【トリコ】ゼブラがかっこよさと強さを兼ね備えた完璧なキャラである理由

トリコといえばグルメとバトルを兼ね備えた類稀なる作品ですよね。今回は四天王のうちの一人であるゼブラについて紹介していきます。

【トリコ】ゼブラとは?

「トリコ」という作品をご存知でしょうか?トリコというのは島袋光年によるグルメバトル少年漫画で2008年から2016年まで週刊ジャンプにて連載されていました。同作はグルメとバトルという一見正反対にも見える二つの要素を一つの作品に詰め込んだことで人気を博しています。

主人公は美食屋のトリコという人物で料理人の小松を連れて世界中を冒険し、様々な食材を探す物語になっています。作中に登場する「ガララワニ」や「虹の実」、「ふぐ鯨」などの食材は基本的に実在しない架空の食材になっていて、それぞれの食材には「捕獲レベル」という捕獲の難易度を示す指標があり、高ければ高いほどレア食材となっています。

単行本の売り上げは2000万部を突破するほどの人気作で第二回マンガ大賞ノミネート作品でもあります。

トリコには様々な登場人物がいて、相関関係も非常に複雑になっています。美食屋というのは世界中にいてそれぞれが自分の追い求める最高の食材を見つけ捕獲することに人生を捧げています。そんな美食屋には四天王と呼ばれる存在がいて、それがトリコ、ココ、サニー、ゼブラの四人です。

この四人は他の美食屋とは比べ物にならないくらいの実力を持ち合わせていて世界的に名が知れています。

【トリコ】ゼブラの魅力①技が豊富!

美食屋四天王のうちの一人に数えられるゼブラの最大の特徴は声が大きいということです。最大で約70km先の音を聞き分けられるという驚異的な聴覚の持ち主で、それを攻撃に生かして戦います。戦闘局面では音を増幅させて強烈な衝撃波、振動波、超音波、爆音を起こします。

ゼブラが使う技としては音弾、吠え弾、サウンドバズーカ、ボイスバズーカ、ボイスミサイル、ボイスバースト、ボイスプレス、レーザーボイス、爆反響ボイス、サンダーノイズ、ボイスカッターとこれはごく一部で全てを数えると34種類にも登ります。

中にはトリコとの合体技である音速釘パンチやココとの合わせ技であるポイズンサウンドアーマーなどもあります。その技の種類は非常に豊富で戦局に応じて柔軟に使い分けられるようになっています。

数ある技の中でも注目したいのがエコーロケーション反響マップや、サウンドアーマーなどといった非攻撃的な技です。エコーロケーション反響マップは超音波を発し、その影響で周囲の状況を知るエコーロケーションで周囲の地形を把握します。サウンドアーマーは対象の者に音の鎧をまとわせて攻撃から身を守るという技です。

ゼブラの性格は獰猛で非常に攻撃的な言動が目立ちますが、意外にも攻撃以外を目的とした技もいくつか習得していてゼブラの意外な一面を物語っていますね。

【トリコ】ゼブラの魅力②誰もが認めるかっこよさ!

ゼブラは誰が見ても一眼でゼブラだと認識できるような風貌をしています。大柄な体格に唇左側のみが頬まで大きく裂けているなんとも恐ろしい風貌を持っています。第1級危険生物として認定されていて、「四天王1の問題児」、「四天王一短期で喧嘩っ早い」などと言われています。

その強さは折り紙つきで自身の声を自由自在に操り、どんな局面でも柔軟に戦闘体制に入ることができます。性格は極めて短気ですぐに喧嘩を売ってしまいます。「調子に乗っているもの」や「嘘をつくもの」を毛嫌いする性格でもあり、自信家でもあります。

それでもゼブラに多くのファンがいるのはやはり彼のスタイルや生き方がかっこいいと多くの読者が共感したからでしょう。

【トリコ】ゼブラの魅力③作中で死亡する?その真相は!

