藤木直人のカッコイイ11つのポイント 実はインテリでミュージシャン!

映画やドラマに多数出演している藤木直人さん。実はミュージシャンであることも知っていましたか?そしてかなりの頭脳派でもあるというインテリな魅力もあるのです。今回は、あなたのまだ知らない藤木直人さんのカッコイイポイントに迫ります!

理系男子の星、藤木直人のプロフィール



藤木直人さんは1972年7月19日生まれ、早稲田大学理工学部情報工学科卒という高学歴を持っています。イケメンで、まさに理想をそのまま現実にしたような人が俳優として最前線で活躍しているなんて理系男子の星ともいえる存在です。

1年浪人して早稲田大学に無事入学した藤木直人さんですが、大学2年の時ファッション雑誌「メンズノンノ」のモデルに自薦応募したことがきっかけで芸能界の扉を開きます。

オーディションでは最終審査まで行きましたが、あえなく落選しました。しかし、その時に事務所の目に留まり、在学中に俳優デビューとなる映画の仕事が決まり、忙しさのあまり中退も考えたそうですが、1年留年して無事卒業しました。

学業も仕事もどちらもしっかりとこなしたあたり、藤木直人さんらしさが出ているような気がしますね。今回はそんな藤木直人さんのかっこいいポイントを10個ご紹介します。

藤木直人のかっこいいポイント1:身長までカンペキ!

藤木直人さんはそんなに身長が高い、大男なイメージはないかもしれませんが、実は身長180㎝という高身長なのです。シュッとしているのであったとしても175㎝くらいかな?と思っていた人もいたかもしれませんね。

背の高い女優さんも多いので、そのお相手役をするなら180㎝は必須ですから、藤木直人さんはそういった意味でもバッチリな俳優さんなのです。しかしながら、あんなにかっこよくて180㎝もあって、頭もいいなんて…髪はいくつ与えれば気が済むのでしょうかね…。

藤木直人のカッコイイポイント2:高校時代に天職に出逢っていた!

早稲田大学在学中にオーディションがきっかけで芸能界デビューを果たした藤木直人さんですが、実は高校生の頃にすでに今に至る道は決まっていたのかもしれません。実は、高校2年の時に「ミスター佐倉高校」全校1位に選ばれたことがあったのです。

本人としては意図していない1位獲得だったようですが、その同じ年、17歳でギターに出会うという、まさにその1年で現在の俳優、ミュージシャンである藤木直人の基礎が培われたと言えます。

藤木直人のカッコイイポイント3:実はは双子!兄もハイスペック?

ハイスペックな藤木直人さんですが、実は双子なのです!あんな人がもう一人いるなんて!と思ったかもしれませんが、二卵性双生児なので顔は似ていませんが、お兄様は医者なのではないかという噂が飛び交っていました。

しかし、その後藤木直人さんご本人の口から、お兄様は医者ではないという訂正がありました。他には、飲食店をしているという噂もあったようですが、この辺はただの噂のようです。

そして驚くべき事実ですが、兄の真人さんも実は同じメンズノンノに応募していたそうです。こちらはその時の写真ですが、東出昌大さん似のイケメンですね!もし兄弟で俳優になっていたら、藤木兄弟は芸能界に大きな貢献していたことでしょう。

藤木直人のカッコイイポイント4:デビュー作はあの王子様キャラ!

大学在学中に映画での俳優デビューを果たした藤木直人さんでしたが、なんとそのデビュー作はあの「花より男子」「でした。藤木直人さんの役は、女の子の憧れポジションの「花沢類」でした。

原作の花沢類と当時の藤木直人さん、髪型までそっくりなのです!これを読んでくださっている方にとっては、花沢類といえば小栗旬さんかもしれませんが、藤木直人さんが花沢類をしている花より団子もぜひ見てみたいですね。

藤木直人のカッコイイポイント5:女性はうっとり!交際9年の結婚!

なんと藤木直人さん、9年の交際をへてご結婚されています。あんなにハイスペックなイケメンですから、さぞおモテになることでしょうが、9年間の交際ってすごいですよね!

お相手は所属していた大学のサークルで知り合った、6歳年下の一般女性だそうです。そして、2006年12月中旬に第1子、2010年5月に第2子、2016年6月に第3子が誕生しています。

藤木直人さんっていい意味で生活感がないので、3児のパパだなんて想像つきませんが…あんなにカッコイイパパだなんてうらやましいですね。ちなみに、これまでの俳優人生では20回以上結婚しているそうです。

藤木直人のカッコイイポイント6:4年連続で舞台に立っている!

ご存知ない方もいるかもしれませんが、藤木直人さんは舞台でも活躍されています。ドラマにでているイメージが強いので、舞台での歌って踊る藤木直人さんが想像つかないかもしれませんね。

初舞台は2008年の「冬の絵空」で主演を務め、5ヶ所・51公演を成し遂げました。それからリーディングドラマ「Re:」、「海辺のカフカ」では国内にとどまらず海外4ヶ国でも16公演行いました。

そして、彩の国シェイクスピア・シリーズ第32弾「尺には尺を」、音楽劇の「魔都夜曲」でも主演をしています。舞台は半年~1年という長丁場の上に、稽古を含めれば2年ほども時間をかけて行うことになるので、2008年から4年以上ずっと舞台に携わっていることになります。

その上、ドラマにもペースを崩さず出演されているということで、かなりお忙しい日々を送られているようです。まさかこんなにお仕事をされていたなんて驚きでしたね。

藤木直人のカッコイイポイント7:年に2回もドラマに出ている!?

