映画「怒り」あらすじ&結末ネタバレ!犯人は愛する人か、それとも

人気作家・吉田修一の小説「怒り」が、超豪華キャストにより2016年9月に公開されました。八王子で起きた残忍な殺人事件の犯人は?顔を変え、逃げている犯人は目の前の愛する人なのか?人を信じることの難しさと辛さ、それでも信じたいと願う葛藤を描いた本作品を、ガチのネタバレでご紹介します。

吉田修一原作の映画『怒り』とは

悪人』『横道世之介』などの著者として有名な吉田修一氏の小説『怒り』(2014年、中央公論新社)が、監督及び脚本に李相日、主演渡辺謙で2016年9月17日に公開されました。

渡辺謙の他、宮崎あおい、松山ケンイチ、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すず、森山未來という豪華キャストで公開前から注目度激高だったこの作品。筆者も公開を楽しみに待ち、劇場に足を運びました。

ぶっちゃけ過去には、前評判ほどの感動を得られず・・という体験を幾度かしてきましたので、今回もかなりハードルの上がったこの作品を見るにあたり、自分なりに身構えて厳しい目で見てきたつもりです。

ですが、見終わった後は魂が抜け落ちたようになり、感動というよりも、虚しさとやるせなさで、重苦しい鉛のような物が胸の奥につかえているような気分になりました。

だいたい気に入った映画は、もう一度見たくなるタイプなのですが、もう見たくない・・というのが鑑賞後の正直な感想。それほど“救い”が見いだせないストーリーなのです。

 しかし、あれから1年という月日が経ち、もう一度『怒り』という映画を振り返りたい・・と思えるようになりました。同じくこの映画をご覧になった方々と、『怒り』が私たちに伝えたかったメッセージを受け止め、共感できればいいな・・と思います。

まだ観てない方にとっては、ネタバレになりますのでご注意を!この映画、不用意に観ると心が病んでしまうかもしれませんので、気持ちの事前準備にはなるかもしれませんが・・・・。

それでは、早速ストーリーを振り返ってみましょう。

映画『怒り』ネタバレ①八王子で起きた猟奇殺人事件

プロローグ

ある蒸し暑い夏の日、東京のベットタウン八王子で若い夫婦の刺殺体が発見されます。滅多刺しにされた遺体は窓を閉め切った浴室で発見され、大量の血痕と、その血で書かれた「怒」という文字が部屋のドアに残されていました。

犯人は何に対して怒ったのか?犯行の動機はこの若い夫婦に対する強い怨恨なのか?捜査の中で指紋が検出され、犯人の名が「山神一也」であることを突き止めた警察でしたが、犯人逮捕には至らず1年が経過します。

犯人・山神一也は整形手術をして顔を変え逃亡しているとみられ、テレビでは特番が組まれ犯人のモンタージュ写真を公開するとともに全国的に目撃情報を呼びかけました。

映画『怒り』ネタバレ②【千葉】漁港に現れた謎の男に惹かれる純真無垢な娘

槙洋平とその娘・愛子の前に現れた田代哲也

新宿歌舞伎町の繁華街を、街の雰囲気にそぐわない中年男性が歩き回っていました。彼の名は槙洋平(渡辺謙)、3ヶ月前に家出した一人娘の愛子(宮崎あおい)を探しに来ていたのです。

洋平は8年前に妻を亡くし男手一つで愛子を育ててきましたが、愛子は家出を繰り返し、男に騙され歌舞伎町の風俗店で働いていたのです。ボロボロになった愛子を見つけ出し、千葉の家へ帰るために電車に揺られる二人。

洋平は愛子を叱りません。愛子はそんな父親に無邪気に自分の好きな音楽を聞かせていました。愛子は軽度の知的障害を持っており、洋平はそんな娘が不憫で腫れ物に触るように接してきたのでした。

駅に迎えに来ていた従姉妹・明日香(池脇千鶴)の車で帰る途中、愛子は自分がいない間に漁港で働き始めた田代哲也(松山ケンイチ)という謎の男に出会います。

田代に思いを寄せる愛子は・・・

愛子は田代に興味を持ち、洋平に弁当を届けるうちに田代の分の弁当も作るようになっていきます。無口で暗い田代も、無邪気でまっすぐな愛子に安らぎを覚えるようになっていきました。

真面目に仕事をする田代に信頼を置き始めた洋平でしたが、愛子の田代に対する思いが強くなるほどに不安も大きくなっていきました。やがて2人に同棲を始めると報告された洋平は、田代の過去を調べに以前勤めていたという長野のペンションを訪ねるのでした。

そこでは田代は違う名前を名乗っており、“田代”という名前も疑わしく思った洋平は、愛子に総てを打ち明けますが、愛子は体を震わせ泣きながら田代から聞いたという話を始めました

彼は両親の借金を背負わされ、その借金取りに追われている為、名前を変えて各地を転々と逃げているのだというのです。

愛する人は犯人なのか?



