「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」あらすじ&結末ネタバレ! 「あの花」の感動再び!

2011年に放送され、2013年には劇場版も公開されたアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」、略して「あの花」。主人公と亡くなった幼馴染の霊を中心に複雑な人間関係が丁寧に描かれたその作風がヒットし、同年の話題作のひとつとなりました。本記事では、そんな「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のストーリーを要約しました。

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とは

どんな人にでも、「あの時こうしていれば」という後悔は何かしらあるものではないでしょうか。変えられない過去を嘆いても仕方がないと分かってはいながらもそうせずにはいられない、人間とは実に不器用な生き物です。

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は、幼馴染の死にそれぞれの後悔を抱える5人の高校生が、そのうちの1人の前に幼馴染の霊が現れたことをきっかけに、失った絆を取り戻していく物語です。略称は「あの花」、もしくはロゴを斜めに読んで「あのはな」。

監督を長井龍雪、シリーズ構成を岡田磨里、キャラクターデザインを田中将賀が担当し、この3人で「あの花」メインキャラクター6人のグループと同名の超平和バスターズを名乗っています。超平和バスターズが描き出した感動物語を、以下でおさらいしていきましょう。

「あの花」ストーリー1 宿海仁太の前に現れた”夏のケモノ”

昔亡くなった幼馴染・めんまの幽霊

ある夏の終わりの日。高校受験に失敗し引きこもりとなって久しい主人公・宿海仁太じんたん)の前に、過去に亡くなったはずの銀髪碧眼の幼馴染・本間芽衣子めんま)が現れます。

亡くなった時より体は成長していながら性格は昔のままで、ガラスに姿が映らず他の人には見えないらしいめんまを、仁太は”夏のケモノ“と呼び、自分の精神がおかしくなって幻覚が見えるようになってしまったのだと判断しました。

そんな”夏のケモノ”は、「お願いを叶えてほしい」から現れたのだと主張する一方で、そのお願いが具体的に何なのかは「分かんないってばよ!」と支離滅裂。どうにもならない状態のところに、ひとりの訪問者が現れます。

かつての幼馴染のひとり、同じ高校の同級生・安城鳴子

訪れたのはこちらも仁太たちの幼馴染である安城鳴子あなる)。かつてその言葉がもつ意味を知らないままにつけたあだ名を呼びながら鳴子に飛びつくめんまですが、やはり鳴子にもめんまが見えている様子はなく、ただその重さを感じるのみ。

鳴子は仁太に夏休みの課題を渡し、学校に来るよう仁太に言います。「アンタみっともないよ!」と叱る鳴子ですが、仁太は応じない姿勢を崩しません。かつては仲が良かったはずの彼らですが、今ではその関係性はすっかり変わってしまったのでした。

呼び方を指摘する仁太に「あなるはあなるだよ!」と返すめんま。お願いを叶える手伝いを鳴子に頼もうと言うめんまに、”あの頃”とは変わったのだということを知らしめるため、仁太は嫌々ながらめんまと出かけます。

仁太の第一志望だった高校に通う松雪集と鶴見知利子


道中、線路沿いを歩く仁太とめんま。柵の上を歩いていためんまが足を滑らせたのを見て、仁太はめんまが亡くなった時のことを思い出し、全力で受け止めようとしますが、めんまは難なく着地。勢いよく転んだ仁太の眼鏡が道に投げ出されます。

その眼鏡を拾い上げたのは、たまたま通りすがった幼馴染・松雪集ゆきあつ)。隣には鶴見知利子つるこ)もいます。二人は現在、仁太が第一志望としていた高校に通っており、その制服を見た仁太は苦い顔をします。

二人にも見えていないらしいめんまの名を仁太が口に出した途端、集が怒りをあらわにし、仁太をなじります。逃げるようにその場を後にする仁太と、「ゆきあつのアホー!」と叫んで仁太の後を追うめんま。当然その声はゆきあつには届きません。

じんたんの後悔、冷え切っためんまの家庭

めんまが見えるのは自分のストレスだとしてめんまと離れた仁太は、彼がじんたんと呼ばれていた”あの頃”を思い出していました。幼馴染6人で集まって結成したグループ・超平和バスターズ。めんまが亡くなった”あの日”を境に、彼らの関係は一変しました。

