吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント8選!若い頃に驚愕?

今やドラマや映画で重要な役どころで必ずといっていいほど出てくるのが吉田鋼太郎さんではないでしょうか?茶目で癖のある役から威厳のある父親役までこなす実力はの吉田鋼太郎さんの渋かっこいいポイントをご紹介していきます!

吉田鋼太郎のプロフィール

吉田鋼太郎さんは1959年1月14日生まれ演出家としても活躍する大御所俳優です。高校生の時、劇団雲のシェイクスピア喜劇「十二夜」を見て役者になることを決めたそうです。

その後、上智大学に在学して文学部ドイツ文学科に所属していましたが、俳優を目指したきっかけとなったシェイクスピア研究会公演「十二夜」で初舞台を踏むこととなります。

そこから演技にのめり込むあまり、大学を中退してしまったようです。しかしながら、今の成功を思えばあの時の決断は間違いではなかったことがわかりますね。

吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント1:蜷川幸雄作品の舞台で活躍!

なんと、吉田鋼太郎さんはあの劇団四季に半年間いたことがあったそうです。シェイクスピア・シアター、劇工房ライミング、東京壱組と経験を積んで、演出家の栗田芳宏さんと共に劇団AUNを結成しています。

そこで演出も手がけ、舞台を中心に活躍してきました。今ではテレビで見かけることが当たり前の俳優さんなので、舞台出身だということを知らない人の方が多いかもしれませんね。

シェイクスピアやギリシア悲劇など、海外古典作品に要求される演技をこなせる貴重な俳優さんで、中でも鬼才と恐れられていた蜷川幸雄さんの手がけた作品の常連出演者でもありました。

吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント2:長かった下積み時代の苦労

大学時代に舞台の道に足を踏み入れてから、40代まで海外作品を中心に演じてきた吉田鋼太郎さんでしたが、蜷川幸雄さんに出会ってから、彼の舞台になじむまで地獄のような日々だったと言います。

子どもの頃や学生の頃ならまだしも、大人になってから叱られたりすることってなかなか精神的にきますよね…。吉田鋼太郎さんは毎日、稽古場に行くのが嫌で嫌でしょうがなかったそうです。

蜷川幸雄さんは、大体これくらいでいいだろうというざっくりなものは通用せず、稽古初日から千本ノックのようにやらされたそうです。3年程まさに命懸けの稽古場に通い詰めた日々、あまりに厳しいので、自分は嫌われていると思い込む程だったそうです。

しかし、ある稽古のとき「やっぱり鋼太郎がいれば、シェイクスピアは何でもできるなぁ」と皆の前で蜷川幸雄さんが褒めてくれたことが自信へと変わり、亡くなられた今でも師と仰ぐ人だそうです。

吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント3:兄弟!?リリーフランキーさんによく間違えられる

吉田鋼太郎さんの舞台での活躍を知らない人にとって、ある日突然ドラマにで始めた吉田鋼太郎さんをリリーフランキーさんだと思っていたとようです。たしかにお二人似ていますよね…!

兄弟なのでは?という噂もあったようですが、お二人とも生まれも年齢も全然違うのでただのそっくりさんのようです。しかしながら、それぞれ個性のあるお方というところも共通しているので、前世は何かしらのつながりがあった仲なのかもしれませんね。

吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント4:若者の助言を聞き入れる寛大さで再ブレイク

蜷川幸雄さんの作品に携わっていたこともあり、共演することが多かった小栗旬さんや藤原竜也さんとは親交が深いようです。中でも、小栗旬さんとは吉田鋼太郎さんに演技の指導をしてもらっていたこともあり、飲みに行くこともあったそうです。

それから仲良くなり、小栗旬さんは吉田鋼太郎さんにもっとテレビに出た方がいいと勧めたそうです。しかしながら、舞台で活躍してきた吉田鋼太郎さんにとって、テレビは別世界で、なじみのないものなのでコネもないため、出たくてもオファーがないと返したそうです。

その時、小栗旬さんは自分が使うから出てほしいと、初監督作品「シュアリー・サムデイ」へ出演を依頼したそうです。それが2010年、そこから少しずつテレビへの露出が増えていった吉田鋼太郎さんは、朝ドラ「花子とアン」に出演し、2014年に再ブレイクを果たしています。

吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント5:小栗旬との年齢を超えた友情

親子ほど年の離れている小栗旬さんと吉田鋼太郎さんですが、10年来の親友と語るほどの仲で打ち解け合っているようです。酔って喧嘩をしたり、ともに酒と女好きということで意気投合して、合コンにも一緒に参加していたそうです。

THE俳優という生活を謳歌していたのですね…!吉田鋼太郎さんは小栗旬さんについて、芝居の作り方とかにているところがあり、肩肘張らずに付き合えると話しています。

小栗旬さんも吉田鋼太郎さんのことを、二回りも歳が離れているのに同じ目線で喧嘩をさせてくれると語っており、共に認めあっている戦友でもあり同士でもある仲だということがうかがえます。

吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント6:若手にいたずらされるほど若さは健在!

