松田龍平のかっこいいポイント10選!唯一無二の魅力を紹介!

松田龍平さんかっこいいですよね。言わずと知れた日本の人気俳優ですが、お父さんはなんと松田優作。お母さんももともと女優で写真家、そして姉はミュージシャンで、みなさんもご存知弟は人気イケメン俳優の松田翔太さんです。今回はこの豪華な家族の長男である松田龍平さんのかっこいいポイントについて迫っていきたいと思います。

松田龍平のプロフィール

松田龍平さんといえば松田優作さんと松田みゆきさんの間に生まれた松田家の長男で、日本でもっとも有名な俳優ですよね。弟も松田翔太と、なんとも才能あふれる一家ですよね。小学校の頃に世界的に有名な俳優松田優作という父を失い、自身も大島渚にスカウトされて俳優の道へ。

もともとサッカーが好きでサッカーをやっていましたが、高校受験の直前に「御法度」という映画に出演オファーを受けて、断りきれずに映画デビュー。これが毎日新聞賞やブルーリボン賞など数々の賞を獲得し、なんとアカデミー賞も獲得してしまったものだから、俳優の道に進まざる負えなくなったようです。

新人賞を総なめして人気になった松田龍平さんですが、やがて母親が代表を務める芸能事務所に所属し、事務所トップの俳優として活躍していきました。今回はそんな人気俳優の松田龍平さんのかっこいいポイントについて上げていき、彼の素性を探っていきたいと思います。

松田龍平のかっこいいポイント① 背高くてかっこいい!身長何cm?

ねえもうやばくない?なにこの高級感、、、エレガントすぎ、、、存在が国宝、、、地面にひれ伏したい、、、、、このコート100万らしいよ何事だよ(ちなみにジャケットは57万) おととい散歩する侵略者の初日舞台挨拶行ってきたんだが、はせひろさんはただ立ってるだけで色気を放ちすぎて割とこっちの意識が飛びそうだったし顔ぺっかぺかだったし姿勢が良かったしとりあえずえろかったしりゅうへいさんは可愛くて可愛くてもーーね、食べたい、そしていつもよりたくさん話してて可愛かった、まさみちゃんとめっちゃ仲睦まじくて可愛かった、手足は安定で長かった、 なにより映画が素晴らしすぎました、毎日観に行きたい #松田龍平 #ryuheimatsuda

かなでさん(@___kanade____)がシェアした投稿 –

松田龍平さんのかっこいいポイントのの一つ目はやはり身長ではないでしょうか。彼は意外にガタイがよく、近くで見るとかなりごついようです。身長はなんと183cmでかなり背が高いんですね。弟の松田翔太さんは身長が179センチで菅、少しだけ兄の方が大きいのです。

TBSで放送されたドラマ「カルテッド」で人気イケメン俳優の高橋一生さんと共演した際に、隣に並んでかなりの身長差があると話題になりましたが、その身長差なんと8センチ!高橋一生さんは175センチで決して身長が低くないのですが、一緒に並ぶとこんなに身長差があったんですね!松田龍平さんは背が高くてかっこいい!これが一つ目です。

松田龍平のかっこいいポイント② 髪型がかっこいい!

松田龍平さんのかっこいいポイントの二つ目はやはり髪型でしょう!ショートにロングに、髭もじゃのスタイルに、実にたくさんのスタイルをしている雰囲気抜群の俳優さんですが、松田龍平さんはどの髪型が人気だったのでしょうか。

髪がミディアムのイメージがありますが、ファッション誌などで登場する際はベリーショートが多い気がします。お父さんも晩年は短い髪の毛が多かったのですが、一番それが似合っていた気がします。刑事役などをする際のベリーショートはやはり一番かっこいいですね!茶髪にして無精髭をしてショートの時が結構かっこよかったです。

松田龍平のかっこいいポイント③ メガネがかっこいい!

松田龍平さんはプライベートでもかなりのおしゃれで有名ですが、一番ネットやテレビで注目されたのは、ドラマ「カルテット」に出演した時のファッション。30代のアマチュア演奏家を演じていますが、この時のメガネがなんともかっこいい!どこのブランドなのか調べてみました。

松田龍平さん演じる別府司がつけているのは、ボストンクラブというブランドの、細いフレームのシリーズ。チタニウムというシリーズらしいですが、ドラマでこのメガネをつけてから売り切れ続出に。このメガネとタートルネックのバランスが最高で、これから冬にかけて人気が出そうな組み合わせですね!

