【シャーマンキング FLOWERS】葉とアンナの息子が主人公!ストーリーを徹底ネタバレ!

名作『シャーマンキング』の続編!葉とアンナの息子が活躍する『シャーマンキングFLOWERS』完結前に知りたい、FLOWERSのストーリーと新生:チームハオの面々を紹介!

正当なる続編『シャーマンキング FLOWERS』とは

独特の世界観と、霊を扱った作品なのにどこかコミカルで怖いのが苦手な方も親しめる作品だった『シャーマンキング』に、続編があった事をご存知でしょうか?そのタイトルは『シャーマンキングFLOWERS』
このタイトル、主人公の外見と持霊…そして、前作の“許嫁”ポジションに立つ女の子などなど…どこか懐かしい雰囲気を感じてワクワクしてきますね!本作は2012年~2015年にかけジャンプ改にて連載され、本誌の休刊と共に現在は一時中断となっている作品です。
前作の『シャーマンキング』も、連載時に無念の打ち切りにあっているのでファンとしては休刊と共に中断された『シャーマンキングFLOWERS』の今後が非常に気になる所!しかし、作者の武井宏之先生によると“再開は情報を待って”というメッセージもあるので、復活の日も近いかもしれません!

所詮“2世漫画”なんて言わせない!

『シャーマンキングFLOWERS』…前作の完全なる続編と発表された本作!気になるのは、葉やアンナなどは前作で活躍していたキャラクター達の「今」ですが、なんとFLOWERSの主人公は彼らの息子、麻倉花!
『キン肉マンII世』『BORUTO』などのように、2世が活躍する作品は、親世代のファンも楽しめる二度美味しいものですが、中には親世代が完璧すぎたために2世主人公にそこまで期待できないなどの意見も…。
しかし!『シャーマンキングFLOWERS』の主人公は、あの麻倉葉と恐山アンナ(旧名)!と、いうことは言わずもがなサラブレッドですよ。勿論才能はあるものの…「才能がありすぎたせいで」読者が思うような主人公とはかけ離れた人物像。
それは、かつての葉とは違う意味で「人間の友達が1人もいない」様子など、一味違う2世漫画のように感じます!

こちらの記事もチェック!

『シャーマンキング FLOWERS』ストーリー1:葉とアンナの息子「麻倉花」は超問題児

出典:https://www.amazon.co.jp

西東京市ひばりヶ丘…じゃなかった、ふんばりが丘の北外れに佇む情緒あふれる旅館「ふんばり温泉」。かつてを思い出す舞台に、葉とアンナの息子「麻倉花」が住んでいます。そして旅館の女将(代理)は玉村たまお…あの気弱だった、たまお!これまた分かる人には分かる懐かしさ。
板前長と活躍するのは梅宮竜之介こと「木刀の竜」!そんな豪華な環境で暮らす花…でしたが、父親である葉に対してかなりのコンプレックスを感じている様子が描かれています。その理由は、まず花にくだされた「霊禁止令」

出典:https://www.amazon.co.jp

そして、秀でた才能により幼少の頃から憑依合体やO.Sを使いこなすも、同じ境遇の友人もいないまま成長した為に、葉の昔話を聞くと羨ましい反面「自分には何もない」と拗ねてしまうのです。花の年齢は13歳、多感な時期に両親は不在で荒れ放題!
そんな花は、たまおから受けた霊禁止を守るはずがなく自称:二代目木刀の竜との喧嘩に阿弥陀丸を使ったりと、葉とは違う意味で「脱力系」な主人公。

