【トランスフォーマー/リベンジ】あらすじ&結末ネタバレ!究極の変形はリベンジとともに!

映画「トランスフォーマ―/リベンジ」のあらすじを4つのパートに分けてネタバレ込みで結末で紹介します。またパート毎に解説も入れていきます。映画「トランスフォーマ―/リベンジ」のあらすじをサクッと知りたい方などはぜひ読んでいって下さい。

映画「トランスフォーマー/リベンジ」とは

映画「トランスフォーマ―/リベンジ」は2007年公開の映画「トランスフォーマー」の続編にあたる作品で、本作の主人公もシャイア・ラブーフ演じるサム・ウィトウィッキーとなっています。
また前回サムの恋人となった ミーガン・フォックス演じるミカエラ・ベインズやセクター7のお笑い担当である ジョン・タトゥーロ演じるシーモア・シモンズも登場します。
また制作総指揮には「ジョーズ」(1975)「E.T.」(1982)「ジュラシック・パーク」(1993)などで監督を務めたスティーヴン・スピルバーグが今回も名を連ねています。

こちらの記事もチェック!

また監督は「ザ・ロック」(1996)、「アルマゲドン」(1998)、「パール・ハーバー」(2001)などで監督を務めたマイケル・ベイが今回も監督を担当しています。
脚本は「ミッション:インポッシブル3」で脚本を務めたアレックス・カーツマン、ロベルト・オーチーが前回に引き続き脚本を担当するのに加え、本作では「ザ・リング」(2002)でブラム・ストーカー賞脚本賞にノミネートされた経験のあるアーレン・クルーガーも脚本として参加しています。

映画「トランスフォーマー/リベンジ」 ストーリーネタバレ!

地球滅亡の危機再び!悪のプライム ザ・フォールンを倒せ!

今回は映画「トランスフォーマ―/リベンジ」のあらすじを4つのパートに分けてネタバレ込みで紹介したいと思います。またパート毎に解説も入れていきたいと思います。
ただ、映画「トランスフォーマ―/リベンジ」のあらすじがネタバレ込みで分かってしまうので、まだ映画「トランスフォーマ―/リベンジ」を未視聴の方はその点を予めご了承のうえこの先を読み進めて下さい。
それでは早速、映画「トランスフォーマー/リベンジ」のあらすじの紹介と解説を始めていきたいと思います。

映画「トランスフォーマ―/リベンジ」ネタバレ1 上海のディセプティコン出現事件とサムの大学進学

2年前にサイバトロンからやってきたオプティマスプライムたち率いるオートボットたちと国防総省のネストと呼ばれる秘密攻撃部隊は、ディセプティコンの生き残りの駆除のため日々戦っていた
ある日、アジア地域の中国・上海でディセプティコンが出現していた。彼らはまず中国に毒物の流出という名目で人々を現場から非難させ、その後ディセプティコンの残党の駆除に向けて動き出す。
そして、多くの被害を出しながらもオプティマス・プライムたちはディセプティコンの残党を倒す。オプティマス・プライムはディセプティコンの残党に最後に言い残すことを尋ねると「この星に君臨するのは貴様じゃない。ザ・フォールン様は蘇る」と言い残して死んでいく。

2年前のディセプティコンたちから人類の危機を救ったサム・ウィトウィッキ―は大学生となり、入学のための引っ越し作業を行っていた。しかし、その最中に事件は起こる。
恋人のミカエラ・ベインズからの電話に出るサムは彼女に「あのバトルのパーカー欲しい?」と言い、何の気なしに2年前の戦いで使っていたパーカーを取り出す。するとパーカーには機械や金属に生命を吹き込むキューブ(オールスパークの器)の欠片が付着していた。
そのキューブの欠片に気づいたサムはそれを手に取るが、キューブの欠片に突如熱反応が生じサムはそれを落としてしまう。そのことが原因でサムの家の掃除機やジューサーなどがトランスフォーマ―になり、またキューブの欠片の熱反応の影響で家が火事になる。

こちらの記事もチェック!