松田龍平のかっこいいポイント④ 性格も男らしくてかっこいい!

あいだ、あきましたm(__)m はじめますね

Ryuhei Matsudaさん(@ryuheimatsuda)がシェアした投稿 –

やはり松田龍平さんと行ったら性格がまずかっこいいですねよね。お父さんはAB型で、天才型。ドラマのために両奥歯を抜いてげっそりした主人公の役を演出したくらいストイックなんですが、松田龍平さんはどうなんでしょう。俳優として評価の高い彼ですが、大島渚さんに惚れられたくらいですからいいに決まっています。

性格はストイックで真面目。しかし!ここで意外な事実ですが、実はかなりのアニメとゲーム好き。特に好きなのが、小さい頃から愛している「新世紀エヴァンゲリオン」。雑誌の対談でもエヴァンゲリオンの魅力について、大人っぽい漫画だから、と語っています。内面は大人な松田龍平さんの性格にとってもマッチしていたのでしょう。

松田龍平のかっこいいポイント⑤ 弟・松田翔太もかっこいい!

大雨のフジロック楽しかったなあ😎🌧 I had so much fun #fujirock2017

Shota Matsudaさん(@shota_matsuda)がシェアした投稿 –

やはり一家全員がかっこいいんですね。弟の松田翔太さんも本当にかっこいい。現在31歳で、「花より団子」と「LIAR GAME」で一躍人気になり、俳優として売れました。花より団子ではF4の西門総二郎役で大きな反響を得ましたよね。

兄の活躍が話題になっていて、弟は一体いつデビューしたのか不思議でしたが、彼は元は海外で留学していたんですね。経歴はかなり奇妙で、なんと小学校の頃はサッカーをやっていてセリエAのユースチームに所属していました。17才の頃から2年間イギリスの専門学校に入学していて、帰ってきてからドラマ「ヤンキー母校に帰る」でデビューしました。

松田龍平のかっこいいポイント⑥ 父・松田優作もかっこいい!

サラリーマンが会社を乗っ取ろうとするハードボイルドアクション映画。彼はどうやって金も地位も女も手に入れていくのか。ラストは衝撃的というか恐怖を覚えた。だんだんと乗る車がレベルアップしていくのもおもしろいです。人生、いまの状況がずっと続くとは限らない。良くも悪くも。 原作は大藪春彦の小説。監督は「さらば あぶない刑事」などを手がけた村川透。主演は松田優作、風吹ジュンら。そうそう、風吹ジュンがかわいいんよ。濡れ場もあるよ🙈 ーーー 蘇える金狼(1979) 1979年/日本 昼間は平凡なサラリーマンを装いながらも、夜になると、身体を鍛え巨大資本乗っ取りを企む男の姿を描く。大藪春彦の同名の小説の映画化で、脚本は「肉の標的・奪う!」の永原秀一、監督は「白昼の死角」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当 #蘇える金狼 #村川透 #松田優作 #風吹ジュン #映画 #amazonプライム

tanoさん(@tky_tn)がシェアした投稿 –

やはり話題になっているのは父の松田優作さんの伝説ではないでしょうか。弟や母親の伝説も巷では噂になっていますが、やはり人気はお父さんの残した数々の伝説。「野獣死すべし」で奥歯を4本抜いた話はまだまだ序の口です。

もともと下関に住んでいましたが、高校を中退し状況。豊島のアパートに住んでいて、その後大検をとって関東学院に入学しています。文学座で俳優として活動を始め、「探偵物語」に出演してからテレビや雑誌で人気になり、一躍トップスターになりました。

松田優作さんの有名な伝説としては高校から空手をやっていて、有段の資格はないですが、喧嘩がかなり強かったようです。なんでも飲み屋で飲んでいてヤクザに絡まれて、友達と一緒にボコボコにしたそうです。こうした喧嘩が強いエピソードが実はたくさん残っているんですね。本当かどうかはわかりませんが、本として出版されています。

松田龍平のかっこいいポイント⑦ 母親とハグとかかっこいい

松田龍平さんの原点は父、松田優作さんもそうですがやはり母のみゆきさんではないでしょうか。40歳でお父さんが亡くなってから、女で一つ三人の子供を育て上げた母は波の母親ではありません。男らしくて一家の大黒柱である彼女と息子たちの挨拶はなんとハグ!

