたい人が居た



レオを落としいれ、神々の義眼を絶望王に渡す、それはつまり絶望王がPSIと神々の義眼をつかって結界を読み解き二次崩落を起こすことを意味しています。そして、大崩落を起こすには自分の命、心臓に埋め込まれている結界が破壊され命を落とすことも。

ホワイトが居ない世界など消えてしまえば良いと考えていたブラック、ブラックを助ける為に自分の大切な全てを差し出したホワイト。ホワイトは絶望王によって射殺され世界は崩壊へと向かい始めます。

肉体を失い、結界としての機能だけのこったホワイトですが、レオの呼びかけで意思を取り戻し絶望王の中に眠るブラックを説得します。そして、二次崩落が止まり意思の無い結界として再生成され、その生涯を閉じました。

アニメ二期が始まる前に、血界戦線第一期を見直そう!

ここまで読んでくださりありがとうございます。今回はアニメ版血界戦線第一期のオリジナルキャラクター、ホワイトについて書かせていただきました。

ホワイトとブラックの双子はアニメ版の中でもとても好きなキャラクターで、以前ブラックの記事を書かせていただきましたが、今回はホワイトの紹介も書くことが出来とても嬉しく感じています。お互いがお互いの為に生きているといっても過言ではない二人。対照的なのにとてもよく似ている二人の事を書くのはとても楽しかったです。

私の私的な推測ですが、ブラックに憑依した絶望王の正体ですが、フェムト曰くローマ以降人々の絶望を見つめ続けた存在俺の名を当ててみろという口癖、口笛で吹いている魔笛というキーワードから推測すると、キリスト処刑時に生まれた絶望の具現ではないかと思われます。

血界戦線 Blu-ray BOX
血界戦線 Blu-ray BOX
posted with amazlet at 17.08.28
東宝 (2017-06-21)
売り上げランキング: 5,774
TVアニメ「血界戦線」オリジナル・サウンドトラック
岩崎太整
東宝 (2015-07-15)
売り上げランキング: 7,869