大騒動となるサム一家。しかし、サムの相棒のトランスフォーマー・バンブルビーの登場でその場はなんとか収まるのであった。しかし、キューブの欠片に何かを思ったサムはミカエラにキューブの欠片を預ける。
無事事態は収集し、サムはミカエラとバンブルビーに別れを告げ大学へと旅立っていく。しかし、キューブの欠片を持っているミカエらの背後には怪しい敵の姿が潜んでいた
さらに、キューブの欠片が保管される海軍基地にトランスフォーマーが侵入しキューブの欠片が盗まれてしまう事態も発生する。

【解説1】新たな始まりを告げる敵の最期のセリフ

このパートは前回の映画「トランスフォーマー」から2年経過した状況を視聴者に知らせるパートとなっています。オートボットたちは国防総省のネストと呼ばれる秘密攻撃部隊と協力してディセプティコンの残党を倒しています。
また映画「トランスフォーマー」の主人公サム・ウィトウィッキーはプリンストン大学に進学が決まっており、恋人のミカエラ・ベインズとはまだ良い恋人関係でいます。しかし、このパートは単に状況を説明しているだけではありません。
とあるディセプティコンが死ぬ直前に残した「この星に君臨するのは貴様じゃない。ザ・フォールン様は蘇る」という言葉とキューブの欠片を狙うトランスフォーマーの存在が新たなる危機が人類に迫っていることを示しています

映画「トランスフォーマ―/リベンジ」ネタバレ2 メガトロンの復活とオプティマス・プライムの死

一方、大学生活を送るサムにはある異変が起こっていた。パーティ会場に置いてあるケーキに文字が浮かんだり、一心不乱に謎の文字のようなものをケーキのクリームで書くなどの異常行動を起こすようになっていた。
そんなサムのもとにはオプティマス・プライムが現れ、キューブの欠片が盗まれた一件に関して手を貸して欲しいという。しかし、普通の大学生でありたいサムはこれを拒否する。
北大西洋の海底では一大事が起こっていた。ディセプティコンのトランスフォーマーがメガトロンを復活させてしまったのである。復活したメガトロンはザ・フォールンのもとへ。オールスパークが失われ、自分達の種族が滅びてしまうことを危惧するメガトロン。

しかし、ザ・フォールンはとある人間(サム)の体の中にオールスパークがあることをメガトロンに伝える。メガトロンとザ・フォールンはオールスパークの入手と、そしてかつて自身(ザ・フォールン)を裏切ったというオプティマス・プライムへのリベンジを誓うのだった。
ある日、プリンストン大学では天文学の授業が行われていた。授業の最中、またしてもサムの身に異常が起こる。そしてサムは異常な行動をとった結果、教室から出て行くよう言われてしまう。サムは自分の身に起こる異常な現象についてミカエラに電話で伝える。
その時、サムは自身の異常行動のキッカケとなったのがキューブの欠片に触れた瞬間であったことに気づく。一方、電話を受けたミカエラのすぐそばではサムより預かっていたキューブの欠片をトランスフォーマーが狙っていた。

ミカエラはこの事に気づき、トランスフォーマーを捕まえることに成功。そして捕まえたトランスフォーマーを携えてサムのもとへ向かうことにする。そして、ネストもまた複数のディセプティコンがアメリカ合衆国東部付近を移動している件でオートボットからSOSを受け出動することとなっていた。
異常行動が止まらないサムは部屋にいた。部屋でも異常行動をとっていたサム。そんな彼を女子大生に扮したトランスフォーマーが襲撃する。しかし、遠くからかけつけたミカエラによりサムは救い出される。しかし、トランスフォーマーの追撃は止まない。
サムとミカエラ、そして災難にもサムの襲撃現場を目撃してしまったルームメイトのレオ・スピッツは迫りくるトランスフォーマーから逃げ出す。しかしとうとうディセプティコンのリーダーメガトロンに捕まってしまう。

