【ペルソナ5】佐倉双葉の可愛さを知る7つの魅力!引きこもり系美少女の素顔とは?

『ペルソナ5』に登場する引きこもり系少女・佐倉双葉は、その類まれなるハッキング能力で怪盗団を手助けしてくれます。暗い過去を内に秘めた少女の決意とは何か。その魅力と共にたっぷりと掘り下げていく記事です。

『ペルソナ5』のヒロイン!佐倉双葉とは?

佐倉双葉はアトラスより発売されている人気ゲーム『ペルソナ5』に登場するヒロインのひとりです。怪盗団に加わる他の仲間と違い、彼女だけは戦闘に参加しません。しかしナビという重要な役割があります。ダンジョンの構造やモンスターの弱点など分析してくれるのです。
 
身長は149cmあります。その他のプロフィールとしては、血液型がAB型、星座が魚座です。本来なら高校1年生として学校に通っている年齢ですが、引きこもりになってしまったため通学していません。生活面では喫茶ルブランの店主である佐倉惣治郎の家に義理の娘として生活しています。

ヘッドホンがトレードマークの電波系美少女!

佐倉双葉の特徴的な見た目として、常にヘッドホンをしているということがあげられます。これは得意のパソコンをいじっている時だけでなく、出かけている時も肌身離さず装着しているほどです。
 
そんな彼女のトレードマークとなっているヘッドホンですが、実際にコラボ商品としてAKGから発売されています。本人モデルの完全再現です。完全受注生産ということで現在は販売されていませんが、機会があればぜひ手に入れたいクォリティとなっています。

佐倉双葉の魅力1:壮絶な過去を持つ引きこもり少女

怪盗団の頼りになる分析官として活躍する佐倉双葉ですが、彼女が怪盗団入りするまでには壮絶なドラマがありました。怪盗団は天才的ハッカー集団のメジエドから偽の正義呼ばわりされ、悪事を認めなければ日本を攻撃すると宣言されました。
相手の正体もわからず途方に暮れていた怪盗団でしたが、アリババと名乗るハッカーらしき人物からある人物の心を盗んで欲しいと依頼されます。メジエドを退治するという交換条件に、佐倉双葉の名前を手に入れた怪盗団。しかし、依頼してきたアリババこそ佐倉双葉本人だったのです。

これだけでも謎が謎を呼ぶ面白いストーリーですが、彼女が怪盗団に心を盗むよう依頼した理由がわかるにつれ、胸アツ展開へと発展していきます。双葉のパレスへ入った怪盗団の目の前にエジプトの遺跡のような光景が広がっていました。
 
そこで出会った双葉のシャドウは怪盗団を受け入れたり、罠を発動させたりと不安定な状態でした。パレスを攻略していくと、双葉の過去が明らかになります。母親が目の前で車に飛び込んでしたこと、黒服の男が遺書と称して育児ノイローゼや双葉への恨みを綴った手紙を読み上げたことなどです。
 
その出来事から母親の死を自分のせいにして部屋に引きこもりそのまま死んでしまいたちと願っていることを知った怪盗団は、双葉が罪悪感から作り出した母親シャドウを倒し、双葉を助けることに成功する感動的な物語になりました。

佐倉双葉の魅力2:「サラダバー」の名言からみえるオタク属性

怪盗団のメンバーである佐倉双葉は一風変わった個性的なキャラクターで、言動も変わっています。その中でも別れ際の挨拶「サラダバー」が一番目立っていました。「さらばだ」を並び替えているのは明らかです。
アニメ『北斗の拳』の収録に関する逸話があります。やられ役の断末魔で「さらばだ」と言ったところ、それが「サラダバー」に聞こえるということでネットを賑わせたことがありました。双葉がネットフリークなキャラクターであることがうかがえます。
他にもチャットで顔文字を多用したり、ふざける時の言い回しなどが2chなどで聞き慣れた感じがしたり、どこか親近感があります。ゲームやアニメ好きなところなど、ほとんどのプレイヤーと共通点を持ったキャラクターです。

