【艦これ】劇場版は絶望しか無い!?あらすじとネタバレを紹介!

人気すぎて人生に支障をきたす提督続出!?【艦これ】の劇場版はチェックしましたか?轟沈した如月の帰投と深海棲艦の真実…艦娘たちが戦っていた相手とは…

艦隊これくしょん、通称【艦これ】とは

ブラウザゲームから火がついて、TVアニメ化・劇場アニメ化!勢い衰え知らずの【艦隊これくしょん】通称、艦これは正に“男の夢”を叶えてくれる…かもしれない、特殊かつマニアックな設定が魅力の作品です!
たまに【戦コレ】と間違えられたりしますが艦隊これくしょんで、艦これです!(笑)どんな風にマニアックなのかというと…女の子×戦艦=艦娘(かんむす)、この時点で「???」な人は、旧日本軍の戦艦たちを学ぶことから始めたほうが良さそうです。
と、言っても並々ならぬ種類と役割の羅列は見慣れない人にとっては、どれも同じものに見えてしまいますよね…もちろん筆者もその1人:Dこれだけは抑えておきたいというポイントをあげるならば…大和はやっぱりかっこいいです。

人気の理由は第2次大戦で活躍した戦艦達の「提督」になれること?

戦艦達…というよりは、艦艇と言った方が正しいかもしれませんが、可愛らしくなりミリタリーに詳しくない方も一度は聞いた事があるであろう「長門」や「大和」なども勿論登場します!プレイヤーは彼女たちに指示を出す「提督」としてストーリーをすすめるのがブラウザゲームの【艦これ】
なぜ爆発的ヒットに繋がったのか…という点については今までにない“艦娘”という人なのかそうじゃないのか艤装を装備した女の子達…それも100人以上登場して全てにボイスが与えられているという部分が関係しているように感じます。それにくわえ、操作とゲーム性は非常にシンプル!
新規プレイヤーの制限までされている噂の【艦これ】を早くプレイしたくてたまらない!なんて方も大勢いのではないでしょうか!ミリタリー×萌えの相性は非常に良いのも謎ですが、どうして人気なのか?それはやっぱりゲームをプレイするのが早いかもしれません:D

こちらの記事もチェック!

【艦これ/劇場版】はTVアニメの続きから

さて、それでは【艦これ/劇場版】のあらすじに移りたいと思います。艦娘たちの拠点である“鎮守府”の存亡をかけ双方が激突した『MI作戦』が成功に終わり、新たに南方の海域へと進出…しかし、そこで彼女たちを待ち受けるのは真っ赤に染まった海と残酷な真実でした―…。
冒頭では、海底へと沈んでいく吹雪の姿が…彼女は轟沈されてしまったのか?一体なにが起きているのか?と、突然びっくりするような始まり方…すでに不穏な雰囲気を感じます…。そして、劇場版では如月にスポットが当てられますが…
彼女のファンである提督には見るに耐えないシーンも少なくはないので、観覧注意とさせていただきます。TVアニメでも多くの提督が泣いた通称、如月ショック…まさか3話で如月があんな事になるなんて…劇場版の如月に待ち受ける運命も、また残酷!

あらかじめTVアニメ版をチェックすると分かりやすい!

ですので、もし時間に余裕がある方は劇場版を見る前にTVアニメ版の【艦これ】をチェックすると、ストーリーは分かりやすいかもしれません:Dアニメ3話の悲劇から、まさかの復活(?)をとげた如月の姿に倍興奮できること間違い無し!
そして、TVアニメと劇場版のクオリティの違いというのも双方を見ると歴然!ややTVアニメ版の【艦これ】は大きく期待された分、ゲームをプレイしている層からの評価は、やや残念だったというのが目立っていたようです。
理由はさておき劇場版では格段に鋭さが増した【艦これ】!あらすじを紹介する前から言うことではありませんが、戦闘シーンは鳥肌モノでした!

【艦これ/劇場版】ネタバレ1 アニメで轟沈したはずの如月が帰投するが…

血の色のように染まった海が広がる南方海域、そして浮かび上がってきたのは…轟沈したはずの「如月」。夜戦を終えた艦娘達は、如月の発見と共に奇妙な声を聞きます…悲しげな声で「カエリタイ…」と。
声の正体は分からず、何人かの艦娘達は不安になる中で吹雪だけは無意識の内に声へ“応えて”いました。まるで声の主をかを安心させるように―…。そして夜があけて前線基地へと戻った吹雪たち…如月を発見したと朗報を受けた睦月は取り乱しながらも喜んでいましたが、如月は軽い記憶障害になっている様子…一体、如月に何が起きたのでしょうか?
TVアニメ3話を視聴した方ならば分かるかと思いますが、劇場版にてやっと「再開」できた如月と睦月!この様子で早くも目頭が熱くなります!しかし、劇場版の【艦これ】で待ち受ける真実はあまりにも残酷なものだったのです…!

