【ドラゴンボール】劇場版を全17作品を完全紹介!宇宙一強ぇヤツは誰だ!

日本の人気作・・・いいえ、今や世界の人気作ドラゴンボール。連載開始から30年以上経ち、本編だけでなく劇場版映画も大量にある本作。そんな劇場版ドラゴンボールを今回は一挙にご紹介!あなたは何作品見たことがありますか?

世界的人気作!ドラゴンボールとは?

『ドラゴンボール』とは1984年11月19日発売の週刊少年ジャンプで連載が開始された漫画家・鳥山明先生の作品です。本作は連載開始から人気を集めていき、1995年6月5日に約10年の連載を終了した冒険活劇マンガです!
連載終了時も大騒ぎになったこの人気作『ドラゴンボール』ですが、多くのジャンルに多大な影響を与え、そのアニメの劇場版作品もその人気・影響力を反映して連載中も連載終了後も含めていくつも作られました。
そこで今回は『ドラゴンボール』劇場版作品の中から総集編と実写版を除いたものを全て紹介していきます。昔見た懐かしいものからまだ見たことないものまで粒ぞろいですよ!

ドラゴンボール 神龍の伝説

出典:https://www.amazon.co.jp

1986年12月20日公開。劇場公開時は『ドラゴンボール』の題名でしたが、後にビデオ作品化される際に『ドラゴンボール 神龍の伝説』と改められました。
ドラゴンボールの劇場版第一弾として満を持して公開された本作ですが、その内容は本編冒頭のエピソードを軸にオリジナル要素を追加して作られた所謂パラレル作品。本作ではドラゴンボールを集めるグルメス軍とヒロイン・パンジを守る悟空たちとの戦いが描かれます。
ドラゴンボールを敵のために使えるパンジの純粋さや悟空たちの痛快アクションなど安心してみられる印象の本作。パンジとの出会いにウーロンとの出会いエピソードを使うなどうまくパラレルしていますが、その一方最初から悟空がかめはめ波を習得しているなど違いもチラホラ見られます。

ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

出典:https://www.amazon.co.jp

1987年7月18日公開。劇場版第二弾の本作『ドラゴンボール 魔人城のねむり姫』ですが、前作の『ドラゴンボール 神龍の伝説』と話がつながっており、前作と同じくパラレル作品。本作では悟空の親友でもあるクリリンが登場します!
グルメス軍との戦いの後、亀仙人に弟子入りするためカメハウスを訪れた悟空。魔人城にいるねむり姫を連れてくる事を弟子入りの条件として提示された悟空とクリリンは魔人城へ向かい、そこで太陽を破壊して魔族の世界を創ろうとする魔王ルシフェルたち、魔族との戦いへ・・。
公開された時期もあってか本作は全体的に不気味な雰囲気の漂うホラー風味。普段と違った魅力があります。魔族たちも怖いですが出会い目的で悟空たちを魔族の城に送り込んだり、その目的を隠すためブルマたちに嘘をつくなど亀仙人の鬼畜っぷりも怖い・・。

ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!

出典:https://www.amazon.co.jp

1989年7月15日公開。劇場版第四弾でアニメが『ドラゴンボールZ』と改名してからは初となる本作ドラゴンボールZ オラの悟飯をかえせッ!!ですが、公開当初は『ドラゴンボールZ』の題名で公開されました。その後、ビデオ化の際に題名が変更されましたが、DVD化にあたり再度『ドラゴンボールZ』に。
悟空とチチが結婚し、悟飯が生まれた後からラディッツが来るまでの間の出来事の本作。昔、神と競い封印されたガーリックの息子ガーリックJrに四星球ごと連れ去られた悟飯を助けるべく悟空・クリリン・ピッコロのZ序盤トリオが活躍します。
本作のボスでもあるガーリックJrですが、アニメ版ドラゴンボールZにも登場。(CVが神谷明さんから千葉繁さんに変更されてます)見た目がナメック星人のようだったりフリーザのように変身する事ができるなど中々謎な登場人物です。

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ

出典:https://www.amazon.co.jp

1990年3月10日公開。本作ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツは劇場版第五弾。
ドラゴンボールの力によって氷の中から蘇った悪の天才科学者Dr.ウィロー。絶対的支配者になるべく最強の体を求めるその姿はなんと脳だけの姿最強の体を手に入れるため悟空たちに襲いかかりますが、その過程でピッコロが洗脳され敵に回ってしまい大ピンチ!
本作はやたら教育ママなチチが登場する序盤の流れや、理不尽な目にあい「なんで俺だけ・・」とクリリンがボヤく展開が初登場するなどその後の劇場版でのお約束が完成したある意味記念的な作品でもあります。

