【アイアンマン】ハッピー・ホーガン5つの魅力!サポートキャラが優秀すぎる!

トニー・スタークのボディーガード兼ドライバーであるハッピー・ホーガンを知っていますか?映画では目立たない脇役ですが、原作ではペッパー・ポッツの旦那さんさんです。映画と原作の違いをご紹介します!

『アイアンマン』ハッピーってどんなキャラ?

Ohh wow!! The perfection 😩 I love these three so much ❤❤ #robertdowneyjr #gwynethpaltrow #jonfavreau

Robert Downey Jr.さん(@kialadowneyjr)がシェアした投稿 –

原作のマーベルコミックでは、トニー・スタークを公私共に支える頼もしいサポートキャラですが、映画ではあまりその雄姿を見せません。それは、ハッピー・ホーガンを演じている役者が「忙しい」というワケがあるそうです。

その忙しいワケは後述するとして原作のハッピーはどんな人物なのか、そしてトニーとの友情、ペッパーとの関係もご紹介していきます。少しずつ明かさせる魅力いっぱいのキャラには、どんな秘密が隠されているのでしょうか?

『アイアンマン』ハッピーの魅力1:気になるトニーとの関係は?

本名ハロルド・ジョセフ・ホーガン。元ボクサーという経歴を生かし、ボディーガード兼ドライバーとしてトニーのそばにいつもいます。時にはトニーのボクシングコーチをしたりトニーを叱咤激励したりと友情に似たような関係にあるようです。

そんなハロルドをトニーは「無愛想過ぎてハッピーに見えない」という理由から「ハッピー」と呼ぶようになりました。

ハッピーという名前がこれほど似合わないキャラがかつて存在していたでしょうか?ハッピーという響きには「明るくほがらかでキュート」な印象があります。しかし、実際にハッピーと呼ばれるのはガタイのイイおっさんでした。

『アイアンマン』ハッピーの魅力2:ハッピー・ホーガン原作との違いは?

出典:https://www.amazon.co.jp

ハッピーは原作で深刻な病気に陥ることがあります。何とかしてハッピーを救いたいトニーは、コバルト光線を使用したマシンでハッピーの治療にあたります。しかし、コバルトを浴びたハッピーの体は巨大化し、残忍な性格を持った「フリーク」という生物に変異してしまいます。

トニーはアイアンマンになりフリークを止めひと段落しますが、この一件が怪物コレクターの興味をそそりコレクターはフリークをコレクションに追加しようと目論みます。またもやアイアンマンによって難を逃れますが、ハッピーは繰り返されるフリーク化によって苦しみます。

というように原作では、ハッピーが主体となって動くストーリーが存在しますが、映画では次々とマーベルヒーローが登場するのでフリークの物語は描かれていないようです。ちょっと見てみたい気もしますが、ハルクと混同されてしまうかもしれませんね。

『アイアンマン』ハッピーの魅力3:ハッピーとペッパーとの微妙な関係

トニー・スタークの美人秘書であり相棒のペッパー・ポッツ。後に優秀な経営者の顔を見せる彼女は、実はバツイチ。ペッパーの離婚した相手はハッピーなんです。

そして、トニーがアイアンマンになりボディーガードが必要なくなると、ハッピーはスターク・インダストリーズのセキュリティ部門で責任者となりペッパーの部下となります。その後ハッピーとペッパーは再婚しますが、どうなることやら…。といった微妙な関係が続いていました。

映画ではペッパーとハッピーの恋愛模様は見られず、トニーとペッパーがゴールインをする兆しが見えています。これはハッピー役の俳優が「忙しい」ことに関係がありそうですね。
こちらの記事もチェック!

【アイアンマン】ペッパー・ポッツ5つの魅力!美人秘書は波乱万丈… | festy(フェスティー)

■2008年「アイアンマン」から登場している敏腕美人秘書:ペッパー・ポッツ。完全な脇役ながら重大な役割を持った女性でもあります。そのペッパーがいかに偉大で魅力的なのか5つのポイントをご紹介します。波乱万丈すぎてハラハラしてしまうかもしれません。

『アイアンマン』ハッピーの魅力4:ハッピー死亡説にせまる

トニーがアイアンマン依存症に陥る「アイアンマン3」の絵コンテでは、スターク・インダストリーズの警備責任者になっているハッピーが爆発に巻き込まれた際、死亡することになっていました。

しかし、トニーのアイアンマン依存症を克服するための布石として「ハッピーを重体にしてトニーの復讐心を燃やす」というストーリーになったようです。

映画では描かれていませんが、トニーとハッピーは硬い友情で結ばれています。しかし、もう少し「アイアンマン」「アイアンマン2」でハッピーとの交流を描いた方が、ハッピーに感情移入しやすかったかもしれませんね。

『アイアンマン』ハッピーの魅力5:ハッピー役は監督もこなす敏腕俳優!

Robert Downey Jr and Jon Favreau . #RobertDowneyJr #JonFavreau #IronMan #Happy

Marvel Actorsさん(@actorsmarvel)がシェアした投稿 –

お待たせしました!先述で、ハッピー役の俳優が「忙しい」といっていたワケがここで明かされます!ご存知の方も多いかと思いますが、「ハロルド・“ハッピー”・ホーガン」を演じていたのは「ジョン・ファヴロー」という映画監督やプロデューサーもこなす俳優です。

ジョン・ファヴローはもともとコメディアンを目指していましたが、映画に出演した際、演技に取りつかれたようです。その後は「となりのサインフェルド」「フレンズ」「シカゴホープ」「名探偵モンク」などの人気テレビドラマで俳優として活躍をしていました。

そして2008年に転機がやってきます。ロバート・ダウニーJr.が主演する「アイアンマン」で監督を務めることになったのです。そして無愛想なハッピー役は監督自ら演じることになり、同じ作品で監督をしながら俳優をすることで「忙しい」結果となりました。

この「アイアンマン」は大ヒットとなり、続編の「アイアンマン2」でも監督を務めながらハッピーを演じていましたが、「アイアンマン3」では監督を降板。「解雇か?」なんて噂も飛び交いましたが、ハッピー役で出演は続行!

実は、ディズニーのマジックキングダムをテーマにした映画企画が持ち上がっていたんですね。その後「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で製作総指揮「スパイダーマン:ホームカミング」ではハッピーとして出演しています。

『アイアンマン』ハッピー・ホーガンにはもう会えないのか?



マーベルヒーローがどんどん増えていく中、サブキャラの位置付けであるハッピーの出番は少なくなっていくかもしれません。しかし、ジョン・ファヴローは映画監督・脚本家・俳優として道を切り開いています。

ジョン・ファヴローは2016年に制作・監督を務めた「ジャングル・ブック」で大成功を収め、ディズニーへの進出も果たしました。ハッピーとしての活躍はもう見られないかもしれませんが、ジョン・ファヴローとは違う作品で出会うこともあるでしょう。

しかし、コミカルなハッピーの姿も見たい!と思うアナタは、今後のマーベル作品を待ちましょう。マーベルにはまだまだ映画化されていない作品が眠っています。トニーとハッピー、ペッパーとの三角関係も見られるかもしれません!こちらの記事もチェック!

アイアンマン(字幕版)
アイアンマン(字幕版)
posted with amazlet at 17.10.26
(2013-11-26)
売り上げランキング: 30,709