【響け!ユーフォニアム】鎧塚みぞれの百合百合な尊さを4つのポイントで語る

高校の吹奏楽部をテーマにした「響け!ユーフォニアム」は、アニメ化された人気作品です。その中でも儚く尊さ爆発のキャラクター・鎧塚みぞれは、同性の女性たちの百合百合心をくすぐられる存在として登場。なぜ鎧塚みぞれは百合百合心を刺激するのか、4つのポイントから紐解いていきたいと思います!

『響け!ユーフォニアム』とは?

出典:https://www.amazon.co.jp

小説家・武田綾乃が2013年から執筆している「響け!ユーフォニアム」は、宝島社文庫から出版されています。吹奏楽部に所属していた、武田先生の体験談をベースに執筆されたシリーズは、吹奏楽部経験者に高い評価を受けました。
第1巻が出版された直後に漫画家・はみ先生で漫画化が決定します。2015年には、ガールズバンドをテーマにし、大ヒットをした作品「けいおん!」を手掛けた京都アニメーションが制作するアニメ化も放送決定。深夜アニメとして「響け!ユーフォニアム」が放送されました。

出典:https://www.amazon.co.jp

翌年2016年には「響け!ユーフォニアム2」として第2シーズンが放送されます。これまで漫画や小説のテーマとして描かれたことが無かった「吹奏楽部」は、原作者・武田先生の体験が活かされた作品になっています。
また、小説を執筆するにあたり、ある高校へ行き吹奏楽部を取材したことで「吹奏楽部あるある」がより現実味を帯びて描かれたことも人気の一つとなっています。

『響け!ユーフォニアム』あらすじ

出典:https://www.amazon.co.jp

架空の高校「北宇治高等学校吹奏楽部」は、やる気のない部員が多い部活として活動しています。そこへ新入生で主人公・黄前久美子たちが入部してきました。それと同時期に吹奏楽部の新しい顧問・滝昇先生も加わることになります。
滝先生の提案で、今後の方針を多数決で決めることになりました。結果「全国大会を目指す」ことになり、部員たちは不満もありましたが日々練習していきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

厳しい滝先生の指導で、前哨戦となる予選大会を突破。徐々に部員たちが全国大会へ向けて意識が向いていく中、1人の女子生徒・傘木希美が吹奏楽部にやってきます
予選大会を観客席で観ていた希美は、副部長・田中あすかに、もう一度吹奏楽部に復帰したいと願い出ますがあすかは聞き入れません。あすかの頑なな拒否反応は、前の年に吹奏楽部に巻き起こった「北宇治高校吹奏楽部大量退部事件」との関わりがあることからでした。

避けては通れない「北宇治高校吹奏楽部大量退部事件」

出典:https://www.amazon.co.jp

北宇治高校の吹奏楽部で起こった当時の部員による「北宇治高校吹奏楽部大量退部事件」は、ある一部の後輩グループが、練習をしない先輩たちに抗議をしたことが発端となります。北宇治高校の吹奏楽部は、代々年功序列でコンクールに出場できるルールでした。
先輩たちは練習をしなくてもコンクールに出場ができることができるため、後輩たちの抗議を聞き入れません。練習しないままの先輩たちは、当たり前のことを言った後輩グループに対して無視をするなどのいじめ行為を働き始めました
いじめ問題まで勃発した吹奏楽部内は険悪なムードになり、当時1年生だった吹奏楽部員が大量に退部届けを提出していまいます。残ったのは小人数になり、顧問の滝先生、久美子たち新入生が入ってくるまで、全国大会を目指そうと考える雰囲気は無くなってしまったのです。

こちらの記事もチェック!

『響け!ユーフォニアム』鎧塚みぞれとは?

プロフィール

鎧塚みぞれは、北宇治高等学校の2年生で07月02日生まれのかに座。身長は154cmと小柄で存在感が薄めの女の子です。吹奏楽部で唯一オーボエを担当し、携帯音のゲームが好きで、特に音が無くてもリズムに乗って遊ぶことが出来る特技を持っています。
吹奏楽部の強豪校である市立南中学校出身。目が大きく小柄な容姿から吹奏楽部一の美少女の呼び声も高いみぞれですが、騒ぐタイプではないため存在感が薄めです。
吹奏楽部内で起こった大量退部事件の該当学年として在籍していたみぞれは、部内でもあまり友達がいなかったのと、オーボエの練習をひたすら練習することで参加することなく事件は終了しました

性格は内向的で孤高の人

誰よりも早く来て朝練をしているみぞれは、声がすごく小さく人と関わることに余り興味がない内向的なキャラクターです。「響け!ユーフォニアム」の主人公・黄前久美子はみぞれを初めて見た時にこんな先輩いたっけ?というような感想を述べるくらい存在感がない先輩でした。
退部事件が終了した後には、気持ちも表情に表さなくなり、さらに自分の殻に閉じ篭ってしまいます。ひたむきにオーボエを練習することで、他のことは気にならないのか気にしないようにしているのか明らかになっていませんが、吹奏楽部内の人間関係には疎くなっていきました。