ゼブラは先ほども書いたように世界中で恐れられている存在で、刑務所から一度放たれればなん十億円という経済損失をもたらすと言われています。26種類もの生物を絶滅させた罪でハニープリズンに収監されていましたが、トリコがメロウコーラを捕獲しに行くとのことで条件付きで釈放されました。

釈放された直後にまずゼブラが行ったのが悪口を叩いていた収監者たちの抹殺です。血だらけになって帰ってきた小松はゼブラの身に何かあったのかと心配しますが、結局はなんともなく、ただの返り血でした。

そんなゼブラにも度々危機は訪れていて、作中では四肢を切断され死に直面したこともあるほどです。しかし、彼の体のグルメ細胞の作用により死の際から生還し、一命を取り留めます。

【トリコ】ゼブラの魅力④ペット(?)も凄すぎる!

ゼブラやサニー、ココら美食屋四天王はそれぞれ巨大な動物をペットとして飼っています。ゼブラが飼っているのはダルマホースという動物です。ダルマ仙人がゼブラに貸している動物でゼブラは足代わりとして使っているそうです。

テリーが小さく見えるほど巨大なシマウマで捕獲レベルは不明となっています。計測するとなれば、とてつもなく高い数値を叩き出すことでしょう。魔獣類に分類され、自然種はエリア8の「馬王の丘」に生息しています。ダルマホースの性格な大きさは記載されていませんが、少なくともビルの高さはゆうに超えているので数百メートルと考えていいでしょう。

丘に生息する馬たちの中では幻獣ヘラクに次ぐ強さだと言われています。

【トリコ】ゼブラの魅力⑤小松のことを見下している?!

ゼブラは危険極まりない人物だということがわかってもらえたかと思いますが、その反面彼は律儀で義理堅く、面倒見がいいという一面もあります。自分が実力を認めた小松に対してはちょくちょくと面倒を見ていて、小松を自分のコンビにしたいという発言も度々しています。

小松とゼブラは同い年なのですが、ゼブラは「小僧」と呼んで度々見下したような言動も見られます。もともとゼブラは他の美食屋とは違い、人生のフルコースを作ろうとしていませんでしたが、小松との旅でフルコースを作ることを決めるなど小松に大きく影響されている点もあります。

小松はトリコとすでにコンビを組んでいたため最終的にゼブラの小松とコンビになりたいという願望が叶うことはありませんでした。

【トリコ】ゼブラの魅力⑥アニメで声を務めた声優は松田賢二さん!

アニメ版トリコでゼブラの声を担当しているのは俳優であり、声優としても活躍する松田賢二(まつだけんじ)です。松田賢二は1971年9月23日生まれ大阪府茨木市出身の俳優です。2000年に「VERSUS」でデビュー後はミニシアター上映の映画やVシネマ作品に数多く出演しました。

2005年に「仮面ライダー響鬼」に出演してから一躍名が知られるようになりました。それ以降はアンフェアや仮面ライダーシリーズ、刑事ドラマなど数多くのテレビドラマに出演し、活躍しています。

テレビアニメの声優としては3作しか担当していないため、トリコのゼブラ役は松田賢二の数少ない声優担当作品と言えるでしょう。彼のファンであれば是非アニメもチェックしてみてください!

ゼブラは格好良さと強さを極めた最強キャラ!

今回の記事はいかがだったでしょうか?ゼブラの魅力をわかっていただけたら幸いです。ゼブラは自分の声を最大120km先まで飛ばしたり、水中でも使えたりと非常に応用性が高いのも特徴です。しかし、弱点もあり彼の声を使った技は消費カロリーは非常に高く、使いすぎると喉が枯れてしまいます。ゼブラは激怒することで瞬時に大量のエネルギーを生産できます。

たとえゼブラは自分の声が枯れても接近戦での高い実力も持ち合わせているため、何の問題もありません。ゼブラは声を一切使わずともトリコと互角に殴り合えるほどの実力の持ち主です。

また、ゼブラには他にも特技があり、呼吸音や脈拍から相手の心理状態を見抜けるんです。そのためゼブラの前では一切の嘘や隠し事は通用しません。ゼブラについてもっと知りたいと灯った方はぜひ漫画やアニメをチェックしてみてください。

トリコ モノクロ版 15 (ジャンプコミックスDIGITAL)
集英社 (2012-10-12)
売り上げランキング: 19,045