役所広司の渋すぎる魅力10選!あなたの知らない名優の素顔を紹介!

役所広司さんは現在61歳の日本の人気俳優です。実は仲代達矢さんの俳優養成塾「無名塾」出身で、下積み時代からたくさんの舞台や映画に出演してきました。今回はそんな役所広司さんの渋すぎる魅力を探っていきたいと思います。あなたの知らない役所広司さんの魅力に気がつきますよ!

日本が誇る名優・役所広司とは

役所広司の渋すぎる魅力1:実は無名塾出身だった!?

意外と知られていないのですが役所広司さんは仲代達矢さんが経営している無名の若手俳優養成塾無名塾出身の俳優さんです。長崎県出身現在61歳の役所広司さんは今では日本を代表する有名俳優になりましたね。

映画「Shall weダンス」では日本に社交ダンスブームをもたらした張本人でもあります。今村昌平監督の映画「うなぎ」でもカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞するなど、世界的な活躍を目立っています。多くの若手俳優が下積みを重ねた無名塾の出身俳優の中でもトップレベルの出世ではないでしょうか。

2005年にはハリウッドが作った「Sayuri」という映画にも参加しました。近年ますます海外での活躍が目立っていますが、日本でもたくさん映画出演の機会が増えてこれからの活躍も期待大です。今回は渋すぎるおじさん俳優役所広司の魅力について深く迫って行こうと思います。

役所広司の渋すぎる魅力2:本名、年齢、身長は?


無名塾で広く役がつくように役所という名前をもらいましたが、実は本当の名字は違います。役所広司さんの本名は橋本広司です。意外と普通の名前だったのでもしかしたら仲代達矢さんが役所という大げさな名前をつけたのかもしれません。

身長は179cmでかなり大きいのも特徴的です。1956年の1月1日生まれなので、現在は61歳になります。誕生日が1月1日生まれというのもかなり驚きですが、実は血液型はAB型なのです。大和ハウスのcmなどでかなり変わった演技をしており、個性派俳優であることは知っていましたが本性まで個性的なのは初めて知りました。

役所広司の渋すぎる魅力3:日本アカデミー賞とりまくり俳優

#役所広司

ゆりかさん(@oouiaoo)がシェアした投稿 –



役所広司さんは非常に日本アカデミー賞をたくさん受賞されている俳優でもあります。最初に受賞したのは1996年の「Shallweダンス」で主演のサラリーマン役を演じたことで話題になりました。この映画で主演男優賞を受賞されています。

また1997年の今村昌平監督作品「うなぎ」でも日本アカデミー賞を受賞しました。こちらは同時に第50回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したのでかなり話題になりましたね。それからソ連との合作映画で児童文学を題材にした映画「オーロラの下で」でも日本アカデミー賞を受賞しました。

最近話題になった映画では、佐藤浩市さんと一緒に出演した映画「最後の忠臣蔵」が記憶に新しいのではないでしょうか。テレビドラマ化されて忠臣蔵ブームが起こりましたがこちらでも日本アカデミー賞主演男優賞を受賞されています。実は1998年の「絆」という映画から2008年の「パコと魔法の絵本」まで何と9回連続で日本アカデミー賞を授与されているのです。

役所広司の渋すぎる魅力4:shall we ダンスで日本に社交ダンスを!

市役所とは訳が違うぜ #陸王 #こはぜ屋 #足袋 #仕事で履いてる #親近感 #役所広司 #最高

brionics tomoさん(@brionics_tomo)がシェアした投稿 –


役所広司さんの主演映画といえばやはりシャルウィダンスではないでしょうか。この映画に出演し主演を演じたことによって日本だけでなく世界的にも話題になったのです。公開されたのは1996年で、現在角川として運営している大映という映画会社で撮影されたものです。監督はシコふんじゃったで有名な周防正行監督です。

物語は社交ダンス教室に通うサラリーマンや中年男女のダンスを描いた物語です。日本人にダンスの習慣はありませんでしたが、これを機に社交ダンスというものが日本に存在し実際にダンスで人生を輝かせている人々がたくさんいるということが日本中に知れ渡りました。何より主演の役所広司さんが渋くてかっこよかったのが印象的だったのだと思います。

ダンスシーンが面白いのですが、突然ダンス教室に通い始めた夫を疑い始める妻の心情を匠に描いているところにも注目が大きいです。妻が夫に不信を抱いて探偵を雇い出すシーンはうまくコメディとして描かれているので作品として面白いでしょう。今では日本の映画史に残る名作ですね!

