【響け!ユーフォニアム/傘木希美】第二期のキーパーソンを6つの魅力で紹介!

「響け!ユーフォニアム」は吹奏楽部を舞台にした高校生たちの青春ストーリーです。アニメ化され女の子たちの可愛さで人気が爆発しました。この作品のアニメ「響け!ユーフォニアム」第2期で登場した傘木希美も可愛いキャラクターの一人。キーパーソンである傘木希美の魅力的なポイントを紹介しちゃいます!

『響け!ユーフォニアム』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

2013年に小説家・武田綾乃先生が執筆した「響け!ユーフォニアム」が宝島社文庫で出版されました。この「響け!ユーフォニアム」は、武田さんの吹奏楽部としての体験をベースに描かれた作品です。第1巻である「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」が発表されると、2014年には漫画版の連載が決まりました。
2015年には「中二病でも恋がしたい!」「けいおん!」などの大ヒット作を生んだアニメ制作会社・京都アニメーションでアニメ制作が決定します。深夜アニメとして放送された「響け!ユーフォニアム」は大好評の中終了し、2016年には「響け!ユーフォニアム2」として第2シーズンが放送。

出典:https://www.amazon.co.jp

これまで「高校の吹奏楽部」をテーマにした作品はほとんどなかったため、吹奏楽部で毎日部活動をしている学生や、過去に所属していたという吹奏楽部出身の人たちには「あるある!」という場面が多く盛り込まれたことで高い評価を得ています。
また、2017年04月には「劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~」が第1シーズンの総集編として公開されました。2017年9月には「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」が第2シーズンの総集編として劇場公開されています。
「響け!ユーフォニアム」シリーズは、2018年にも2作品劇場版制作が発表され、注目されているアニメ作品の一つとして挙げられることが多くなってきました。

2018年公開「リズと青い鳥」

2018年の新作映画の一つは「リズと青い鳥」で、傘木希美と鎧塚みぞれが主役として出演することが決定しています。第2シーズンで登場し、前半こそ2人は活躍しましたが、問題が解決するとほとんど活躍する登場シーンがありませんでした。
「けいおん!」を手掛けた監督・山田尚子さんが担当。楽器と女の子たちのコラボレーションを描く作品にはぴったりの監督だと思います。
希美とみぞれのファンは、登場シーンが少なく寂しい思いをしたのではないでしょうか。まだ詳細は明らかになっていませんが、2人のファンは必見の映画となりそうですね!

『響け!ユーフォニアム』あらすじ

第1シーズン

出典:https://www.amazon.co.jp

北宇治高等学校の吹奏楽部は、顧問に教師・滝昇が新しく赴任します。「これからの方針として、楽しく過ごしたいのか、全国大会を目指したいのか?」と問われる部員たち。多数決で全国大会を目指すことになった吹奏楽部でしたが、1年前に多数の部員が退部してしまうというトラブルが起こっていました。
そのため新入生以外の2年生と3年生は、反発するばかりで前向きではありません。新入生で主人公の黄前久美子は、中学時代に吹奏楽部で先輩を抜かして選ばれてしまい、ひどく八つ当たりをされた経験があり、練習も躊躇してしまう日々が続きます。
そこで上手い演奏をする高坂麗奈と出会い、気持ちが徐々に変化し始めてきました。滝先生の指導によって、部員たちは全国大会へ向けて練習に対する気持ちが前向きになり、とうとう全国大会の前哨戦の予選突破を果たします

第2シーズン

出典:https://www.amazon.co.jp

第2シーズンでは、し烈なライバル争いなどはありましたが、部員たちの結束が固まりだし吹奏楽部内がとても良いムードになっていきます。ある日、全国大会へ向けて夏休み返上で練習してる吹奏楽部に1人の2年生の女子生徒・傘木希美が登場。
復帰したい」と訪れた希美に対し、副部長の田中あすかを始め、他の先輩たちの反発がひどく、久美子たち新入生は疑問に思い始めてきました。第1シーズンでは2年生たちが語らなかったことで、ほとんど真相がわからなかった大量退部事件
希美が現れたことで、徐々に久美子たち1年生にも全体像が見えてきました。そこでこれまで登場してきた副部長・田中あすかや、当事者の2年生・中川夏紀や吉川優子などの吹奏楽部部員であるキャラクターたちの気持ちが明らかにされていきます。

『響け!ユーフォニアム』のキーパーソン・傘木希美とは?

