山下智久出演おすすめドラマランキングTOP10!山Pの活躍を振り返る!

山下智久さんこと山Pはソロとして歌にドラマに大活躍中です。亀梨和也さんとのコラボも記憶に新しい山P。いつもかっこいい山Pのこれまでのドラマでの活躍ぶりをたっぷりと振り返ってみたいと思います。

山下智久のこれまでの活躍は?!

出典:https://www.amazon.co.jp

山下智久さんは1985年生まれ。1996年の11歳のときに先輩である滝沢秀明さんのドラマを見てジャニーズ事務所に入りたいと思ったそうです。2003年にはNEWSとして「NEWSニッポン」でデビュ−しました。
翌年には、明治大学商学部に入学し、2008年に無事卒業します。2005年には亀梨和也さんと共演したドラマ『野ブタ。をプロデュース』での期間限定コラボで「青春アミーゴ」を発売し、日本国内での累計売上は162.6万枚(オリコン調べ)。累計出荷枚数は200万枚を突破する大ヒットとなりました。
その後月9に主演するなどの活躍を経て、2011年NEWSからソロデビューを果たしました。コードブルーが高視聴率を記録するなど今後の活躍が期待される山下智久さんです。

山下智久のおすすめドラマランキング【第10位】クロサギ


「クロサギ」山下智久さん初単独主演ドラマとして話題になりました。最高視聴率18.8%、平均視聴率15.7%という高視聴率を記録して、映画化もされました。
山下智久さん演じる主人公の黒崎高志郎(くろさき こうしろう)は幼い頃に詐欺に遭い一家心中で家族を失ったと言う過去がありました。黒崎は詐欺師を騙す詐欺師になり、詐欺師に復讐するというストーリーでした。
ヒロインは堀北真希さん。2人は「野ブタ。をプロデュース」で共演してから3ヶ月後の再共演となりました。主題歌には山下智久さんの「抱いてセニョリータ」が起用されています。この当時はNEWSのメンバーだった山下さんはこれがソロデビューの最初の作品となりました。

山下智久のおすすめドラマランキング【第9位】SUMMER NUDE

出典:https://www.amazon.co.jp

1995年に真心ブラザーズが発表した楽曲「サマーヌード」をイメージして制作された月9ドラマでした。それぞれが忘れられない恋人を胸に秘め、悩みながらも明るく生きる若者たちの夏の恋を描いた作品でした。
ヒロインに香里奈、戸田恵梨香、長澤まさみ、窪田正孝など、現在も大活躍中の俳優が集結したドラマでした。初回視聴率は17.4%の高視聴率を記録し、話題となりました。山Pと香里奈がとても似合っているという視聴者からの声も高かったようです。
当時はこのようなドラマが多く、ビーチボーイズロングバケーションなど夏のドラマが人気を呼びました。

山下智久のおすすめドラマランキング【第8位】ドラゴン桜

「ドラゴン桜」阿部寛さん主演で三田紀房の漫画作品を原作としてドラマ化されました。元暴走族の主人公桜木が改心して東大に合格したにもかかわらず進学せずに弁護士となり法律事務所の所長となりました。落ちこぼれ生徒が通うと言われる私立龍山高等学校は経営破綻となってしまい、民事再生法適用された後は管財人となる弁護士が職務を引き継ぐ予定でした。
しかし、桜木は破綻を回避し、経営状態を回復させるには龍山高校を進学校にするのが一番の近道だと考えたのでした。そのためにまず東大合格者を5人出すという目標を掲げました。そのメンバーの中に山P演じる矢島 勇介がいたのでした。
メンバーには新垣結衣さん、長澤まさみさん、中尾明慶さん、サエコさん、小池徹平さんなどそうそうたるメンバーでした。

山下智久のおすすめドラマランキング【第7位】野ブタ。をプロデュース

「野ブタ。をプロデュース」は白岩玄作の小説が原作とした作品でした。亀梨和也さんとのダブル主演「修二と彰」のコンビでCDデビューも果たしました。いじめられているクラスメイトを人気者にプロデュースするストーリーで、そのいじめられているヒロイン役に堀北真希さんが起用されました。
また、学校のマドンナには戸田恵梨香さんが亀梨さんに想いを寄せる役で登場しました。原作での「野ブタ」は男子生徒でしたが、女子生徒に設定されたことから原作とストーリーが大幅に変わりました。山下さん演じる彰役は原作には登場しないオリジナルキャラクターでした。
クレジットには山下智久さんは特別出演の扱いとなっています。また、このドラマが堀北真希さんの出世作となりました。

山下智久のおすすめドラマランキング【第6位】ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜


「ブザービート」では山下智久さんプロバスケットボール選手の役を演じました。日本バスケットボールリーグ(JBL)と日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)が全面協力し、このドラマには両リーグで活躍する選手も多数出演していることでも話題を呼びました。
ブザービートは月9ドラマらしい恋愛模様を描いた作品でした。ヒロインは北川景子さん、そして元カノの役には相武紗季さんが起用されています。相武紗季さんのちょっと悪女っぽい役はこの時が始まりだったのかもしれませんね。
伊藤英明さんなども恋敵として登場し、それぞれの想いや葛藤が描かれる度に視聴者もドキドキしながら引き込まれました。平均視聴率は14.4%でした。