吹奏楽部の練習には必ず参加し、自分の考えを主張することなく淡々とオーボエを吹くことからも、孤高の人のイメージが強く出ているのではないでしょうか。他の同級生である吹奏楽部の部員たちには、一定の距離を持って心配されているのが時々エピソードとして登場します。
コンクール出場に対して、審査員の好みで決まるから私は嫌いと、みぞれの気持ちを後輩の久美子に語るシーン。みぞれは深く関わらず大量退部事件は過ぎ去っていったのかと思いましたが、心の傷となっているのが痛いほどわかるエピソードとなっています。

『響け!ユーフォニアム』鎧塚みぞれの魅力1 オーボエを吹くと人が変わる!?

音色は「美しい女性の声」とまで言われているオーボエは、チューニングが難しい楽器といわれ、一番狭い部分では内径は4mmという息の調整が難しい木管楽器。その難しいオーボエの担当をしているのがみぞれです。
大量退部事件後は、さらに内向的になり、吹奏楽部の顧問滝先生の友人・橋本真博が夏休み限定の指導員としてやってきた時に、オーボエの音色も感情がない機械的な音と評価されてしまいます。自分に自信が無くなってしまったみぞれは、唯一自信があったオーボエでも消極的になってしまったのかもしれません。

性格は淡々としているけど、演奏はすごい情熱的で楽しそうに音を出して感情爆発」と、以前の演奏を聞いていた傘木希美は絶賛していました。希美との関係が修復してからは、橋本にも誉められ、以前にも増して魅力的な音色を奏でるようになり、全国大会でもその成果を発揮。心理状態が音にも出てしまうのが吹奏楽の難しさのでしょうか。

『響け!ユーフォニアム』鎧塚みぞれの魅力2 吹奏楽部の中でもトップクラスにかわいい!

「響け!ユーフォニアム」では、絶対的な吹奏楽部美女として3年生のトランペット担当・中世古香織が君臨しています。第1シーズンでも吹奏楽部内で人気ナンバーワンだった彼女。香織が吹奏楽部美女だとするならば、みぞれは吹奏楽部内でトップクラスにかわいいと思います。
身長が152cmと女子生徒の中でも小さいみぞれは、大人しい性格で特に目立った行動はしません。アニメでは、サラサラの青みがかった髪と、高校生らしいぱっつん前髪。目はくりっとして大きいピンク色で、頬はほんのり赤みがかかっている容姿は、誰が見ても守ってあげたくなる容姿ですよね!

女子からの人気度はバツグン!

男子吹奏楽部員たちはみぞれのことをどう思っているのかの描写はありません。女子吹奏楽部員たちは、主人公の久美子や副部長のあすかを始め、会話はほとんどしないものの何かあると陰ながら応援しています
心を許した人には甘える姿をみせるみぞれは、甘えられた人もメロメロになってしまうくらいのかわいさ!感情を表に出さなくても分かる人には分かる、それがみぞれのかわいさですよね。
「響け!ユーフォニアム」のWebラジオ第9回では、みぞれ役の声優・種﨑敦美さんがゲストで登場したことがありました。久美子の大親友でトランペット担当の高坂麗奈役の声優・安済知佳さんからは「みじょれ~!」と大歓声を浴びています。声優たちの中でもみぞれの人気度は高いようで、かわいい愛称が付いているのも女子から人気のあるみぞれならではのエピソードといえます。

『響け!ユーフォニアム』鎧塚みぞれの魅力3 声を演じる声優は種﨑敦美さん!

内気な美少女・鎧塚みぞれを演じているのは声優の種﨑敦美さんです。2012年放送のアニメ「となりの怪物くん」のヒロインの友人・夏目あさ子役を演じました。2017年のアニメ「宝石の国」ネプチュナイト役、「魔法使いの嫁」の羽鳥チセ役など話題作のアニメにも次々出演しています。
第2シーズンを記念して放送されたWebラジオ「響け!ユーフォニアム」に出演した種さんは、みぞれを美人よりも「たれ目の女の子」の印象があったようです。みぞれと希美の見せ場である第4話のシーンをアフレコする日は、頭痛がしたほどのプレッシャーがあったと話しています。
みぞれの気持ちを以前経験したとも語っていた種さんは、みぞれを演じるのに適任の声優さんだったと思います。

『響け!ユーフォニアム』鎧塚みぞれの魅力4【ネタバレ】嫌悪感がある?傘木希美との関係

傘木希美のフルートを聴くだけで嫌悪感

みぞれは、希美のフルートの音色を聞くだけでも嫌悪感が吐き気となって現れます。音色を聞くだけでも希美だと認識できるくらい、一緒に吹奏楽部として練習を重ねてきた2人に深い影を落としている大量退部事件…。
希美が吹奏楽部に復部したいとあすかに打診していることなどは、みぞれの耳には入ってきていません。ただ、みぞれが希美に対してひどく拒絶反応を起こしていることは、あすかや他の2年生たちは知っている様子からして、度々吐き気を訴えてきたのかもしれません。
それだけに、2年生たちの間ではみぞれと希美の話は特にタブー視されていた事だったのだと想像できます。どの立場に立っても、つらい場面といえますよね。

