ちびまる子ちゃんメインキャラクターまとめ 個性的な登場人物が多すぎる!

国民的人気アニメちびまる子ちゃん、大半の人が1度は見たことがあることでしょう。小学生の女の子、まる子が主人公で一見どこにでもあるようなお話ですが、ここまで人気が出たのはストーリーもさることながらキャラクターが個性的であることに秘密があったからなんです!

国民的人気アニメちびまる子ちゃんは個性的キャラ集団!

日曜日の夕方と言えば、ちびまる子ちゃんのアニメですよね!小学生の女の子、さくらももこちゃん、通称まるちゃんが主人公の物語なのですが、なぜかハマってしまう人が続出しているアニメなのです。

それもそのはず、まるちゃんのクラスメートやまわりの人たちはキャラが濃いツワモノ揃い!彼らがどんなことを思い、どんな物語が展開されるのか気になって仕方なくなってしまうんです。

また、小学生というあるあるネタをうまく取り入れて、共感率が高いのも人気の秘密でしょうね。その中で繰り広げられるほっこりするストーリーには、大人になっても本気で感動したり、考えさせられることもあります。

今回はちびまる子ちゃんにでてくる個性的なキャラクターについて迫ってみたいと思います!

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介1…娘オタクのたまちゃんのパパ

いきなり濃いところに来たと思いました?そうです、「たまえラブ!」なたまちゃんのパパこと穂波真太郎(ほなみしんたろう)さんです。フルネームを初めて聞いた人の方が多いでしょうね。

たまちゃんのパパは最初からあんなに娘を写真に収めていたわけではありませんでした。ある時、まるちゃんと友蔵おじいさんと4人で潮干狩りに行った時に「みんないつかは嫁にいく」という友蔵さんのつぶやきによりスイッチが入ったようです。

眼鏡を外したら意外とイケメン!若いころ美形すぎ!という定評があるキャラクターでもあります。それもあって、娘のたまちゃんも眼鏡を外したら美人という声も上がっています。

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介2…日本人代表?山根くん



胃腸が弱いことで有名な山根くん。胃腸が弱いということだけで、ここぞというときにトラブルが発生するので嫌でも覚えてしまうキャラですよね。

皮肉なことに、本名は山根剛(つよし)、でも胃腸はかなり弱い…。お父さんに厳しく育てられたそうです。それもあっておなかにきてしまったのでしょうか…なんとも不憫で放っておけないキャラです。日本人は比較的胃腸が弱いと言われていますが、山根くんは典型的な日本人キャラとも言えますね。

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介3…ミステリアス担当野口さん

「ケッケッケ…」という笑い方が特徴的、いえ、存在全てが特徴的な野口さん。お笑いマニアで、芸人にめちゃくちゃ詳しい女の子です。その趣味が高じてか、無名時代のビートたけしのサインを持っているそうです。

本名は野口笑子(えみこ)といい、まさに名は体を表すとはこのことですね。野口さんにはお兄さんがおり、名前は富士男といいますが、カナリ性格が悪いらしく彼女以外にはいつも当たり散らしているようです。

ちなみに彼女も性格がよろしくないとか…似た者同士ですね。ちなみに野口さんは基本一匹狼ですが、なんだかんだでまるちゃんのことが大好きで「さくらさん」と距離のある呼び方をしているものの、時にはからかいリアクションを楽しんでは、仲良く二人ででかけることもある、ある意味相性がいいコンビです。

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介4…自己中すぎる前田さん

前田さんは炎上クラスの性格の悪さでネットをざわつかせたこともあるキャラクターです。本名は前田ひろみといい、激がつくほど真面目な性格から、掃除をしない男子には徹底的に怒る口うるさい女の子です。

前田さんの自己中暴君ぶりに、おばあちゃんが一緒に謝罪に行くという回もあり、子供番組ながら大人も心を痛めるほどのシーンは印象的です。前田さんのおばあちゃんは前田さんとは正反対の性格で、穏やかで温厚ないいおばあちゃんです。

しかし、そんなおばあちゃんにも横柄な態度でいつもつらく当たっているようで、まるちゃんがおばあちゃんの火傷を気遣う言葉をかけただけで嬉しくて涙ぐんでしまったシーンには、胸が痛くなるほどでした。

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介5…本を出版したはまじ

お調子者でクラスのムードメーカーである「はまじ」は、まるちゃんやたまちゃんとも仲が良く、よく一緒に遊んでいるシーンが見受けられます。

何かとまるちゃんとの仲を冷やかされるシーンがありますが、まるちゃんもこのままの流れで結婚してしまったらどうしよう…と想像するシーンがあったりと、お互いまんざらでもなさそうな関係です。

はまじの本名は浜崎憲孝(のりたか)と言い、モデルになった人物が実在しています。なんとその大人になったはまじは、さくらももこ先生のイラスト付きで「僕、はまじ」というタイトルで本を出しています。

成人後、地元のFM局でDJや、東京で会社勤めをしていたり郵便局員を経験し、現在は地元でタクシードライバーをしているそうです。漫画のイメージ通りの自由な人生を送っているはまじになんだかホッとしますね、

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介6…見た目からして濃いみぎわさん

みぎわさんは一度見たら忘れないルックスと個性を兼ね備えたキャラクターです。丸尾くんと共にクラスの学級委員を務めているしっかりものの女の子です。本名はみぎわ花子といい、花輪君のことが大好きなことでも有名です。