蜷川幸雄さんの舞台で仲良くなった小栗旬さんだけでなく、藤原竜也さんとも仲が良いそうで、この若い二人にいたずらをされて激怒したことがあるそうです。大御所の大先輩にいたずらを仕掛けるなんて、着物座った二人ですよね…。

吉田鋼太郎さんが激怒したいたずらは、ホテル内にあるバーで関係者みんなで行った時の飲み代やルームサービスなど、全ての飲食代をツケられていたというのです。これにはさすがに吉田鋼太郎さんもキレて「死んでも払わない!」と言ったためにしぶしぶ小栗旬さんと藤原竜也さんで支払ったそうです。

他にはお風呂に入ろうとしている吉田鋼太郎さんを呼び出すふりをして、ホテルの廊下に裸で置き去りにするというベタないたずらまで…。仲が良くても度を超えているのでは?と思いますが、吉田鋼太郎さんからすれば刺激があって楽しいそうです。なんて寛大な…。

吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント7:若いころから?!誰もが羨むモテ男

吉田鋼太郎さんの生粋のモテテクがすごいようで、周りの舞台役者の方たちから「鋼太郎さんには気をつけろ!」と女優さんたちへ警告されるほどなんだそうです。いくら歳が離れていようと、色気があるから、口説かれたら落ちてしまうかもしれない…そんな魔力があるようです。

そんな吉田鋼太郎さんはレストランやバーに女性のひとり客がいれば必ずナンパをし、飛行機や電車で隣に乗り合わせた女性にも声をかけてしまうという、近しい友人からはイタリア人と呼ばれているそうです。

舞台に立っている時も、2列目の何番目の人が綺麗だったとか、しっかりとチェックを怠らないという吉田鋼太郎さんは、ある意味で現代の男性陣がなくしてしまった男らしさを持っていると言えますね。

男の理想!?4度の結婚

そんな今でいえばチャラ男な吉田鋼太郎さん、なんと結婚は3回経験があります。そして4回目となる結婚はわずか4カ月ほどできめたという電撃ぶりです。お相手は銀座のママだということですが、お弁当を現場に持ってきたりと家庭的な面もみせており、これで落ち着くことを願っています。

それにしても、バツ3はすごいですよね。しかしながら、男性からすればそんな自由奔放な人生がうらやましいと思うのかもしれませんね…。

とはいえ、吉田鋼太郎さんの浮気癖が凄いことに耐えられなくなって逃げてしまったパターンが主なようですが、やっぱり僕がいいって帰ってくるかもしれないと信じて待つという健気さも持ち合わせているそうです。さすが吉田鋼太郎さん、一筋縄ではいきませんね!

失敗も芸の肥やし?

先ほど、奥さんに逃げ有られた経験があるとお話ししましたが、当時はショックで酒と女に溺れる生活をしたという過去もあったそうです。

しかし、再ブレイクのきっかけとなった「花子とアン」では、大正時代に実際にいた炭鉱王の「伊藤伝右衛門」をモデルにした、嘉納伝助という役でした。

彼は令嬢で歌人の柳原白蓮を嫁にもらいますが、女性関係が激しかったことから、奥さんに別の男性と駆け落ちされてしまいます。さらに新聞を通して絶縁状を突きつけられてしまうという壮絶な役柄でした。

しかし、過去の辛い経験が演技に生きる瞬間がやってきたチャンスでもあり、それが再ブレイクのきっかけとなった役だったとは、不思議な縁もあるものですね。

結果的に「伝助萌え」という言葉まで流行るほど火がついたのですから、吉田鋼太郎さんは運がいいのかもしれません。

吉田鋼太郎の渋かっこいいポイント8:関西弁がうますぎる!

「花子とアン」では博多弁を話していましたが、ほかの作品では大阪弁を話すこともあり、あまりのうまさに本場の人では?という話も出たほどです。大阪弁はエセだとすぐにばれてしまう難しい方言なので、俳優さんは結構苦労する人も多いようです。

しかし、上手いといわれている吉田鋼太郎さんは東京生まれです。小学校6年生まで大阪に住んでいたことはあるそうですが、子どもの頃に耳で聞いていた言葉が沁みついていたなんて…さすが、役者ですよね。そのころからもしかしたら、周りを観察する力や場になじむ対応力が優れていたのかもしれません。

これからも目が離せない吉田鋼太郎!

いかがでしたか?吉田鋼太郎さんは絵にかいたような俳優人生だということがよくわかりましたよね。だからこそ、演技にも味があり、人々の心をつかめるのでしょう。これからもどんどんテレビや映画に出演して、その渋かっこいい演技を魅せてほしいですね!こちらの記事もオススメ!

東京センチメンタル Blu-ray BOX
Happinet(SB)(D) (2016-06-02)
売り上げランキング: 59,681
新宿スワンⅡ
新宿スワンⅡ
posted with amazlet at 17.10.03
(2017-06-02)
売り上げランキング: 121