「ねぇ、じんたんってさ。めんまのこと、好き、なんでしょ」というあなるの台詞から始まった、じんたんがめんまを好きかどうかという問答。これに対しじんたんは「誰がこんなブス!」と言い放って逃げ出しました。このすぐ後、めんまは川に転落して死亡したのでした。

一方、仁太と別れためんまは自分の家へ。記憶より老けた両親と成長した弟のいる本間家の空気は、完全に冷め切っていました。自分が死んだことに気付いていないかもと言う母に、めんまは「知ってるよ」とひとり涙します。

「ものの見事に平和をバスターしちまった俺達」の時間が再び動き出す

めんまの死をきっかけに「ものの見事に平和をバスターしちまった」超平和バスターズ。変わってしまった幼馴染たち。明日めんまに謝ればいいと思っていた、その明日が来なかったことへの後悔。そして突如現れためんま。仁太は堪らず家を飛び出し、かつて秘密基地と呼んで超平和バスターズの溜まり場にしていた小屋に向かいます。

秘密基地に到着するとなぜか灯りがついており、中には人が住んでいる形跡が。困惑する仁太の前に現れたのは、超平和バスターズのメンバー最後のひとり、久川鉄道ぽっぽ)でした。かつて一番背が低かったにも関わらず縦横に大きく成長していたぽっぽは、めんまが見えるという仁太の言葉を「やっぱじんたん強ぇよぉ!」という懐かしい台詞とともに信じてくれました。

「あの花」ストーリー2 偽りの平和をバスターする

レアモンスターをゲットするために協力する

めんまのお願いとはとあるゲームのレアモンスターをゲットすることなのではないか。そのぽっぽの言葉をひとまず信じて、仁太はゲームショップに向かいます。そこでは偶然にも鳴子がアルバイトをしていました。ゲームを購入した仁太は目的のモンスターをゲットすべくひたすらプレイし続けますが、それは他のプレイヤーとの交換でしか手に入らないことが判明します。

鳴子が同じゲームを持っているかもしれないと言うぽっぽとともに、鳴子の家へ向かう仁太とめんま。捜索の末何とかゲームを発見、ついに仁太たちはレアモンスターをゲットします。思わずハイタッチを交わす仁太と鳴子は、かつてのじんたんとあなるに戻ったようでした。結局めんまのお願いはそれではありませんでしたが、めんまは「でも、良いこといっぱいあったよ!」と笑います。

夏の終わりにみんなでめんまを探そうの会

協力の見返りとして学校に来るようあなるに言われた仁太。途中までは来たものの、クラスメイトに見つかり踵を返します。秘密基地に向かうとぽっぽに出会いましたが、彼は秘密基地の近くでめんまを見たと言い出します。

一方、家にひとり残されためんまは、仁太の母の遺影に手を合わせます。仁太が家に帰ると、めんまが仁太の母の蒸しパンを再現しようとしたらしい塊と、キッチンに残された悪戦苦闘の跡が待っていました。

ぽっぽは「夏の終わりにみんなでめんまを探そうの会」と称して、超平和バスターズのメンバーでの納涼会を企画します。何だかんだ言いつつも集まった五人は、それぞれが持ってきた材料でバーベキューを始めます。

めんまが自分の前に現れたと言い出すゆきあつ

本題であるめんまの幽霊探しを始めるも、当然見つからず。ひとりめんま探しに参加していなかったゆきあつが、めんまが自分の前に現れ「これ以上騒ぎ立てないでくれ」と言っていたなどと言い出します。めんまは必死で反論しますが、その声が届くことはありません。

仁太はめんまの作った蒸しパンをみんなに見せてめんまの言ったことを伝えますが、ゆきあつはそれを一蹴。「めんまを忘れられなくて、いつまでもめんまに囚われて、情けないな、お前」と仁太に吐き捨て、ゆきあつはその場を後にします。

ゆきあつと仁太が帰った後、つるこはぽっぽが見たというめんまの服装について、首元のあたりにリボンがついてるのではないかと言います。というのも、つるこはぽっぽが見ためんまの正体を知っているのでした。

