【ペルソナ5】喜多川祐介の6つの魅力!天然美少年を知り尽くす!

『ペルソナ5』の異端児、喜多川祐介。そんな彼は画才を活かして怪盗団を助けてくれます。天才らしく、人とは違うこだわりでマイペースを貫く変わり者です。そんな喜多川祐介のかっこよさと魅力をたっぷり紹介します。

『ペルソナ5』喜多川祐介ってどんなキャラ?

喜多川祐介は『ペルソナ5』に登場する主要キャラクターのひとりです。プレイアブルキャラクターであり、戦闘中はプレイヤー自身が彼を動かすことができます。変わり者で物静かな印象ですが、天才肌で独特なオーラが出ており、かっこいいです。

そんな彼は主人公の通う秀尽学園ではなく、洸星高校に通っています。高校2年生です。身長は181cmで体重が63kgあります。血液型はO型で、星座はみずがめ座なので1月か2月生まれです。

甘いマスクの持ち主で、容姿から雰囲気に至るまでかっこいいです。さらに和服の甚兵衛がなぜか似合います。類まれなる画才も持っており、才色兼備で常識とお金以外は何もかも持っているのでずるいです。

喜多川祐介の魅力1稀代の天才少年画家

怪盗団のメンバーとして活躍する喜多川祐介には少年画家というもうひとつの一面があります。かなりの才能を秘めているようで、斑目一流斎の門下生として絵の修業に励んでいました。が、この斑目という男がとにかく悪い男だったのです。

斑目は門下生が描いた絵を盗作しては自分の作品として発表していました。しかも門下生を虐待していた事実も明るみに出ます。祐介もその被害者のひとりでした。しかし斑目が怪盗団に目をつけられると、祐介もペルソナが覚醒し、彼の呪縛からようやく解放されます。

はれて怪盗団の仲間入りとなった祐介は、その画才を活かして戦闘外でもダンジョン探索に貢献します。白紙のスキルカードに所持しているスキルカードを写し取り、贋作を作ってその能力をコピーできるのです。頼れる仲間のひとりとなりました。

喜多川祐介の魅力2長い時を経て紡がれた母親との絆

サユリという絵が登場します。斑目の代表作として知られるこのサユリですが、斑目はその贋作をいくつも作り続け、本物として売りつけていました。しかもその本物とされていたほうも偽物だったのです。

本物を描いたのは喜多川祐介の母親でした。彼女の才能に嫉妬した斑目はもともと病弱だったサユリが倒れても見殺しにしたのです。そして彼女が残した自画像を「サユリ」と称し、自分の作品として発表しました。


斑目は本物に描かれていた赤ちゃんを消し、絵の女性の表情を謎めいたものにして発表していました。本物に描かれていた赤ちゃんこそ祐介本人で、中の母親の表情が愛情であることを祐介は知ります。十数年越しに結ばれた母子の絆でした。

今日のおすすめ記事