坂口健太郎に兄弟はいる?話題のイケメンのプライベートを調査

最近ドラマやスクリーンでよく見かけるこのイケメン、ご存知ですか?塩顔男子という言葉をムーブメントにしたのはこの人ではないかというくらい、坂口健太郎さんのデビューは平成の世にフィットしたかのように、爆発的な人気者となりました。そんな坂口健太郎さんに兄弟が…?気になるプライベートの部分を調査しました!

塩顔男子でブレイクした坂口健太郎

#坂口健太郎 #kentarosakaguchi #sakaguchikentaro #actor #model #時計 #腕時計 #watch #手 も好き #instagood #instakentaro

kaz_taroさん(@kaz_taro0611)がシェアした投稿 –

1991年7月11日、東京都生まれの坂口健太郎さんは、183cmという高身長にもかかわらず、威圧感のないスラリとしたスタイルを持ち、モデルに俳優に大活躍のイケメンなのです。

2010年、19歳で第25回『MEN’S NON-NOモデルオーディション』に合格し、モデルの活動をスタートしました。そして2013年には塩顔男子ブームの火付け役として注目され、いっきに話題となったのです。

醤油顔、ソース顔などと昔から分類されてきましたが、新たに地位を確立した塩顔というジャンルは、坂口健太郎さんのデビューで世間的にも認知されました。

しかしながら、もちろん塩顔男子とは坂口健太郎さん個人を総称したものではありません。いったいどんな特徴を持った人が塩顔男子と呼ばれるのか、少し勉強しておきましょう!

塩顔男子とは、こんな人!

#高橋一生 #俳優

khさん(@goodacter17)がシェアした投稿 – 2017 8月 28 6:47午後 PDT

塩顔男子の顔の特徴は、とにかく薄い顔で目元はシャープで一重か奥二重、肌の色が白く、ひげもない美しいフェイスラインを持っています。

一見細身でひ弱そうなのに、手やのど仏がしっかりしている男らしさのギャップを持ち、無造作ヘアやシンプルな服装が似合ってメガネが似合うような人を指すのだそうです。

つまり、男らしい!というよりは中性的な雰囲気をもって美形なタイプの男子が塩顔男子に分類されるということですね!まさに坂口健太郎さんはこの条件のどれも満たしています!

他の芸能人で言うと、高橋一生さんや星野源さん、岡田将生さんや向井理さんもあてはまりますね。思えば人気とされる俳優さんに塩顔男子が多いですね…!さすが流行りの顔です。

子ども時代が謎すぎる!ひとりだけ三者面談だった坂口健太郎

なにしてもかわいいしかっこいいし? こういうところとかほんと好き!!❤️❤️ #坂口健太郎

坂口健太郎専用アカ❤?さん(@kentaro_fan)がシェアした投稿 –



そんな塩顔男子代表の坂口健太郎さんは、人と同じことをしたがらないあまのじゃくなタイプの子どもだったようです。みんなと逆のことをすることによっていつも目立ってしまうような、悪目立ちが好きな子ども、クレヨンしんちゃんみたいだとよく言われていたそうです。

そんな悪目立ちのせいか、なにかと怒られることも多く、どうして自分ばかり怒られるんだ…と悩んだ時期もあったそうです。その当時の面談はなぜか坂口健太郎さんだけ三者面談…

変な動きもしていたようで、クラスで集まっていると坂口健太郎さんが悪いことをしているように見えてしまうらしく、ついつい注意してしまうという、先生にすら注目させてしまう存在だったようです。

坂口健太郎が俳優になるまで遠回りした道のり

#坂口健太郎

@7llllaiがシェアした投稿 –

今では俳優として認識されることが当たり前になりましたが、デビュー当時はモデルの仕事が中心で、俳優業は今ほど行っていませんでした。お母様が劇団員だったこともあり、本の読み聞かせの際にはいつもこの役は健太郎に似てるねと言われていたそうです。

それもあって役に自分を重ねながら読むのが自然だったようです。あまのじゃくでなかなか興味を持ってくれなかった子どもへの工夫もあったのでしょうが、結果的に俳優坂口健太郎の基礎をつくることになっていたなんて、教育はあなどれませんね。

高校の部活では演劇部も考えたそうですが、その身長からスカウトされて中学校からやっていたバレー部に結局入ってしまったそうです。

ここでもまたあまのじゃくがでてしまったようですが、遠回りのようにも見える道のりを歩んでいろんな経験をしたからこそ、俳優としての大きな花が咲かせられたのでしょう。

坂口健太郎と兄弟と噂されている韓国人俳優が似すぎ!



そんな坂口健太郎さんに激似な韓国人俳優さんがいるようで、兄弟ではないかとも言われているのです。こちらの写真、坂口健太郎さんの横顔だと思った方もいるかもしれませんが、実は韓国人俳優のソガンジュンさんです。

韓国で大ヒットした「ごめん、愛してる」のドラマが日本版になるということで韓国メディアで日本人俳優が紹介された際には、ソガンジュンに似ていると坂口健太郎さんのことを紹介していたようです。

ソガンジュンさんは役柄によって髪型も雰囲気もガラッと変わるのですが、坂口健太郎さんと同じ雰囲気を持っており、特に横顔がそっくりなのです。しかしながら二人に血縁関係は全くなく、坂口健太郎さんは日本人です。

勘違い?坂口健太郎は坂口憲二と兄弟と言われている理由



坂口健太郎さんがメディアに出始めたころから、坂口憲二の弟なのか?という噂も飛び交っていました。しかし、これはちょうどそのころに坂口憲二さんがメディアであまり見かけなくなったこともあり、坂口健太郎さんをまだ知らない人が勘違いして同一人物だと思っていたことから、兄弟では?という噂に発展したようです。

同じ苗字ということもあって、「さかぐちけん」までは音で聞くと同じなので、娘は坂口健太郎さんの話をしているのに、お父さんは坂口憲二さんと勘違いしていたなんてことがよくあったようです。

兄弟といっても、お二人は真逆なほどの顔の濃さですよね。かつて一世を風靡した濃い男前の坂口憲二さんから塩顔男子の坂口健太郎さんが時代の顔になっているなんて、顔のタイプの流行は激しいですね。同じ坂口さん同士、共演することがあったら面白いですね!

坂口健太郎の俳優人生が楽しみすぎる!

#坂口健太郎 #sakaguchikentaro #ホント天使だわ♡

necoさん(@sakaguchi_neco)がシェアした投稿 –

いろんな人と兄弟では?と噂されてきた坂口健太郎さんですが、お姉さんが一人いらっしゃるそうです。私立の学校へ電車を使って通っていた小学生時代は、よくお弁当を忘れてはお姉さんにおすそ分けしてもらっていたといいます。

そのため、お姉さんのクラスでも目立つ存在になってしまっていたそうです。子どもの頃からなぜか悪目立ちしていた坂口健太郎さんですが、結果的に目立つことが生業になるなんて、もしかしたら生まれたときから決まっていたのかもしれませんね。

そんな坂口健太郎さんが俳優としてどんな顔を見せてくれるのか、これからがとても楽しみです!