【妖怪アパートの幽雅な日常】かわいい一色黎明!夢小説や名言を紹介

カテゴリーまとめはこちら:妖怪アパートの幽雅な日常

小説家・香月日輪×漫画家・深山和香がタッグを組んだ「妖怪アパートの幽雅な日常」は、妖怪たちと一緒に住むことになった1人の高校生・稲葉夕士を中心に描かれたファンタジー作品です。その中で登場するキャラクター・一色黎明は、主人公がアパートに訪れて最初に出会った住人。その姿からは想像できない一色聡明の魅力を探ってみました!

記事にコメントするにはこちら

「妖怪アパートの幽雅な日常」とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

小説家・香月日輪先生の「妖怪アパートの幽雅な日常」は、児童文学として講談社から2003年から2013年まで連載されていた作品です。本編が10巻、外伝として1巻、合計全11巻にもわたる小説は、2004年に第51回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞しました。

2011年から講談社「月刊少年シリウス」で漫画家・深山和香先生の作画で連載され、シリーズ累計で500万部以上を売り上げる大ヒット作品となります。2017年07月には深夜アニメ枠「あにめのめ」でアニメもスタート。好評につき、2017年10月からは第2期がスタートすることになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

主人公の高校生・稲葉夕士は、中学1年生の時に両親を事故で亡くし親戚の家で居候生活をしていました。高校に入学すると同時に寮生活もスタートさせる予定が、寮が火事にあい途方にくれます。

そこで誰かに導かれるようにある不動産へ行き、紹介されたのが人間と妖怪たちが共存しているアパート「寿荘」でした。

こちらの記事もチェック!

「妖怪アパートの幽雅な日常」一色黎明はどんなキャラ?

一色黎明は、夕士が寿荘に住むことになって出会った最初の住人です。職業は詩人で童話作家で年齢不詳、簡単に描かれたような容姿では想像できないほど、執筆する作品は耽美でグロテスクと表現されています。

夕士は、以前大親友の長谷泉貴から借りて読みファンになった作家でした。特に著者近影の写真が作品とはかけ離れて印象的だったと語っています。その著者近影の姿のまま現れたので夕士を驚かせました。

寿荘に住んでから十数年という黎明は、どんな妖怪や幽霊が現れてきても冷静な対応をみせています。悟ったような冷静な態度は、十数年の間に様々な出来事が多々あったからだと想像できますよね。

仕事をしている姿はほとんど見ることのない黎明は、普段から甚平姿と少し懐かしい格好を好み、よくホウキを持って庭を掃いています。寿荘でする宴会が何よりも楽しみで、ビールからワインまで幅広いお酒を顔色一つ変えることなく呑んでいました。

黎明本人は寿荘ではまだまだ新人の部類だと言っていますが、どの住人にでも分け隔てなく接するので寿荘で一定の地位はあるようです。夕士が引っ越してきてから、兄のようにアドバイスをし、よき理解者となっている黎明を好きなファンが多くいるのはよく分かります。

一色黎明の魅力1:ミステリアスなバックボーン

職業は詩人で童話作家ということは明らかにされていますが、どうして妖怪アパートの寿荘に住むことになったのかは分かりません。童話作家として本は出版していますが、その後執筆活動はどうしているのか、その際の担当編集さんとのやり取りはどうしているのかは描写されていませんが、どうやら締め切りがある執筆活動はしている様子

また過去にサイン会を開いた時に、熱烈な女性ファンに包丁で切りつけられたことから、ある程度売れている童話作家なのではと思われます。本人は、笑い話にしていましたが驚くべき体験をしていますよね。

一色 清弥(いっしき きよみ)

雅弥の父。美術商「黎明苑」の社長。ドイツ人とのハーフで、女性的な美貌の持ち主。母親の家系も美術などの専門家を多く輩出してきた。その家系の伝統として護身術やサバイバル術を身に着けており、喧嘩も強い。生前の秀士郎とも少年時代に面識がある。

女性的な美貌であることをコンプレックスとしていたが、ある時期からそれを逆手にとり、仕事中など、本人曰く「戦闘モード」の時はオネエ言葉で喋る。

清弥と黎明苑は、本作以外の香月作品にも以下の様に何作か接点を持っている。

『地獄堂霊界通信』 – 鳴神流華の父・耕助が黎明苑に勤務。三人悪の一人・椎名裕介もそこに出入りしている。

『全裸男と柴犬男』 – 清弥自身が登場し、とある人物とは「本性は怖いが普段はオネエ系」という共通点をもつ。

『妖怪アパートの幽雅な日常』- 清弥は長谷泉貴の父・慶二とつながりを持つほか、寿荘の住人である詩人・一色黎明の従兄弟である。

出典:https://ja.wikipedia.

さらに黎明は、年齢など細かい詳細はありません。原作者で小説家の香月日輪先生の作品「僕とおじいちゃんと魔法の塔」で登場する一色清弥と親戚関係であると明らかにされています。

清弥は息子・一色雅弥という中学生の子供がいるので、黎明も中学生くらいの子供がいてもいい年齢なのかなとは想像できますが、容姿が年齢不詳過ぎるので、本当のところはかなり上の年代なのか、夕士と近い年齢なのか分かりません。やっぱりミステリアスなキャラクターです

あなたにおすすめ記事

Pages

1 2 3

記事にコメントするにはこちら!