【ペルソナ5】新島真を6つの魅力で紹介!かわいい生徒会長の素顔とは?

人気ゲーム『ペルソナ5』に登場する生徒会長キャラ新島真は真面目で秀才でデキる女の子という、異性として憧れを感じる存在です。さらに完璧に見える一面の裏側にギャップのある裏の顔を見せてくれる彼女の魅力を余すことなく紹介します。

『ペルソナ5』新島真ってどんなキャラ?

新島真は人気ゲーム『ペルソナ5』に登場するプレイアブルキャラクターです。もちろん主人公の仲間ということもあり、アルカナ持ちです。つまりイベントを通して絆を深めることができます。さらに彼女に選べる嬉しいキャラクターでもあります。
 
そんな彼女は423日生まれの高校3年生。血液型はA型で、星座は牡牛座です。母親は幼い時に亡くし、父親も殉職しているので、検事である姉と2人暮らしをしています。そのためか家事全般を特技としており、合気道も得意なのは驚きです。
 
生徒会長である新島真の生活は規則正しく、栄養に気を使う健康オタクな面も持ち合わせています。カロリー面はもちろんのこと、塩分摂取量や青魚を食べることに心がけたりしている真面目なキャラクターです。反面、ギャップの多いキャラでもあります。

こちらの記事もチェック!

『ペルソナ5』新島真の魅力①検事の姉の背中を追う優等生の生徒会長キャラ

新島真のイメージといえば、優等生の生徒会長でしょう。初登場では生徒会長として、校長先生から怪盗団の正体を追うように指示され、敵の立場として主人公たちに立ちはだかります。始めの頃から主人公たちが怪しいと睨んでおり、怪盗団の正体を暴こうと敵として迫る第一印象が強いです。
 
しかし物語が進むにつれて彼女のイメージは変転していきます。検事である姉に強いコンプレックスを抱いていること、校長が明らかに自分の責任を彼女に押し付けて仕事させようとしていること、さらに校長の気分次第で検事である姉の立場が危うくなることなど、弱い立場が明らかになっていきます。
 
さらに主人公たちからは敵対視され、周りからも大人のいうことを何でも聞くいい子ちゃん扱いされ、その不遇さからプレイヤーの同情を少しずつ買うことになるのです。

こちらの記事もチェック!

『ペルソナ5』新島真の魅力②ポンコツな面もかわいい

生徒会長で優等生キャラとしての第一印象が強い新島真ですが、その印象を遺憾なく覆すポンコツっぷりを発揮してくれます。それは彼女の尾行スキルがあまりに低いことです。
 
校長から不祥事を起こした学校の威信を取り戻すべく、暴力教師に罪を告白させた怪盗団が学校関係者であるとして、その正体を突き止めるよう彼女は申し付けられます。早い段階で主人公たちに目をつけた新島真は彼らの放課後の行動を監視するのでした。
 
しかしその尾行が雑というか抜けてる感じがして、かわいいです。まるで尾行していますといわんばかりに、主人公の行く先々で目の前に現れます。しかも変装が漫画雑誌で顔を隠すだけというポンコツっぷり。バレバレです。生徒会長へのイメージが一変、かわいく思えてくる瞬間でした。
1 / 3