プロフィール

傘木希美は北宇治高等学校の2年生。誕生日は12月03日で射手座、血液型はA型で身長は女の子では平均的な159cmです。黒い長髪をポニーテールにしているのが特徴的で、吹奏楽部の強豪中学と言われていた市立南中吹奏楽部の部長という責任ある立場にもついたことがありました。
新入生だった1年の時に大量の退部問題が発生、希美は退部をしてしまいます。それ以後吹奏楽部に所属しているメンバーとは一線を介しているようです。その後第1シーズンの最終話で行われた京都府吹奏楽コンクール当日に、観客席で吹奏楽部の優れた演奏を聴いてもう一度復部して力になりたいと思い始めました。

第2シーズンの第4話のみぞれとのシーンでは、希美本人がコンクールを観に行ったと話しています。その時に初めて、第1シーズンの最終話で観客席にいた女の子が希美だったと知った視聴者も多かったと思われます。
少し映っただけでしたが、もしかしたら第2シーズンの制作が決定していて、その伏せんとして制作側が希美を登場させたのかもしれません。

性格は明るく社交的

性格はとても明るく社交的で、友達もかなりいる様子がストーリーの中でも語られています。真っ直ぐな性格で思い立ったら熱い気持ちで問題解決に奔走する部分も持っていることからトラブルに巻き込まれることが多いキャラクターです。
京都吹奏楽コンクールで一体感のある演奏を聴いた希美は、もう一度吹奏楽部に戻りたいと願い行動に移します。滝先生に「復部したい」と願い出れば可能なはずですが、副部長の田中あすかやオーボエ担当の鎧塚みぞれなどの許可を得てから復帰したいと願っていました。
自分も全国大会に出場したいという邪推な気持ちではなく、「サポート役として何か手伝えることはないか」という気持ちからの復部希望でした。1日も早く復部したいけど、筋をきちんと通したいという、希美の義理堅い性格が表現されているエピソードだと思います。

『響け!ユーフォニアム』傘木希美の魅力1 吹奏楽部では「フルート」を担当

吹奏楽部で希美が担当しているのはフルートです。明るく、優しく、暖かで、繊細な旋律楽器として有名なフルートは「楽器の女王」とも呼ばれています。明るくて友達の多い希美が、このフルートを選んだのは必然だったのではないでしょうか。
吹奏楽部の強豪校として有名な南中学時代からずっとフルート一筋の希美は、親に頼み込んで自前のフルートを持っています。南中学時代にコンクールで金賞を逃したことから、北宇治高校の吹奏楽部に入部してからさらにフルートの練習に励みます。

主人公の黄前久美子は、希美が学校内でフルートの練習をしていた時に「南中のフルートの音だ」と音色だけで識別しています。それだけ希美のフルートの音色は確立し、実力者だと考えられますよね。
第1シーズン、第2シーズン共に希美が吹いているシーンでフルートは登場しますが、フルートがコンクールで活躍しているシーンはほとんどありませんでした。是非別の機会でフルートの魅力が活かされているシーンを観てみたいと思います。

『響け!ユーフォニアム』傘木希美の魅力2 吹奏楽部を退部した理由

大量退部事件

あるエピソードでは、久美子と同じユーフォニアムを担当している高校2年生の中川夏紀が大量退部事件の話を始めます。夏紀の回想シーンでは、やる気のない先輩部員に対しても声を荒げて抗議した何人かの部員がいます。部員の先頭に立ち、先輩たちに抗議しているフルートを持ったポニーテールの女生徒が登場。
この女子生徒は、目線は隠していますが希美だと想像できます。コンクールが近いのに、練習をしない先輩たちの姿をみて希美や一部の部員が練習をしようと抗議するも聞き入れてはもらえません。

