【ヘルシング/HELLSING】シュレディンガーの能力や謎を徹底紹介!

その存在 神出鬼没!!ミレニアムの最後の切り札とまで言われた『どこにでもいて、どこにでもいない』可愛い猫耳シュレディンガーのある特別な能力や謎に迫る!!

【ヘルシング/HELLSING】シュレディンガー准尉とは

猫耳が可愛い少年シュレディンガー准尉は、本作でヘルシングの敵にあたるナチス残党によって組織化されたミレニアム(千年王国)及びラスト・バタリオン(最後の大隊)に所属しているれっきとしたドイツ軍人である。
ヒトラーユーゲントの服装をしており、名前の由来もあの有名な「シュレディンガーの猫」という思考実験から用いられている。まさに猫のような愛くるしさと自由気ままな姿で登場しているが、あの少佐に唯一ため口で話したり、例え頭を吹き飛ばされても何事もなかったかのように登場することからその潜在能力の高さが伺える。
しかし准尉士官学校を卒業していない兵士がつける最上の地位とされるが、ミレニアムにおいては何をもってその地位を与えられたのかが謎に包まれている。しかし、少年はミレニアム最大の切り札として最後まで大事にされていたことから、シュレディンガーのチート的能力の高さが与えられた地位以上であるのは明白だ。

こちらの記事もチェック!

最強?シュレディンガー准尉の能力と強さの謎に迫る!!


なぜ所属に至ったのかの経緯は不明だが、アーカードいわくすでに大尉含めて絶滅していたとばかり思っていた人狼ヴェアヴォルフの生き残りの一人でもあるとのこと。しかし同じヴェアヴォルフの大尉狼男に変身できるが、シュレディンガー自身も変身できるかはなので、ヴェアヴォルフとしての強さ的にはあまり価値がないのかも知れない。
しかし、何も人狼という言葉は狼に変身できずとも半分狼、半分人間も指す用語とのことなので、あの猫耳を見る限りは人狼側に属するのは確かだろう。

シュレディンガーというドイツ語の由来

名前の由来は前述の通りエルヴィン・シュレディンガー(ドイツ語表記:Erwin Schrodinger)というオーストリア出身の理論学者が説いた『シュレディンガーの猫』という思考実験が元ネタである。この思考実験とは、ある箱に猫をいれ青酸ガスを吸って死ぬか、死なないかの確立……つまり実験を行った場合の猫の生存率が半々になることを説いた仮説だ。
今まで理論上だと猫が死んだ場合と生きている場合という2パターンの結果しか人々は認識していなかったが、彼はどちらの確立というのも実は重なり合ったものだということを説いている。そう考えるとシュレディンガー准尉の『どこにでもいて、どこにでもいない』という2つの矛盾した結果も、仮に頭を吹っ飛ばされてもしれっと次の回に登場したシーンも納得がいく。この実験での猫は生きてもいるし、生きてもいないという矛盾した結論のうえで成り立っているからだ。
また余談だが、エルヴィン・シュレディンガーのシュレディンガーという姓の由来はドイツのシュレディングというバイエルンにある地名から、この地に住む者という意味誕生したという説がある。

有名なセリフから紐解く特殊能力!!


シュレディンガー准尉の有名な「僕はどこにでもいるし、どこにでもいない」という台詞は文字通りの意味である。簡単に説明すると、シュレディンガー自身が自分を認識できる範囲内ならそれが遠い異国だろうと、他者の思考の中でさえも登場することが出来るというかなりチートに近い能力だ。アーカードが消滅させられたかと思えたのも、実はその能力を吸収してしまったからである。アーカードの中には何千何万という途方もないが含まれており、それら全てを認識してしまったせいで存在することが危うくなったのだ。
このことから、ミレニアムは最後の切り札としてシュレディンガーを用いたのだったが、アーカードの途方もない魂を途方もない年月をかけて抹消し、自分自身だけを残すという思いがけない策の前では打倒アーカードを掲げたわりに、少年の能力を吸収させ彼を結果的に強くしてしまうという皮肉な結末を迎えることとなる。またアーカードは自分以外のシュレディンガー准尉を含めた魂を全て抹消したのか、あるいは自分を主体的に見て、シュレディンガーのみの命が残るまで消していったのかは意見が分かれるところだ。

猫耳萌え?シュレディンガー最大の謎は性別?


