【ガンダムSEED/ディアッカ】実は強くて優しい!ファン歴15年のわたしがディアッカの5つの魅力を語る

「機動戦士ガンダムSEED」とは2002年~2003年にかけて放送された大人気アニメです。遺伝子操作によって生まれたコーディネーターと、自然に生まれたナチュラルとの戦争を描いた物語になっています。そんなガンダムSEEDから、今回はザフト軍のディアッカ・エルスマンをピックアップします!実は男らしくてかっこいいディアッカの5つの魅力について、ファン歴15年のわたしがご紹介します。

『ガンダムSEED』 ディアッカ・エルスマンとは?

機動戦士ガンダムSEED/DISTINY

「機動戦士ガンダムSEED」とは2002年~2003年にかけて放送された大人気アニメです。「新世紀(21世紀)のファーストガンダム」を目指して作られたこの作品は、遺伝子操作によって生まれたコーディネーターと、自然に生まれたナチュラルとの戦争を描いた物語です。
一方「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」はガンダムSEEDの続編で、2004年~2005年にかけて放送されました。宇宙世紀以外を舞台にしたガンダムシリーズで続編が作られたのはこのSEEDシリーズが初となっています。いかに人気であったか伺えますね。この2作品は台湾、香港、アメリカでも放送されており、その人気は世界中に広がりました。

ディアッカ・エルスマン

ディアッカ・エルスマンはC.E.(コズミック・イラ)54年3月29日生まれの2世代目コーディネーターで、SEED放送当時は17歳の少年でした。身長176cm、体重67.5kgとかなりの高身長となっています。2年後のガンダムSEED DESTINYでは180cmに突入しており、女性の多くが憧れる身長の人物になっています。
父親はプラント最高評議会議員のタッド・エルスマンです。ディアッカは父親の反対を押し切ってザフト軍に志願し、士官アカデミーに通いました。そこでの成績はなんと全体の4位、エリートのみが身に着けられる赤の軍服を着用しています。軍に正式に採用になると、戦闘での追撃数がスコア更新になるなど、かなりの実力を持ち合わせています。今回はそんな実力派ディアッカの魅力についてご紹介します。

『ガンダムSEED』 ディアッカ・エルスマンの魅力1:公式の設定は「残忍で狡猾な性格」

ガンダムSEED放送当初、公式が発表したディアッカは「残忍で狡猾な性格」と紹介されていました。確かに最初のディアッカは言葉遣いがかなり荒っぽかったり、ナチュラルのことをひどく見下していたりと、荒々しい部分が目立っていました。
しかし話が進んでくると、アスランとイザークの言い争いを止めに入ったり、イザークを宥めたりと、かなりお兄さんのような存在になってきます。ディアッカも話の中で徐々に成長していったということなのでしょうか。「残忍で狡猾な性格」という紹介の仕方がピンとこない人が多く、当時ネット上ではネタ扱いになっていました。

『ガンダムSEED』 ディアッカ・エルスマンの魅力2:ネットで弄られる愛されキャラ

得意料理はチャーハン

戦闘の成績が素晴らしいディアッカですが、実は女子力もかなり高かったりします。そんな意外などころがネット上で話題になり、ネタキャラとして弄られる場面がありました。そのひとつがこれ、「得意料理はチャーハン」ということです。ディアッカの作るチャーハンはかなり美味しいらしく、劇中でもぜひ見てみたかったなと思ってしまいます。
この意外性から、チャーハンネタを使った同人誌まで作られています。手際よくチャーハンを作る姿に、後に恋人となるミリアリア・ハウもうっとりしてしまうようです。家庭的なところもあるディアッカ、妄想が膨らみますね。

趣味は日本舞踊

ディアッカは肌の色が褐色でかなり日本人離れしていますが、なんと趣味は日本舞踊ということです。ディアッカはコーディネーターなので肌の色や髪の色などは遺伝子操作されたものなのかもしれませんが、そんな見た目とは裏腹にかなりおしとやかなものが好きなようです。戦前は師匠の下に通って練習をするほどだったようです。
このことに気付いたファンがディアッカに和服を着せたコラ画像を作り、これが多く出回っています。肌が褐色で金髪のディアッカですが、なんと和服がとても似合ってしまうのです。セクシーささえ感じてしまいます。興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。本当にかっこいいのでおすすめです。

『ガンダムSEED』 ディアッカ・エルスマンの魅力3:ディアッカのかっこよさに女性キャラがメロメロ!?

ミリアリア・ハウとの関係

ディアッカは戦闘中、アークエンジェルの主砲にロックオンされ、仕方なく捕虜となります。そのアークエンジェルの中では恋人が戦死した悲しみで涙するミリアリア・ハウの姿がありました。そんなことも知らずミリアリアを茶化してしまうディアッカ、そこで彼女の怒りが爆発します。「トールがいないのに、なんであんたなんか…あんたなんかが生きてるのよ!」
怒りに震えたミリアリアは両手が塞がれたディアッカを殺そうと切りかかります。その一件でディアッカはナチュラルのことやミリアリアのことが気になるようになりました。捕虜から解放されてもアークエンジェルに残っていたディアッカですが、なんとこの後ミリアリアと恋人同士になるのです。わたしもこの二人は本当に大好きで、当時ものすごく応援していました。

監督がTwitterでディアッカとミリアリアのその後について発言!?