山下智久のおすすめドラマランキング【第5位】ボク、運命の人です。


「ボク、運命の人です。」は、亀梨和也さんが主演のドラマで、山下智久さんの連続ドラマ出演作品では最新作となります。このドラマでは「亀と山P」として主題歌をダンスとともに披露しており、「背中越しのチャンス」は初週累計188,231枚を売上げHOT100総合首位を獲得しました。
修二と彰ぶりの2人のコラボがとても期待されました。このドラマでは山Pは謎の男という不思議な存在の役を演じました。主演の亀梨和也さんに、木村文乃さん演じる湖月 晴子が運命の人だと告げて、結婚するように指南します。
未来から来たと言う謎の男と亀梨さん演じる正木 誠には友情のような感情も芽生えて行きました。続編がありそうな終わり方だと、視聴者の期待は高まっているようです。

亀梨和也さんとの仲は?


亀と山Pは仲がいいのか?気になるところですね。二人はお互いの家を行き来するほど仲が良かったそうです。「修二と彰」が結成されたころは、山PはすでにNEWSとしてデビューしていて、亀梨さんはまだデビュー前でした。
この二人のコラボが大成功して亀梨さんもデビューのきっかけをつかみました。お互いに忙しくなりしばらく音信不通が続いていたのですが、ひょんなことから再会して、「また何かやりたいね。」という話から「亀と山P」が結成されることにつながったそうです。
とても息がぴったりの二人は見ていても安心感がありますね。

「亀と山P」ユニット名の由来は?


「野ブタ。をプロデュース」では、修二と彰という役名でのユニットを組んでいた二人。今回は役名ではなくそのままのネーミングでユニットを組みました。その理由について、はじめはどういうユニット名にするか考えていたそうです。
二人とも80年代生まれなので「エイティーズはどうだろうか・・・」など。しかし、視聴者の呼ばれ方を重視した二人は「エイティーズだよ。」「誰それ?」「亀梨と山Pのユニットで・・・」と説明をしなければ伝わらないよりもそのままズバリ「亀と山P」のほうがストレートで良いのでは?ということになったそうです。
それが功を奏したのか、組んだユニットでのシングルは大ヒットしましたね。

山下智久のおすすめドラマランキング【第4位】5→9〜私に恋したお坊さん〜


「5→9〜私に恋したお坊さん」では、山下智久さんは東大卒のイケメンのお坊さんの役を演じたことでも話題となりました。また、ヒロイン役として共演した石原さとみさんとは結婚のニュースが流れるなど2人の関係が気になるところです。
このドラマのファンからは、2人を応援する声が多く、今後の成り行きを静かに見守って行きたいところですね。英会話スクールの教師役の石原さとみさんとそこに通うようになった山下智久さん、2人の英会話力にも注目が集まりました。
山下智久さん「山PのKISS英語」という冠番組を持つようにもなりました。また、ある番組ではアンジェリーナ・ジョリーとの対談で通訳を介さず取材を行っています。

山Pの英語が流暢な訳とは?


山下智久さんは、実はとても英語が苦手だったそうです。11歳でジャニーズ事務所に所属するようになり、中学では勉強する時間があまり無かったそうです。高校は堀越学園に入学しますが、そこでも成績はあまり良くなかったそうです。
進学さえも危ぶまれていた山下さんを救ったのが、同級生の城田優さんだったそうです。成績優秀だった彼は付きっきりで勉強を教え、見事に追試で高得点を取ることが出来たそうです。さらに、明治大学を推薦入試受験出来るようになるほどまでになったそうです。
人気絶頂だったにも関わらずアメリカ留学を決行した赤西仁さんの影響を受け、英語の勉強を継続したそうです。周りの人からの刺激を受けることで自ら向上することに邁進する山Pの姿勢は見習いたいと思ってしまいますね。

石原さとみさんとの結婚のうわさは本当?!

このドラマの共演がきっかけで交際が始まったと伝えられている石原さとみさんと、山下智久さん。結婚報道などもありましたが、ファンからは、「不倫じゃないのにいいんじゃないの?」「お似合いだと思う。」などと歓迎のムードが高まっているようです。
石原さとみさん24時間テレビのパーソナリティーに起用されるなど国民的女優の地位を獲得しつつあるといわれています。一方山下智久さんも主演ドラマ「コード・ブルー」が好調で大活躍中です。今後、うわさが本当なのか、気になるところです。

山下智久のおすすめドラマランキング【第3位】アルジャーノンに花束を


「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイスによる同名作品が元にドラマ化されました。山下智久さん演じる白鳥咲人は28歳で知能は6歳という知的障害者でした。脳生理科学研究センターの研究員の栗山千明さん演じる望月 遥香に好意を寄せて行きます。
知能向上のための脳手術の被験者として咲人の名が挙がります。手術を受けた咲人は徐々に知能が向上して行き、やがて天才的な知能を得て行きます。手術前の咲人とのギャップを見事に演じた山下智久さんの演技力には目を見張るものがありました。
このドラマでは人と人が対等であることに何が必要なのか?本当の対等とは何なのか?を考えさせられた人も多かったのではないでしょうか?