つるこが知る「偽りの平和」


翌日、宿海家につるこが訪れ、めんまが蒸しパンを作ったという仁太の言葉は信じられないと言いつつも、仁太にある協力を依頼します。それは、めんまが見えると言い出した仁太だからこそ出来ることでした。

2人の友人とファストフード店にいたあなるは、窓の外の交差点に立つつるこを見つけ、友人を置いてつるこのもとに向かいます。残された友人たちは、最近鳴子の付き合いが悪いと愚痴を言い合っています。

何をしているのかとあなるに尋ねられたつるこは、「偽りの平和をバスターするの」と答えます。視線の先にはゆきあつを待ち伏せする仁太。ランニング中のゆきあつを捕まえた仁太は、秘密基地にみんなで集まることを伝えます。

女装男・ゆきあつの後悔

その夜、秘密基地にゆきあつはやってきません。ところが、用を足そうと外に出たぽっぽが「めんまがいた」と騒ぎます。偽者のめんまを追跡する仁太たち。その姿を見失ったところで、つるこが叫びます。「あーあ! そんなでかいガタイして、脛毛剃っても、相当無理があるわよ! ・・・ゆきあつ!」

仁太が捕まえた偽めんまの正体はゆきあつでした。ゆきあつは”あの日”、逃げ出したじんたんを追いかけるめんまを引き止め、「めんまはブスなんかじゃない」と髪留め(ぱっちん)を渡そうとし、そんなことを言ったせいでめんまは死んだのだと自分を責め続けていたのでした。そんなゆきあつに仁太は、めんまが「ぱっちんありがとう。ごめんね」と言っていることを伝えます。

「あの花」ストーリー3 めんまの成仏のために出来ること

過去に囚われたあなるとゆきあつ

学校。あなるは友人たちに「友達やめようかと思ってた」などと言われつつ、半ば強引に誘われるかたちで合コンに行くことに。街に出てきたあなるたちの姿を、ゆきあつとつるこが偶然見かけます。

合コンの流れでホテルに連れ込まれそうになったあなる。そこへゆきあつが現れ、あなるを助けます。帰りの電車の中で、ゆきあつはあなるに「付き合ってみるか」と言いますが、あなるはそれを断ります。

ゆきあつもあなるを助ける時の口実に「宿海らと遊んでんだよ」と仁太の名前を使い、あなるもかつて好きだった仁太が気になる――彼らはどうしようもなく、過去に囚われているのでした。

めんまの成仏、落ち着きのない教室

宿海家にやってきていたぽっぽは、めんまがいるのは成仏していないということだから良いことではないとし、自身には見えないめんまに向かって、何か成仏するためのヒントをくれと言い出します。自分が叶えるべきお願いも成仏がどうなることかもよく分からないめんまは、ぽっぽのその行動に泣き出してしまいます。

その後、仁太は改めて根本の問題に立ち返ります。めんまはどうして出てきたのか、めんまのお願いは何なのか・・・学校に来るようあなるに言われた際、それがめんまのお願いかもしれないとめんまに言われたのを思い出し、仁太は改めて登校を試みます。クラスメイトがどう反応するか身構えていた仁太ですが、いざ学校に着くと、教室内では仁太のことではない不穏な噂が飛び交っていました。

秘密基地に泊まるあなる、めんまの家へ行く仁太たち


あなるは前日ホテルに連れ込まれそうになっていた現場をPTAの人に見られており、生徒たちはそのことについてあらぬ噂を囁き合っていたのでした。授業中も聞こえる噂。あなるがノートに書き殴っていたSOSを見た仁太は立ち上がり、しどろもどろながらもあなるを弁護します。いたたまれなくなったあなるは、仁太を連れて学校を抜け出します。

家にも帰りづらくなったあなるは、秘密基地に泊まると言い出します。片付けるからとあなるに秘密基地の外へ追い出された仁太とぽっぽ。ぽっぽは仁太に「めんまの家に行ってみねぇ?」と提案します。本間家を訪れた三人は、めんまの母親である本間イレーヌに出迎えられ、めんまの部屋へ通されます。そこはすっかり片付けられ、空っぽになっていました。

