【シャーマンキング】ハオはチート級に最強すぎる兄!能力と経歴を紹介

『シャーマンキング』に登場するハオはその強さとカリスマ性から読者を惹きつけてやまない悪役です。強すぎて怖すぎてかっこよすぎるという3つを持っています。それでいてチート級なハオの魅力を紹介します。

『シャーマンキング』麻倉ハオとは?

麻倉ハオは『シャーマンキング』に登場する最大の悪役です。シャーマンファイトの予選後に現れたハオは、何やら意味深な目的を持っており、初登場から気になる存在でした。それが段々と彼の強さや目的、正体が明らかになっていくにつれて、読者を惹きつけていきます。
とにかく強く、怖く、それでいて人を惹きつけるカリスマのようなかっこよさを持った悪役キャラです。そんな彼のまわりには多くの人たちが集まっています。これまで異質であるという理由から人間に虐げられてきたシャーマンたちです。
最強の男のまわりに集まっているのは強者&曲者揃い。それを束ねる男なのだから、ハオには悪役としての強さと魅力があるのです。ゆるふわ主人公の麻倉葉と対をなす存在であり、『シャーマンキング』になくてはならない悪役です。
こちらの記事もチェック!

『シャーマンキング』

『シャーマンキング』は週刊少年ジャンプにて1998年から2004年の6年間に渡り連載されていました。シャーマンと呼ばれる各国の霊媒師たちが自分たちの持ち霊を使ってバトルを繰り広げ、シャーマンの王を目指します。くしくも未完のまま打ち切りとなってしまいましたが、2008年に完全版が発売されてラストが補完されました。
2001年にはアニメ版が放映されています。連載当時のアニメ化ということで、原作とは違ったラストが用意されました。最近になってアニメ版リメイクの話が持ち上がっていましたが、作者である武井宏之の「前作と同じキャストでなければOKは出せない」の一言で残念ながら頓挫してしまっています。いまなお人気のある漫画です。
こちらの記事もチェック!

麻倉ハオの魅力1突然現れた強敵! チートすぎる強さ

ハオはなんといっても強いです。突然現れて、他の参加者たちを雑魚扱いし、只者ならぬわけ知りな雰囲気を出していただけはあります。巨大な炎の精霊を使って相手を魂まで焼き尽くすのです。強いだけでなく、恐ろしいキャラクターでもあります。
そんなハオは魂狩りと称して、対戦相手を容赦なく殺します。時には試合外で相手を襲うこともありました。ハオには手下がおり、その手下もチームとなってシャーマンファイト参加者を襲います
しかもそこらのシャーマンたちでは、太刀打ちできません。彼らにとってハオと手下は脅威です。シャーマンファイト本戦が始まる前から、絶望感を参加者に与えていました。恐怖を振りまく悪役の鏡です。

麻倉ハオの魅力2謎すぎる存在、ハオ組のリーダー

シャーマンファイトを個人戦で予選を勝ち抜いてきた参加者たち。本戦ではチームで戦うことになります。主人公の葉たちも予選で戦ったライバルたちと友となり、チームを組んで挑んでいました。ハオはこのシャーマンファイトのために手下を集めて参戦してきました。
それ以外にも多くの手練れたちがチームを組んで本戦にやって来ます。ガンダーラやX-LAWSなど主人公を上回る使い手たちが、打倒ハオを目標に掲げ、精鋭たちを送り出してくるのです。
しかしそんな精鋭たちもハオ組の前には怯える獲物も同然です。窮鼠の想いで反撃していますが、太刀打ちできません。残虐でえげつない力を持った怪物たちを束ねるリーダーであるハオの凄さがわかります。

