映画「トイストーリー3」あらすじ&結末ネタバレ アンディの成長に感涙必至!

2010年にアカデミー賞長編アニメーション賞受賞を果たした、リー・アンクリッチ監督のフルCGの長編アニメ映画『トイ・ストーリー3』。ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ提供なので、ディズニー好きなら『トイ・ストーリー3』を見逃す訳にはいきません。大学生になるアンディとオモチャの冒険を描く『トイ・ストーリー3』のストーリーを、見どころを挙げつつ徹底的にご紹介します。ネタバレ注意です!

映画『トイストーリー3』はどんな作品なの?

オモチャたちの冒険と絆を描く!

オモチャで無邪気に遊んでいた子供の頃に帰りたい・・・。時にはそんな懐かしい気持ちになったりしませんか?そんな貴方には、オモチャたちの冒険と絆を描く「トイ・ストーリー3」がおすすめです。
「バグズ・ライフ」等も手掛けたリー・アンクリッチが監督を務める長編アニメーション映画で、シリーズ第3弾です。ピクサー・アニメーション・スタジオ製作で、日本語吹き替え版ではウッディを唐沢寿明、バズ・ライトイヤーを所ジョージが演じています。
「さよならなんて、言えないよ・・・」と言うキャッチコピーが胸を打つ「トイ・ストーリー3」ですが、TV放送もされている為、地上波で観たことがある人も多いと思います。まだ未視聴の方にも分かるようにポイントをまとめたので、是非ご覧下さい。

ストーリーネタバレ1:成長したアンディは大学生に

遊んでもらえなくなったオモチャたち

カウボーイ人形のウッディ、アクションフィギュアのバズ、ティラノサウルスのレックス、じゃがいも頭のミスター・ポテトヘッド・・・ごっこ遊びをしたり、一緒にテレビを観たり、あんなに持ち主のアンディと仲良しだったオモチャたち。
時は流れ、今やアンディは17歳になってオモチャたちと遊ぶ機会が激減、ウッディらは箱の中にしまわれたまま、いつも寂しい思いをしています。それでもオモチャたちは全員、アンディがまた遊んでくれることを夢見ています。
オモチャ箱に携帯電話を隠して、探しに来たアンディに箱を開かせる「アンディと遊ぼう大作戦」を実施するウッディたちですが、全然相手にされません。そして、アンディは大学へ行く為引っ越しの準備を始め、お別れの日も迫ります。

手違いでアンディのオモチャが捨てられる

丁度ゴミの日に、大学に持っていく物、屋根裏にしまう物を整理するアンディ。お気に入りのウッディだけ大学へ持って行くことにして、残りのオモチャはゴミ袋に入れて屋根裏にしまうことに決めました。しかし、そのゴミ袋を廊下に放置してしまいます。
そこへやって来たのがアンディの母親・デイビス夫人で、オモチャたちを完全にゴミと勘違いして外へ放り出してしまうんです。「アンディに捨てられたー!」と誤解して怒り、不信感を募らせるオモチャたち。
アンディへの信頼が薄れてしまったオモチャたちは、勝手に保育園『サニーサイド』行きのダンボール箱に忍び込みます。真実を知っているウッディが「アンディは悪くない!」と説得しても聞き入れない、オモチャたちの頑固さに注目です。

ストーリーネタバレ2:保育園『サニーサイド』へ到着

ロッツォ・ハグベアの歓迎

とうとうサニーサイドに到着したオモチャたちが姿を現すと、びっくり箱や紫色のタコのおもちゃ・ストレッチたちに「新入りだ!」と大喜びされます。そして、ピンクの熊のぬいぐるみ、ロッツォ・ハグベアとも優しく初対面の挨拶です。
保育園では月曜〜金曜日までずっと遊んでくれるし、子どもが大きくなっても新しい子どもが次々入園するんだと説明してくれます。ロッツォは、「捨てられることも飽きられることも無い場所だ」と語り、バズらはもう目がキラキラ。
サニーサイドには、予備のパーツ、接着剤、新しい電池など、オモチャが望む物は何でもあると園内を回りつつ案内されます。しかし、ワクワクが止まらない仲間達の中、ウッディだけはアンディが心配な様子で・・・?