愛子の強い思いを知り、二人の同棲を認めた洋平でしたが、ある時テレビで1年前の八王子・夫婦殺害事件の犯人であるという男の写真を目にします。その瞬間、戦慄が走り凍り付く洋平

その写真は田代によく似ていたのです。一度頭に取りついた思いは拭うことができず、その事を愛子に告げる洋平ですが、反対に愛子に強く詰られてしまいます。「お父ちゃんは普通の人が愛子を好きになるわけないと思っている?愛子がバカだから?」唇を震わせて問い詰める愛子。

しかし愛子もまた、自分が普通の男性に愛される筈がないとどこかで思っていたのでした。愛する人を信じたい・・。けれども疑念はどんどん深まってついには・・・。

映画『怒り』ネタバレ③【東京】新宿のクラブで出会った謎の男と同棲するエリートサラリーマン

藤田優馬と大西直人の出会い



大手通信会社に勤める藤田優馬(妻夫木聡)は、日常のストレスを夜な夜なクラブで遊び発散する日々を送っていました。ある夜、ゲイの集まるハッテン場へとやってきた優馬は、暗がりで膝を抱える一人の男を見つけ強引に関係を持ちます。

その後ラーメン屋へと立ち寄った二人。名前も知らないその男に興味を持った優馬は、彼に次々に質問をぶつけます。優馬の質問に答えないまま、男はふとテレビを見上げ、1年前に起きた殺人事件の特集を眺めていました。

やがてその男は大西直人(綾野剛)と名乗り、年は28歳で友人の家を転々としながら働く所を探しているのだと言ったのです。行く場所がないのなら・・と優馬は彼を自宅へと招きます。

持ち物も少なく携帯も持たない不思議な直人。ともに暮らすうち、優馬は直人の穏やかな優しさにどんどん惹かれていくのでした。

直人へ湧き上がる疑惑

穏やかな直人と暮らすうちに、優馬の中でも何かが変わっていきます。優馬の母親は末期がんでホスピスへ入所しており、その見舞いに直人を連れて行きました。直人は優馬の母とすぐに打ち解け、直人が仕事にいっている間は、ホスピスへ通い母親の話し相手となっていきました。

ある日、直人からの電話で母親の容体が急変したことを知った優馬。慌てて施設に駆け付けた優馬でしたが、母親は亡くなってしまいます。葬式の参列者達に直人のことをどう紹介していいか分からなかった優馬は直人が母親の葬式に来ることを拒み、後ろめたく思っていました。

ある日優馬は友人からある話を聞かされました。それは友人二人が相次いで強盗に入られたというのです。その電話を受けている時、通りかかったカフェで直人が一人の女性と楽しそうに話す姿を目撃するのでした。

突然姿を消した直人

直人の素性がわからず、不安を感じ始めた優馬は、昼間会っていた女性のことを直人に問い詰めますが、直人は答えてくれませんでした。そんな時、優馬はテレビで1年前の夫婦殺害事件のニュースを目にします。

そこには犯人の特徴として顔に縦に3つ並んだホクロが写っていました。実は直人にも同じようなホクロがあったのです。優馬の直人に対する疑惑はどんどん大きくなっていきました。

その後、直人はパッタリと姿を消します。数日後、優馬の元に警察から電話が入り「藤田優馬さんですね?大西直人さんをご存知ですか?」と聞かれた優馬は、関りを恐れ知らないと言って電話を切ると、直人の残した荷物を次々とゴミ箱に放り込みました。