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦

出典:https://www.amazon.co.jp

1990年7月7日公開。劇場版第6弾の本作ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦ですが、キャッチコピー「悟空が二人!?」の通り、悟空と同じ顔の敵ターレスが登場します。その後のシリーズでも悟空そっくりな顔のサイヤ人が複数登場しますが、実はサイヤ人は顔の種類が少ないという裏設定が。
その実を食べた者にとてつもない力を授ける神聖樹。しかし神聖樹は豊かな惑星の命で育つものだった!フリーザに反逆するための神聖樹育成の地に選ばれた地球を守るために地味に芸達者なターレス率いる宇宙のならず者軍団と悟空たちZ戦士が激突します!
毎週当然のように行われていた野沢雅子さんの一人三役はこの映画から始まりました。理由は野沢さんを困らせようとしてというもの(!?)。しかし、野沢さんは簡単に演じ分けてしまい回りを驚かせたとか。悟空顔キャラが多数登場する展開はこの時決まったのかもしれません。

こちらの記事もチェック!

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空

出典:https://www.amazon.co.jp

1991年3月9日公開。劇場版第7弾の本作ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空ですが、当時のお馴染みアイテムだった特典のジャンボカードダスはこの作品から配布され始めました。(※余談ですが、本作では悟空は超サイヤ人になりません。あれ・・?)
宇宙制覇を企む悪の心を持つナメック星人スラッグが地球を襲撃する本作。その理由は地球をクルーザーにするためというぶっ飛んだもの。配下の魔族を引き連れてフリーザ以上の圧倒的な力を持つスラッグを攻略するカギは力でなく口笛にある・・・!?
スラッグの配下として登場する魔族ですが、Z以前のシリーズでよく登場しており、ピッコロも魔族を自称しています。ですが、スラッグは地球外から来た宇宙人。もしかして、Z以前に登場していた魔族たちもよその星から来た宇宙人だったのでしょうか・・?

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強

出典:https://www.amazon.co.jp

1991年7月20日公開。登場シーンが少ないのに人気のキャラクウラが登場する劇場版第8弾ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』。冒頭で亀仙人が語っているようにフリーザ編終了直後が舞台ですが、当時は連載でフリーザ編が終了したばかりとアニメ派には若干辛い環境での公開でした。
フリーザがサイヤ人に倒されてたと聞き、そのサイヤ人=悟空を追い、地球に襲来したフリーザの兄クウラ。一族への侮辱に対する復讐のため襲来したクウラはフリーザ以上に冷酷かつ強力な敵!悟空たちは絶対絶命のピンチに陥ってしまいます。
最終形態に変身するシーンがとてもカッコいい(特にマスクが出てくるシーン!)クウラですが、フリーザ以上に冷酷とされています。ですが、実はこのクウラ劇中で惑星ベジータ崩壊の際に脱出した脱出ポッドを見逃していたり、復讐のためわざわざ地球に出向くなど結構感情で動く人です。

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち

出典:https://www.amazon.co.jp

1992年3月7日公開。劇場版第9弾となる本作ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち。前作に引き続きフリーザの兄クウラが登場します。実はベジータ初出演作の本作ですが、公開から2年後の1993年10月13日にテレビで放映した際に24.1%とという高視聴率を出しています。
フリーザに破壊されたナメック星に代わる新ナメック星からSOSが届き、悟空たちが救援に向かうとそこには新ナメック星を覆う機械惑星が!さらにそこには悟空に敗れ死んだはずのクウラが機械化して現れます。ここに悟空・ベジータVSクウラの最終決戦が始まります!
ドラゴンボールのトラウマシーンを上げていくとフリーザの戦闘力53万発言と並び、この映画のメタルクウラの群れが現れるシーンではないでしょうか?苦労して倒す事が出来たと思ったのも束の間と数百のメタルクウラが現れるシーンの絶望感は半端ではありません。

こちらの記事もチェック!

ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人

出典:https://www.amazon.co.jp

1992年7月11日公開。劇場版第10弾にあたる本作ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人。10作目という事で記念的な意味もあり、本作のパンフレットはそれまでの作品を振り返る特別仕様でした。
Dr.ゲロが死亡した後も秘密地下研究所で稼働していたスーパーコンピューターはDr.ゲロの意思を継ぎ悟空抹殺のため13・14・15号を完成させ、悟空たちに差し向けたのだった。(実は13・14・15号原作漫画でもかなり高い完成度であったが処分されたと扉絵及び物語内で語られています)
三大超サイヤ人のタイトルの通り、悟空・ベジータ・トランクスが活躍する本作。クリリンが「3人の超サイヤ人がそろった!」と発言していますが3人以上同時に変身し、活躍するシーンはとても少ないのです。(他に2場面ありますが活躍できないシーンなので活躍シーンはこの映画のみ!

