【金田一少年の事件簿NEO】新たな金田一は山田涼介!見どころやキャストを紹介

金田一少年といえば名探偵コナンと並んで有名な探偵シリーズですよね。今回はドラマ化され再び注目されている同作の魅力を徹底解剖します。

4度目のドラマシリーズ「金田一少年の事件簿NEO」とは

「金田一少年の事件簿」という作品をご存知ですか?探偵物好きの方であればもちろん知っているかと思いますが、同作は金成陽三郎と天樹征丸によるミステリーを題材とした漫画です。1992年から2017年まで週刊少年マガジンにて長期的に連載されているのですが、1995年からテレビドラマ化されているんです。

今回は「金田一少年の事件簿」のテレビドラマ版である金田一少年の事件簿NEOをご紹介します。テレビドラマ化は20年以上前から行われているのですでに11期に突入するほどの長寿番組と言えるでしょう。

初期のドラマでは堂本剛や松本潤が主演を務めていましたが、NEOでは山田涼介が主人公役を務めています。どうやら主人公の役は毎回ジャニーズから選ばれるようですね。こちらの記事もチェック!

金田一少年の事件簿NEOの主演は山田涼介!メインキャストも紹介!

主人公・金田一一(演:山田涼介)

金田一少年の事件簿の主人公である金田一一(きんだいちはじめ)を演じるのはHey!Say!JUMPの山田涼介です。不動高校の2年生でミステリー研究会に所属している彼は快活で情に厚い親分肌ですが、高所恐怖症持ちとなっています。名探偵コナンもですが、金田一もスケートボードの腕前はプロ級と運動神経は抜群となっています。

しかし、女好きで美雪という登場人物へのセクハラ行為がたまに傷となっています。ちなみに金田一の好物はだるま饅頭とおっぱいが好物となっています。
こちらの記事もチェック!

七瀬美雪(演:川口春奈)

七瀬美雪(ななせみゆき)はこのドラマのヒロイン的存在です。金田一と同じく不動高校の2年生でミステリー研究会に所属しています。明るく正義感を持った優等生のお手本のようなキャラクターです。ちなみに原作ではふくよかなバストという設定でしたが、ドラマ版では毎回演じる女優の体型に合わせて設定が変更されているようです。

美雪を演じるのは今人気急上昇中の川口春奈です。彼女のヒロインらしさ溢れる演技は見物です。

佐木 竜二(演:有岡大貴)

美雪と一の後輩に当たるのが不動高校一年生の佐木竜二(さきりゅうじ)です。彼もまたミステリー研究会に所属しているため、二人とは仲がいいです。テレビドラマでも原作の設定に忠実にビデオオタクとして描かれています。性格は控えめで内罰的となっています。

そんな竜二を演じるのは山田涼介と同じくHey!Say!JUMPに所属する有岡大貴です。彼もオタクとしての竜二をしっかりと演じています。

剣持 勇(演:山口智充)

推理物といえば刑事が大きなが大切な役割を果たしますよね。そんな重要な役割を担っているのが警視庁刑事部捜査第一課警部の剣持勇(けんもちいさむ)です。一のことを信頼していて、彼をサポートする役割となっています。

金田一ではなく、一と呼んでいるあたり仲の良さが伺えますね。そんな刑事役を演じるのはぐっさんこと山口智充です。彼の長年の経験から生み出される演技は必見です。こちらの記事もチェック!

金田一少年の事件簿NEOはゲストキャストも豪華!神木隆之介も登場!

蔵沢光(演:神木隆之介)

金田一少年の事件簿のドラマは山田涼介を主演に迎えている他、川口春奈など豪華なキャスティングを採用しています。しかし、実は本編に登場する主要なメンバー以外にも豪華なキャストが揃っているんです。たとえば、「金田一少年の事件簿NEO」では神木隆之介蔵沢光として登場しています。

蔵沢光は、金田一美雪と同じ不動高校の三年生であり、映画研究部部長監督を担当している人物です。世界的に有名な映画監督の蔵沢明を祖父に持っていますが、光自身も自主制作した映画「殺人鬼スコーピオン」で受賞したことのある才能の持ち主です。

