【ネタバレ注意】ともさかりえ出演のおすすめドラマ5選!一番のハマり役はこれだ!

「金田一少年の事件簿」や「世にも奇妙な物語」「木曜の怪談」など作品で、1990年代にティーンエイジャーを熱狂させたともさかりえ。歌手としても活動し、椎名林檎が提供したシングル「カプチーノ」も話題になりました。その後も現在に至るまで数多くの作品に出演しているともさかりえのドラマベスト5をランキング形式でお届けします!懐かしいあの作品は一体何位なのか!?乞うご期待!!

コミカルな役から本格時代劇まで!!実力派女優・ともさかりえ

「金田一少年の事件簿」で大ブレイク!!存在感のある脇役としても次々にドラマ出演を果たす。

出典:https://www.amazon.co.jp

そのあまりに鮮烈で斬新な映像を、私は今でもはっきりと覚えています。1995年から1997年にかけて、テレビシリーズ(第1シリーズと第2シリーズがありました)、スペシャルドラマ、そして映画が製作された「金田一少年の事件簿」シリーズです。
主人公の金田一一(きんだいちはじめ、名探偵・金田一耕助の孫)が、幼馴染で高校の同級生の七瀬美雪、警視庁の剣持勇警部と様々な謎に満ちた事件(殺人事件が多い)を解決してゆくこの物語は、とてつもなく面白く毎回ワクワクさせられました。
「金田一少年の事件簿」はメインキャストを2017年までに4回刷新して度々日本テレビ系列で放送しています。ともさかりえは初代・七瀬美雪役(ヒロイン)でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

そんな「金田一少年の事件簿」でブレイクしたともさかりえのプロフィールを見てみましょう!
ともさかりえは、東京都出身の女優、歌手、声優、ナレーター。身長168cm(長身!!)、38歳(2017年9月現在)で血液型はA型、特技はスキーなんだそうです。
1996~2009年頃までは、主に「さかともえり」名義で歌手活動も行っていました。2度の結婚を経て、現在はシングルマザーでありAmebaの公式ブログにて息子さんとの日々を綴っています。

ともさかりえが出演するオススメドラマ第5位【北条時宗】

「夢の都」鎌倉に消えた糖槽の妻・祥子役

出典:https://www.amazon.co.jp

ともさかりえのNHK大河ドラマ出演はデビューから約9年後の2001年、「北条時宗」でした。40作目の本作の主演は狂言師の和泉元彌。原作は高橋克彦の「時宗」で、全49回。それまでの大河ドラマで取り上げなかった鎌倉時代中期を舞台にし、海外ロケも行われた壮大な作品でした。
主役の北条時宗は当時の政治の中心、鎌倉幕府の頂点に立つ執権。幕府内部にも火種が絶えなかったり、蒙古(当時のモンゴル)が攻めて来たり内患外憂の難しい状況を北条時宗がなんとか渡り切る物語でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ともさかりえは祥子役で大河ドラマに初出演しました。時宗の兄、北条時輔の妻の役です。夫婦仲は良好でしたが、北条時輔は側室の子供であった為時宗との間に軋轢が生じてしまいます。兄弟のすれ違いは終盤まで無くならず、北条時輔は冷遇され続けます。
祥子はそんな北条時輔を支え続けますが、最期は時輔を想って北条時宗の暗殺を試み、返り討ちにされる悲しい役でした。
それまでのともさかりえの役柄と言えば、主に学生で明るい役が多く、私はこの作品を観てともさかりえへの印象が変わりました。時代劇で不遇の夫を支え、人生の全てを賭けて散ってゆく。芯の強い女性の役は、ともさかりえの新境地でした。