“あの日”秘密基地にみんなを集めたのは

三人がめんまの家に向かったことを知らされたゆきあつは、腹を立てていました。”あの頃”と違い、今では自分が仁太より優秀であるにも関わらず、”あの頃”と同じように仁太に振り回される、”あの日”だってじんたんがみんなを秘密基地に集めなければ・・・つるこはそこで、“あの日”はめんまが秘密基地にみんなを集めたということを思い出します。

イレーヌからめんまの日記をもらった仁太たち。親の想いを目の当たりにしたあなるは自分の家に帰ることに。ぽっぽは秘密基地でめんまの日記を読もうと言いますが、仁太は一度家に戻ります。めんまの家に行ったことをめんまに伝えると、めんまは母親に自分を思い出させたくないのにと泣き出します。自分を顧みないめんまに仁太は怒りを覚え、ひとり秘密基地へ向かいます。

ロケット花火を打ち上げる計画を思い出す

結局親に怒られたらしく、改めて秘密基地に泊まりに来たあなる。学校も休むつもりのあなるに仁太が不登校の怖さを教えると、あなるは「自分が大変な時でも、人のこと考えて」いる仁太が昔と変わらないと言います。その言葉はついさっき、仁太がめんまに向けて「ムカつく」と添えて言ったのと同じ内容でした。

めんまの日記を読むと、大したことのない文章が続く中に、じんたんの母親のお見舞いに行ったという内容のページを見つけます。そこで仁太たちは、「神様に手紙を届けよう!」とロケット花火を打ち上げる計画を立てていたことを思い出し、それがきっとめんまのお願いだと考えました。計画を成功させるため、めんまを成仏させるため、超平和バスターズが動き出します。

「あの花」ストーリー4 “みんな”はもうどこにもいないけれど

「かっけぇんスよ、じんたんは」


国家資格がなければ自分たちで花火を作ることは出来ず、花火師に頼むにしても20万円という大金が必要です。バイトを頑張れば何とかなると、仁太もあなるの働くゲームショップでバイトを始めます。そのなかであなるは、仁太を再び「じんたん」と呼び始めます。

朝は早くから、夜は遅くまで家にいないじんたんを怪しんで、めんまはじんたんが何をしているのかを探ります。調査の末、じんたんが追加でしている道路工事のバイトの現場で、めんまは必死に働くじんたんの姿を見つけます。

一緒に働くぽっぽが、バイト仲間に「かっけぇんスよ、じんたんは」と言っています。自分のために頑張ってくれているじんたんにそっと現場のライトを向け、めんまも心中「かっけぇんすよ」と、じんたんを陰から見守ります。

“みんな”はもうどこにもいない

20万円を用意して花火師に渡そうとするじんたんたちでしたが、花火師はめんまの父親から圧力をかけられて手助けできないと言います。五人でイレーヌに直談判しに行くも、イレーヌはめんまだけが仲間外れにされていると泣き出し、説得は失敗します。

ゆきあつは計画の中断を提案し、つること帰ってしまいます。めんまが欠けている以上もはや”みんな”はどこにもいないという現実を突きつけられ、じんたんはぽっぽの制止も聞かずにひとりで計画を進めようとします。

バイトをさらに増やしたじんたんは、過労のためゲームショップで倒れてしまいます。それでも頑張ろうとするじんたんをあなるが引き止め、”あの頃”の想いを伝えますが、じんたんはそれすらも無視します。

泣き出すじんたん、めんまの弟の来訪

家に帰ったじんたん。爪が真っ黒だと、めんまが楊枝で汚れを取ってくれます。めんまのお願いが叶ったらめんまはいなくなる・・・あなるに指摘されたそれを考えるじんたんの頬に、思いがけず涙が流れます。じんたんが泣いたのはこれが初めてでした。必死に誤魔化すじんたんを励ますめんまは、ふとじんたんの母親をお見舞いに行った時のことを思い出します。

