【ペルソナ5】モルガナの7つの魅力!かわいい容姿の正体は…

「ペルソナ」シリーズでもはや伝統と化しつつあるマスコットキャラですが、本作『ペルソナ5』ではモルガナという猫がその座を射止めました。そんな可愛くも頼りになるモルガナにはそのアイデンティティを巡る秘密があります。そんな秘密と魅力に迫る記事です。

『ペルソナ5』モルガナってどんなキャラ?

モルガナとは人気ゲーム『ペルソナ5』に登場するキャラクターのことです。マスコット枠ということで猫がコンセプトのキャラデザになっています。現実世界では完全な猫ですが、パレス内では擬人化した猫の姿です。
そんなモルガナの全長は50cmで、体重は3.5kgあります。彼は記憶をなくしており、いつどこで生まれたかも定かではありません。性別も不明ですが、一応本人は男として自覚しているようです。
主人公と一緒に喫茶ルブランの屋根裏部屋を根城としています。人前でも会話しますが、ペルソナ持ち以外の人間には猫の鳴き声にしか聞こえません。外へでかける時はいつも主人公の鞄の中に隠れています。

持ちペルソナはゾロ

彼が使うペルソナのゾロはジョンストン・マッカレーによる小説に出てくる仮面の剣士が元ネタです。彼は盗賊として活躍しながら、弱い者の味方をするヒーロー的存在でした。
色々な作品のモチーフにされており、あの大人気漫画『ワンピース』のキャラクターの名に使用されるほどです。モルガナの声がチョッパー役の大谷育江が担当しているのもちょっとした繋がりが感じられます。
ペルソナのゾロは風属性を得意とし、回復技も覚えます。弱点属性のない相手にはクリティカル率の高いラッキーパンチという技で弱点を突いてくれる便利なペルソナです。使い時を見極めれば頼もしい操作キャラになってくれます。

モルガナの魅力1 猫である

モルガナは猫です。本人は否定していますが、誰がなんと言おうと猫です。そこがモルガナ最大の魅力であり、最大の可愛さでもあります。男として自覚しており、仲間の高巻杏をひとめ見たときから異性として気に入っていました。
普段は猫らしく、カリカリの方のキャットフードを食べていますが、本来は贅沢な舌を持っています。何度か主人公たちが寿司屋に行く描写があり、そのたびにお土産をねだっていました。しかしゲーム内ではなにかと邪魔が入り、目当てのお寿司にありつけることはなかったです。

こちらの記事もチェック!

モルガナの魅力2 かわいいマスコットキャラ

モルガナはマスコットキャラです。ということは問答無用で可愛くそれが魅力となっています。そんなマスコットキャラが「ペルソナ」シリーズで登場したのは、『ペルソナ3』のこと。その時はペルソナが使えて戦える犬というだけで、しゃべることはできませんでした。
そして前作『ペルソナ4』ではくまの着ぐるみを来た謎のキャラクターが登場します。その名もクマ。彼もモルガナと同様、自分の存在が何なのかわからずにアイデンティティを探していました。
そして今回登場したのが猫のモルガナです。なぜかパレスやメメントスのことを知っており、上から目線の口調で登場します。一緒に過ごすなかで、強がったり、不安がったり、興奮したりと多くの一面を見せてくれました。愛着がわく愛らしいマスコットキャラです。

モルガナの魅力3 異世界について知る謎の存在

こちらの記事もチェック!

「ペルソナ」シリーズにてマスコットキャラには謎があるのが通例です。今回のモルガナも生まれも自分が何者かもわからず、謎の存在となっています。さらに謎なのがなぜか人の心が歪んで異界したパレスや、大衆の意識がダンジョン化したメメントについて知っていることです。
物語の後半ではそれがモナが何者かであるかを知る鍵になっているのですが、前半ではゲームと物語が進行するために必要な要素となっています。モルガナのおかげで人の心を盗んで改心させるという怪盗団が結成されたり、主人公たちが出会って仲間になるきっかけとなっているからです。