舞台でも活躍し、大忙しな藤木直人さんですが、なんと平均して見てみると年に2回もドラマに出演していることになるそうです。稽古や公演をしながらもドラマに出演するってよほどの体力が必要ですよね…!

その中でも、大河ドラマにも出演していたりと、たとえ主演ではなくても重要な役は藤木直人さんが必ず演じているという実力を発揮しています。気付いたら、藤木直人さんがドラマにでているのが当たり前にすらなってしまっているかもしれませんね。

それくらい、藤木直人さんがどんなドラマにも順応できる瞬発力と演技力を持っている証拠です。 

ドラマ「母になるで激やせ?!役作りのすごさ

数々のドラマに出演していても、その役柄に手を抜くことなんてもちろんありません。2017年放送されたドラマ「母になる」では、沢尻エリカさんと夫婦役だったのですが、息子が実は他人の子どもだったということが発覚してしまうシリアスなドラマでした。

その役づくりとしてなのか、このドラマに出演していた藤木直人さんはげっそりと頬は痩せこけており、ファンたちは心配していたようです。しかし、以前出演した「愛し君へ」というドラマでも役作りのために減量したことがあるため、今回もあえて減量したといえますね。

そのプロの仕事ぶりがデビューしてからこれまで、俳優・藤木直人が俳優界に、世間に必要とされる理由の一つなのかもしれませんね。

藤木直人のカッコイイポイント8:髪型がいつもブレない!

藤木直人さんといえば、トレードマークのロン毛ですよね!こんなに襟足が長いのに、小綺麗にかっこよく見えてしまうのは、品の良いお顔立ちだからでしょうか。

大河ドラマではもちろんかつらをかぶりますが、それ以外のドラマやトーク番組でのMCのときは常に髪型が変わらないイメージが強いですよね。デビューから見てみると、俳優として本格的に活躍し始めた時の方が髪が長くなっています。

さらには髭を生やしている時でさえ爽やかに見えてしまう藤木直人さん、こんなにロン毛が似合うのに爽やかさがかすまず、若いころとほとんど髪型が変わらない俳優さんってなかなかいないのではないでしょうか。

藤木直人のカッコイイポイント9:天才的なルービックキューブさばき

早稲田大学出身の藤木直人さん、やはり知的なところも強みになっているようで、特技のルービックキューブを番組で披露することも多いようです。

2015年に「アナザースカイ」で訪れたロンドン・カムデンマーケットにある玩具店で、ルービックキューブ目隠し世界記録保持者オリー・フロストに挑戦し、3×3ルービックキューブを28秒で6面完成させた過去を持ちます。

撮影現場でも、共演者とのつかみとしてルービックキューブを披露することがあるようですが、ハマりすぎて毎回やってしまったりと最終的には自分がハマってしまうことから、逆に気持ち悪がられるほどの腕前だそうです。

他には、数独も得意で、まさに理系男子!という特技をお持ちです。ドラマ「信長協奏曲」でも藤木直人さん出演シーンで江戸時代にも関わらずルービックキューブが小道具で使われるなど、もはや仕事の一つにもなりつつあるようです。

藤木直人のカッコイイポイント10:子どもの頃から努力家だった

#藤木直人 #俳優

khさん(@goodactor17)がシェアした投稿 –

イケメンで頭も良くて、順風満帆にこれまでの人生を歩んできたように見える藤木直人さんですが、お父様の転勤に伴い、10歳までの間に神戸、横浜、千葉と転校を繰り返しています。

そんな幼少期は、スポーツ万能で勉強もでき社交的な双子の兄に少なからずコンプレックスを持っていたそうです。常に周囲から兄と比べられたために、かなりの負けず嫌いという一面を持つようになったようで、人一倍努力家なようです。

座右の銘も、「継続は力なり」を掲げており、そのストイックさにほれ込んだイチロー選手の大ファンです。その熱狂ぶりは、オリックス・ブルーウェーブ時代からイチローの打率をチェックするのが日課というほどで、自身のギターにも背番号の51が刻まれています。

藤木直人のカッコイイポイント11:ライブで魅せるミュージシャンの顔

藤木直人さんのもう一つの顔、ミュージシャンの活躍もご存知でしたか?1999年にシングル「世界の果て〜the end of the world〜」で歌手デビューを果たしています。高校生の頃にギターに出逢ったきっかけは、布袋寅泰さんだったそうです。

俳優業をしながら自らのシングルが主題歌になったりと、うまく平行してミュージシャン活動をこなし、2017年までに16曲のシングルと12枚のアルバムを発表しているという、本業並のペースを刻んできました。

さらにはギターだけでなく、ピアノやトランペット等も演奏し、2004年11月のライブツアーからは自身でプロデュースも務めるほどミュージシャンとしての活動に力を入れてきたようです。そして、2006年には念願だった武道館デビューも果たし、俳優としてもミュージシャンとしても大成功をおさめています。

エンターテイナー藤木直人の活躍に期待

いかがでしたか?俳優、ミュージシャン、舞台と様々なお仕事をこなしているマルチな才能を持つ藤木直人さん、改めてカッコイイな!と思わされてましたね。

アラフィフにはとても見えないお肌のツヤも持っており、もしかしたら10年後も髪型も顔も変わってないんじゃないか…と思えてしまうほどです。

しかし、活躍にしろビジュアル面にしろ、藤木直人さんが人一倍陰で努力している結果なんだとも、今回のカッコイイポイントでよくわかりましたね!これからも、藤木直人さんの活躍を期待しましょう!