ディアッカとミリアリアは絶対うまくいったと思っていましたが、ガンダムSEED DESTINYでミリアリアが衝撃の発言をしてしまいます。「振っちゃった☆」その軽い一言に驚きを隠せなかった人は多いのではないでしょうか。わたしもガンダムSEED DESTINYではディアッカとミリアリアのシーンをたくさん見れるものだと思っていたのでものすごくがっかりしてしまいました。
優しくて心配性のディアッカがあれこれ口を出しすぎて、ミリアリアが振ってしまったそうです。しかしそのあと監督がTwitterで「ディアッカとミリアリアの今後はいい方向に考えていい」と発言しています。やはりお互いがお互いのことを忘れられなくて復縁したのでしょうか。優しいディアッカですからミリアリアのことを放っておけなかったんでしょうか。妄想が広がります。

私服のかっこよさでルナマリアとメイリンがジュール隊を熱望

優しくて性格も素敵なディアッカですが、身だしなみにも気を使っているようです。髪もきちんとセットし、服装にもこだわりを見せています。そのためガンダムSEED DESTINYで登場したルナマリアやメイリンが私服姿のディアッカに惚れこんで、ジュール隊を熱望したというエピソードがあります。
ネット上では「私服がダサい」と言われることもあるディアッカですが、ガンダムSEEDの中ではかなりイケメン扱いのようです。最初は憎まれていたミリアリアを付き合い、ルナマリアやメイリンにも憧れの眼差しを送られる、ディアッカはそんな女性にモテモテのキャラのようです。現実世界ではアスランやキラ、イザークなどが注目されがちですが、ディアッカもなかなかのいい男なのですよ!

『ガンダムSEED』 ディアッカ・エルスマンの魅力4:ディアッカのモビルスーツがかっこいい

バスターガンダム

ディアッカが登場していたのは地球軍から奪取したこのバスターガンダムです。「破壊」を意味するバスターガンダムは遠距離攻撃を得意としています。特性の違った2丁の大型携行砲を装備しており、遠距離からの支援攻撃ができるように作られています。
機体の特性上、砲の多用によるフェイズシフトが予想されますが、そんな時のために両膝に予備電源も備えています。長時間の戦闘にも耐えられるということですね。この強力なバスターの性能を生かし、ディアッカは追撃数の記録更新など目覚ましい活躍っぷりをみせています。

ブレイズザクファントム


ガンダムSEED DESTINYでの専用機はこのブレイズザクファントムです。ブレイズザクファントムとはザクウォーリアの上級機で、ディアッカの専用機には高機動戦闘用のブレイズウィザードを搭載しています。ディアッカのブレイズザクファントムは黒に塗装されていますが、レイ専用機は白、ハイネ専用機はオレンジに塗装されています。
ザクといえば初代からのガンダムファンにとってもなじみ深い機体になっています。このザクをガンダムSEEDの舞台であるC.E.(コズミック・イラ)になっても使われていることにまずは感動してしまいます。宇宙世紀のガンダムではジオン軍がザクを使用していました。改良されながらザクも進化を遂げているようです。

『ガンダムSEED』 ディアッカ・エルスマンの魅力5:ディアッカの声優はガンダムが大好きなあの人!

出典:http://www.artsvision.co.jp

ディアッカの声優を務めたのは「笹沼尭羅(旧名:笹沼晃)さん」です。なんと笹沼さんが声優を目指したきっかけは「機動戦士ガンダムに憧れたから」ということらしいです。実際に新世紀のファーストガンダムであるガンダムSEEDへの出演が決まったときはどんな気持ちだったのでしょうね。きっと胸が高鳴っていたのではないでしょうか。
そんなガンダム好きの笹沼さんですが、「RAVE」のユリウス・レイフィールド役「イナズマイレブン」のヴァンフェニー・ヴァンプ役なども務めています。また、ゲームでの出演も多く、大人気ゲームの「クイズマジックアカデミー」シリーズのフランシス役でも活躍していました。そしてなんとあの「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD」でリンク役も務めていました。

15年経っても色あせない!素晴らしい作品『ガンダムSEED』


ここまでディアッカの魅力について語ってきましたがいかがだったでしょうか?ガンダムSEEDといえばキラやアスラン、イザークやニコルなどが注目されがちですが、ディアッカもなかなか男前で素敵なキャラだということが伝わりましたでしょうか?ガンダムSEEDにはたくさんの魅力的なキャラがいますので、自分の好きなキャラを探してみるのも良いですね。
ガンダムSEEDは「新世紀(21世紀)のファーストガンダム」を目標に作られたものなので、それまでのガンダムとは少し違った雰囲気を持っています。そのため、昭和ガンダムが好きだった方々には嫌煙されがちです。しかしガンダムSEEDも他のガンダムシリーズ同様とても面白い作品です。ぜひこの機会に見てみてはいかがでしょうか。いい意味で期待を裏切ってくれる、そんな作品ですよ!
こちらの記事もオススメ!
機動戦士ガンダムSEED COMPLETE BEST
TVサントラ 玉置成実 石井竜也 T.M.Revolution Vivian or Kazuma 中島美嘉
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ (2004-01-15)
売り上げランキング: 1,131

機動戦士ガンダムSEED DVD-BOX 【初回限定生産】
バンダイビジュアル (2010-02-23)
売り上げランキング: 9,836