その当時、コンクールなどに出場できるのは実力とはまったく関係がありませんでした。上級生から順番に出場できる年功序列制だったため、練習をしなくても先輩たちが出場できるのは確定していました。そのこともあり先輩たちはさらに練習をしなくなり、抗議をした希美や部員たちを無視したりと、いじめ問題にまで発展していきます。
いじめ問題に発展したことで、希美は堪忍袋の緒が切れて退部をしてしまいました。自前のフルートを持つほど熱心に、吹奏楽に取り組んでいた希美が辞めるほど当時の吹奏楽部はすさんでいたんですね。

『響け!ユーフォニアム』傘木希美の魅力3【ネタバレ】副部長・田中あすかとの関係

拒絶するあすか

希美が一番許可をもらいたいと思っているのが、吹奏楽部の副部長・田中あすかです。「わたし、部活に戻りたいんです!」と願い出る希美に対してはぐらかすあすか…。
それでも食い下がる希美に、あすかはコンクールを控えた吹奏楽部に希美が戻ってくるのは反対だと打ち明けます。冷たく突き放すあすかですが、実はオーボエ担当の鎧塚みぞれが、希美のことを見るだけでも拒絶反応が強く出てしまうことが理由の一つとしてあります。
コンクール前に、唯一のオーボエ奏者であるみぞれを刺激したくないという思いからだということが後に判明。いつもはおちゃらけているあすかですが、部内の信頼が厚く副部長になる理由が少しだわかってきた感じがしますよね。

あすかの本当の気持ち

希美とみぞれが直接対面した時に、みぞれはその場から逃げてしまいます。大事にしていたオーボエを置いて逃げたことで、あすかはそれを届けるように希美に指示を出しました。批判的だった立場のあすかが、仲直りのきっかけとなるエピソードで明らかになった本当の思い。
実はあすかは希美が退部する時に止めた人物で、熱くなっていた希美に我慢していれば、先輩たちは卒業するのでつらい時期を乗り切るよう諭していたのです。
突き放した言い方でしたが、希美の吹奏楽に駆ける情熱をくだらない部内のトラブルで失わせてはいけないとあすかなりに考えていたのだと思われます。復部をあすかの許可なしにできないという希美の姿勢は、あすかの気持ちを汲んでのことなのでしょう。

『響け!ユーフォニアム』傘木希美の魅力4【ネタバレ】ワケあり!?鎧塚みぞれ

オーボエ担当の鎧塚みぞれとは友達関係だったのですが、吹奏楽部を退部した後は話もしない仲となっていました。京都吹奏楽コンクールに観に行った時に、久しぶりにみぞれの演奏を聴いてキラキラしていてかっこよかったと感想を述べています。
希美は吹奏楽部に復部できたらまたみぞれとも仲良くしたいと考えていました。みぞれは、希美が自分に黙って退部したことから、友達じゃなかったんだという感情を爆発させていて、希美の演奏を聴くだけでも吐き気を覚えています。

久しぶりに会ったみぞれに、普通に接する希美の様子は、避けられているとはまったく感じていない天然っぷり。周りがハラハラするのをまったく察することなく、以前と同じように接していきます。
実は、中学の頃からみぞれのオーボエが大好きだったと語る希美。一生懸命にオーボエを練習みぞれに気を使って、退部のことは言わずにいたというだけのことだったのです。
誤解が解けたとはいえ、退部後落ち着いたら言えばよかったのでは?とも思いますが、また新たな友情の始まりを予感させますよね。

『響け!ユーフォニアム』傘木希美の魅力5【ネタバレ】中川夏紀とは傷を分け合う仲?