役所広司の渋すぎる魅力5:おすすめ出演映画はこれ!

もちろん一番は「Shall weダンス」を見て欲しいですが、他にもたくさん見て欲しい映画があります。それは1997年に公開された今村昌平監督の「うなぎ」です。映画が好きな方には誰でも知っているような名作ですが、是非役所広司さん初心者の方でも見て頂きたい作品です。

ヒロインは映画「シコふんじゃった」で活躍していた清水美沙さんです。前年度に「Shall weダンス」が公開されてから多くの映画賞を受賞しましたが、この映画でもフランスのパルムドールや日本アカデミー賞を受賞し、数々の賞を総舐めしていきました。役所広司さんが無名塾から卒業して最も輝いた瞬間なのではないでしょうか。

物語はある男のもとに妻が不倫しているという内容の手紙が届き、夫は気が狂って妻を殺してしまうのです。男は懲役8年、出所すると刑務官からもともと持っていた荷物として渡されたうなぎを手にします。人生を再び取り戻すためにそのうなぎと一緒にひっそりと理髪店を始めるのです。芸術的な描写が多く、うなぎがなんのモチーフになっているのかを探るのがとっても面白い映画です。

役所広司の渋すぎる魅力6:おすすめ出演ドラマはこれ!

映画にはたくさん出演していますが意外とドラマに出演している姿は見なかった人も多いのではないでしょうか。もちろん映画だけでなくドラマにも多数出演しています。最近ではテレビ東京のドラマ24で「バイプレイヤーズ」という作品に出演して日本を代表する名脇役とともにシェアハウスに住むドラマに出演しました。

中でも最もおすすめしたいのはやはり横溝正史原作の「女王蜂」ではないでしょうか。これは金田一耕助シリーズのミステリー作品で、1978年に古谷一行さんが主演で金田一耕助を演じてから、1990年に役所広司さんが主演で再リメイクされました。金田一耕助シリーズは金田一耕助役を有名な役者が演じていることで有名で、今回は役所広司さんでした。

警部役に石立鉄男さんが出演しているのも見どころ大です。個人的には石坂浩二さんが演じた金田一耕助の映画が一番イメージがぴったり合っていたので好きでしたが、役所広司さんの金田一耕助役もかなりイメージ通りした。くしゃくしゃの髪の毛にやつれた感じの顔立ちがまさに原作の金田一耕助のイメージ通りです。

役所広司の渋すぎる魅力7:覚えてる?このCM



役所広司さんの有名なcmといえばやはり大和ハウスのcmではないでしょうか。俳優として出演しているのですがcmの中で必ず大和ハウスを言い間違えてしまうという物語です。大和ハウス工業のcm作品で、役所広司の行くところに現れるダイワハウス、なんでダイワハウスなんだ?というオチがつきます。

過去には唐沢寿明さんや黒木メイサさんなども演じています。初代のダイワマンという役で役所広司さんが2009年に抜擢されてから本人役として役所広司を演じました。最初が筋肉モリモリのプロジェクターをつけたダイワマンというヒーロー役を演じていて、どうしてこんな堅い役者がこんなコミカルな演技をするのだろうと不思議に思っていたのを思い出します。

ダイワマンのキャラクターがかなり話題になり、2010年の夏にはフジテレビのイベントお台場合衆国でライブハウスのブースが展示されることにもなりました。役所広司の役所が先駆けとなり、その後ダイワウーマンとして登場した黒木メイサさんなどもイベントで話題になりました。

役所広司の渋すぎる魅力8:福山雅治とも共演してた!