シュレディンガー准尉は猫耳の可愛い少年(ショタ)として登場しているが、稀に少女と勘違いする人がいるのも確かだ。確かに愛くるしい顔立ちのあの年齢くらいの少年の性別はパッと見では判別しにくいものがある。しかし、少佐が作中でも「彼」と呼ぶシーンがあること、一人称が、さらに極め付きは英語吹き替え版でセラスが初めてシュレディンガーを見た時「He’s only child(こんな子供が)」という台詞を発していたことから、性別は完全に少年(♂)ということは確定済みだ。(He男性にのみ用いる)
しかし、シュレディンガーの能力の2つの矛盾した結果が合わさっているという元ネタを考えると実はどちらの性でもあり、どちらでもない……という矛盾した結論の可能性も無きにしもあらずかも知れない。

シュレディンガーの声優はショタに定評のある白石涼子!

白石涼子は奈良県出身1982年生まれの、美人女性声優でもあり現役歌手でもある。事務所の先輩の神田朱未、野中藍によってつけられた愛称は「うりょっち」で、彼女は非常にハスキーボイス(少年声)に定評があることでも知られている。(ハヤテの如くでは原作者の希望によりオーディションなしで主役の少年ハヤテに抜擢された)彼女は元々この少年声を生かして、少年役の声優をしたくてこの業界に入ったこともあり、シュレディンガー准尉もまさに彼女のショタボイスが生かされているキャラといっても過言ではない。
最近では、少女や女性役も増えており絶対可憐チルドレン以降は本人も特技としている関西弁キャラを務めることも増えたとのこと。またアニメだけでなく洋画や海外ドラマの吹き替えでも活発に活躍している実力派声優でもある。シュレディンガー准尉の可愛さや少年特有の無邪気な中に潜むゾクッとするほどの残酷さを感じるのも、彼女の魅惑のショタボイスだからこそ為せる技だ。

シュレディンガー准尉はミレニアム最後の切り札だった!!


シュレディンガー准尉はミレニアム最後の切り札として、最後に自分で首をきってアーカードに吸収されるのだが、打倒アーカードを掲げたわりには非常にあっけない結果でヘルシングは幕を閉じるのに面食らったはずだ。しかし例えそれがミレニアムの悪あがきだとしても、あの無敵ともいえるアーカードを一時は消滅まで追い込んだという事実には変わりない。
少佐もアーカードの消滅を確認しての死だったので、彼の生きているうちにアーカード打倒という夢はある意味ではシュレディンガー准尉は叶えてくれたのかも知れない。ヘルシング側もセラスがいるものの30年もの間鬼札のアーカード不在、というのは非常に大打撃だったはずだ。(しかも復活するのかも謎だったのもあり、余計に主のインテグラやセラスは不安を感じたはず)
しかし、アーカードのまさかの自分以外全員の魂を抹消する、という決断はあの策士の少佐をもってしても、思いつかなかった結果と言える。だが、例え分かっていたとしてもあの少佐なら最後の最後まで悪あがきしかねないから厄介でもある。しかもその悪あがきにシュレディンガー准尉も付き合う結果になりかねないから、ミレニアム側のこの日のための決戦、まさに一夜の夢がいかに男達の掲げた壮大な夢物語だったことが分かるだろう。

こちらの記事もチェック!

―どこにでもいて、どこにでもいない少年の魅力―


筆者も皆も大好きな魅惑の猫耳ショタっ子シュレディンガー准尉強さと能力はいかがだっただろうか?矛盾した2つの結果「生きていて、生きていない」を元に作られたシュレディンガー准尉の魅力を再確認できたかも知れない!!
少年を知って居る方も、知らない方もぜひ彼に注目してヘルシングを見てみると、より一層ヒラコ―が作り出す世界観を楽しめるはずだ!!

HELLSING OVA I-V Blu-ray BOX(期間限定生産)
ジェネオン・ユニバーサル (2010-10-22)
売り上げランキング: 22,218