【凪あす/向井戸まなか】ヒロインすぎる!まなかが愛される5つのわけ

2013年~2014年にかけて放送された大人気アニメ「凪のあすから」。海と陸の複雑な人間関係を描くこの「凪のあすから」は、漫画雑誌「月刊コミック電撃大王」(KADOKAWAアスキー・メディアワークス)とP.A.WORKSのコラボレーション企画として生まれました。そんな「凪あす」から、今回は主人公・向井戸まなかをピックアップします。愛される主人公まなかの魅力をたっぷりとご紹介します。

『凪のあすから』向井戸まなかってどんなキャラ?

名作「凪のあすから」

「凪のあすから」は2013年10月~2014年4月にかけて放送された大人気アニメです。多くのアニメは漫画や小説といった原作があり、そこからアニメがつくられます。しかしこの「凪のあすから」は「原作がアニメ」と呼ばれる作品でした。つまり原作が無く、何もかも最初から共同制作により作られたアニメということになります。
漫画雑誌「月刊コミック電撃大王」(KADOKAWAアスキー・ワークス)とP.A.WPRKSのコラボレーション企画で生まれたこのアニメ、原作が存在しないだけに最後まで誰も結末を知りませんでした。衝撃のラストに驚いたファンも多かったのではないでしょうか。

主人公・向井戸まなか

そんな「凪あす」から今回は主人公・向井戸まなかをピックアップします。このアニメでは、序盤みんなにくっついて歩いているまなか、そしてみんなに守られながら生きてきた彼女が成長していく姿をみることができます。みんなに愛されるまなか、その可愛い魅力を徹底的に見ていきたいと思います。
まなかに惹かれる理由は何なのか、そしてこれから「凪あす」を見る人にもお勧めしたいまなかの魅力についてご紹介したいと思います。「凪あす」が大好きな人はもちろん、気になっている人もこれを見ればアニメを見たくなること間違いなしですよ!

『凪のあすから』向井戸まなかの魅力1:まるで妹キャラのような可愛さ

物語序盤のまなかはとにかく周りから可愛がられているキャラです。ドジっ子どこか放っておけない危なっかしい、と周りのキャラから守られて生きています。その姿はまるで妹キャラのようです。そんな守ってあげたくなるまなかの虜になってしまった方も多いのではないでしょうか。
とびっきりの可愛い笑顔を見せられて、自分たちの後ろをくっついて歩くまなか、本当に可愛いですよね。そして第1話では漁をしていた紡に釣り上げられてしまいます。これが後にまなかを変える運命の出会いになってしまうわけですが…。でもこんなドジっ子なところも守ってあげたくなります。

『凪のあすから』向井戸まなかの魅力2:無意識なのにセリフが可愛い

まなかといえばそのセリフがいちいち可愛いことも魅力の一つですよね。幼馴染の光のことを「ひーくん」といっていることももう尊いです。さらに光も心を射抜かれた言葉に「ひーくんはいいの!」というものがありますが、わたしもこの言葉は可愛くて大好きです。
このセリフは、まなかがうろこ様に呪いをかけられ、膝に魚の頭ができてしまったときに言ったセリフです。恥ずかしくて誰にも見せたくないから外に出たくないというまなか、しかし光には見せてこのセリフを言いました。自分が特別な気がしてしまってニヤニヤしちゃいますよね。しかし本人は無意識、本当に可愛くて罪深い女の子です。

『凪のあすから』向井戸まなかの魅力3:初めての気持ちに揺れ動く心境

1話で紡に釣り上げられ、運命の出会いをしてしまったまなか。その瞬間からまなかは初めての感情に悩むことになります。紡のことが気になって気になって仕方ないまなか、そしてその感情が「好き」ということだと気付くまではかなりの時間がかかりました。思春期ならではの感情と複雑な人間関係にドキドキしてしまいますね。
一方でまなかのことが大好きでヤキモチを焼いている光、そしてその光を見てまたヤキモチを焼いているちさき、それに気付いていないまなか、本当に複雑です。しかしそんな感情と戦うのも思春期の特徴ですよね。思春期の子たちをみていると本当に可愛いですよね。「自分もこうだったなぁ」と懐かしくも思います。この思春期ならではの関係もこのアニメの見所です。

そして、最終的にこの恋の行方がどうなるか気になりませんか?まなかの感情はもちろん、光やちさきのことも考えるとうまくまとまりそうもありませんよね。それが最終回になると綺麗にまとまっているのです。みなさんにもぜひこの恋の行方を見てほしいですね。
そして、このまなかの「好き」の感情も後々ストーリーに大きくかかわってきます。まなかが初めて抱いて戸惑う感情、一体この感情がどうなってしまうのか見物です。様々な意味で「揺れ動く」心境が本当に面白い物語になっています。

『凪のあすから』向井戸まなかの魅力4:声優は超有名なあの人!