ともさかりえが出演するオススメドラマ第4位【世にも奇妙な物語 友子シリーズ】

ダメッぷりが可愛い女子高生・田村友子役

出典:https://www.amazon.co.jp

ともさかりえは1995年の春の特別編「友子の長い朝」、と秋の特別編「友子の長い夜」に田村友子役で主演しました。「友子の長い朝」では遅刻した言い訳を必死に考える高校生をコミカルに演じました。朝寝坊で遅刻した友子が教室に着くと、朝礼で誰もいない。そこで、黒板に「どうしたら教師に怒られないか」をアレコレ書いて考えます。
近所が火事になった、おばあちゃんを助けた、はたまた川に落ちた少年を助けたと色々と策を弄しますが、どれもしっくりいかない。そんな中みんなが帰って来てしまう。焦った友子はとんでもない言い訳を始めます。
セーラー服姿が可愛かったです!!同級生役で岡田義徳も出演しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

一方「友子の長い夜」ではテスト前日の夜なのに、関係ない事ばかりして一向に勉強が進まない女子高生を、これまたコミカルに演じています。
物語の舞台はほぼ友子の部屋。テスト勉強をしなくてはいけないのに、部屋の掃除や模様替えをしたり、うどんをダシからとって作ってしまったり、挙句の果てには眠りそうになったり。学生の頃に誰もが一度はやらかした「あるある」感が満載です。
等身大の女子高生を演じていた頃の、ともさかりえのコケティッシュな魅力が詰まったドラマです。「世にも奇妙な物語」はガチホラーなお話も多いですが、これはホラー要素なし。2作品合わせても40分もいかない位の短いドラマです。

ともさかりえが出演するオススメドラマ第3位【FiVE】

「金が全て」のやさぐれた脱獄犯・アサミ役

出典:https://www.amazon.co.jp

様々な特技を持つ、脱獄した少女達が謎の男・淀橋幸世(唐渡亮)に引き取られ、犯罪組織と戦う様を描いた異色の硬派ドラマ。ともさかりえが演じたのはアサミ(瀧川麻美)。当初は「金だけが全て」という考えを持っていましたが、他のメンバーと過ごす内に変わってゆきます。
共演者もナナカ(鈴木紗理奈)、カヨ(篠原ともえ)、イヅミ(遠藤久美子)、マドカ(知念里奈)、エリ(榎本加奈子)と豪華です。深田恭子も淀橋幸世の妹役で出ていました。最後は主要メンバーが次々に死んでゆくという衝撃の展開でした。
この頃のともさかりえにはきっと、「金田一少年の事件簿」の七瀬美雪役の印象が強い方が多かったのではないでしょうか。そんな「普通の」高校生のイメージを覆すやさぐれ具合の役でした。「FiVE」は野球のナイター中継により度々放送時間が繰り下げられ、眠い目をこすってドラマを見続けた思い出があります。VHSは発売されているのですが、2017年現在DVDやBlu-rayの発売はしていません。DVD化切望。

ともさかりえが出演するオススメドラマ第2位【ブランケット・キャッツ】

子供の代わりに猫を引き取ろうとする妻・石田有希枝役(第3話)

出典:https://www.amazon.co.jp

朝日新聞社より出版された重松清の短編小説集が原作に、NHK総合「ドラマ10」にてドラマ化(2017年)。ブランケットに包まれて様々な家庭に貸し出される「レンタル猫」達が、レンタル主の心境に変化をもたらしてゆくヒューマン・ストーリー。
主演は西島秀俊。「流星ワゴン」に続いて「ブランケット・キャッツ」でも重松清原作のドラマに出演しています。
ともさかりえは、第3話に出演しました。タイトルは「二人ぼっちのブランケット・キャット」。家具修理工の椎名秀亮(西島秀俊)は亡き妻が大切にしていた7匹の猫と共に暮らしています。そんな椎名秀亮の元に、石田紀夫(加藤虎ノ介)有紀枝(ともさかりえ)の夫婦が、猫を貰いにやって来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