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

出典:https://www.amazon.co.jp

1993年3月6日公開。劇場版第11弾の本作ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦。初の一時間越え長編作品な本作ではオリジナルキャラクターでありながらドラゴンボールでも特に人気な最強のあいつこと、ブロリーが初登場します。
地球で生活をしていたベジータのもとに宇宙船で現れたサイヤ人パラガス。彼はベジータに新しくサイヤ人の王になってもらうため迎えに来たと言いますが、ベジータは興味がない様子。ですが、「伝説の超サイヤ人を倒せるのはあなただけ」とおだてられ、船に乗り込みます。一方その頃、悟空は界王から北の銀河を狙う超サイヤ人を倒せと依頼され、ベジータと同じく新惑星ベジータへと向かいます。そこでブロリーと名乗る大人しい青年に出会いますが・・。

やたらとベジータをいじm・・ボコボコにしたブロリーですが、悟空と同じ日に生まれた同い年!やたらと悟空を憎んでいるのは赤ん坊の悟空が隣でうるさく泣いていたからとかなり神経質。もしかしたら素の性格は伝説の超サイヤ人に変身する前の大人しい性格なのかもしれません。

こちらの記事もチェック!

ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

出典:https://www.amazon.co.jp

1993年7月10日公開。劇場版第12弾の本作ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴ですが、本作の主役は悟空ではありません。舞台がセルゲーム後からブウ編までの間なので本作では悟飯が初の主役となります!
ギョーサン・マネーの開催した天下一大武道大会(not天下一武道会!)に出場した悟飯たち。順当に勝ち進み決勝戦に出場するが本来そこに出場するはずだったサタンの弟子に代わり、その昔界王たちに封印されていたボージャックたちヘラー一味が現れる。悟飯の地球を守る戦いが始まります。
本作では悟空が死んだことですっかりやる気をなくしていたベジータですが、セルゲームの際にトランクスの剣を回収し、修理していたことが分かります。トランクスが未来に帰る時のさり気ない挨拶といいツンデレのお手本みたいな親父です。

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

出典:https://www.amazon.co.jp

1994年3月12日公開。劇場版第13弾の本作ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない。セルゲームから数年後、成長した悟飯(+悟天&トランクス)が前回に引き続き主役です。本作では人気キャラブロリーが再登場!しますが、悟天&トランクスが活躍するためか全体的にコミカル
新惑星ベジータが崩壊する際、ブロリーは宇宙ポッドで脱出していた。自分を倒した悟空を追い地球に到達したブロリーだったが重傷を負っていたため動けず、氷に閉じ込められてしまう。それから7年後、神龍を見るためにドラゴンボールを集めていた悟天の声を聞き、ブロリーが目覚めます。
この作品のクライマックスシーンにして、ドラゴンボールの中でも印象に残る親子3人かめはめ波ですが、幻なのかセルの時のように悟空が力を貸していたのか決まっていない(決めていない?)ようです。自分の好きなように判断してくれという制作陣の計らいでしょうか・・?

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

出典:https://www.amazon.co.jp

1994年7月9日公開。劇場版第14弾ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだですが、前作に引き続きブロリーが登場するいわゆるブロリー三部作の最終作にあたります。本作の主役は悟天!親子三大の対ブロリー戦にここで終止符が打たれます。
18号と共にミスターサタンの家に訪れた悟天とトランクス。そこにサタンの幼馴染の大富豪ジャガー・バッダから自分のバイオ戦士との試合への招待状が届きます。サタンの弟子としてジャガーのもとに出向いた悟天たち。そこで培養カプセルの中にいるブロリーを見つけます。
本作でも圧倒的な力で大暴れするブロリーもといバイオブロリーですが、見た目も理性も正に化物といった感じです。確かに強いのですがただ理性もなく暴れる姿は以前のブロリーの持っていた圧倒的な存在感がなく少し物悲しい気持ちになります。(正確にはクローンなので別人ですが)

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

出典:https://www.amazon.co.jp

1995年3月4日公開。劇場版第15弾の本作ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータですが、久しぶりの悟空主役作品。また、15弾と節目の作品であったために10作目のようにいつもより豪華なパンフレットでした。
あの世の事故で溢れだした悪の気が生み出した怪物ジャネンバ(ちなみに邪念波と表記)。ジャネンバは閻魔の館を結界に閉じ込めてしまいます。ジャネンバに悟空とベジータが挑みますが圧倒的な力に大ピンチに!その頃、地球でもあの世の混乱に乗じて地獄を脱出した悪人たちが現れ!?
本作の敵であるジャネンバは劇場版最強であると明言されています。ですが、不測の動きに弱かったり罵声に弱かったりと精神面はそうでもない模様。最強キャラの話題になるとどうしてもブロリーが出てきますが、皆さんはどちらが強いと思いますか?