『シャーマンキング FLOWERS』ストーリー2:麻倉本家VS裏麻倉家

さて、前作ではシャーマンキングとなったのは葉の双子の兄であり花の叔父にあたるハオでしたね。面白みのない日常を送っていた花の前に、1人の少年が登場し自体は急変!その少年の名前は「麻倉葉羽」かなりキラキラした名前の少年の正体は平安時代に分裂した麻倉家…
葉王の直系にあたる「裏・麻倉家の一族」!そして、世羽だけではなくその姉の路菓も参戦し花との激しいバトルを繰り広げます。霊禁止を命じられていた花ですが、世羽の持つ持霊は阿弥陀丸と同じく侍の「朧大凶」…彼は生前、新選組の隊士でした。
葉王を蘇らせ、正当な後継者を名乗る裏・麻倉家の面々が花を狙い勝負を仕掛けてくるのですが…葉羽と一戦交えて分かったことは葉羽は「めちゃめちゃ弱かった」という事。以外ですよね、しかし!それには理由がありました。

作品を一言で表す言葉は「中2」

父とは違う意味で「脱力系」の花ですが、時代の流れに伴い『シャーマンキングFLOWERS』に度々出てくる言葉が…それは「背伸びしすぎでちょっとアレな言動をしてしまう人」を指す言葉、中2…!いわゆる中二病です。花に勝負を仕掛けてきた葉羽に向けられた言葉であり
世羽の服装(腕章・手袋)やハオのピアスを眼帯のように右目にかぶせているファッション、また持霊の大凶の「太秦映画村にいそうな外見」などから「中2」とバカにして笑っています:D筆者からしたら花もなかなかの中2に当てはまるような気がしますが…。
他にも「BL」や「二次元」「ラノベ」などなど…「中2」じゃん!ギャハハハハハ!と花がバカにするシーンを見ると、自虐的な要素も踏まえなぜかこちらまで恥ずかしくなる不思議!『シャーマンキングFLOWERS』は時代に正直だ!

『シャーマンキング FLOWERS』ストーリー3:道蓮とメイデンの子供「道黽」が登場!

出典:https://www.amazon.co.jp

なんやかんやあって、裏・麻倉家の葉羽と路菓の戦いは一時休戦となり、更になんやかんやあって同級生となった花と葉羽はなんと親友に!「中2」&「ぼっち」のコンビが出来上がり、なぜ休戦状態になったのかというと、まずは花の許嫁にして「三代目イタコのアンナ」、アルミ・ニウムバーチの登場。
またまた前作に続き許嫁!なんとけしからん!アルミはなんと、パッチ十祭司シルバの娘!シルバの持つ持霊を受け継いだアンナ同様「最恐の許嫁」です。その頃、代理女将にして花の保護者、たまおは…コンチとポンチを連れ葉羽と路菓の父、麻倉葉虚の元へ「カチコミ」をかけていました。
あの「たまお」が、こんなにもたくましくなるなんて…。

そんなわけで、たまおにボッコボコにされたヒキニート葉虚は、葉羽と路菓を学校に通わせる事を約束したわけです。続いて、続々と登場する「チームハオ」の面々。一体何が起きているのかというと、現:神であるハオの事を認められん!と、歴代の神々8人の集まりGOD8の内の3名が声をあげたことにより
自らのシャーマン達による代理戦争をするF.O.M(フラワーオブメイズ)が勃発!チーム戦で行われるF.O.Mへハオを助ける為のチームとして参加してチームのリーダーとなったのは花!しかし、当の花はこの件を何も知らなかったというから、話しが中々先へ進みません。
許嫁のアルミはチームハオの総監督、そして葉羽は親衛隊長!続いて現れた伊吹ガッコは対鬼師団長…そして道蓮の血を受け継ぎ聖少女ジャンヌから生まれた、道

『シャーマンキング FLOWERS』ストーリー4:「 F.O.M 」チームが集結する中、主人公死す!?

最後にチームハオにやってきた最年少メンバー…彼もまた両親の血を色濃く継いだサラブレッド!父のトンガリとは違い、頭の上は「フンワリ」としたものを乗せた少年、道黽(タオ・メン)は、チーム勝利よりも、重要な目的があるようですが…?
黽とのいざこざで、軽く死亡した花ですが『シャーマンキングシリーズ』において、死というのは簡単に片付けられる現象の1つですね(笑)実は花は赤ちゃんの頃にも一度死亡しており、その際に両親の葉とアンナも死亡。ある「条件」を飲む代わりに花をハオにより生き返らせてもらったという事情がありました。
後に起こるであろうF.O.Mを見越したハオから瀕死の状態に出て来る「鬼」を身体に仕込む条件で生き返った花、しかし二度目に死んだ時…蘇生のために出された条件は父親である麻倉葉と勝つこと!?