麻倉ハオの魅力3主人公、朝倉葉の双子の兄だった衝撃の真実

出典:https://www.amazon.co.jp

そんな恐ろしくて悪の印象を読者に植えつけたハオですが、主人公の双子の兄だったという衝撃の事実があります。主人公の麻倉葉は麻倉ハオの片割れとして生まれた事実を知り、その運命を受け入れました。
そのハオは子供の頃から持ち霊を持っており、朝倉家から立ち去ります。その間にハオは成長し、力を蓄え、手下を取り込んでいました。それからシャーマンの王を決めるシャーマンファイトで弟の葉の前に姿を現したのです。
そして兄弟の因縁の対決は始まります。みんなが楽をできる世界を作りたい葉と、人間を滅ぼしシャーマンの世界を作ろうとするハオの目的は相反するものです。悪役として兄が登場し、兄弟の熱い戦いは始まりました。

麻倉ハオの魅力4その正体は転生し続けるチート級大陰陽師、朝倉葉王

ハオには主人公の双子の兄というだけではなく、もうひとつ驚愕の正体があります。それは1000年前に活躍していた大陰陽師、朝倉葉王だったのです。麻倉家の祖先で、ひとり陰陽道を極めました。
生前に閻魔大王を打ち倒し、契約することで自由に輪廻転生することができるようになりました。1000年前に陰陽師だったハオは500年前のシャーマンファイトでは主催者であるパッチ族に転生して、自身も戦いに参加しています。
そこでハオはいまの持ち霊であるスピリット・オブ・ファイアを手に入れました。シャーマンだけの世界を作るため何度も転生を繰り返すハオは、そのたびに強い力を手に入れ、目標達成に着々と近づいていたのです。

麻倉ハオの魅力5次々と明かされる驚愕の能力

炎の五大精霊スピリット・オブ・ファイア

ハオの持つスピリット・オブ・ファイアはその名の通り、炎を操る精霊です。とにかく巨大で、突然出現しては相手を焼き尽くすその姿はまさに恐怖です。その巨体を活かしてハオを手のひらに乗せて飛ぶこともできるので便利です。
他のシャーマンたちが持ち合わせた媒介に持ち霊を憑依させて武器を出現させるのに対し、スピリット・オブ・ファイアは持ち霊自身が顕現し、炎を引き起こして相手を攻撃します。その媒介は謎とされていましたが、炎が燃えるのに必要な媒介は酸素だということが判明しました。その発現スピードは脅威です。
さらにハオはオーバーソウルの最終形である甲縛式オーバーソウルに辿り着いていますスピリット・オブ・ファイアを鎧として身に纏い自在に宙を呼びまわれるようになってかっこいいです。

極めた陰陽道と五大精霊の相性

ハオは多くの敵を持っており、誰もがその能力の秘密を握ろうと躍起です。スピリット・オブ・ファイアの媒介が酸素であることもすぐに知れ渡ります。しかしそれはハオにとってなんら秘密でもなく、その秘密が知られることも脅威ではありませんでした。
シャーマンファイトの本戦では外の観客に被害が及ばないように、特殊なバリアで舞台が隔離されます。打倒ハオを掲げるX-LAWSのメンバーはハオの野望を阻止すべく、捨て身の特攻攻撃をしかけるのでした。
それはバリアの特性を活かし、大きな爆発で自分たちごと中の酸素を消滅させるというもの。しかしそこにはスピリット・オブ・ファイアの姿が残っていました。「火生土」、「土生金」、「金生水」の特性を活かして火を水に変えてしまったのです。

漫画版ではシャーマンの王となったハオ

ハオの巨大すぎる巫力には誰も太刀打ちできないことがわかってきます。それを葉たちも重々承知で、シャーマンファイトで優勝することは不可能だと悟り、諦めます。そこで選んだのは、ハオをシャーマンキングにすることでした。
その儀式の準備のためハオが少しの間だけ眠りにつくのを狙う作戦です。そこで葉たち選ばれた「五人の戦士」たちは五大精霊を手に入れ、シャーマンキングを守るパッチ族の司祭たちを倒してハオのもとに辿り着きます
それでも葉はハオを救うことを選びます。グレートスピリッツと一体化したハオのもとに母親の魂がやって来ました。そして人類を憎むハオの愚行にビンタを喰らわせ、ハオは穢れていない頃の魂を取り戻したのです。