そして地球にあるというもう1つのエネルゴン(トランスフォーマーにとってのエネルギー)の源の在処がサムの脳に眠っているという理由でサムは脳を取り出されそうになるが、間一髪のところでオートボットたちがサムを救い出す。
しかし、その代償としてオプティマス・プライムが死んでしまうのであった。サムを取り逃がしたザ・フォールン率いるディセプティコンはサムを捉えるためのある手段に出る。それは街を破壊し、人類に向けて「助けてほしければサムを差し出せ」という脅迫なのであった。
一方ネスト部隊は国家安全保障問題担当大統領補佐官セオドア・ギャロウェイにより解散が伝えられ、さらに対ディセプティコン作戦は中止となる。そして指揮権はセオドア・ギャロウェイに移ることとなる。

【解説2】ピンチの連続で追いつめられる人類

ディセプティコンのリーダー・メガトロンの復活。またオートボットのリーダーであるオプティマス・プライムの死。「助けてほしければサムを差し出せ」というディセプティコンの声明。ネスト部隊の解散と対ディセプティコン作戦の中止。
などなど様々なピンチが人類を襲うパートになっています。サムも異常行動をとるようになり、さらにディセプティコンに襲われるなど、その身に様々なピンチが襲い掛かります。

映画『トランスフォーマ―/リベンジ』ネタバレ3 人類の運命を左右する鍵マトリクスを求めてエジプトへ

一方、「助けてほしければサムを差し出せ」というザ・フォールンの脅迫に対し、サムは自らその身を差し出す決意をしていた
が、何かを閃いたのかサムは異常現象が起こるようになって以後頭の中に浮かぶ文字(サイバトロン語)について一緒にいたオートボットたちに読むことができるかをたずねる。しかし、その場にいたオートボットたちには分からなかった。
そこに、サムと一緒にいたルームメイトのレオ・スピッツが現れ、心当たりがあるといってロボ・ウォリアーなる人物のもとにサムを案内する。ロボ・ウォリアーはかつてサムたちと協力してディセプティコンと戦った元・セクター7のシーモア・シモンズであった。

こちらの記事もチェック!

そしてサム達はシーモア・シモンズのもとでサイバトロン語が読めるトランスフォーマーの存在の居場所を突き止め、ワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館へと向かうのであった。
スミソニアン航空宇宙博物館に到着したサムたちはトランスフォーマ―でありサイバトロン語が読めるジェット・ファイアに出会う。ジェット・ファイアは元ディセプティコンだが敵を憎むばかりの生き方がイヤになりオートボットの側に鞍替えしたトランスフォーマ―であった
そしてジェット・ファイアはサムたちを連れてエジプトへ行く。エジプトについたサムは何故エジプトに来たのかについてジェット・ファイアに質問する。そこでジェット・ファイアはエジプトに眠る伝説の鍵の話をし始めるのだった。

ジェット・ファイア曰く、トランスフォーマーたちは何千年前も前にある使命をおびて地球に飛来した。その使命とは、トランスフォーマーたちの命の源であるエネルゴンを探すことであった。
エネルゴンはそれ無しではトランスフォーマ―が滅びてしまう代物だ。トランスフォーマ―の先祖はエジプトのどこかにある強力なマシンを設置した。エネルゴンを集めるマシンだ。ただし、太陽を爆発させて。かつて存在した7人のプライム。
彼らは初代のリーダーたちであり、エネルギーとなる太陽を求めて宇宙を旅した。その際、生命体がいる星を滅ぼさないことがルールであった。しかし、これをプライムの1人ザ・フォールンは破ろうとした。地球人が滅ぼうとも構わないとしてマシンを起動しようとしたのである。

しかしマシンの起動にはある鍵が必要となる。それはマトリクスと呼ばれるものだ。他のプライムたちはザ・フォールンのマシン起動を阻止すべくマトリクスを自分たちの亡骸でできた墓の中に封印したのである。そしてその墓はエジプトのどこかにある。
ジェット・ファイアはザ・フォールンはマシンの在処を知っており、マトリクスを見つけた暁には地球は滅ぶことになるだろうと言う
またザ・フォールンを止められるのはプライムだけであるという。そこでサムはマトリクスを使ってオプティマス・プライムを復活させる案を思いつく。

