【ドラゴンボール/ブロリー】伝説の超サイヤ人最強説を4つのポイントで証明する

ドラゴンボールZの劇場版アニメの超人気キャラクター、伝説の超サイヤ人ブロリー。劇場版での登場にもかかわらず、その人気は衰え知らず。最強のサイヤ人ブロリーに迫る!

ブロリーとは

ブロリーとはドラゴンボールの劇場版アニメ、ドラゴンボールZ燃え尽きろ!!熱戦・烈戦・超激戦ドラゴンボールZ危険なふたり!挑戦士はねむれない、に登場するキャラクターである。
その後、ドラゴンボールZ超戦士撃破!!勝つのはオレだにも登場したブロリー(バイオブロリー)は孫悟空(以下カカロット)やベジータと同じサイヤ人である。
普段は華奢な優男であり、口数も少ない。サイヤ人の数少ない生き残りの一人であり、かつ純粋な超サイヤ人の一人というキャラクター設定である。

カカロットを憎んでいる!?

エイジ737年生まれでカカロットとは同い年で誕生日も同じである。さらにブロリーとカカロットは保育器が隣同士だったのである。
ブロリーは赤ん坊の頃カカロットの泣き声に驚かされて泣いていたためカカロットに対して強い憎しみを持っていた。ちなみにブロリーの名前の由来はブロッコリーからきている。
カカロットやベジータとは別に、サイヤ人の伝説通りの1000年に一人現れる純粋に殺戮と破壊を好む伝説の超サイヤ人が別に存在していたら?というキャラのコンセプトだ。
ブロリーは怒りをパワーにし超サイヤ人になるカカロットとは対照的に悲しみが募って暴走するといった超サイヤ人である。

ブロリーの最強ポイント1 悟空やベジータ以上の強さ!?

ブロリーの強さについて解説していこう。まずは製作陣サイドからの意見であるがブロリー登場作品脚本家の小山高生氏はブロリー以上に強い奴はTVアニメも含めて世界に存在しない、としている。
凶暴な性格に加え暴走するパワーには限りがなく、破壊と殺戮に喜びを感じる、まさしく最強のサイヤ人である。サイヤ人としての本能的レベルはカカロットやベジータ以上かもしれない。
ブロリーは強大なパワーを制御するために子供の頃からパワー抑制装置を着けられていた、それはベジータでさえもそんな必要はなかったのである。

ベジータが戦意喪失した!

ブロリーは生まれながらに戦闘力が10000を超えていた。作中の回想シーンでは幼少期に超サイヤ人に変身し、エネルギー弾でビル街を跡形もなく破壊している。
カカロットやピッコロの同時攻撃を腕組みしながら避けており、目の前からカカロットのかめはめ波を防御無しで受けても平然としていた。
超サイヤ人に変身したブロリーを目の当たりにしたベジータは戦意喪失し、ブロリーは拳ほどの大きさに凝縮したエネルギー弾で惑星を破壊するほどの恐ろしさを持っている。

こちらの記事もチェック!

ブロリーの最強ポイント2 もしもブロリーが修行したら

超サイヤ人ブルーとなったカカロットやベジータの戦闘力は1京以上と言われており、普通の秤では秤きれない程の超パワーを持ったサイヤ人となった。
しかしこれは、破壊神ビルスやその付き人ウィスとの修行を経て強くなったのだが、もしもブロリーが同等の修行をしていたらどうなっていたのだろうか。
おそらく悠にカカロット、ベジータの二人の神級の力を持ったサイヤ人を超えるであろう。もしかすれば破壊神ビルスも侮れない程の力をつけてしまうかもしれない。
劇中でブロリーは青色の髪の毛を醸し出すシーンがあるのだがすでに超サイヤ人ゴッドだったのだろうか。

やはりブロリーは最強なのか!?

やっと´д` ; #ブロリー #DOKKANBATTLE #ドカバト

musclenobodyさん(@mukachinstarboy)がシェアした投稿 –

ブロリーの戦闘力は14億と言われている。ナメック星から帰還した超サイヤ人カカロットは2億で対人造人間編で精神と時の部屋で修行しセルと戦う頃の超サイヤ人カカロットの戦闘力は95億だった。
しかしドラゴンボールのスカウターで測った戦闘力というのはあくまでも目安なので本当のところは戦わないと分からないのだ。
原作者である鳥山明氏は悟空よりブロリーの方が強いと名言を残している。悟空たちは力を合わせて戦うのが基本、多分ベジットでも勝てないでしょうとコメントを残している。
原作者や脚本家が最強と謳うブロリーはドラゴンボールキャラの破壊神や天使を除けば最強の戦士なのかもしれない。

ブロリーの最強ポイント3 映画出演のみなのに人気が高い!