アンディの元へ帰る決意をするウッディ

新しい生活を楽しみにしているカウガール人形・ジェシーや豚の貯金箱・ハムたち。ですがウッディは、「確かにここは良い場所だ」と認めつつ、「だけどアンディの家に帰らなきゃ!」と、みんな一緒に帰ることを提案します。
「アンディが俺たちを大学とか屋根裏に連れて行きたいなら、そこにいるのが仕事だろ!」と主張するウッディには感動です。しかし、結局は誰もウッディには乗らず、ウッディは一人で保育園を抜け出します。
トイレ清掃のおじさんの目をかわし小窓をすり抜け、飛行機で風に乗って塀を越えるシーンはドキドキです。順調に外へ出られたウッディでしたが、途中で木の枝に引っ掛かって、サニーサイドに通う少女・ボニーに拾われます。

サニーサイドは楽園じゃなかった!

新参のオモチャたちが案内された部屋は「イモムシ組」。お調子者のレックスも早く子供達に遊んでもらいたくてたまらず、ウズウズしています。そして、ついに園児の休み時間を知らせるベルが鳴ります。
ベルと同時に部屋に流れ込んで来たのは、遠慮を知らない幼な過ぎる園児たちで、オモチャを噛んだり投げたりもうやりたい放題!バズらは滅茶苦茶に痛めつけられてしまいます。園児の暴れっぷりが超パワフルで凄いです。
そんな中バズが窓の向こうで目にしたのは、年長の子どもがいる「チョウチョ組」で優雅に暮らすロッツォ軍団の姿でした。横暴な扱いには耐えられないので、バズはリーダーとして部屋を変えてもらいに交渉へと向かいます。

ストーリーネタバレ3:支配者ロッツォが本性をあらわす

図書室で囚われるバズ・ライトイヤー

スナック菓子の自動販売機の中へ入って行った着せ替え人形・ケン昆虫人間のおもちゃ・トゥイッチたちを追いかけるバズ。中でバズは、サニーサイド保育園のオモチャが新入りを侮辱しながら賭博をする光景を目の当たりにします。
すぐ引き返そうとしたものの、赤ちゃん人形、ビッグ・ベビーに見つかりバズは図書室へ連行されるのでした。縄で椅子に縛られケンらの詰問を受けていると、そこに親玉・ロッツォも登場します。
「友達と部屋を移動したい」と希望を伝えましたが、ロッツォは聞き入れてくれません。そして、ロッツォは秘密を知ったバズの、背中にあるスイッチをデモ・モードに切り替えて、バズを工場から出荷された状態(記憶が無い状態)に戻したのです。

お片付けカゴの檻に幽閉されるジェシーたち

ミセス・ポテトヘッドがアンディの部屋で無くした右目に、アンディがオモチャを探して慌てる様子が映ったことで、ようやくオモチャたちはアンディが本当は自分達を屋根裏にしまうつもりだったことに気付きました。
間違いに気付いて「すぐに帰らなきゃ!」とジェシーらが騒いでいると、そこにロッツォ軍団が現れます。ロッツォは「帰る?来たばかりじゃないか」と、どこへも行かせないつもりです。そして、操ったバズに、ジェシーらを檻に幽閉させるんです。
檻から無断で出ることも勝手に喋ることも許されず、完全に囚人扱いされるジェシーらが不憫でなりませんが、ロッツォにそんな慈悲は無いのでした。バズは敵の手先にされ、看守を務めています。

チャックルズが語るロッツォ闇落ちの経緯

ボニーの家のネット回線を使い、アンディの家への経路を検索するウッディ。すぐ近くだと分かって早速帰ろうとした時に、サニーサイドが破壊と絶望の場所であるという話を、ピエロ人形・チャックルズから耳にします。
「ロッツォか・・・いい奴だったよ」と語るチャックルズとロッツォは昔、デイジーという少女の元で暮らしていました。オモチャはみんな大事にされ、特別に愛されていたロッツォでしたが、ある日ドライブに出かけた際に運悪く道端に置き去りにされます。
しかし諦めないロッツォ。やっとの思いでデイジーの家へと戻りましたが、何とデイジーは新しいぬいぐるみを買っていて、ロッツォの代わりにしていたのでした。居場所を失ったロッツォの心は壊れ、流れ着いたサニーサイドの支配を始める訳です。

ストーリーネタバレ4:サニーサイドからの脱走劇が開幕!