アニメ版では打ち滅ぼされるハオ

アニメ版ではハオはシャーマンの王にすることなく、葉たちはハオとの最終対決に挑みます。強大なハオの力を前に総力戦で挑みますが、攻撃の数々をハオはことごとく一蹴してしまいます。
葉が最後に取った手段は持ち霊の阿弥陀丸と一体化し、仲間の力を借りてハオを倒すというものでした。葉がハオに対して放った一撃がハオを一刀両断。見事ハオを打ち滅ぼすことに成功します。アニメが原作の展開を追い越したため、漫画版の救うとは違う打ち滅ぼすエンドとなりました。
こちらの記事もチェック!
シャーマンキング アニメと原作の違いは?再アニメ化の可能性も考察した! | festy(フェスティー)

■1998年から2004年にかけて週刊少年ジャンプで連載され、2001年から2002年にかけてはアニメも放映された大人気作品「シャーマンキング」。実はこの作品、アニメと原作では内容が異なっていることをみなさんはご存知でしょうか。さらにまもなく連載開始から20周年を迎えようとしているこの節目で作者が気になるツイートを発表しました。今回はそのすべてをご紹介します。

麻倉ハオの魅力6「ちっちぇえな」カリスマ性あふれるでかすぎる名言

ハオはその悪役っぷりと強さがこれまでにないほど大きなキャラクターです。その大きさは名言からわかります。どんな手練れにもその行動や志を「ちっちぇえな」と言ってしまえるあたり、ハオのでかさがうかがえる名言です。
ハオは葉を自分の片割れと認識しており、ひとつになることでその強さが完成すると思っています。「葉には強くなってもらわなくちゃこまるんだ」と言っては葉の成長のために手を貸してくれる場面も見られました。
「力がありすぎるのもまた切ないものだね」とハオは言っています。絶大な力を持っているからこそ孤独なハオの心情がわかる名言です。ハオは人の心を読むという力を持ってしまったため、人類を憎むまでに至ってしまいました。

麻倉ハオの魅力7声優、高山みなみの悪役声がかっこよすぎる

ハオの声を当てたのは声優の高山みなみです。『名探偵コナン』のコナン役でお馴染みで、『魔女の宅急便』ではキキとウルスラの2役をこなしています。少年の声から可憐な少女、そしてハスキーな大人女性に至るまで、演技の幅が広いです。
そして今回の『シャーマンキング』では、冷徹で恐ろしい目的を持った悪役を演じています。コナンの声を冷たくした感じです。とにかくクールで、ダークサイドな高山みなみを楽しめますこれまでにないくらいのハマり役ではないでしょうか。
こちらの記事もチェック!

『シャーマンキング』のハオは怖くてクールな最強悪役キャラ

『シャーマンキング』に登場する悪役のハオは人間の数を減らしてシャーマンだけの世界を作ろうとする恐ろしいキャラクターです。しかし同時に驚くべき強さを誇り、言動にもカリスマ性がありかっこいいです。
物語を通して良くハオを知っていけば、彼が過去の因縁があり、絶対的強さを持つからこその苦悩が見えてきます。そして主人公の双子の兄ということで、ただただ憎むべき悪役というところだけにとどまっていません
人間を愛しすぎたゆえに憎んでしまったその存在は、シャーマンとしての在り方を登場人物たちに考えさせてくれます。そういった意味では主人公とは別の形で、作品の中心にいる人物です。
……そしてなんと続編「シャーマンキング FLOWERS」では意外過ぎるポジションで再登場しますよ!気になる方はぜひ!
こちらの記事もチェック!
シャーマンキング 完全版 1 (1) (ジャンプコミックス)
武井 宏之
集英社
売り上げランキング: 66,372

シャーマンキングFLOWERS 1 (ヤングジャンプコミックス)
武井 宏之
集英社 (2012-08-10)
売り上げランキング: 126,191