【HELLSING】インテグラの過去と魅力を語る!ヘルシング家当主のすべて

ヘルシング家当主であり、王国国境騎士団(ヘルシング機関)の長でもある鋼の女インテグラの過去と魅力に迫る!

インテグラの知られざる過去とは?

現役時代を含め、年老いてもなお強い女の代名詞のようなインテグラだが、幼少期すら握ったことのない可愛らしい少女だったのはご存知だろうか?
今回は彼女の過去を紐解きながら、改めて魅力を再確認したいと思う!

インテグラの魅力①本編開始時の年齢

インテグラはヘルシング家当主であり、ヘルシング機関の長でもあるが本編開始時はまだ22~23歳(20代前半)の「お嬢さん(フロイライン)」である。
恐らく独特のハスキーボイス威厳がありすぎる点、ヘルシング機関では人間でウォルターに次ぐ強さなのもあり、老けて見られがちなキャラ。また、スーツスタイルが多いため所見では男性に間違える人も少なくない。
常に冷静沈着物おじしない性格と思われがちだが、序盤では南米出征時に人間を殺すことへの躊躇いや少佐との初対面時に拳を握りしめて震える弱さものぞかせている。
そこを少佐に「戦争処女(アマチュア)」と称されるが、あの世界の住人がだいぶネジがぶっとんでいるだけなので、その中でも比較的に常識人の類に含まれる。

まだ無邪気だった可愛い少女時代

本編開始から10年前にアーサーの死ぬ間際、ヘルシング家の裏稼業が急遽伝えられる。その時は恐らく12~13歳程度のまだ表向きのヘルシング家しか知らない無邪気な少女だ。
アーサーの遺言でヘルシング家の当主となったインテグラだったが、表向きのヘルシング家しか知らない叔父のリチャードと部下によって、地下まで追いつめられる。
20年もアーサーが死んで当主となることを待ちわびたリチャードだったが、結局当主の座はインテグラに譲られ、インテグラの暗殺を決行。
その時に腕を撃たれ、飛び散ったがアーカードの封印を解くことになり、彼と契約を交わした彼女の命令叔父と部下を殺させる。
覚悟を決めると迷わず銃をぶっ放したり、いかなる時でも人間としての尊厳を忘れない彼女は当主になるべくして生まれて来た娘かも知れない。

アーカードと出会って何年?インテグラの年齢考察

アーカードと出会って10年。アーカードが時々煽ったりするものの、基本的には持ちつ持たれつの主従関係が成り立っていると言える。
10年前が12~13歳なので、現在は20代前半であることは間違いないがきちんとした年齢設定の情報はあやふや。
アーカード消滅から帰還までのから30年の間で、すっかりお婆ちゃんになったものの、ペンウッド卿のとフェンシングをして圧倒するなど、老いを感じさせない。それどころか、アーカードの言うように老いた方が余裕などが生まれ魅力が増している気がする。
余談だが、セラスは19歳らしい。そしてベルナドットが恐らく20代後半。

インテグラの魅力②ヘルシング家最後の…?

インテグラが事実上最後のヘルシング家当主となるのか?

インテグラは作中ずっと処女である。これが何を意味するかというと、ヘルシング家の血筋を受け継ぐものがいなくなり、養子などを迎えない限りは実質、インテグラでヘルシング家が打ち止めということだ。
インテグラ自身も国の危機(裏稼業)をただの一家に任せるのは時代遅れでナンセンスと感じており、自分が死んだあとは国家機関とすることを示している。
そうなれば、事実上ヘルシング家は消滅となり、インテグラは最後の当主となることは明確だ。
国家機関になれば、アーカードセラスも委ねられるのか、または平和になって封印されるのか、少し気になるところである。
だが、セラスが封印されることになれば最初から最後までインテグラのためだけに忠誠をつくしたことになり、少し感慨深く感じる。

インテグラの魅力③恰好良いだけじゃない!!かわいい要素にも注目〇

個人的に可愛いシーンを紹介

『HELLSING』シリアスやアクションが目立つが、結構コミカルなシーンも含まれている。
(画像上)ペンウッド卿回想で明らかになる、幼少期のころからインテグラに物資支援をお願いされて断れなかったり(その時のインテグラがめちゃくちゃ可愛いので注目)
ペンウッド卿の(そっくり)に殉死したペンウッド卿「彼こそは英国の守護神。迫り来るナチ兵共をちぎっては投げちぎっては投げ(以下略)最終的に全身に爆弾をくくりつけて敵の空中戦艦全艦ごと吹き飛んだ」
嘘八百を並べている。その際、幼少期の頃からのように、気の弱そうなペンウッド卿にちゃっかりたかっている所もお茶目で可愛い

また、年老いた自身を画像のように自虐ネタにしつつも気にしていたり、セラスに「鉄の女」と言われて怒るなど女らしく乙女な一面も伺える。
三つ巴の戦争で、尖っていた当時よりも柔らかい雰囲気を感じさせる。またアーカードが帰還した際には「もうお婆ちゃんだぞ」と憂う表情も見せていた。

インテグラの魅力④鋼の女の名言に込められた意味とは


ヘルシングは名言の多さでも有名だ。特に少佐の演説はヘルシングを知らない人もネタにするほど知られている。今回はインテグラの名言注目していきたい!
「首を切った? 心臓を突いた? そこいらの吸血鬼と彼を一緒にするなよ。そんなモノでは死なない!貴様が対化物法技術の結晶であるように、彼はヘルシング一族が100年間かけて、栄々と作りあげた最強のアンデッド。吸血鬼アーカード!!」
アンデルセンの「首を切った」という台詞を嘲笑いながら言い放った台詞。たった10年の間だが、二人の間に強い信頼がないと言えない台詞だ。
アンデルセンも技術の結晶とも言える回復者だが、更にそれを上回るアーカードの不死身さが際立つ台詞。この漫画では化け物であればあるほど強い方式がなりたつことが証明された。