次の日、あなるが無断欠勤しじんたんだけが働いているゲームショップに、めんまの弟・本間聡志がやってきます。イレーヌを説得しに行った日、ちょうど気まずい雰囲気になっていたところに帰ってきた聡志は、イレーヌのことを謝りに来たのでした。聡志はじんたんに、家を守れとかつてめんまに言われたことを伝えます。そんな聡志に、じんたんは何かを話します。

無言電話、めんまの新しい日記

じんたんが秘密基地に向かうと、超平和バスターズの面々が集まっていました。つるこは、じんたんの家から無言電話がかかってきたと言います。しかしその時間帯にじんたんはバイトをしており、電話などかけられるはずがありません。めんまがかけたのではないかと言い出すじんたんに、ゆきあつが「だったら俺にも見せろよ、めんま」と詰め寄ります。

その時、テーブルに置いてあっためんまの日記が地面に落ちます。ぽっぽが拾い上げると、そこにはめんまの字で新しく「今日は大きくなったみんなと秘密基地であそびました。ケンカはしちゃだめです。超平和バスターズはいっつも仲良しです」と書かれていました。ゆきあつも、それをめんまの字であると認めざるを得ませんでした。

打ち上げ花火計画、再び”みんな”で


宿海家。めんまがみんなの前で蒸しパンを作り、そのまま振る舞います。じんたん以外のみんなにとっては、目の前で起きていることは怪奇現象。しかしこれでみんなは、めんまがそこに存在するということを信用するほかなくなりました。

最初からそうすればよかったことを今までやらなかったのは、じんたんがめんまを独占したかったからではないかとするゆきあつ。「絶対に、めんまを成仏させる」と、打ち上げ花火計画を再び進行させることを決意します。

ゆきあつたちがめんまの父親を説得したことが功を奏し、花火師がやっと首を縦に振ってくれました。めんまを”夏のケモノ”と言っていた夏はとうに過ぎ、季節は冬服が目立つ時期になっていました。

「あの花」ストーリー5 超平和バスターズはずっとなかよし

決起集会、”あの日”の再現


花火作りは順調に進みます。ある日、家に帰ってもめんまが見当たらず、じんたんは動揺しながら外を探し回ります。やっと見つけためんまは、コイを見るために川岸にいました。川からめんまの死を連想したじんたんは水に入ろうとするめんまを引き止め「ずっとここにいろよ」と言いますが、それはめんまに成仏してほしくないと言っているのと同じでした。

花火打ち上げ前日。決起集会を開くことになり、超平和バスターズが秘密基地に集まります。しばらく飲み食いをしたところで、ゆきあつが余興を提案します。ゆきあつはあらかじめあなると示し合わせ、“あの日”の再現をしようとしていたのでした。”あの日”と同じように、あなるが「じんたんってさ、めんまのこと、好き、なんでしょ」と言います。

成仏させたい、させたくない

“あの日”と同じように逃げ出そうとするじんたんを、ぽっぽが「そこで逃げたら、同じことになるぞ!」と引き止めます。振り向いたじんたんの目に映ったのは、困ったように笑っただけの”あの日”とは違う、泣いているめんまでした。

帰り道、あなるとつるこが話しています。あなるはじんたんが好きじんたんはめんまが好きつるこはゆきあつが好きゆきあつはめんまが好き。めんまの代わりにはなれない、「だからめんまを成仏させなきゃ」と。

じんたんとめんまも話しています。じんたんの好きは「お嫁さんにしたいの好き」だと分かっていると言うめんまに、じんたんはまたしても「このままここにいればいい」と言ってしまいますが、めんまは「成仏、しますよ」と返します。

打ち上がる花火、成仏しないめんま


いよいよ花火打ち上げ当日。めんまは密かに、自分の手が透け始めていることに気付きます。じんたんは未だに決心がつかない様子。そんなじんたんをよそに、じんたんが呼んだ聡志もやって来て、打ち上げの準備は進んでいきます。

最後の最後で打ち上げを止めようとしたじんたん。打ち上がる花火。空に咲く花。振り返った超平和バスターズの目に飛び込んできたのは、花火の成功に喜びながらも消えていないめんまでした。結局、めんまのお願いはこれでもなかったのです。

