聲の形の主人公・石田将也を知り尽くす5つの真実!主人公の恋の形はいじめから?

色々な意味で話題となった『聲の形』の主人公、石田将也。小学生時代、イジメっこだった彼が大人になり硝子を支える事を決めるまでの流れなどを追ってみました。

『聲の形』石田将也ってどんなキャラ?

大今良時さんによる作品『聲の形』本作は、様々な賞を受賞して様々な反響を生んだ作品ですね。コミックから始まり、劇場アニメ化…そして2015年には『全日本ろうあ連盟』監修のもと道徳教材化として実写DVD化されました。
イジメ・聴覚障がいと、読者が「楽しい」と思える描写は多くはありません、そして主人公の石田将也…子供時代、彼と同じ「立ち位置」にいた方も中にはいるでしょう。物語はオリジナル版・リメイク版・連載版とありますが、どのバージョンにおいても将也は「イジメっ子」というキャラクター。
それも、ただのイジメっ子ではありません。漫画なので…と、言うのは簡単ですが現実において将也のような存在がいたら、それこそメディアに引っ張り出されてもおかしくない。それほどまでに、酷いイジメっ子だったのです。

『聲の形』石田将也の真実1:小学生時代、耳が聞こえない硝子に興味を持つ

度胸試しに川へ飛び込んでみたり、一回り以上身体の大きい相手と喧嘩をしたり、ごく普通の少年「石田将也」。退屈に負ける…そんな心配をする彼のクラスに転校生がやってきた!彼女の名前は「西宮硝子」
硝子が自己紹介を始めると、クラスの子供達がザワザワ…硝子が手に持ったノートには“耳が聞こえません”の文字が―…。将也は自分の理解を超えた硝子という存在に「変なやつ」という印象を持ち耳が聞こえないから「だからなんなの?興味ないですけど」と。
しかし、将也は“興味がない”と思いつつも、硝子にちょっかいを出して「実験」を開始。それは、後ろの席から声をかけ声の大きさにより反応するかどうかというもの。この実験は、将也だけではなく、彼の友人たちも行う行為となり後の「イジメ」のきっかけに繋がるのでした。

『聲の形』石田将也の真実2:母子家庭で育ち母は理容師、4つ上の姉がいる

クラスの中心、いつだって目立つ行動で男子からも女子からも人気の高かった将也、でもそれは硝子が転校してくるまでの話し―…一言で言えば、同級生たちから見た将也は「ごく普通の少年」しかし、大人たちからすれば「元気がよすぎる問題児」
将也が育った環境を振り返ると女手一つで将也と4つ上の姉を育てた母親、仕事は理容師で1階に店を構え、2階に居住スペースがある裕福とは言い難い環境で育ちました。年が離れた姉は、将也とあまり話しをしないようで、姉の歴代彼氏たちとも自然と顔も知りの仲になっていたり…
そんな環境で育った将也は、母に対しても「ババア」と平然と言ってのけたりする性格になったようですね。将也の母は息子の事を案じている様子は伺えるも仕事と家庭を1人で両立する身なので、子供たちを甘やかしているように感じます…悪いことをしたら、叱るけれど…なんというか、叱り方が下手というか…。
1 / 3

今日のおすすめ記事