海外に留学させていたり、自身も国際的な活躍をしている母は、基本的に息子たちとはボーイフレンドのような感じで接しています。自分の息子の写真集の写真をとったりとプロモーションはみんな母がやっています。彼女がいうには一番わかっているからいい写真が取れるようです。かっこいいですね、母も。

松田龍平のかっこいいポイント⑧ 出演ドラマの役所がかっこいい!

楽しみ! #探偵はバーにいる3#大泉洋#松田龍平

Naomi Nishioさん(@naomi.nishio)がシェアした投稿 –

松田龍平さんの出演するドラマがやはりかっこいいですね。特に印象に残っているのは「青い春」というデビューしたで出演した青春映画。ベランダゲームという危険な遊びに打ち興じる高校生の役を演じていますが、危険なゲームの勝利者として学校を収めるリーダーとして演じています。これが一番かっこいい!

他にもおどけたキャラクターなども演じていますが、クールな役がいいですね!特にNHKの連続テレビ小説の「あまちゃん」に出演していた時の主人公のマネージャー役もかっこよかったですよね。クールで東京の若いいやーなサラリーマンという感じでしたが、最近の若者っぽくて適役でした。

映画の「まほろ駅前多田便利軒」に出演していた時も、やさぐれた若者の役を演じていましたが、どうしてこうダメ男の役が似合うのでしょうかね。しかもかっこいいので、ダメポイントがない!何をやってもかっこよく写ってしまうのが、松田龍平さんのすごさです。

松田龍平のかっこいいポイント⑨ 出演映画がかっこいい!

では松田龍平さんの出演していた映画はどんなものなのでしょうか。デビュー作は先ほど紹介しましたが、「御法度」。先ほど紹介して「青い春」や小池栄子さんや広末涼子さんと共演した「恋愛写真」など多くの映画に出演するようになりました。

コメディ映画に初めて出演するきっかけになった「恋の門」では、初監督の松尾スズキさんの監督さん品でヴェネチア国際映画祭に初めて出品されました。主人公は石で漫画をかく童貞の役を演じていましたが、普通に演技しているだけなのに、コミカルな感じが出ていた素晴らしい方ですね。

出演作の全てで言えることですが、松田龍平さんは基本的にあんまり動きません。感情を大きく出すタイプの俳優ではなく、ハリウッドでいうトミーリージョーンズみたいな俳優です。しかしそれでも雰囲気でその役になりきるのがうまく、こうした出演作ではちゃんと自分の役を忠実に守っているのがすごいです。かっこいいですね。

松田龍平のかっこいいポイント⑩「青い春」がかっこいい!

やはり一番好きな映画は「青い春」ではないかと思います。高校生の不良役がかなり過去よかったです。ケーブルテレビで放送されていたのをみましたが、初めて見たときは衝撃でした。雰囲気がかっこよくて、この人はどれだけ有名な俳優なんだろうと思ったら、デビュー間もない。

「青い春」では才能溢れて、頭の切れる主人公の役を演じていましたが、カリスマ的な雰囲気がムンムンに出ていてかっこよかったですね。力ではなく、知性で学校を支配する不良の役が現代っぽくてい感じでした。まさに時代が求めている人物になり切れるのが松田龍平さんのかっこいいポイントですね!

松田龍平はこれからも期待大!

ウディネ映画祭、楽しかったー

Ryuhei Matsudaさん(@ryuheimatsuda)がシェアした投稿 –

これまで松田龍平さんおかっこいいポイントを列挙していきましたが、いかがでしたでしょうか。松田龍平さんはこれからもたくさん映画に出演するので、これからも期待大です!まず2017年に出演する「散歩する侵略者」では、カンヌの「ある視点部門」に出品されています。

それから2018年にももう一本映画が公開され、ドラマももう一本撮影しているところです。毎年のように映画に出演していますが、人気は衰えませんね。今は注目のカルテッドが人気で、約5年ぶりに出演した松たか子さんの主演ドラマが話題ですね。松田龍平さんのクールでかっこいい衣装がみたい方はぜひチェックですよ!