一度帰宅したじんたんは、ゆきあつに呼び出され、めんまに気付かれないようそっと家を出ます。向かったお寺には、超平和バスターズの面々が集まっていました。五人は、本当にめんまのためを思って花火を打ち上げたか、それぞれの胸の内を明かしていきます。

それぞれが自分勝手では意味がない


めんまを忘れられないじんたんを見ていたくなかったあなる、じんたんにだけめんまが見えるのが嫌だったゆきあつ、あなるがじんたんに向いている以上めんまがいなくなればゆきあつが自分に振り向くと思っていたつるこ。

そしてぽっぽでさえ、”あの日”めんまが川に流されていく光景を見ながら何も出来なかったことで自分を責め続け、ゆるしを得たい気持ちがあったのでした。それぞれがそれぞれに秘めていた自分勝手な思いを知り、五人は泣きじゃくります。

ふと五人は、いつの間にか全員が”あの頃”の呼び方に戻っていることに気付きます。めんまも含めた「私たち六人で超平和バスターズ」と確認した五人は、今度こそ心からめんまのためにめんまを成仏させようと決めます。

めんまの本当のお願い、めんまからの手紙


宿海家に残されためんまは、じんたんの母親との会話を思い出していました。入院以来じんたんが泣かないと心配しているのを聞いて、めんまは「じんたん絶対泣かす!」と約束していたのですが、この約束を果たすことなくめんまは亡くなりました。つまりじんたんを泣かすことこそがめんまの本当のお願いであり、そしてお願いはすでに叶っていたのです。

家に戻ってきたじんたんは、動くこともままならなくなっていためんまを担いで秘密基地に向かいます。ところが、秘密基地に着いたところでじんたんにもめんまが見えなくなり、五人は山の中でめんまを探し回ります。やがて辿り着いた1本の木の下で、五人はめんまの日記の切れ端を見つけます。それは、めんまが五人それぞれにあてた手紙でした。

見つけなければ終われないかくれんぼ


見えなくなっていためんまは「かくれんぼだよ!」と言いながら何とか手紙を書き、五人のもとに届けたのでした。今度こそお別れが言えたと消えかけるめんまですが、かくれんぼならめんまを見つけなければ終われないと、五人は「もういいかい!」を叫びます。めんまが「もういいよ!」と返した時、みんなにめんまの姿が見えるようになりました。

口々にめんまを呼ぶ五人ですが、めんまはかくれんぼを終わらせるために言うべきことはそれではないと言います。それぞれ「大好き」の気持ちを口に出してめんまに伝えた五人は、”生まれ変わり”してまたみんなと遊びたいというめんまの願いを叶えるため、じんたんの「せーの!」の掛け声とともに、このかくれんぼを終わらせます。

「めんま、見ーつけた!」

朝日とともに、めんまは泣きながら、それでも最後は笑いながら成仏しました。その後、じんたんは高校に行くようになり、あなるはまたじんたんと学校に行けることを嬉しく思い、ゆきあつとつるこは少しだけ距離が縮まり、ぽっぽは高卒認定の勉強を始めました。めんまが最後にいた木の下には、青く小さなワスレナグサの花が咲いていました。

“あの頃”に秘密基地に彫った「超平和バスターズ」の文字の後には文が書き足されており、「超平和バスターズはずっとなかよし」となっていました。どうやら手紙を書いた時に、めんまが書き足したようです。それを見て目を閉じていたじんたんが、みんなに呼ばれて外に出るところで、物語は終わります。

映画も必見! 「あの花」を忘れないで

ただの総集編ではない劇場版、ついでに「ここさけ」も

「あの花」は、1年後に再び集まった五人の回想というかたちでTV版の物語をまとめた劇場版も作られているのですが、”あの頃”の超平和バスターズも描かれているなど、TV版を観た人でも十分楽しめる内容になっています。

ついでながら、(制作チームの)超平和バスターズによるもうひとつのアニメ作品「心が叫びたがってるんだ。」は、「あの花」と同じように多人数の青少年の複雑な心情を並行的に描いており、「あの花」を好きな人はこちらもまた必見です。

最後に、TV版のオープニング曲である、Galileo Galilei「青い栞」の公式MVを置いておきます。これを聴いて、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を忘れないようにしていきましょう。