最近最も注目を集めたのはやはり福山雅治さんと共演した事ではないでしょうか。たくさんの有名日本俳優や海外俳優と共演を重ねてきましたが、やはり日本人なら福山雅治さんとの共演に注目が行くのではないでしょうか。福山雅治さんと共演したのは映画「三度目の殺人」という作品です。福山雅治さんは弁護士役で殺人犯役で役所広司さんが出演しています。

監督は「海街diary」なので活躍した是枝監督です。今まではアットホームな暖かい映画を撮ってきたような監督でしたが、今回はシリアスな法廷映画を撮ったことでも話題になりました。福山雅治さん演じる真実を信じないちょっと冷酷な弁護士と、工場の社長を殺して工場に火をつけたことで起訴された殺人者の役所広司さんの演技が光っています。

役所広司の渋すぎる魅力9:アニメで声優としても活躍!

出典:https://www.amazon.co.jp

意外に知られていませんが実は役所広司さんはアニメで声優としても活躍しています。長澤まさみさんや仲里依紗さんなど女性の役者さんはアニメ映画に積極的に出演することが多いですが、役所広司さんのような大ベテラン俳優がアニメで声優をやるのはちょっと珍しいことです。実は誰でも知っている作品に出演していたのです。

一番有名な作品は細田守監督の「バケモノの子」です。スタジオジブリの作品にに迫って日本を代表するアニメーションとして世界的に話題になっているアニメーターの作品ですが、実は熊徹の役を役所広司さんが演じていたのです。九太を演じた宮崎あおいさんや染谷将太さん、それから楓を演じた広瀬すずさんが話題になりましたが、この大物俳優役所広司も出演していたのです。

役所広司の渋すぎる魅力10:新作「関ヶ原」で家康役に!

2017年で役所さんが出演する映画で最も話題になったのが、やはりこの「関ヶ原」ではないのでしょうか。司馬遼太郎さん原作の関ヶ原の戦いを描いた作品ですが、司馬遼太郎原作作品としては「梟の城」以来の映画化でかなり話題になりました。主演は岡田准一さんでヒロインは有村架純さんが演じています。

他にも東出昌大さんや滝藤賢一さん、松山ケンイチさんや壇蜜さんなども出演しておりキャストが豪華すぎることも話題になっています。気になる役所広司さんの役所ですが、実は江戸幕府初代の征夷大将軍である徳川家康の役を演じています。若手の人気俳優が出る中、やはり大御所の役は大物の役所広司さんが受け持ったという感じなのでしょう。

物語は主役の岡田准一さんが演じる石田三成と役所広司さんの演じる徳川家康を中心にして描かれています。「突撃せよ!あさま山荘事件」や「クライマーズハイ」なので活躍した原田眞人監督が初めて本格的な時代劇を撮影するとあって業界でもかなり話題になっています。おそらく映画史にも残る作品なのでぜひ見ていただきたいです。

役所広司はこれからも活躍する名優!

役所広司さんがこれからどんな活躍をするのか気になるところです。最近最も大きい活躍がやはり先ほど紹介した2017年公開の関ヶ原や「三度目の殺人」でしょう。しかしこれからもたくさんの映画に出演する予定です。

すでに2018年に決まっている映画はこのミステリーがすごい大賞受賞した柚月裕子さん原作の「孤狼の血」という作品です。この作品では若手俳優から実力派の俳優に成長しつつある松坂桃李さんがと一緒に共演しています。舞台は昭和初期で暴力団と警察との抗争を描いた作品です。役所広司さんはこの映画で主演を演じています。

また2017年の10月から放送が開始したTBSの日曜ドラマにも出演しています。こちらも主演です。老舗の足袋業者の社長として役所広司さんが出演し、その息子役に若手イケメン俳優の山崎賢人さんが出演しています。山崎賢人さんが役所広司さんの息子役で長男としてお店を手伝いながら就活する学生を演じています。お父さん役もかなりかっこいいので是非こちらも見てみてくださいね。