残念ながら片想いですが、他の女の子が花輪君と仲良くしていたりするとやきもちを焼くシーンがあり、恋する乙女な一面も見せています。バレエを習っていたり、飼っている犬にアマリリスという名前をつけていたり、もしかしたらクラスの中で一番乙女なキャラかもしれません。

しかしながら、外見が伴っていないことから、花輪君をはじめとして男子にはあまり受けが良くないようです。しかし、視聴者の女性たちからは、そのギャップがかわいい!と意外と支持を得ているキャラでもあります。

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介7…帽子が小さすぎる永沢くん

永沢くんはちびまる子ちゃんの中でもいろんな意味で注目を集めているキャラクターです。タマネギ型の輪郭から特注であろう小さすぎる帽子、卑屈で毒舌なところから家が火事で燃えてしまったという衝撃的なエピソードまで、子ども心に刻まれた人も多かったはずです。

永沢くんの帽子は意味がない、どこを守りたいの?という視聴者からの疑問の声が上がるのは鉄板ネタで、火事については「永沢君の家火事になる」というタイトルの回が実際にアニメ放送されています。結構リアルなところまで描かれているちびまる子ちゃん、大人もハマるはずですよね…。

そんな波乱万丈な永沢くんの本名は永沢 君男(ながさわ きみお)といい、永沢くんの中学校時代を描いたスピンオフ漫画も連載されたりと、主人公を差し置いて活躍している唯一のキャラクターでもあります。劇団ひとりさんが永沢くんに扮して実写化されたドラマ「永沢君」でも話題となりました。

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介8…大仏ヘアの冬田さん

大仏の様な天然パーマという髪型が特徴的な女の子、冬田美鈴は主に冬田さんと呼ばれています。名前が美鈴というかわいらしい名前だなんて知らなかった人も多いかもしれませんね。顔は強烈な印象を与えますが、とてもかわいらしい声をしているというギャップのあるキャラクターです。

基本的には優しい性格ですが、愚鈍なところが玉に瑕(きず)で、場の空気が読めないためにクラスでは少し浮いた存在になっていますが、本人は気付いていません。さすが鈍感キャラですね。

みぎわさん同様に乙女チックなため、みぎわさんと仲がいいです。「変な顔シール」という妙なグッズを集めるのが趣味のため、お近づきの印に配ることがありますが喜ばれてはいません。クラスのイケメン大野くんに告白しますがあっさり振られ、そのあと藤木君に片想いするという恋多き女でもあります。

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介9…夢を叶えた長谷川くん

ちびまる子ちゃんでモデルになった人物の中で一番有名な人がこのサッカー少年ケンタくんでしょう。ケンタくんはサッカー選手になるという夢を追っているキャラクターで、一生懸命サッカーを練習しているシーンにじーんときた人も多かったかもしれません。

この長谷川健太くんは、何を隠そうJリーグ設立時に創設された清水エスパルスに入団し、エースストライカーとして活躍した長谷川選手です。夢を叶えたケンタくん、まさかちびまる子ちゃんからプロのサッカー選手が生まれていたとは驚きですね。

ちなみにさくら先生も同級生のあのケンタくんだと気づいたのはJリーガ―になってからだったそうです。長谷川選手は2013年にJ2のガンバ大阪の監督となりましたが、J2優勝、J1への昇格からの優勝にも導いています。

ちびまる子ちゃんキャラクター紹介10…印象に残る佐々木のじいさん

佐々木のじいさんというキャラクターを知っていますか?おそらく、ちびまる子ちゃんをコンスタントに見ている人なら一度は巡り合ったことのあるであろうキャラクターです。佐々木茂男という名前の木を生きがいにしているおじいさんです。

いつも木の世話をしていることからその関係の仕事をしていると思われがちですが、実は本職は呉服屋という商売人です。日中は呉服屋の仕事をして、朝の夕方は木の世話をするというダブルワークに近い毎日を送っている佐々木のじいさんは、30年も草木の世話を続けていて表彰されたこともあります。

木を愛するあまりに「木の命をたたえる歌」をつくり、木の凄さについて語りはじめてヒートアップした際に披露することがあり、ちびまる子ちゃんが突然ミュージカル形式のアニメに変わることがあります。クラスメートだけでなくご近所さんまでキャラが濃いとは侮れませんね。

ちびまる子ちゃんのキャラクターはツワモノ揃い!

今回はちびまる子ちゃんの中でもあえて準レギュラー的なキャラクターを中心にお送りしてきましたが、脇役でもこのキャラの濃さというアニメ全体のキャラクターの濃密さを実感していただけてかと思います。

ちびまる子ちゃんは主に小学生の生活を中心に展開されていきますが、小学生という子どもだからこそ自由奔放で濃いキャラが密集しているという面白さがありますよね。

大人になると押さえてしまいがちな個性や感情が表立って展開に関係してくる人間模様は大人が見ていても考えさせられることも多いアニメです。

たくさんいるキャラクターに自分を重ねてみたり…大人になって見るちびまる子ちゃんはほのぼの要素だけでなく感慨深いものがあります。

久しぶりに日曜日の夕方にチャンネルを合わせてみてはいかがでしょうか。今回ご紹介したキャラクターたちにも注目して見てみてくださいね!

ちびまる子ちゃん (1) (りぼんマスコットコミックス (413))
さくら ももこ
集英社
売り上げランキング: 21,083
映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年
(2016-08-17)
売り上げランキング: 8,320