まなかの声優を担当しているのはなんとあの大人気声優の「花澤香菜さん」です。花澤さんといえば「化物語」シリーズの千石撫子役や「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の黒猫役などでお馴染みの声優さんですよね。ネット上では「ざーさん」の愛称でも呼ばれ、本当に人気のある声優さんです。
そんな大人気声優がなんとまなかの声を担当していました。それは可愛いはずですよね!妹キャラなはずですよね!花澤さんの声はまなかをさらに魅力的にしてくれています。本当にまなかの声が花澤さんで良かったとつくづく思います。本当に「素敵な声をありがとう」と伝えたいですよね。

『凪のあすから』向井戸まなかの魅力5:劇中のまなかは波乱万丈!

おふねひき

「凪あす」の物語は大きく分けて前半と後半の二つに分かれています。前半では特に陸と海の複雑な人間関係を描いていますが、割と日常系のアニメのような印象を受けます。しかしそのまま後半に突入するとまるで別アニメのような衝撃的な展開を目の当たりにすることになるのです。
まずはストーリーの中で描かれている「おふねひき」です。実際のおふねひきは光の姉であるあかりの結婚式と同時に行われました。しかしその当日に渦潮が発生、まなかはその渦潮に飲まれて行方不明になります。その渦潮以降、海の人間は冬眠に入ります。まなかはなんと「おじょしさま」として眠っており、目覚めた後「好き」の感情を失っていました

恋の行方

「好き」の感情を失ってしまったまなか、それをなんとか取り戻そうと光が奮闘します。まなかが感情を取り戻したら紡のところへ行ってしまうかもしれない、でも自分はまなかのことが好きだから…と自分の感情とも戦いながらまなかを取り戻そうと頑張るのです。なんとも男らしい姿ですね。
まなかと光の二人の力で、まなかは「好き」の感情を取り戻すことができます。そして最終的にまなかが好きだったのは…なんと光でした。二人は長い時間をかけてようやく両想いになることができたのです。最初は紡のことが気になって仕方がなかったまなかですが、最期は自分の幼馴染のもとに帰ってきました。

物語のキーはまなか!?アニメは最期まで必ず見るべし!

先ほども述べましたが、「凪のあすから」は大きく分けて前半と後半の二つに分かれています。前半だけ見た人は「なんだよくある恋愛日常ものか」と思ってしまう人も多いかと思います。そして昼ドラ並みにドロドロしているので途中で見なくなってしまった方も多いのではないでしょうか。わたしの周りでも何人か途中で見るのをやめてしまった人がいました。
しかしそれではもったいない!「凪あす」の本番は後半にあります。まさかの展開に、それまで流しで見ていた人も釘付けになってしまうのです。そしてその物語の鍵を握るのが我らがヒロイン・向井戸まなかなのです。あのただみんなに守られていたまなかがどのように成長したのかみなさんにぜひ見てほしいと思います。そして恋の行方も、みなさんの予想を大きく外れた展開になっていると思います。
これから「凪あす」を見ようと思っている人も、前半で見るのをやめてしまった人も、ぜひもう一度アニメを見てみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もチェック!

【凪のあすから】圧倒的透明感で描くジュヴナイル4つの魅力! | festy(フェスティー)

■2013年10月から4月にかけて放送されたアニメ「凪のあすから」、みなさんはこの作品のことをご存知でしょうか。今回はこの作品の魅力についてドーンとご紹介します!ただの不思議日常系では終わらない衝撃ストーリーをぜひお楽しみください。

凪のあすから Blu-ray BOX(初回限定生産)
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-11-26)
売り上げランキング: 26,868

凪のあすから (1) (電撃コミックスNEXT)
前田理想
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 52,187