父を超える…しかしそれは、今の花にとって難しい事!葉に勝てるか?と聞かれた花、その前には“14歳だった頃の葉”の姿が…!「父親を倒すのは俺だ」と燃えていた花にとって、あえて同い年の父親を用意した叔父。
葉には覚えがなく花には覚えがありまくりの、一方的な戦いとなったわけですが…花は父の葉に勝てると思いますか?残念ながら花は葉に勝つことはできませんでした。花は「欠けている部分」に気づけ無い限り、父親を超えることは出来ず。
神々の代理戦争「F.O.M」才能だけじゃ到底勝つことが出来ない戦いが始まる前に、花の事を鍛え直す為にハオが続いて用意した場所…それは「プチ修羅地獄」

『シャーマンキング FLOWERS』ストーリー5:“デスゼロ”桜井少尉!花の新たな持霊か?

出典:https://www.amazon.co.jp

以前、花は操られた路菓の計画により、石化した阿弥陀丸をチームヤービスに誘拐されたことにより現在の持霊はナシ。持霊ではないものの、瀕死の状態になったときに出てくる「鬼」のみでしか戦うすべはありません。しかし、鬼を出す・出るということは花は瀕死の状況に置かれているという事!
G.S内のコミューンの1つ、花いわく「プチ修羅地獄」で死を受け入れず延々と戦い続けていた、日本海軍第309海軍航空隊所属。戦闘801飛行隊の桜井少尉と出会った花は、コミューン内では自由にO.Sを使用出来ることから、桜井少尉を狙うアメリカ軍の亡霊たちと交戦。
どうしてハオが「プチ修羅地獄」に花を送り、桜井少尉と出会わせたのかというと…阿弥陀丸が奪われたいま、桜井少尉を花の持霊にと考えていたようですが平成っ子の花と国の為に激動の時代に生きた桜井少尉の相性はちょっと微妙な感じ…。

そろそろ再開?武井宏之先生のTwitterで気になる発言が!

「プチ修羅地獄」で色々と学んでいたり、学んだいなかったりしていた花でしたが、チームヤービスの鴨川羊介の襲来で別の「場所」へと再び飛ばされた花!今度は一体どこに飛ばされたのか?と、思っていたら…
目の前に現れたのは、またまた桜井少尉!しかし、この桜井少尉…「プチ修羅地獄」の時よりも身綺麗な感じ。そして壊れていない「戦闘機」…花が次に飛ばされたのはペリリュー飛行場だったのです。
と、気になるところで残念ながら掲載誌が休刊となってしまった為、このあとどうなるのかは誰も知らない部分。桜井少尉は花の持霊になるのか気になって気になって仕方ないです!

連載が中断してから2017年現在で早3年…気になる再開はいつになるのか、待ち遠しいですよね!現在3つの連載作品を持つ武井宏之先生ですが、『シャーマンキングFLOWERS』の再開はTwitterの様子をみると、とても意欲的に感じられるのが嬉しいところ:D
多忙の武井宏之先生ですが、気になるTweetが…スタッフの募集と共に花のイラストが!なんとなく深く考えてしまいますが、まだ『シャーマンキングFLOWERS』の再開は明らかになっておらず、まだまだ先になりそうな感じですが完結する事を祈り、今は朗報を待ちましょう!
現在、コミックは既刊6巻であり完結とされていますが再開した際には、タイトルが変更される可能性もありそうですね。そして6巻の最終ページ付近に「みかん」とも取れる描写があるので、気になる方は探してみてはいかがでしょうか!FLOWERSの前身が収録された公式ファンブック『マンタリテ』もオススメです。

こちらの記事もチェック!