難しい役柄にチャレンジした山Pの意気込みとは?


「アルジャーノンに花束を」の主人公咲人知的障害のある役柄でした。山下さんはとらわれ過ぎないようにということもあり、原作はあまり読まないようにしているそうです。しかし、この作品に関しては原作を読み国も文化も違うということにとらわれないようにしようと気を付けたそうです。
役作りについては、手術前の咲人については、メイクもセットも何もしなかったそうです。そして、手術後の咲人は、きりっとしていることを表現するために体重も3キロほど落としたそうです。
手術前後の咲人は見事に演じられていて、視聴者の涙を誘う場面も多くみられましたね。

山下智久のおすすめドラマランキング【第2位】プロポーズ大作戦


「プロポーズ大作戦」では長澤まさみさんとのダブル主演でした。ドラゴン桜でも共演した2人ですが、同じく幼なじみという間柄の設定でした。幼なじみの、長澤まさみさん演じる礼にずっと想いを寄せていた山下智久さん演じる岩瀬健は想いを伝えることが出来ずにいました。
挙げ句の果てに礼の結婚式に参加までしてしまっていたのでした。そんなときに現れたのが三上博史さん演じる謎の男でした。タイムスリップをさせることが出来る、この謎の男が健がやり直したいと思う時間まで戻り、礼と上手く行くように力を貸すというストーリーでした。
とてもじれったい健ですが、次第に本当の自分の気持ちに気づいたり言えなかったことを言えるようになったり少しずつ礼との間を縮めて行くところも視聴者を引きつけました。このドラマの平均視聴率は17.4%と高く、後にスペシャル版も放送されました。

山下智久さん、初めての月9主演作品への意気込みは?


山下智久さんはこのドラマが初の月9の主演でした。初の月9主演の意気込みについて聞かれた山下さんは、「特に意識はしていない、いつも全力でやってきたから。」と答えています。常に全力で取り組んできた山下さんだからこそ自然に言葉になるのだと感じます。
このドラマのヒロイン長澤まさみさんとは高校が一緒だったこともあり、お芝居もやりやすいと語っています。また、長澤さんは山下智久さん演じる、主人公の健はとても頼りないダメなヤツだと思う言っていますが、山下智久さん本人については頼れるアニキて的な存在で何に対してもしっかりとケジメを持っている人だと語っています。
口数は少ないと自分でも認めている山下さんですが、頼れる存在というのはやはり魅力的な方だということが分かりますね。

山下智久のおすすめドラマランキング【第1位】コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命


「コードブルー」山下智久さん主演ドラマの中でも一番の人気作品と言っても過言ではありません。3シーズン目に突入しました。2008年に1シーズンが始まりました。山下さんを始め新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛美さん、浅利陽介さんが研修医として成長する姿が描かれました。
それから9年、一人前の医師として後輩を教育するまでに成長した彼らの活躍やその立場での葛藤などが描かれています。
ドクターヘリという特殊な医療の現場の活躍の様子をみたい、応援したいという想いもあり、このシリーズの視聴率は3シーズン目も初回16.3%で今季最高視聴率を記録しました。4シーズン目はあるのか?これからの展開から目が離せないですね。

コードブルー共演の5人の関係は?


1シーズンから共演している5人の関係はとても深い絆で結ばれているようです。山下智久さんは、もともとコミュニケーションが苦手だったのですが、みんなをもっと知りたいと思う気持ちから、自分から話しかけたりすることで、克服できたと語っています。
また戸田恵梨香さんは、回を重ねるごとにアドリブの回数が多くなり、それが楽しくなって応援してもらえることがとてもうれしいそうです。5人の絆が深まった秘密は撮影の合間の過ごし方にもあるようです。新垣結衣さんがなぞなぞを出して、みんなで考えるということだそうです。新垣さん曰く、みんなが楽しんでくれるので調べて出すようになったそうです。これならみんなで楽しめると。
一分一秒を争う現場のシーンなどはお互いの信頼も重要になって来るので、意思疎通はとても重要なのかもしれませんね。

やっぱりかっこいい山Pの今後のこんな活躍に期待!

藍沢先生役がすっかりと定着している山P。シーズン1のころと比べるとぐっと大人っぽく、よりかっこよくなっていますね。
亀梨和也さんとコラボした大ヒットシングル「背中越しのチャンス」ではすこしユーモアのあるダンスも魅せてくれました。歳を重ねるごとにいろんな面を見せてくれるようになったことはファンにとってもとてもうれしいことですね。
年々演技力もついてきていると評判の山P今後はどんなドラマでどんな役を見せてくれるのか楽しみですね。また歌やダンスの活躍にも大いに期待したいと思います。