見張り役の猿を始末せよ

ロッツォのことを知り、仲間の窮地を察したウッディはサニーサイド保育園へと駆けつけます。電話機のおもちゃでサニーサイドの古株・チャターフォンに再会し、保育園脱出にはいくつかの関門があることを教えられるウッディ。
一番の問題は猿で、「恐るべき見張り役さ」とチャターフォン。猿は教室、廊下、遊び場などに設置した監視カメラから全てを見ています。不審者を見つけると、すぐにブザーを鳴らして通報されるのです。
仲間と作戦を練り、脱出は夜に決行。厄介な猿の始末に全力を注ぎます。裏道を通って猿の背後に回り、不意打ちで畳み掛けるウッディと胴がバネの犬のおもちゃ・スリンキーのコンビネーションが光り、見事猿を封殺しました。

看守・ケンを女の涙で欺くバービー

厳重に警戒され点呼をとられる檻の中の人形たち。見回りを終えた看守・ケンが立ち去ろうとした時、檻の中から着せ替え人形・バービーがケンを呼び止めます。「どうしたんだ?」とケン。
「こんな場所もう嫌!チョウチョ組へ行きたいの、あなたと」と、シクシク泣きながら訴えます。バービーに気があるケンは断るわけにもいかず、バービーを檻から解放して豪邸・ドリームハウスに招き入れるのです。
さらに、有頂天になって自慢の服を披露するファッション・ショーまで行う始末。隙だらけになったところで、バービーに捕まってケンは拘束されました。バズを元に戻す情報を聞き出す為、ケンお気に入りの服を破いて脅すシーンが最高です。

脱出口へ辿り着いたウッディたち

監視の目をかいくぐり広場を走り抜けたウッディたちは、ゴミ箱へ繋がる脱出口へ到着します。逃亡成功なるかと思われたのも束の間、目の前にチャターフォンを拷問し口を割らせたロッツォ軍団が現れます。
同時にゴミ回収車も迫る中、ロッツォは「中に戻ってまた我々の家族にならんか?」と語りますが、「あんたたちの家族になるくらいならゴミ箱で腐った方がマシさ!」とジェシーが一蹴、一歩も譲りません。
ウッディはデイジーのネームプレートをロッツォに見せつけ、良心を取り戻すよう迫ります。しかし、デイジーをママと慕うビッグ・ベビーの前でネームプレートを破壊、ロッツォは怒りを買いゴミ箱に落とされます。さらに、ウッディたちまでロッツォの道連れでゴミと回収されるのです。

ストーリーネタバレ5:ゴミ収集車に飲み込まれたオモチャの運命は・・・

ゴミ処理場でベルトコンベアに流されピンチ!

ゴミ回収車に飲み込まれたウッディたちはトライ・カウンティゴミ処理場へ運ばれます。ブルドーザーにゴミと一緒に押し込まれた先はベルトコンベア。どうやらここで資源ゴミとそうでないゴミを仕分けている様子です。
ベルトコンベア上部は磁石になっていて、金属類が次々と吸い上げられる中、オモチャたちが先に目にしたのはゴミを粉々に砕いている巨大なカッター。このままではみんなまで餌食になる大ピンチです。
「急げ!鉄につかまるんだ!」というバズの掛け声。この冷静な判断のおかげで、鉄鍋や蹄鉄につかまったオモチャたちは天井に吸い上げられ、ギリギリのところでカッターをかわしたのでした。

焼却炉から奇跡の生還

難関を突破してもう安心・・・かと思いきや、次に現れたのは炎が勢い良く燃え上がる焼却炉。ベルトコンベアを逆走して逃げる中、ロッツォが非常停止ボタンを発見、はしごを伝って押しに向かいます。
ウッディとバズの協力を得てようやくボタンの前にロッツォ唯1人が辿り着きます。「早く押すんだ、早く押せー!」と叫ぶウッディ。しかし、この土壇場でロッツォは裏切り、停止ボタンを押さずに逃げてしまいます。
とうとう焼却炉に流れ着いてしまったオモチャたちは、全員が手と手を繋ぎ合わせ、死を覚悟します。その瞬間!別行動をとっていたエイリアン人形、リトル・グリーン・メンが、起動させたクレーンでウッディたちを掴み上げ、みんな無事生還したのでした。

『トイストーリー3』で「無限のかなたへ、さあ行くぞ!」

アンディの元へ帰ってオモチャたちは心優しい女の子・ボニーに引き継がれます。「みんなのこと、大事にするって約束してくれるかな?僕の・・・宝物なんだ」というアンディの言葉から、オモチャを愛していることが伝わって感動のラスト。めでたしめでたし。
いかがでしょうか。「トイ・ストーリー3」はフルCGの滑らかな映像美も魅力ですが、「絆」の描写が一番のポイントだと思います。アンディがおもちゃと過ごした忘れられない日々、絶対に友達を見捨てないウッディなどなど。
ちなみに、ディズニーブックス「トイ・ストーリーのなかまたち100」では厳選した100体のおもちゃの名前や性格、特徴などが紹介されていますから、良ければ読んでみて下さい。いつだって「トイ・ストーリー3」で「無限のかなたへ、さあ行くぞ!」
トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013-11-20)
売り上げランキング: 661

トイ・ストーリー3 (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 13,875