【結末ネタバレ】映画『レオン』ストーリー紹介!豪華キャスト情報もまとめた

『レオン』は、1994年製作のフランス・アメリカ合作映画で、リュック・ベッソン監督によるアクション映画。日本公開時のコピーは「凶暴な純愛」となっています。主人公のレオンとヒロインのマチルダは歳の差こそありますが、殺し屋という仕事をする主人公レオンと、殺人による復讐を望むヒロインマチルダの間に目覚める感情を描いています。

名作映画『レオン』とは?

殺し屋レオンは、ふとしたきっかけで少女マチルダと出会い、同居を始めることになります、その生活の中で殺し屋としてストイックに生きてきたレオンに感情が芽生え始めます。殺し屋に「なるしかなかった」主人公と、気丈な少女の複雑な関係を描いたラブストーリーです。

主要キャラのキャストはこちら!

キャスティングは、レオン(ジャン・レノ)、マチルダ(ナタリー・ポートマン)、ノーマン・スタンスフィールド(ゲイリー・オールドマン)と豪華キャスティング!ナタリー・ポートマンの出世作とも言われている一作ですね。

映画『レオン』純粋な殺し屋と強く幼いヒロインの凶暴な純愛!

凶暴な純愛と言うキャッチコピーの通り、舞台には殺人が大きく絡んでいます。ストイックなレオンと、少し大人びていて、それでいて12歳らしさも持っているマチルダ。
この二人は、出会いこそ偶然ではあったものの、殺伐とした世界観とは裏腹に、とても純粋な面を持っており、映画が終盤に差し掛かるまでに、その移り行く二人の感情を俳優さんが熱演なさっています。
では、ネタバレを含みますが、『レオン』とは一体どんな映画なのか、ストーリーをご紹介していきます。

映画『レオン』ストーリー1:レオンとマチルダの出会い

無垢な殺し屋と芯の強い少女と言う組み合わせ

K*Kさん(@03k_k19)がシェアした投稿

ニューヨークで殺し屋として生活していたレオンは、イタリアンマフィアのボスであるトニーからの依頼を受けては暗殺を行っていますが、「女子供は殺さない」というポリシーを持っており、無慈悲な殺人者ではありません。
一方のマチルダは、父親の再婚相手と上手くいっておらず、腹違いの姉とも仲が悪いため、寄宿舎に入れられていましたが、最愛の弟マイケルに会う為に時折アパートへと寄宿舎を抜け出して帰って来ていました。

K*Kさん(@03k_k19)がシェアした投稿

最初の出会いは、マチルダが父親から受けた暴力の傷をレオンに見られて、声をかけられたことで顔見知りとなり、レオンの好物である、牛乳を買いに出かけることになったシーン。ここから、一気にマチルダとレオンの距離が狭まることとなります。
お使いを済ませて帰って来たマチルダは、玄関先で父親の死体を見つけ、自分の部屋を通りすぎ、レオンの部屋の前へと行きます。

ヒロインマチルダの魅力は序盤から必見!

K*Kさん(@03k_k19)がシェアした投稿

家族が皆殺しにされているのを見て、咄嗟にレオンの部屋まで行き「ドアを開けて、お願い」と懇願するマチルダ、彼女の一家殺害事件になるべく関わりたくはないレオンでしたが、見捨てることは出来ずマチルダを部屋に招き入れます。
マチルダは、家族の中で唯一心を許しあっていた弟すらも殺されたことだけが悔しくて仕方ないと言った様子です。今まで家族の因縁もあって希望を持たず生きてきたマチルダに、初めて人生を賭けてやりたいことが見つかった、そんな風にも見えるシーンです。
この段階では、この映画が純愛映画とは判りません。けれど、マチルダの明るくもあり、物憂げでもある姿。そして彼女が笑うと、嬉しくなるのは、主人公レオンを通して映画を見ている人にも感じられるものです。