それからしばらくして、優馬は以前直人を見かけたカフェで、あの日直人が話していた女性を見つけるのです。

映画『怒りネタバレ④【沖縄】無人島で知り合った自由気ままなバックパッカーに心を通わす女子高生

小宮山泉の前に現れたバックパッカーの田中信吾

自由奔放で男との噂が絶えない母親を持つ高校生の小宮山泉(広瀬すず)は、夜逃げ同然に沖縄の離れ島に引っ越してきました。民宿「さんご」を営む両親を持つ同級生の知念辰哉(佐々本宝)は、ひそかに泉のことを思っていました。

辰哉に頼み、船で無人島に連れて行ってもらった泉は、誰もいないはずの島でバックパッカーの田中信吾(森山未來)と偶然出会います。自分がここにいる事を秘密にして欲しいと頼まれた泉は、その後も辰哉に頼んで島を訪れるようになります。

日雇い労働をしながら各地を転々としているという田中に惹かれるものを感じた泉は、辰哉にも田中の事を他の人に言わないように口止めしていました。そんなある日、辰哉にデートに誘われた泉は、沖縄本島で見覚えのある人を見かけます。

最悪の事態

街で見かけたのはあの田中でした。泉は田中に声を掛け辰哉と3人で居酒屋で飲む事になります。楽しい酒にすっかり酔った辰哉は、泉への好意を口にすると眠り込んでしまいました。

最終フェリーの時間もあり、泉は田中とその場で別れますが、歩くうちに酔った辰哉の姿を見失ってしまいます。辰哉を探しているうちに、泉は米兵が集まる路地へと来ていました。

そして路地を抜けた所で突然米兵2人に口を塞がれレイプされてしまいます。泣きながら必死に抵抗する泉の様子を、なすすべなく見ていたのは、なんと辰哉でした。その時、誰かが「ポリス!ポリス!」と警察を呼び米兵達は慌てて逃げ出しました。

辰哉は泉の元へと駆け寄り、上着を彼女の腰に掛けると携帯を取り出しますが、泉は「警察は呼ばないで、誰にも言わないで」と懇願したのでした。

田中は善人なのか?

事件から落ち込む日々を過ごしていた辰哉でしたが、泉の名は伏せ田中に事件の事を相談します。なんとなく事態を感じ取った田中は「俺はお前の見方にだったらいつでもなれるから!」と辰哉を励ましたのでした。

それから辰哉はますます田中を信頼し頼りにしていました。辰哉の家の民宿で働くようになっていた田中は愛想もよく周りからの評判も上々でした。ところがある日、辰哉は民宿客の荷物を乱暴に投げつける田中を見てしまい、田中に不審なものを感じます。

ある夜、けたたましい物音で目を覚ました辰哉は食堂で暴れまくり、フライパンを振り回して手当たり次第に物を破壊する田中を目撃します。物音で集まりあっけにとられる人々を残し、田中は走り去っていきました。

田中の居場所に心当たりのある辰哉は、田中を追って無人島の廃墟を訪れます。

映画『怒り』ネタバレ⑤信じられない結末を突き付けられるのは?

千葉~田代は犯人だったのか?



愛するが故に田代を信じたい気持ちと、それでも消しきれない疑いの気持ちに耐えられなくなった愛子は、田代に総ての思いをぶつけ「違うんだったら戻ってきて」と言って、警察に犯人に似た人がいると通報してしまいます

憔悴した愛子は、雨の中ずぶ濡れで洋平の元を訪れ自分のしたことを伝えると、田代が帰ってこないと泣きじゃくります。やがて警察によって家宅捜査が行われ、指紋により田代は山神とは別人である事が、洋平と愛子に告げられました。

やるせなさで言葉を失う洋平。そして、愛する人を疑ったことで一番大切なものを失った愛子の慟哭が、狭いアパートの部屋に響き渡るのでした。

東京~直人は犯人だったのか?



優馬は彼女に直人の行方を尋ねました。彼女は、(高畑充希)と名乗り、自分は直人と同じ施設で育ち兄妹のような関係だと語ったのでした。直人から、優馬の話を聞いていたという薫は、直人が心から優馬を想っていたと告げたのです。

そして先日、元々心臓が弱かった直人が公園で倒れているのが見つかったこと、そして亡くなっていたことを告げられました。警察からの電話はその件だったのです。友人二人が被害にあった強盗犯も逮捕され、八王子の犯人も別にいると知った優馬は、彼を信じることができなかったことを激しく悔やみました

一緒に優馬の母親の墓参りに行ったとき、「一緒のお墓に入るか?」と尋ねた優馬に、照れて「隣ならいいよね・・」と言った直人。とめどもなく流れる涙を拭うこともなく、優馬は一人歩いていくのでした。

沖縄~田中は犯人だったのか?