佐倉双葉の魅力3:ハイスペックなハッキング能力

佐倉双葉の章ではメジエドと呼ばれるハッキング集団が怪盗団の敵として名乗りをあげ、怪盗団をピンチに追い込みます。ネットの世界には疎い怪盗団でしたが、佐倉双葉がアリババを名乗り、自分の心を盗んで欲しいと依頼することで解決策が見えてきました。
双葉は約束通り、メジエド退治に乗り出します。パレスでの影響で眠り果てており、彼女が起きたのはメジエドが日本を攻撃すると宣言したXデー当日でした。しかし双葉はものの数時間で仕事を完遂。見事メジエドを退治してしまいます。
さらに驚くべきことに彼女がメジエドの創設者であることがわかります。もともと彼女がネット上の義賊として企業の悪事を暴いていたのが、いつしか彼女の偽物が萬栄していたのです。今回のメジエドもそのひとりでした。

佐倉双葉の魅力4:フィギュア事件に見える意外な素顔

怪盗団の仲間になったあとも人と接するのが苦手な双葉は、まずは怪盗団のメンバーと話すことに慣れる訓練を始めました。そのさなかで珍事件は起き、双葉の素顔が垣間見えています。
それは喜多川祐介という独特でマイペースなキャラクターが引き起こしました。双葉の部屋で他のメンバーが話をしていると、フェザーマンというフィギュアの手足を付け替えた祐介。「より美しくした」という彼の主張に双葉は激怒します。
これまで会話もままならなかった双葉はフェザーマンがどれだけ偉大かを語り、独特の表現で祐介を罵りました。そこから会話ははずみ、双葉の好きなことなどがわかります。さらに彼女の言葉のチョイスは、他の人とは何か違う魅力があると知れるエピソードです。

佐倉双葉の魅力5:パレスで発揮するナビ能力


「ペルソナ」シリーズの伝統として、ダンジョン探索チームには戦闘には参加せずナビに徹する仲間が必ずでてきます。今回そのナビ役となったのが佐倉双葉です。戦闘や攻略に有利なスキルを自動で行ってくれます。
ハッキングが得意な女の子ということで、デジタルなスクリーンから敵やダンジョンの情報を読み取る演出がカッコいいです。敵の弱点がわかるだけでなく、経験値アップにHPやSPの回復も行ってくれるのダンジョン探索に頼もしい味方となってくれます。

佐倉双葉の魅力6:最も危険な魔導書が元ネタのペルソナ

ナビを担当する佐倉双葉のペルソナの名はネクロノミコン。その名にピンときた者はラヴクラフティアンです。その名はハワード・フィリップス・ラヴクラフトの小説に度々登場する魔導書が元ネタになっています。
しかもただの魔導書ではありません。読む人を狂気へと突き落とし、悪用すれば世界を終わらせることができます。そんな魔導書を元ネタにしているペルソナがUFOなのは少し違和感ですが、その中には多くの情報であふれており、まるで書物のようです。

佐倉双葉の魅力7:担当声優は悠木碧さん

佐倉双葉の声を声優の悠木碧が担当しています。子役時代から活躍しており、声優歴も長いです。『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどか役で話題になりました。近年では『幼女戦記』のターニャ・デグレチャフや『アホガール』の花畑よしこなど多くの主役をこなしています。
演技面では作者の意図をくみ取ったり、キャラクターを演じる上での心構えを練ったりと、まじめに取り組む姿勢に好感が持てます。また、その人の良さが業界内でも評判で、一緒に仕事をしたい声優の名にあげられるほどです。

佐倉双葉と恋人でペルソナ5最強タッグの誕生!?

ゲーム『ペルソナ5』では複数の女性から恋仲になれる相手を選ぶことができます。その中でも怪盗団リーダーと天才ハッカーは、思いつく限り最強の組み合わせです。クセの強い手段をどこまでも引っ張って行ってくれそうな気がします。
そうでなくとも、引きこもり気味でネットスラングやアニメにゲームなどのサブカルチャーに精通しているというだけで、親近感のわくキャラクターです。暗い過去を背負いながらも時には見守りたくなり、時には頼もしく、時には面白い彼女の素顔は魅力であふれています。
こちらの記事もオススメ!
ペルソナ5 - PS4
ペルソナ5 – PS4
posted with amazlet at 17.09.13
アトラス (2016-09-15)
売り上げランキング: 299

『ペルソナ5』オリジナル・サウンドトラック
V.A.
ハピネット (2017-01-17)
売り上げランキング: 208