【艦これ/劇場版】ネタバレ2 深海棲艦は「元艦娘」という事実が明らかに

軽い記憶障害を起こしていた如月ですが、異変はこれだけではなく彼女の身体には不気味な痣が浮かび上がっていました。空母の加賀は、如月の身体の痣を見逃さず、これから起こりうる事と、艦娘達が戦っている深海棲艦たちの正体を知っている様子。
深海棲艦…艦娘達でなければ、倒す事が出来ない人類の脅威、その正体は“轟沈された艦娘”だという真実が語られ、ストーリーは恐ろしいほどにシリアス路線へと突入…。この設定は、あくまでも劇場版で明らかにされたもので、ゲーム・TVアニメ版とは異なる部分!他の関連作品内では詳しくは言及されていない存在なので注意!
しかし、どうして加賀は深海棲艦の正体を知っていたのか?それは、彼女自身の過去に関係するようですが…

【艦これ/劇場版】ネタバレ3 加賀は元轟沈艦で「深海棲艦」だった過去を持ち吹雪も…

加賀は、以前轟沈されて深海棲艦となり“その姿のまま”轟沈させられて、元の艦娘(加賀)と姿を変えた経験の持ち主。僅かながらに深海棲艦の時の記憶も持ち合わせ、彼女らと敵として見合うと訴えかけてくるものがあると…。
赤城と対なす加賀が轟沈の経験があることにも驚きましたが、加賀だけではなく物語が進む内に特型駆逐艦の吹雪も、過去の記憶が曖昧で轟沈していた事が判明します。南方海域に進んだ艦娘たちを待ち受けていた「赤い海」
この海に必要以上に繰り出すと艦娘たちは艤装に支障をきたしていましたが、なぜか吹雪だけは赤い海の影響を受けず…不気味な海域の名称は“アイアンボトム・サウンド”と呼ばれています。もしも、史実に詳しい方ならば、吹雪・アイアンボトム・サウンドという2つのキーワードで「何か」が閃くかもしません。

【艦これ/劇場版】ネタバレ4 如月の身体に変化が!「深海棲艦」化している…?

轟沈していたと思われていた如月が発見され、帰投した事で姉妹艦の睦月はとりわけ喜んでいたようですが、如月本人は加賀の深海棲艦云々をこっそりと聞いており、自身の身体に広がっていく痣の恐怖とこれからやってくるであろう最悪の事態に震えます。
痣を消そうと必死に水で身体をこする如月の姿を見るのは、中々に辛いものがあります。如月好きな提督(プレイヤー・ファン等)には堪える場面かと…。繰り返してしまいますが、TVアニメ3話にて、まさかの轟沈となった如月…無事に帰投した劇場版でも悲しいものになってしまうのか!?
次第に身体の痣は広がり、大切にしていたの髪は白い色へと変化して…額に角まで…その姿は紛れもない深海棲艦。

【艦これ/劇場版】ネタバレ5 吹雪も轟沈の危機が迫る!“艦娘の希望”とは…

広がりつつある赤い海の侵攻を食い止めるのと何が起きているのか…それを確かめる為に吹雪を中心として、それぞれの艦娘たちに出撃命令が下ります。如月を残し、赤い海へと向かった彼女たち…しかし、戦況は大和すら大破する程の分が悪いもの。
謎の声の発生源、アイアンボトム・サウンドの中心部はポッカリと大きな穴が空き、吹雪を誘っているかのようにも見えます…そして飛び込んでいく吹雪、そこで待っていたものは「もう一人の吹雪」でした。

【艦これ/劇場版】ネタバレ6 本当の意味での帰投…おかえりなさい如月

さて、体中に痣が広がり遂に深海棲艦となってしまった睦月…彼女がどうなってしまったのかというと、出撃した睦月たちの前に現れました。その時、大和は大破して睦月も轟沈寸前の大ピンチ!現れた如月(深海棲艦)は、睦月たちを守るために敵を一掃します。
如月は姿かたちを変えても、その心は「艦娘」だったのです!しかし、加賀の話しによれば轟沈→深海棲艦になる→また轟沈→艦娘になるという流れだったので、如月が元に戻るには睦月たち艦娘が手をかけなければいけないという事。

しかし、吹雪がアイアンボトム・サウンドの中心部に趣き、もう1人の自分と対峙して彼女を“受け入れた”瞬間、深海棲艦たちは救われたかのように浄化を開始…もちろん如月も…。深海棲艦となっても、如月の意識はしっかりとしており、消え行く中で睦月に残した言葉が…。
『大丈夫…必ず帰るから…』そう残し消えていく如月…二度に渡り如月を失ってしまった睦月…腕の中で消えていく如月の言葉はとても辛かったでしょうね~浄化されるという今までとは違う意味での深海棲艦の消滅、それでも帰ると残した如月の言葉を置いて物語は終わります。
『ここで終わりなの!?如月どうなるの!?』そう言いたい方もいるでしょう!しかし“ちゃんと最後まで”見てください、最後!そう、エンドロールの後のことです!

TVアニメよりも格段にパワーアップした劇場版の迫力に痺れる!

赤い海は消え去って、深海棲艦たちは悲しみと負の連鎖から浄化…され一見ハッピーエンドじゃん!と、言いたい所ですが…如月のことは放置なのか?やはりTVアニメ版と同じく不運な艦娘としてのポジションだったのか?
と、非常にモヤモヤしましたが、やっぱり映画は最後までちゃんと見るべきだと【艦これ/劇場版】で再認識した次第です:D戦闘シーンもさる事ながら、兎に角映像が美しかった…!と、同時にアイアンボトム・サウンドでの吹雪の一件などは、史実を知る人なら2倍は楽しめそうですね!

TV版をよく見てみると、最終回に睦月の髪飾りが唐突に海に浮かんでるシーンがありましたが、これは劇場版への布石だったのかもしれませんね。吹雪・如月・睦月を中心としたストーリー展開ですが、意外と加賀・瑞鶴の2人が好きな方たちにもオススメの劇場版!
艦隊これくしょん、略して【艦これ】是非、大戦中に活躍した艦艇達の魂を受け継いだ女の子の活躍をご覧下さい!

こちらの記事もチェック!