夫婦には子供がおらず、その事で夫の紀夫は離婚を考えていました。セミをくわえ、部屋を散らかす「思い通りにならない」猫の存在が、波風立てる事を避けて来た夫婦の本音を引き出してゆきます。
猫の「アン」をトライアル中に一度手放しながらも、もう一度椎名秀亮の元へ迎えに来た有紀枝達。アンに向ける表情は子供を慈しむ母親の様です。素敵な夫婦の暮らしを連想させる、ともさかりえの佇まいが印象的な作品でした。

ともさかりえが出演するオススメドラマ第1位【金田一少年の事件簿】

「はじめちゃん」との最強コンビ!!絶対的ヒロイン・七瀬美雪役

出典:https://www.amazon.co.jp

いやあ、1位はやっぱり「金田一少年の事件簿」でしょう!!ともさかりえの出世作です。七瀬美雪役はその後鈴木杏や上野樹里、川口春奈も演じますが、私は初代のともさかりえの印象が強いです。
さとうふみや(原作は天樹征丸と金成陽三郎)の同名人気コミックを原作に、高校生の金田一一がある時は寒村で、ある時は離島で、そしてある時は学校で起きる難事件を解決するドラマです。
主演はKinki Kids(キンキ キッズ)の堂本剛。本作が連続ドラマ初主演でした。スペシャルドラマの「雪夜叉伝説殺人事件」には同じKinki  Kidsの堂本光一が「銀狼怪奇ファイル」の不破耕助役としてチラッと出演した事もありましたね。

出典:https://www.amazon.co.jp

七瀬美雪も危険な目に遭う事もしばしばで、美雪を守ろうとする金田一一の姿もカッコ良かったです。それまでの「推理ドラマは2時間スペシャルで放送する中高年向きのもの」という私の偏見を吹き飛ばしてくれたドラマでした。
毎回の様に連続殺人事件が起こりますが、グロテスクな表現のさじ加減が絶妙で、10代が観ても気持ち悪くならなかったんですよね。このドラマの後、数えきれない程の推理ドラマが放送されましたが、今観ても斬新なカメラワークや「ジッチャンの名にかけて!」のキメ台詞にはドキドキします。
演出家・堤幸彦のマジックに毎回心躍らされました。キャストだけでは誰が犯人か分からない配役も魅力でした。

舞台にドラマに映画にと引っ張りだこ!ともさかりえのこれから

様々な媒体で、色んな役柄を演じ続けるともさかりえ

出典:https://www.amazon.co.jp

以上、ともさかりえの出演するオススメドラマを第1位から第5位までランキング形式でお届けしました。定番の作品もあれば、意外な作品もあったかも知れません。非常に沢山の作品に出演されている女優さんなので、各々好きな作品があると思います。
かつて瑞々しい現役の女子高生として世に出たともさかりえが、ある時は夫婦関係に悩む妻を演じ、ある時は脱獄犯になり、またある時は主人公を見守る教師になる。
万華鏡の様に様々な人生を演じ続ける、ともさかりえの人生もまた、1本のドラマになりそうです(個人的には素顔のともさかりえに一番近いのは、映画「ちょんまげぷりん」の遊佐ひろ子役かなあと思っています)。

出典:https://www.amazon.co.jp

女優になるのもきっととても難しい事ですが、長年女優でい続けるのは更に難しい事ではないでしょうか。ともさかりえはもう20年以上、生き馬の目を抜く芸能界で活動を続けています。ドラマだけでなく、映画や舞台にも出演し、雑誌にエッセイを連載するなど活躍の場を広げています。
今後は2017年9月よりNHKの「アシガール」に出演する事が決まっています。ともさかりえをこれからも応援しています!
rie tomosaka best+3
rie tomosaka best+3
posted with amazlet at 17.09.09
ともさかりえ
EMIミュージックジャパン (2009-06-24)
売り上げランキング: 17,860

トリドリ。
トリドリ。
posted with amazlet at 17.09.09
ともさかりえ
EMIミュージックジャパン (2009-06-24)
売り上げランキング: 169,955