映画『レオン』ストーリー2:二人の同居生活は拳銃と共に

殺人の手解きを望む少女マチルダ

K*Kさん(@03k_k19)がシェアした投稿

殺人事件で皆殺しにされた家族の一人であるマチルダですから、犯人グループのいる自室に戻ることも出来ず、そのままレオンと同居することになります。
殺人犯の主犯であるスタンスフィールドに弟の復讐を誓うマチルダでしたが、レオンは人を殺すことの重さを、人生を賭して知っていますので、勿論それを止めます、食い下がるマチルダとレオン、自分を助けた事に意味を欲するマチルダの懇願は胸を締め付けられます。
一緒に組もうと言われたレオンが「自分を巻き込むな」と暗にマチルダの復讐には手を貸すのを渋った際、マチルダが取った行動は驚き!レオンの銃を、窓の外に躊躇いなく乱射して、レオンに真剣な瞳を向けるのです。

レオンは、そのマチルダの顔を見ると、しぶしぶではありますが、自らが殺人の手解きをする事を了承します、『レオン』の中でもこのシーンで一気に映画に惹きこまれた人は多いと思います。
アパートにいることは出来なくなり、住居を転々としながら、マチルダはレオンの身の回りの世話と、文字の読み書きができないレオンにマチルダが教えることを交換条件にしました。そんな生活の中、レオンはマチルダの訓練のために、ライフルを注文します。

束の間のレオンの日常とマチルダの茶目っ気

レオンはマチルダの基礎体力を上げることなどの時間は増えましたが、それ以外はすぐに元通りに、日課である牛乳を飲み、殺し屋としての静かな一日を過ごすようになります。
その事に退屈したマチルダが扮装した物真似で、スターの名前を当てさせるゲームを始めます。マチルダの「マドンナ」「マリリン・モンロー」「チャップリン」そして「ジーン・ケリー」、そしてオチ担当レオンの「ジョン・ウェイン」。
このシーンだけ見ていると、親子の戯れのようにも思える、平和なシーンで、けれどこの二人を繋いでいるのは、拳銃である事に変わりはないと言うのが切なくもあるシーンです。

ここでマチルダがレオンが大事にしている観葉植物に対して、レオンに疑問を投げかけます。大事なのかとマチルダが聞くと、レオンは、「最高の友さ。無口だからいい。俺と同じで、根がない」と、自嘲気味に答えます。
そのやり取りの最中、マチルダは、「ほんとに愛してるなら、それを公園の真ん中にでも植えてあげるべきだし、そうすれば根も張るわ」と、返します。とても12歳とは思えない愛の語りですね!ラストに繋がる、深い台詞ですが、この時のレオンはただ相槌を打つだけです。

映画『レオン』ストーリー3:家族の復讐を誓うマチルダ

殺人の主犯は麻薬取締局の刑事

ここで触れておきたいのが、マチルダが復讐しようとしている相手です。名前はノーマン・スタンスフィールド、映画『レオン』では、このキャラが好きと言う人も多いのではないでしょうか。
レオンとは正反対で、残虐非道な行為にも全く顔色を変えず、麻薬取締局の刑事をしていながら、自身が麻薬に溺れていると言うトリッキーな人物です。
このスタンスフィールドは、実に頭が良く、レオンに暗殺指令を出していたトニーも彼の指示で動いていたことから、実はマチルダの復讐がとても困難なものだと言う事が見ている側には徐々に判明していきます。

犯人を知ったマチルダが取った行動とは

K*Kさん(@03k_k19)がシェアした投稿

そして作中マチルダも、主犯がスタンスフィールドだと知るや否や、ピザ屋を装って麻薬取締局へ進入しようと単独で動き出しますが、すぐにスタンスフィールドに見抜かれ、捕まってしまいます。
一方のレオンも、その時マチルダの家族殺しの犯人が麻薬取締局の捜査官だと目星を付けて、一人を殺害して帰宅します。そこで、置手紙を読んだレオンは、マチルダが麻薬取締局にスタンスフィールドの殺害のため乗り込んでいった事を知り、走ります。
その助け出す様は矢張りプロフェッショナルであり、スタンスフィールドの手下と思われる二人を迅速に殺害したのち、マチルダを救出します。