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

出典:https://www.amazon.co.jp

1995年7月15日公開。劇場版第16弾の本作ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる。舞台がブウ編終了後から『ドラゴンボール超』開始までの間と本編終了後。Zシリーズ最後の映画で、その後ドラゴンボールのアニメ映画は18年の間制作されませんでした。
街の平和を守っていた悟はn・・グレートサイヤマンとビーデr・・2号。そのもとにホイという老人がオルゴールに封じられた勇者タピオンを復活してほしいと依頼してくる。ドラゴンボールの力でタピオンを復活させることはできたが、タピオンには幻魔人ヒルデガーンが封印されているのであった。
ヒルデガーンを倒す際に使った悟空の数少ないオリジナル技龍拳。この龍拳ですが、現在多く出ているドラゴンボールを題材にしたゲームでは悟空の技の代名詞としてほぼ必ず収録されるほどカッコいい技です!(実はドラゴンボールは一番ゲーム化されたコミックのギネス世界記録を持っています)

ドラゴンボールZ 神と神

出典:https://www.amazon.co.jp

2013年3月30日公開。劇場版第18段となる本作ドラゴンボールZ 神と神ですが、オリジナルエピソードとしては18年ぶりの新作であり、原作者鳥山明先生が脚本に関わった作品として大きな話題を生みました。また、ドラゴンボールとしては初の単独上映作品でもあります。
ブウとの戦いから4年後、悟空たちは平和を満喫していた。一方その頃、宇宙のどこかで39年ぶりに破壊神ビルスが目覚めた。悟空ですら歯が立たない強さのビルスは自分と対等な力を持つ超サイヤ人ゴッドを探し地球へ。非常に面倒くさい性格のビルスから地球を守る接待もとい戦いが始まります。

鳥山先生が脚本に大きく関わっているだけあり、本作は全体的に明るい印象ビンゴダンスを踊るベジータや食べ物にはしゃぐ可愛いビルスなど戦闘以外での見所が大量にありますが、最後の(一瞬だけど)超サイヤ人ゴッドとなった悟空とビルスの熱い戦いはドラゴンボールらしさを強く思わせてくれます。

こちらの記事もチェック!

ドラゴンボールZ 復活の「F」

出典:https://www.amazon.co.jp

2015年4月18日公開。劇場版第19弾の本作ドラゴンボールZ 復活の「F」。鳥山先生が単独で脚本を担当しています。本作では4DX環境での体感型映画としても上映するなど新しい技術も盛り込まれた「最新の」ドラゴンボールです。(ちなみにこの映画の舞台挨拶の場で5月9日悟空の日に制定されました)

ナメック星で悟空にフリーザが倒されて以降、フリーザ軍は弱体の一途を辿っていた。フリーザ軍残党のソルベは軍壊滅回避のためドラゴンボールを使い、フリーザを復活させる。復讐のため「違う次元の化物」と言われるほどパワーアップしたフリーザはフリーザ軍と共に地球に侵攻を開始する!
本作でゴールデンフリーザとなり超サイヤ人ゴッドすら超える力を手に入れた漫画界屈指の理想の上司フリーザ様ですが、その方法は単純に努力!天才でありながら必要であれば辛いトレーニングすら耐えるフリーザ様の理想の上司化が本作では更に加速します!経営でブルマと戦う外伝とか来ないですかね?

今も広がり続けるドラゴンワールド!今後はどうなる?

多数の劇場版作品が存在する『ドラゴンボール』ですが、連載開始から30年以上たった現在でもまだまだ活発にその世界観を広げ続けています。
漫画以外でもゲームでは鳥山先生書下ろしの新キャラクター「人造人間21号」が発表されたり、現在放送中の『ドラゴンボール超』では悟空のスーパーサイヤ人ゴッド新形態が発表されるなどまだまだその世界観に限界が見えません。
今や日本一・・いや世界一・・宇宙一といっても差し支えない『ドラゴンボール』、今後もドラゴンワールドは間違いなく広がっていく事でしょう!まだ見たことがない作品、大好きだった作品を見て、あなたの希望少年心を刺激してみてはいかがでしょうか?
ドラゴンボールZ 復活の「F」
(2015-09-28)
売り上げランキング: 555