「ウォルター…奴らは私の部下達を喰っていた。絶対に許さん…この館から生かして帰すな!!」
ヤンとルークがグールを連れ、ヘルシング邸を強襲した際、ヤンの挑発するような台詞を聴いた後、ウォルターに告げた言葉。
冷血で常に冷静沈着と思われがちだが、実はかなりの部下思いな面も伺える。
「私をなめるな従僕!!私は命令を下したぞ。何も変わらない!!見敵必殺!!見敵必殺だ!!我々の邪魔をする、あらゆる勢力は叩いて潰せ!!逃げも隠れもせず、正面玄関から打って出ろ!!全ての障害はただ進み押し潰し粉砕しろ!!」
警察隊(人間)を殺した許可を貰うため電話してきたアーカードに対し、インテグラが言った台詞。わざわざ電話をかけるアーカードも意地が悪い。

インテグラの口からはよく「見敵必殺(サーチ&デストロイ)」が出てくる。
自分の部下の人間を殺されるのを哀れむ一方で、彼女には自身の目的のためなら人間を殺す場面だろうと実行できる揺るぎない信念を持っていることがよく伝わる台詞だ。
「あきらめろ?あきらめろだと。成程、お前達らしい言いぐさだ。人間でいる事に耐えられなかったお前達のな。人間をなめるな化け物め。来い、闘ってやる。」
吸血鬼たちに囲まれながらも、臆することなく言い放った台詞。ヘルシングは「人間を辞めたもの」たちが主導権をもってはいない。「人間を捨てなかったもの」が物語の重要な役どころなのだ。

「我が下僕 吸血鬼アーカードよ!! 命令する!!白衣の軍には白銀の銃を以って朱に染めよ。黒衣の軍には黒鉄の銃を以って朱に染めよ。一木一草尽く我らの敵を赤色に染め上げよ。見敵必殺! 見敵必殺!! 総滅せよ。彼らをこの島から生かして帰すな。」
燃え盛るロンドン幽霊船にのって現れ命令を求めるアーカード。
阿鼻叫喚の世界で、彼女のオーダーは最初から最後まで変わらない「見敵必殺!」だった。白衣の軍はイスカリオテ、黒衣の軍はラスト・バタリオンを指す。
「あれが吸血鬼、アーカードそのものだ。血とは魂の通貨、命の貨幣。命の取り引きの媒介物に過ぎない。血を吸う事は、命の全存在を自らのものとする事だ。今のお前ならば理解できるだろう。セラス・ヴィクトリア。」
アーカードの肉体から沢山の亡者の群れが、川の如く押し寄せる

ベルナドットの命を引き換えに吸血し、力を得たセラスを例にあげると分かりやすい。アーカードは吸血した魂全てをその身に宿しているため、彼を何度殺しても死なないのは、魂の在庫が限りないためだ。
「何があった。どうしてだなどと、もはや聞かぬ!!今やお前は私の敵になった。ヘルシングの敵になった!! 英国の敵になった!!なってしまった!!倒さねばならない!滅ぼさなければならない!!」
突如裏切ったウォルターに対して言い放った台詞。「敵になった理由」よりも「敵になってしまった」ことの方が重く受け止めている。
この台詞で少佐の「戦争処女(アマチュア)」発言は撤回されるが、インテグラは汗がにじんでいた。

インテグラの魅力⑤魅力的なハスキーボイスを務めたのはこの声優

魅力的なハスキーボイスを務めた方は女優でもありベテラン声優榊原 良子は風の谷のナウシカ(クシャナ役)など、強い女性を演じる事が多い。
本格的に声優デビューは1980年のベルサイユのばら。2001年にヘルシング(アニメ版)のインテグラ役を演じ、OVAの登場により2006年再演している。
2017年のテレビ朝日にて放送された『人気声優が選んだ!声優総選挙!3時間SP』では17位に選ばれている。
アニメ声優だけでなく、映画の吹き替えナレーション女優業までマルチにこなす。

アーカード役の中田護治もアーカードの話題をふられた際、自身のTwitterで『インテグラは榊原良子さんならではの静かな迫力ある存在感ですね~(^ω^)』と語っている。
更にテレ朝系列・東映アニメーション『セーラームーン』『プリキュア』と同コンセプトを敵の黒幕を演じたのは彼女のみ

インテグラの魅力⑥吸ってる葉巻の銘柄は?

葉巻はタバコの加工技術として最古の部類となる。古来は吸う目的よりも、儀式煙をたく用に使用されたタバコの葉
インテグラが吸っている葉巻の銘柄は有志のファンの情報によると「ソブラニー(作中はSIPRIANY)」と判明。(正式名:ソブラニー・ブラック・ロシアン)

1箱750円 シンプルなタバコ本来の味が売りらしい。これを吸った方の半数がマフィア気分になれると言うくらい、高級な葉巻。100mmスリムサイズの巻紙に金のフィルター低タールでユニークな銘柄。
当時は高すぎたのが災いしたのかすでに廃盤になったらしいが、日本でも通販なら手に入る。

ヘルシング当主の魅力 まとめ

もあるが、魅力的なキャラクターが多いヘルシング。その中でも今回はインテグラに迫ってみたがどうだっただろうか?
彼女は指揮を取る人間としても非常に優秀なので、アーカードを使役できる最後の人間と言えるかも知れない。
また彼女を通してキャラクターを考察していくと、面白いかも知れない。作中、実はセラスに次いで成長したキャラクターではないかと筆者は感じる。