嫌悪感の真実

久しぶりに気さくに話しかけてきた美と対面し、思わず逃げ出してしまいます。それまで1人で過ごすことが多かったみぞれの初めて感情を表に出した瞬間でした。そのエピソードでどうして希美に嫌悪感を抱いているのか明らかになります。
南中学時代にコンクールで金を逃したみぞれと希美は、帰りのバスで「高校で金を獲る」と約束をした仲でした。北宇治高校の吹奏楽部に入部して、2人は大量退部事件に巻き込まれていきます。
いじめまで起きたこの騒動で希美は堪忍袋の緒が切れて退部していきました。その時に一番の親友だと思っていたみぞれは、何も伝えずに退部していった希美に対してショックを受けます。そのことが心の傷となってしまい、希美に対する嫌悪感となって現れていたのでした。

仲直り後のみぞれと希美

誤解も解け本当の親友となったみぞれと希美は、誰が見てもラブラブな関係へとなって行きます。それまで機械的に演奏していたみぞれのオーボエの音色が、感情豊かなものへと変化したことでもわかるのではないでしょうか。
全国大会に出場した時の控え室では、希美のために演奏すると希美の目を見て熱いセリフをつぶやくみぞれに、希美も顔を近づけて答えます。恋人同士のような2人の関係に、思わず久美子と麗奈も触発されてしまう場面もありました。
疎遠になっていた関係が解消されたとはいえ、お互いを支えてくれた優子や夏紀の立場がなくなるくらい2人はアツアツな親友関係を築いています。

『響け!ユーフォニアム』鎧塚みぞれの魅力5【ネタバレ】百合好き必見!他部員との関係

吉川優子からも信頼が厚い

第1シーズンから登場している吉川優子は、先輩の中世古香織が大好きでトラブルメーカーでもあったキャラクターです。優子は、みぞれとは南中時代から吹奏楽部の仲間として一緒に活動していました。
1人で可哀想だから優しくしてくれた、同情してくれたと優子のことを思っていたみぞれ。優子は吹奏楽部の練習がないお盆休みに、夏休みの宿題をするためにみぞれを誘ったりしています。みぞれも愛想がないようにしていますが、断ることなく誘いに乗ったりしているので、優子のことは友人とは思っているようです。

第2シーズンの第4話、みぞれと希美が直接対面したことで騒動が起こります。逃げたみぞれを汗だくで探し出した優子に言った言葉。「楽器だけが私と希美を繋ぐものだから…私には希美しかいないから…」さらには同情心から仲良くしてくれたと言うみぞれに対し、優子はみぞれのかわいい顔を手でぐちゃぐちゃにするくらい怒りを表します。
さらに、床ドン!までして自分の存在はみぞれにとって何だったのかと訴える優子。南中学から大量退部事件後まで、みぞれをそばで見てきた優子だからこそ、みぞれは涙を流し本音をぶつけられたのだと思いました。その後希美との関係が修復されていくのですが、優子のみぞれに対する思いが痛いほど感じ取れた神回だったと思います!

田中あすかからも心配をされる儚さ

やっぱりみぞれにとってもはずせない、吹奏楽部のキーパーソン・副部長の田中あすか。希美に対する気持ちを言わない、内向的なみぞれの様子を副部長の立場からきちんと把握し、みぞれを希美から守るようにして立ちはだかります。
ただ立ちはだかるのではなく、みぞれの本音が聞き出せそうな場面ではしっかりと空気を読み取って、希美にみぞれの元へ行かせる用意周到さも。それだけみぞれが吹奏楽部内に影響力がある人物だと言うのもすごいですが、みぞれの儚さを受け止め、みぞれにとって一番良い解決方法は何かと考えたあすかには脱帽です。

『響け!ユーフォニアム』鎧塚みぞれはワケありな魅力の持ち主だった

内向的で感情を表に出さない鎧塚みぞれは、友達の傘木希美が本当に大好きな女の子です。希美が自分に黙って吹奏楽部を退部したと知った時には、オーボエの音色が変貌してしまうほど動揺し、吐き気をおぼえるほど嫌悪感と罪悪感に襲われます。
希美との問題が誤解だと分かった後は、みんなが驚くほどアツアツで百合度満載のみぞれに変化し、オーボエの音色も感情が入って魅力的になりました。普通の女の子より少しだけワケありな女の子ですが、とっても魅力的な人物だといえます。
百合度が増したみぞれと希美を主役にした2018年公開予定の「リズと青い鳥」は、どんな2人が観れるのか今から楽しみにしていましょう!

こちらの記事もチェック!

劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~ [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2016-09-07)
売り上げランキング: 1,597

響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編 (宝島社文庫)
武田 綾乃
宝島社 (2017-10-05)
売り上げランキング: 198