【ヒナまつり】新田義史は不憫過ぎるヤクザ!5つの魅力で活躍を紹介

2018年にアニメ化が決定した「ヒナまつり」より、巻き込まれ系主人公(?)新田義史についてご紹介!どうして彼の周りには騒動が絶えないのか・・・?ヤクザ界きっての苦労人をみんなで応援しましょう(笑)

『ヒナまつり』の主人公(?)新田とは?


ヒナまつり」は、年10回刊行のハルタにて連載されているギャグ漫画である。原作者の大武政夫先生は「ヒナまつり」が初の連載作品。連載が始まって以来、現在まで一度も休載した事がない2018年にアニメ化される事が発表された。独特の間の取り方をどう演出するのか、ファンの間でも期待が高まっている。

とてもざっくり言うと、若手のヤクザ・新田義史の元に、突如として超能力少女・ヒナが現れ、何やかんやで一緒に暮らす事になってしまった二人の日常を描いた物語だ。分からない場合は各自コミックスを読んで補完してほしい。ここでは、ヒナや周囲の人々に振り回される新田について紹介していこう。

『ヒナまつり』新田の魅力1:ヒナの保護者兼被害者


広いマンションに一人で住んでた新田の元に突然来襲したヒナは、行く当てがないからとそのまま新田の自宅に住み着いてしまった。新田も当然追い出そうとしたのだが、強力な超能力で脅しをかけられ、渋々言う事を聞くハメに。そうしてヤクザとサイキック少女の奇妙な共同生活が幕を開けた。

世間知らずで、ズボラで、我が儘。一人では何もできないし何もしようとしないヒナを見かねて、新田はついつい世話を焼くようになる。一方ヒナも、超能力を目の当たりにしておきながらヒナを悪用しようとしない新田に少しずつ心を開いてゆく。基本はギャグだが、意外とハートフルな要素があったりもするのだ。

『ヒナまつり』新田の魅力2:社長の顔をもつインテリヤクザ


忘れがちだが、新田の本職はヤクザである。それも、抗争などで先陣を切るような武闘派タイプではなく、裏方を得意とするインテリタイプだ。組長たちの指示でヤクザとして動く事もある他、金融会社経営コンサルティング会社の経営もしており、そちらでは社長と呼ばれている。社名は「NYコンサルティング」。本人の私生活の水準を見る限り、経営も順調だと思われる。

しかし、ヒナと出会ってから少しずつ周りの評価が変わりつつある。新田の意識がない状態でヒナの超能力によって遠隔操作され、イカれた行動を取って敵にも味方にも恐怖を植え付けたり、新田の知らないところでヒナが勝手に動き回った結果、取引相手に「鬼畜外道のハイエナ野郎」と罵られたりした事も。本人に自覚のない伝説が着々と積み上げられている。

『ヒナまつり』新田の魅力3:詩子への片思いが実りそうにない


新田は「Little Song」というバーの経営者である詩子片思いしている。バーに通っては口説いているが、いつも上手く躱されて進展しない。バツイチの子持ち(ヒナの事なので実際は誤解)だからという理由で一度フラれた。脈が薄いという自覚はあるらしい。

登場当初こそまともに見えた詩子だが、話が進むにつれてどんどんダメな大人へと変貌していっている。当時中学生だった少女をバーで働かせて自分はサボる、というところから始まり、作中で時間が経過した現在ではバーを休業し、パチンコを回し続ける日々を送っているとか。しかしそんな彼女を目にしても見放したりせず、「一度は惚れた女だ」と彼女の再起を促した。面倒見の良さがここでも発揮されている。

『ヒナまつり』新田の魅力4:骨董品が大好き

趣味は骨董品集めで、とりわけ壺が好き。自宅にも高価と思われる壺や芸術品が飾られており、とても大切にしている様子。オークションにも顔を出し、気に入った作品を落札するためなら金に糸目はつけない。その様は、普段から狂った言動の目立つヒナにすら「壺に狂ってる」と言わせるほど。

自分で作ってしまうほど好きで、そのためだけの別荘も所有している。ヒナと二人で別荘を訪れ、一緒に壺作りに興じた事も。しかしその時も、いろんな場所でいろんな事が起きた結果、警察が動く騒ぎになってしまった。切ない顔で「壺作ってただけなのにな・・・」と呟いたシーンは印象的だ。

『ヒナまつり』新田の魅力5:弁当も作れるハイスペック

ヒナと共に暮らすようになって以降、甲斐甲斐しく面倒をみている新田だが、家事全般のスキルはもともと高い。新田の家は母子家庭で、母も妹もぐうたらだったため自然と新田が担当するようになったのである。何だかんだでヒナを放っておけない世話焼き体質も、その頃から培われたのだろう。女難の相でも出ているのではないだろうか。

高校生になったヒナの昼食は新田の手作り弁当だ。入学当初、「弁当が不味い」という理由で不登校になったヒナのため、毎日試行錯誤して弁当を作っている。ブログを作って弁当の写真にコメントを添えてアップし、世のお母さんたちから反響があった事に喜んでいた。改めて言っておくが、彼はヤクザである。

お疲れ様です新田さん

ヤクザ絡みの騒動に巻き込まれたり、ヒナが原因で勃発する騒動に巻き込まれたり、ダメな家族に振り回されたりと、気苦労の絶えない新田。几帳面でそれなりに頭も良く、仕事も家事もできるハイスペックな人物なのに、気付くといつも不憫な境遇に立たされている。どうしてこうも厄介事を呼び寄せてしまうのか・・・。

しかし、そんな日常を本人はそこまで悪く思ってはいないようである。出会ったばかりの頃は脅されて言う事を聞かされている状態だったヒナとの関係も、現在では互いに信頼のようなものが芽生え、息の合った掛け合いを見せるようになっている。ヒナが人間らしい成長を遂げてゆくのは、新田の努力によるところが大きいだろう。お疲れ様です、新田さん。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ヒナや新田が活躍するかも知れない「ヒナまつり」のコミックスは、2017年9月現在13巻まで発売中!最新刊では、三嶋家に不穏な空気が流れたりヒナが新たな超能力使いに出会ったり新田の新たなヤクザ伝説が積み上げられたりするぞ!アニメ化の決定でさらに勢いのついた原作ストーリーを見逃すな!

こちらの記事もチェック!

ヒナまつり コミック 1-11巻セット
KADOKAWA (2017-02-06)
売り上げランキング: 44,936

ヒナまつり 13 (HARTA COMIX)
ヒナまつり 13 (HARTA COMIX)
posted with amazlet at 17.09.22
KADOKAWA / エンターブレイン (2017-09-15)