映画『レオン』ストーリー4:互いに芽生える恋心

一体いつから惹かれあっていたのか

マチルダはレオンに対して、だいぶ早期にレオンへと愛を告白しています。恋心の描写ならば完全版の方が判りやすいかも知れません。レオンは過去に辛い恋をした事から、それを受け入れることが出来なかったと言う設定があります。
レオンは最初、弱った動物を見捨てては置けない気持ちと同時に、マチルダの鋭い眼差しに、自分にはないものを見ていたのではないかと思います。全く気にならない存在なら、傍には置けないですし、劣等感を抱いたりもしない筈。
物語のクライマックスには、レオンの今までの殺しの仕事は、全てスタンスフィールドがトニーに依頼したものだった事から、警察を総動員してレオンの住むアパートの周りを取り囲み、一斉に突入と言う孤独な戦いを強いられる事になり、そこで互いの想いを打ち明け合います。

マチルダを生かす為に

警察との戦いの最中、逃げるのならレオンと一緒でなければ嫌だと泣きじゃくるマチルダに、レオンは約束をします。自分も必ず生き残る、と。これまで、肌身離さず大事にしてきた観葉植物をマチルダに託し、素直な気持ちをその場で伝え合いました。
レオンから「I love you Matilda」(愛している、マチルダ)と、この場で漸く、揺れ動き続けた心を、言葉に出来る瞬間です。そしてマチルダからも、「I love you too Leon」(私もよ、レオン)と。
トニーの店で落ち合う約束をして、レオンはその場にいる全員と戦い始めます、仕事ではなく、マチルダの為に、これまで生きてきた中で磨いた殺し屋の腕を発揮する、最初で最後のシーンであり、一番の感動が詰め込まれている山場のシーンだと思います!

映画『レオン』ストーリー5:レオンの最期はスタンスフィールドと相打ちに

スタンスフィールドへの贈り物

K*Kさん(@03k_k19)がシェアした投稿

レオンは突入部隊員の一人を装いその場から逃げようと試みますが、それもスタンスフィールドには見破られてしまい、銃で撃たれ瀕死の状態となってしまいます。この時のレオンの視界は、あと少しで出口(光)に届く手前と言う、切なくも必見のシーンです。
倒れたレオンに対し、とどめをさそうとするスタンスフィールドでしたが、レオンは服の下に装着していた手榴弾のピンを抜き、一言「マチルダからのプレゼントだ」と告げ、スタンスフィールドと相打ちとなります。
自らの命の終わりに面しながらも、こんな言葉を言えるレオンは格好良いと本気で鳥肌が立ちました。そして、レオンが本当にマチルダを愛しているんだなと、改めて実感させられます。終盤は全てにおいてが集約された感動の嵐です。

歩みを止めないマチルダ

K*Kさん(@03k_k19)がシェアした投稿

マチルダはトニーの店へ急ぐものの、トニーからレオンがが死んだことを知らされ、泣きじゃくりながら、トニーに殺し屋の見習いをさせてほしいと頼み、一喝され大人しく寄宿舎へ戻れと言われてしまいます。
それでも、観葉植物を片手に、誰よりも苦しい筈のマチルダは胸を張って歩き続け、施設へと戻ると、庭へ向かいます。
観葉植物を鉢から取り出し、庭の土へと埋めて、「もう安心よ、レオン」と囁いて、物語は終わります。マチルダは僅かな時間しかレオンと一緒に居なかったものの、レオンの殺し屋としての面ではなく、一人の少年のような純粋さを見抜いていた、そんな終わり方でした。

音楽を聴くだけで思い出す感動の純愛作品!(まとめ)

K*Kさん(@03k_k19)がシェアした投稿

映画『レオン』に使われた主題歌、STINGの「Shape Of My Heart」は、よく喫茶店など、少しオールディーズな洋楽を流す店では耳なじみのあるものだと思います。私はこの曲を聴く度に、レオンを思い出してしまいます。
サビの歌詞もレオンと言う存在を良く表しているような気がします。楽曲としても哀切漂うメロディですし、まるでマチルダに向けて唄っているようにも聞こえます。
「スペード」は兵士の剣を象徴しているし、「クラブ」は戦う為の武器だ、「ダイヤ」は金を示している、だけど、それは本当の自分の心じゃないんだ。意訳となりますが、サビはこう言った意味を持っています。是非聴くことがあったら映画『レオン』を思い出してもう一度観てみて下さい!