ちびまる子ちゃんの実写は豪華キャスト勢ぞろい!女優俳優陣を紹介\t

ちびまる子ちゃんの実写版ドラマといえば公開直後から話題騒然となりましたよね。今回は同作の豪華キャストをご紹介します。

ちびまる子ちゃんの実写版はもう見た?

ちびまる子ちゃんといえばサザエさんと並んで日本の日曜日のお茶の間の定番ですよね。もう作品が始まってから何十年と立っていても変わらずに愛され続けるというのは普通に見えて案外難しいことです。そんな日本の顔とも言える長寿番組は実は実写版があるというのをご存知でしょうか?

アニメは毎週日曜日の決まった時間に放映されていますが、実は2006年4月18日「カスぺ!」にて3編のオムニバスとして実写版ドラマが放映されていたんです。視聴率はカスぺ!史上最高となる22.8%を記録し、歴史に名を刻む作品となりました。

もともとはアニメの15周年を記念して2005年初頭に放送を予定していたのですが、その際に適役が見つからずに中断されました。しかし、企画を諦めきれないフジテレビ側がオーディションを再度結構し、まる子に適任の子役を見つけたことでプロジェクトが再始動しました。



同作は放送前から番宣としてまる子役とひろし役の二人が様々な番組に登場しました。そして同年12月5日には公式ホームページのアクセス数が1万件を突破したことを受け、急遽アンコール版が製作される運びとなりました。

さくら家は昭和を思わせるレトロな作りになっていますが、さすがに家の外に出ると平穏な現代の雰囲気となっているなどドラマ内では原作と異なった演出もいくつか見当たります。

ちびまる子ちゃん実写版キャスト① まる子

主役であるまる子ことさくらももこは森迫永依(もりさこえい)という元子役で現在は女優として活躍する彼女が担当しています。出身は千葉県印西市で、有名子役を多数排出するテアトルアカデミーをへて、現在は太田プロダクションに所属しています。

2001年に劇団に入団し、2003年に放送された「あした天気になあれ」で一躍注目されるようになります。そして2006年に出演したちびまる子ちゃんにてブレイクを果たします。ちびまる子ちゃんはオーディションで選ばれたのですが、作者のさくらももこも絶賛するほどそっくりで即決定したそうです。

ちなみに彼女は日本人の父と中国人の母の間に生まれたハーフ英語、日本語、韓国語、中国語の4ヶ国語を話せるといいます。

ちびまる子ちゃんの実写版キャスト② おじいちゃん

ちびまる子ちゃんのおじいちゃんことさくら友蔵モト冬樹が演じています。モト冬樹はギタリストでありタレントでもあり、歌手や俳優、声優などと多岐にわたって活躍しています。本名は武東裕男(むとうひろお)というそうで、出身は東京は豊島区となっています。

俳優として数々の刑事ドラマやサスペンスドラマに登場する他にも、バラエティ番組でも活躍を見せているモト冬樹ですが、ちびまる子ちゃんではその薄毛をハゲのカツラを被って演じていたため、特技の薄毛ネタを封印されるという運びとなりました。

それでも持ち前の演技のうまさでまる子のおじいちゃん役をしっかりと演じ切ったそうです。

ちびまる子ちゃん実写版キャスト③ たまちゃん

まる子の一番の親友である穂波たまえことたまちゃんを実写版ドラマで演じていたのは美山加恋(みやまかれん)という女優です。彼女は1996年12月12日生まれでTプロジェクトを経て現在はホリプロに所属しています。出身は東京都となっています。

主な作品には「僕と彼女と彼女の生きる道」「がきんちょ〜リターン・キッズ〜」「砂時計」などの作品があります。2004年に出演した「僕と彼女と彼女の生きる道」で天才子役として注目を集め、一躍有名女優になりました。

特技はおかし作りとフラダンス、韓国語だそうです。実写版ちびまる子ちゃんのキャストは言語に精通している演者が多いのは何かの偶然なのでしょうか。

ちびまる子ちゃん実写版キャスト④ 大野くん

大野くんといえばちびまる子ちゃんのクラスでイケメンと呼ばれるような存在ですよね。名前は大野けんいちといい、杉山くんと親友でサッカーが大好きだそうです。そんな大野くんを演じたのは伊藤大翔(いとうひろと)です。彼は1993年5月21日生まれ東京都出身の俳優です。

当時はバウカンパニーという事務所に所属していましたが、現在はケンズファミリーに所属しています。実写版ちびまる子ちゃんの他にも「仮面ライダー」や「はぐれ刑事」、「生徒諸君!」など数多くの作品で活躍しています。

ちびまる子ちゃん実写版キャスト⑤ 野口さん

まる子のクラスメイトの中で最もユニークとも言えるキャラクターを有しているのがこの野口さんでしょう。彼女は本名を野口笑子(のぐちえみこ)といいます。おかっぱ頭に地味な服装と不思議な行動が特徴的な女子です。

普段は無表情かつ無口でおとなしく外見的には陰気な印象を受けますが、実はお笑いや面白いものが好きで、好きな有名人は坂田利夫という一面を持っています。そんな野口さんを演じたのは香乃ゆうみという女優が演じています。

彼女は1996年5月20日生まれでテアトルアカデミーに所属し、子役として活躍を見せ、その後はカートプロモーションに移籍しました。

その他にも多くの個性的なキャラクターが実写化!

ちびまる子ちゃん実写版ドラマにはいつものメインキャストと呼ばれる顔ぶれの他にも数多くのキャラクターが実写化され登場しているんです。今回は一人一人は取り上げませんが、同じみの花輪くんや丸尾くん、はまじなどももちろん登場しています。エンディングの定番、爆チュー問題は実写版では爆笑問題本人たちが出演しています。

さらにアンコール版では未来のまる子、たまちゃんが登場しており、それぞれ木村カエラ、皆藤愛子が演じているなど豪華なキャスティングとなっています。

ちびまる子ちゃん実写版は見なきゃ損!

実写版のドラマが公開されたのは今から10年以上も前の2006年ですが、当時はその凄まじい人気によってアンコール版が急遽製作されるほどでした。今でも同作のファンは多く、今から見ても決して遅すぎるということはないと思います。

今回の記事で気になったという方はぜひチェックしてみてください!

祝アニメ放送750回記念スペシャルドラマ ちびまる子ちゃん その2 [DVD]
フジテレビジョン (2008-01-25)
売り上げランキング: 160,583