田中を追って島に渡った辰哉は、廃墟の壁に「怒」という文字を見つけます。辰哉は、鏡に向かって自分の顔のほくろをナイフで削り落とそうとする田中を見つけ、田中から事件の犯人が自分であることを聞かされるのでした。

淡々と語る田中は、少しも反省している風ではなく、むしろ楽し気に事件の事、泉のレイプ事件の事を語ったのでした。そうです、田中は泉が襲われるのをむしろ喜んで見ていたのでした。

壁には「米兵にやられている女を見た 知っている女だった ウケる」、「女気絶 ウケる」などの泉を貶める落書きがしてあったのです。すっかり田中を信じていた辰哉は激昂し、落ちていた鋏を田中の腹に突き刺しました。

一人になった辰哉は、田中の残した落書きの後を石で何度も叩き削り、泣きながら消そうとするのでした。

全てを知った泉は・・・



辰哉は逮捕され、泉は一人田中のいた廃墟に向かいます。そしてそこで「怒」の文字と、自分の事を書いた落書きを・・、そして、必死にそれを消そうとした痕跡を見つけるのでした。

総てを悟った泉は、一人海辺へと向かいます。そして、心からの怒りの思いを地平線へ向かって叫び続けるのでした。

犯行の動機は?

日本を代表する豪華キャスト満載。 自分は普通だったかな。 でも森山未來スゴし。 #movies #怒り #森山未來

いのうえ よしとさん(@inoueyoshito)がシェアした投稿 –

山神の死により八王子の殺人事件の動機は闇に包まれたかに思われましたが、別件で逮捕された一人の男によりその時の状況がわかってきました。彼は山神と働いていたことがあり、彼と事件の話をしたというのです。

山神はある日現場へと派遣されました。しかし指定された場所へ行っても現場は見つからず、暑い中歩き回った末に上司に電話をしました。すると上司からそれは前の日の現場だと言われてしまうのです。

その時、山神は電話の向こうで上司がにやけているのを感じ、汗だくでその場に座り込みました。するとタイミングよくその家の女性が帰ってきたのです。女性は汗だくの田中に優しくし、冷たい飲み物をくれました。

しかし山神は女性に見下されたと感じ、その女性を殺しました。そして家に潜み後から帰ってきた旦那の事も殺したのです。

あなたは愛する人を信じ切れますか?

映画の予告編見てめっちゃ読みたくなってTSUTAYA行ってきた。 #映画怒り #9月17日公開

naoさん(@chanaomax)がシェアした投稿 –

見終った時、殺人の動機はとても受け入れられるものではありませんでしたが、この現代には狂気を隠し普通に暮らしている人間がどこに潜んでいてもおかしくないのかもしれないと感じました。

が、この映画はそんな犯人探しの映画ではありません。人を信じ、信じる自分に不安を覚え、疑い、そして後悔する。愛している相手であればあるほど、もし裏切られたら・・と怯え、信じる為に過剰に詮索し、疑い、相手との関係性を壊してしまうのです。

もちろん裏切られることもあるでしょう。でも、生きていく上で、人と関われば傷つくことは避けては通れないものだと改めて感じました。物語では、愛子が連絡してきた田代に許しを請い、もう一度やり直せた事がせめてもの救いですが、見終わった後は言いようの無い空しさに胸が覆い尽くされました

圧巻の演技力に脱帽

最後に、この映画のウリの一つがご覧の豪華キャストでしたが、まさに圧巻の演技でした。愛子の慟哭には辛くて鳥肌が立ちましたし、洋平の親としての辛さと苦しみも胸の奥にぐっとくるものがありました。

直人と優馬には幸せになって欲しかった。せめて直人の最期は優馬に看取らせてあげたかったと今でも思います。泉が襲われるシーンは、真に迫りすぎていて悔しくて可愛そうで心臓がバクバクし、田中の薄気味悪さに悪寒が走り、辰哉が落書きを消そうとする様は切なくて涙が溢れました

彼ら俳優陣の演技によって、物語には奥行と深さが加わり、メッセージ性の高い素晴らしい作品になっているのだと感じました。当時は心が付いてこず2度と見たくないと思いましたが、今こうして振り返ると、もう一度じっくり観てみたいと感じています。