中川夏紀は吹奏楽部の2年生で、大量退部事件の当事者の立場でもあります。希美は志半ばで退部という形を選びましたが、夏紀は退部することなくやる気のないまま部員としてい続けていました。
滝先生の全国大会を目指すという方針には最初は乗り気ではありませんでした。同じユーフォニアムグループに所属した久美子のひたむきな練習態度や、部内に一体感が生まれたことから、夏紀も次第に練習に励むようになります。
復部したい希美の相談相手として、吹奏楽部と希美の間に立って橋渡しの役目を始めます。みぞれのためを思って反対意見を貫いていたあすかに、希美と一緒になって頭をさげ続けたのも夏紀でした。
結局は希美の天然っぷりが炸裂したので、橋渡しとしてはあまり機能しませんでしたが、希美の精神的な支えとして活躍したのには間違いありません!

『響け!ユーフォニアム』傘木希美の魅力6【ネタバレ】吹奏楽部復帰はいつ?

復部後の初仕事

希美の念願だった吹奏楽部への復部は、みぞれとの問題解決後、全国大会へ挑むための関西大会当日。吹奏楽部の選抜に選ばれなかった部員たちのサポートメンバー「チームもなか」として参加が叶います
緊張するみぞれに「ソロ頑張ってね」と心からのエールを送る希美。吹奏楽部復部しての晴れ舞台は、舞台に挑んでいく仲間たちのために舞台のカーテンを開くことでした。
「吹奏楽部のサポートをするために復部したい」と言っていた希美の念願が叶った瞬間となります。きっと吹奏楽部部員たちがその役目を希美に任せたのだと分かる良いエピソードですよね。

希美はサポートのまま?

全国大会も無事に終えて、希美もチームもなかの一員としてサポートをしながらフルートの練習も参加していきます。2年生の新役員を決める会議にも参加し、少しずつ一員として溶け込んできた感じが出てきました。
みぞれとの問題が解決した後は、あまり登場するシーンはありません。原作の小説では、問題解決後、練習する時の学生指揮者を担当。推薦なのか立候補なのかは明らかになっていませんが、どちらにしても部員たちに認められての選出なのだと思われます。
第2シーズンの最終回の3年生の卒部会では、1・2年生だけで演奏を披露した時の指揮者として登場したのも、原作の小説に沿ってのことだったと考えられますよね。第1シーズンの最終回でも登場した希美ですから、もしかしたらまた第3シーズンの伏せんとしての意味合いがあるかもしれません!

『響け!ユーフォニアム』傘木希美の魅力7 声優の東山奈央さんもすごい!

出典:https://www.amazon.co.jp

真っ直ぐで熱血漢の吹奏楽部員・傘木希美役には声優の東山奈央さんが演じています。2010年に放送されたアニメ「神のみぞ知るセカイ」中川かのん役でデビューはたし、「きんいろモザイク」の九条カレン役など人気作品に出演しています。
新たに第2シーズンから参加した東山さんは、希美と同じフルートを吹いていた時期があり、親近感が湧くと希美の誕生日にツイッターで語っていました。また2018年04月21には希美とみぞれを中心にした映画「リズと青い鳥」の公開が決定したことが発表されました。
まだ詳しい詳細は発表されていませんが、東山奈央さんが希美役として登場するのは間違いなさそうです!どんなストーリーになるのか今から楽しみですよね。

『響け!ユーフォニアム』傘木希美はとっても魅力的な女の子だった

真面目で、一度決めたらすぐ行動に移す熱血漢の傘木希美。その性格のため、誤解されることも多々あり、友達だった鎧塚みぞれとは長い期間疎遠となってしまいました。
誤解も解け、無二の親友となったみぞれとの関係も必見ですが、あすかは当初「希美は部にとってマイナスにしかならない」と言っていました。しかし、希美の吹奏楽への熱い情熱は、北宇治高等学校吹奏楽部にとってプラスに働いたと思います。
第2シーズンでの活躍は少しだけでしたが、2018年に公開される映画「リズと青い鳥」でどんな希美が観られるのか楽しみでなりません。
響け!ユーフォニアム2 2巻 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2017-01-18)
売り上げランキング: 14,265