マトリクスを探すことを決めたサムはジェット・ファイアにどうすればマトリクスを見つけられるかを訊ねる。ジェット・ファイアはマトリクスはサムの頭に浮かぶ文字の意味「暁がダガーの剣先を照らす時、3人の王が扉を示す」に従って探せとサムに言うのであった。

【解説3】元ディセプティコン・ジェットファイアの協力を得てエジプトへ

サムたちが元セクター7のシーモア・シモンズ、元ディセプティコンのジェットファイアなどの助力を得て、人類の運命を左右する鍵マトリクスを探し始めることになるパートです。
本パートではディセプティコン側からオートボット側へと鞍替えしたジェットファイアが登場しますが、このジェットファイアの考え方は衝撃的でした。オートボット側かディセプティコン側かは考え方によってどちらを選んでも良い。
そういうジェットファイアの考え方を知って「悪や善は初めからキッチリ分かれているわけではないのだな」と気付かされたからです。ヒーローものでこういうキャラはなかなか珍しいと思います。ちなみにこのパートではホィーリーというディセプティコンもまたオートボット側に鞍替えします。

映画『トランスフォーマ―/リベンジ』ネタバレ4 オプティマス・プライムの復活とザ・フォールンの死

サムたちはマトリクスのおおよその在処を突き止める。そしてオプティマス・プライムを復活させるべくネストにその場所までオプティマス・プライムの死体を運ぶよう伝える。その後、サムたちはひょんなことからマトリクスを発見する。
そしてオプティマスのもとへ急ぐのであった。サムがマトリクスを手に入れオプティマスを復活させようとしていることに気づいたメガトロンは部下にサムをオプティマスのところへ行かせてはいけない、と命令し、さらにディセプティコンのメンバーに攻撃開始の合図を送るのだった。

ネストたちはディセプティコンとの戦闘を開始。サムはディセプティコンの追手から逃れながらオプティマス・プライムのもとへ走る。そしてオプティマス・プライムの復活に成功する。
しかし、直後にザ・フォールンがマトリクスを奪いマシンを起動させようとする。絶望的な状況の中でジェット・ファイアは自らのパーツをオプティマス・プライムに提供する。これによりオプティマス・プライムはこれまでにない力を手に入れる。
そしてマシンの起動を阻止し、さらにザ・フォールンを倒すことにも成功するのであった。

【解説4】ジェットファイアに注目しよう

サムは死んだオプティマス・プライムをマトリクスを使って復活させ、ザ・フォールンは死んで物語は幕を閉じます。
このパートの見どころはジェットファイアがオプティマス・プライムに自らのパーツを提供するところですね。かつて悪の味方だったものが正義の味方に力を貸すのはなぜこんなにも心が高鳴るのでしょうか?
ジェットファイアは今作におけるオプティマス・プライムに並ぶもう1人の主人公とも言える存在なので、このパートを含めて彼の存在には注目してもらいたいです。

映画『トランスフォーマ―/リベンジ』で更なるトランスフォーマ―たちの活躍を見届けよう

ここまで映画「トランスフォーマ―/リベンジ」のあらすじをネタバレ込みで紹介し、解説もしてきましたがいかがでしたでしょうか?
しかし、やはり映画「トランスフォーマ―/リベンジ」は映像が素晴らしい映画なのでぜひ実際の作品を観てもらいたいです。
本作は前作の4倍以上のトランスフォーマ―が出るなど前作以上に頑張っている部分もありますので、前作からトランスフォーマ―シリーズを観るのをやめてしまっている人もぜひ観てみて下さい。ということでお付き合いありがとうございました。
トランスフォーマー/リベンジ (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 8,905

トランスフォーマー/リベンジ [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012-07-13)
売り上げランキング: 17,367