真田コウジ(演:中川大志)

金田一の重大発表
中川大志実は生きてました的なものに
ならないかな、、、、、 pic.twitter.com/MBtHGWdwil

— ゆきぼう ❤︎ (@naka_mi_tai) 2014年8月9日

豪華キャストとして神木隆之介を紹介しましたが、実は他にもいるんです。いまやテレビで見ない日はないといっても過言ではない俳優、中川大志もゲストキャストとして採用されています。中川大志といえばシーブリーズのCMでイケメンで爽やかな先輩役として活躍していましたね。そんな中川大志が演じるのは、蔵沢光と同じ不動高校所属で映画研究部の真田コウジです。

真田コウジは、元陸上部の黒こげ男で、準グランプリを受賞した自主映画「大追跡」での主演をつとめました。陸上選手経験者であるためアクションシーンが得意なのが特徴です。

島津匠(演:須賀健太)

最後に紹介するのは島津匠役で七話に出演していた須賀健太です。島津匠雪影村に住む一の友人で、当時は野球少年でありかつてはスカウトがかかるほどの投手でした。しかし、高校一年生の夏に無理をしてしまい野球部を引退せざるを得なくなってしまいました。

この島津匠役を演じている須賀健太は、5歳で子役としてデビューし、過去に第30回日本アカデミー賞・新人賞を受賞した経験もある今をときめく売れっ子俳優なのです。さらに、須賀健太は俳優業にとらわれず、声優舞台などにもチャレンジしています。

「金田一少年の事件簿NEO」傑作エピソード3選!

1. 第一話 「銀幕の殺人鬼」

一つ目に紹介いたしますのは、第一話の「銀幕の殺人鬼」です。こちらのストーリーは、金田一と美雪の通う不動高校でおこる連続殺人事件についての物語になっています。

一番の魅力はやはり金田一の推理シーンです。物語は、犯人が自殺し結末を迎えようとしたとき、金田一はその犯人さえも自殺に見せかけて殺した真犯人を見つけ自白まで持っていくシーンには、かなり見入ってしまいました

2. 第九話(最終回) 「薔薇十字館殺人事件」


二つ目に紹介いたしますのは、最終回の「薔薇十字館殺人事件」です。

金田一が高等の兄弟を探すために参加した青薔薇の披露パーティーで殺人事件が起こります。その後小火騒ぎが起きます。するとパーティー参加者が異常に冷静さを失っていることに気づきます。実は、参加者たちは一年前に火災が起きたローズグランドホテルで一度顔を合わせたことが会ったのです。

この話の特徴は、登場人物の名前すべてに薔薇が関係している点です。ジゼルみるく八重姫ミカドなど個性的な名前がそろっていたのはそのせいだったのですね。

3. 香港九龍財宝殺人事件(単発ドラマ)

最後に紹介するのは、2013年公開の単発ドラマ「金田一少年の事件簿N(neo) 香港九龍財宝殺人事件」です。一番の見所としては、美雪そっくりのモデルヤン・ランと美雪の役を使い分ける川口春奈の演技です。原作とは少し異なったストーリーにも注目したいですね。原作と比較してみるのも楽しいと思いますよ。こちらの単発ドラマにも成宮寛貴波瑠栗原類などの多くの豪華キャストが採用されています。

山田涼介ファンは金田一少年の事件簿NEOを要チェック!

さて、いかがだったでしょうか?豪華なキャストの採用続きが気になるようなストーリーなど、魅力だらけの作品「金田一少年の事件簿NEO」について紹介させていただきました。金田一少年の事件簿neoの

魅力は、ここではまだまだ語りきれません。また、四代目だけとはいわず、初代から見たい作品ですね。気になった方は、ぜひ一度見てみてください

こちらの記事もチェック!

金田一少年の事件簿であるある過ぎる3つの出来事をじっちゃんの名にかけて語ってみた! | festy(フェスティー)

■1992年から連載されている金田一少年の事件簿。2013年には“金田一少年の事件簿R”として再び連載がスタートし、我々を楽しませてくれていますよね!今回はそんな幅広い世代に人気の金田一あるあるを語っていきます。ファンなら絶対に頷いてしまいますよ~!