ドラゴンボールに出てくるキャラクターには人気というものが当然あるのだが、カカロットである主人公、孫悟空は第4位というのが筆者の調べで分かっている。
上位にランクインしているのは今回特集しているブロリー、そしてベジータ、カカロットの父親であるバーダックである。
人気は年を追うごとストーリーが展開するごとに変わっていくものなのだが、ブロリーは今回第3位、前回は4位とテレビ版に登場したことがないキャラとしてはかなり貢献している。(2017年調べ)
ちなみに上位陣は、3位がブロリー、2位がベジータ、1位がバーダックである。ブロリーの人気はサイヤ人の数少ない生き残りとして今後も衰えない予想だ!

純粋な超サイヤ人ということが魅力か!?

カカロットは地球で育ち様々な敵と戦うことで強くなり、フリーザとの一戦でクリリンを殺された怒りから超サイヤ人となった。ベジータもまた自分に対する自分が弱いという怒りから力を爆発させ超サイヤ人となった。
つまり二人は純粋な伝説の超サイヤ人ではないと囁かれていて、本当の伝説の超サイヤ人はブロリー宇宙サバイバル編のケールこそが本物とされてきている。
戦闘民族サイヤ人は破壊や殺戮が大好物であるがカカロットやベジータは理性をコントロールしているクールな超サイヤ人である。ブロリーやケールは切れ気味で神秘感がある伝説っぷりが人気を呼ぶのだろうか。
あとはその強さにも人気の秘訣があるものと思われる。当時のカカロット一人では到底ブロリーには叶わなかったのである。

ブロリーのアニメ版登場はあるか!?

現在アニメでは宇宙サバイバル編が行われていて、力の大会で奮闘している地球の最強戦士たちであるが、この後の展開に伝説の超サイヤ人ブロリーの登場はあるのだろうか。
おそらくは本編と劇場版では話が直接繋がっていないためブロリーがなんらかの形でアニメ版に登場してもおかしくはないと思われる。あとは製作陣側のポリシーや脚本次第と思われる。
ゲームのプレイステーション4などではブロリーは復活している。さらにユニバーサル・スタジオ・ジャパンの期間限定アトラクションでもブロリーゴッドとなってブルー悟空すら叶わない強敵となって登場した。
ブロリーのファンとしてはドラゴンボール超に現れる伝説の超サイヤ人ブロリーを観てみたいというのは本当に楽しみなことだろう。是非実現してもらいたい。

伝説の超サイヤ人とは

今最もトレンディーな超サイヤ人はケールである。ケールは女版ブロリーとしても有名な伝説の超サイヤ人である。
アニメの作中でケールはベジータから本来のサイヤ人そのものかもしれん、カカロットからはサイヤ人の本来の姿なのか?と両者同じ意見。
筆者が伝説の超サイヤ人という言葉を初めて聞いたのはナメック星編でのことだった、カカロットの強さにベジータがまさか奴は伝説の超サイヤ人なのかと感づき、実際カカロットは超サイヤ人に変身した。

圧倒的な強さ!

圧倒的な強さを誇り、他の宇宙の強者たちをもろともしない超サイヤ人。さらにブロリーやケールのような伝説の超サイヤ人はパワーが半端ない
もしブロリーやケールがカカロットやベジータのようにクレバーな戦い方を学んでいれば間違いなく超最強であろう。パワーや破壊能力は圧倒的に伝説の超サイヤ人の方が上である。
しかし戦術を駆使し仲間と協力して相手に勝つ戦い方をするカカロットやベジータの方が戦士としての総合能力は高いかもしれない。
ブロリーを改めて見ると、強いものに仲間と協力して立ち向かうという、ドラゴンボールの良さを感じることができる。今後もブロリーの強さはファンの間で語り継がれるだろう!

こちらの記事もチェック!

DRAGON BALL THE MOVIES #10 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2008-12-12)
売り上げランキング: 24,198