モルガナの魅力4「今日はもう寝ようぜ」で〆る主人公との語らい

「今日はもう寝ようぜ」モルガナを代表する名ゼリフです。ゲーム内で何度も聞くことができます。主人公と一緒に喫茶ルブランの屋根裏部屋に間借りしているモルガナですが、ストーリーが動いたり節目になると、ベッドの上で主人公と語らうのです。
この時のモルガナは色々な表情を見せてくれます。怪盗団としての仕事が終わるとその成功を喜んだり、新たに仲間が加わると主人公の引きの良さを驚いたり色々です。物語が終盤に差し掛かると、自分の正体に不安をおぼえたりします。
こうして主人公とモルガナが夜に語らうことで、モルガナの謎に迫りつつ、同時に主人公との仲が深まっていきます。そうしてアルカナのレベルが上がる演出で、より仲が深まったことに感情が高まるのもモルガナの魅力です。

こちらの記事もチェック!

モルガナの魅力5 アイデンティティを探して見つかった驚愕の正体

モルガナは猫ですが、自分がどこで生まれ、何者で、なぜ喋ることができるのか何ひとつ知りません。しかも自分が人間だと思っており、猫であることを指摘されると「猫じゃあねし」と食い気味に否定します。そこがまた可愛いです。
物語も終盤に差し掛かると、奇妙な夢によって自分の正体は実はシャドウで悪い存在なのではないかと怯え始めます。そのことが原因でメンバーと口論になり、家でしてしまったなんてこともありました。
そしていよいよ物語のクライマックスで、その正体が判明します。それはペルソナ使いの導き手のイゴールがニセモノに封印されるとき、主人公を導くために生み出された存在だったのです。世界を救うため主人公をヒーローへと昇華させるための最高のアンタゴニストだったのです。

モルガナの魅力6 ぬいぐるみまで発売されるほどの人気ぶり

出典:https://www.amazon.co.jp

モルガナは可愛いです。異論は認めません。しかも現実世界では完全な猫の姿で、異世界では擬人化された猫のキャラクターという二重の可愛さが楽しめます。すごくお得です。そんな可愛いモルガナですが、ファンにはたまらない朗報が入ってきました。
なんとモルガナのぬいぐるみが発売されるのです。商品化されたのは日常の猫の方ではなく、もちろん擬人化猫の方が選ばれました。片方の耳をピンと立て、もう一方が折れ曲がっている様子が、聞き耳を立てているようで可愛いです。

こちらの記事もチェック!

モルガナの魅力7 声優はあの大谷育江!

モルガナの声をマスコットキャラ役でお馴染みの大谷育江が担当しました。少年のような声が得意で、特に『ワンピース』のトニートニー・チョッパーのイメージが一番強いです。他にも代表作といえるキャラクターをたくさん演じています。
自分の中では『コボちゃん』の田畑コボ役のイメージが強いです。有名なところでは、『ポケットモンスター』のピカチュウ役をやっています。ゲームでは『ディシディア・ファイナルファンタジー・オペラオムニア』で『ファイナルファンタジーIX』から参戦したビビ役もやっており、マスコットキャラクターのイメージが強いです。
声の特徴として、澄んでいて甲高いというイメージがあります。そのためか幼い少年少女の役柄が多いです。他にも動物の役を多くこなしています。心落ち着く癒しヴォイスの持ち主です。

物語の謎を解く鍵を握るマスコットキャラ

『ペルソナ5』のマスコットキャラ、それがモルガナです。彼は何もしらなかった主人公と初めてあい、ペルソナやシャドウそしてパレスのことを教えます。彼の導きのおかげで歪んだ悪い心を盗むことで相手を改心させることを知り、怪盗団が結成されました。
ゲームの中の登場人物だけでなく、プレイヤーにもわかりやすく説明してくれるモルガナはまさにマスコットキャラの鏡。その愛嬌と可愛さでプレイヤーを狙い撃ちしてきます。ゲーム未プレイの人は『ペルソナ5』をプレイし、異世界へとナビゲートしてもらいましょう
ペルソナ5 - PS4
ペルソナ5 – PS4
posted with amazlet at 17.09.15
アトラス (2016-09-15)
売り上げランキング: 220

ペルソナ5 公式コンプリートガイド
KADOKAWA (2016-11-05)
売り上げランキング: 925