【マイティ・ソー2 ダークワールド】ロキとソーが共闘!あらすじ&ネタバレ紹介!

アメリカ、マーベル・コミックスの作品を原作に実写映画化していく大型プロジェクト『マーベル・シネマティック・ユニバース』。様々な超人達が活躍するその作品群の中で、何か一人だけ場違いなほどにファンタジックな格好のヒゲイケメンが一人。そー、そーなんです! 彼こそが『マイティ・ソー』なのです! ダジャレか!
今回は、そんな『マイティ・ソー』シリーズの2作目、『ダークワールド』を餅月のノリでがっつりネタバレ!
それでは行ってみよう! 「力は筋肉! 脳も筋肉だし、腕も脚も筋肉。つまり全身が脳なのだ!」(……公式だからね、このネタ)

『マイティ・ソー2 / ダーク・ワールド』ってどんな映画?

シリーズ2作目! マーベル・シネマティック・ユニバースとしては8作目!

出典:https://www.amazon.co.jp

日本でも中学2年生を中心にお馴染みである北欧神話をベースとして、雷神トールを主人公にメリケンテイストに染めてヒーローに仕立て上げちゃったマーベル・コミックスの異色作、『マイティ・ソー』。原作とは大胆に設定を変え、SFテイストも交えて独特な雰囲気の作品に仕上がった前作に続き、『マーベル・シネマティック・ユニバース』(以下『MCU』フェイズ2の作品として製作されたのが本作、『マイティ・ソー / ダークワールド』です。
そう、正式名称には、『2』って入ってないんですね。なのにGoogleでは、『マイティ・ソー2』で検索すると『ダークワールド』がヒットする不思議。なんで、一応記事のタイトルや見出しの随所に『2』入れちゃってます。(テヘペロ)

作品の内容に関しては、後程がっつりネタバレ交えて解説するとして、本作は『MCU』シリーズの8作目として製作された作品です。『MCU』フェイズ1では、各作品のヒーローの紹介を重視したからか、ヒーローの違う作品で続編らしい演出は控えていたようです。
しかし、フェイズ2に入ってからは「主人公が違えど『MCU』の続編!」というテイストをかなり強く打ち出してきてるので、視聴の際には『マイティ・ソー』の前作だけでなく、『アベンジャーズ』ぐらいはご覧になっておいた方が物語を理解しやすいかと。
――基本、筋肉なエンターテイメント作品なんで、物語を理解しようとかしないで愉しんだモン勝ちなんですけどね。

ちょっとトリビア / 『ワンダー・ウーマン』のパティ・ジェンキンス監督もちょっと関わっていた!?


ちなみに、企画段階から撮影に入るまでに脚本家や監督がコロコロ変わった事でも知られる本作は、DCコミックス原作の『ワンダー・ウーマン』を監督し、女性監督作品の興行収入歴代一位を叩き出したパティ・ジェンキンスにも一時監督をオーダーしていました。ジェンキンスは一時的に本作の監督として企画に参加し、ソーに『ロミオとジュリエット』を盛り込もうとしてマーベル側に却下され、3ヶ月ほどで監督を降板しています。
「いくら筋肉映画だからって、ちょっとそのアイデアには無理あるんじゃないの?」って思うかも知れませんが、このトリビアを踏まえて本作を観てみると、パティ・ジェンキンスが『ロミオとジュリエット』テイストを盛り込みたくなった理由が垣間見れるかも知れませんね(ていうか、筆者には明確に見えました)。


それでは、次の項からがっつりとネタバレかましつつストーリーに迫っていきましょう! 「ネタバレ、ダメ、絶対!」な人は読み飛ばしてツタヤかゲオにGo!

『マイティ・ソー2 / ダーク・ワールド』 ストーリーネタバレ1:浅野忠信も出演してるプロローグ!

まずは宇宙の歴史からお勉強しましょう


むかーし昔のそのまた昔、宇宙も誕生していなかった頃、闇の中からダークエルフが生まれました。その中でも飛びっきり邪悪なマレキスは、闇の中からインフィニティ・ストーンの一つ、リアリティ・ストーンエーテルを生み出し、9つの光の世界で構成された宇宙が産声を上げた途端、何故か「潰す!」と宇宙滅亡宣言エーテルの力で宇宙を再び暗黒に染めようと動き出します。
「そうは行くか」とマレキス率いるダークエルフに応戦したのが、オーディンの父(つまりソーのお爺ちゃん)ボー。彼が率いるアスガルド軍は奮戦し、何とかエーテルを奪取。マレキスは一握りの手勢と共に姿を消し、ダークエルフ軍は壊滅したのでした。

――で、現代、アスガルドとヴァナヘイムにて


アスガルドでは、ニューヨークでチタウリと一暴れ(『アベンジャーズ』で描かれた「ニューヨーク決戦」のこと)したロキがソーによって捕まり、オーディン父ちゃんにこっ酷く搾られていました。ていうか、寒さに震える子猫感覚で拾ってきといて「ほっといたら死んでたおまえを拾ってきてやったのに」とかロキに暴言吐くオーディンには、「そんなだからロキが捻くれて育ったんでしょ」と言ってやりたい。さすが、ソーの実父だけあって脳まで筋肉
さて、ロキが地下牢に幽閉されている頃、我らが筋肉、もといソーさんは、惑星直列に起因する混乱で大騒ぎの世界を渡り歩き、戦争や略奪を止めるのに大忙し。アスガルドのウォリアーズ・スリーの一人、浅野忠信演じるホーガンの故郷ヴァナヘイムも例外ではなく、戦争を停める為にソーは大活躍。ホーガンに「しばらく故郷でゆっくりしてったら」とかナイスガイぶっていたのでした。

『マイティ・ソー2 / ダーク・ワールド』 ストーリーネタバレ2:エーテルがジェーンの身体に!?

危ない場所には近づいちゃダメっていう教訓


エリック博士に着いてロンドンに来ていたヒロインのジェーンその助手のダーシーさらにその助手のイアンは、博士がストーンヘンジで露出&公然ワイセツのコンボで警察に御用になっている間に、惑星直列の影響で重力が弱まったり、空間が歪んだりして世界の境界が不安定になっている廃墟(倉庫か工場)を発見。
調査中に境界の向こう側へと吸い込まれてしまったジェーンは、その先で謎の物体に触れてしまい、それと知らずに封印されていたエーテルをその身に宿してしまいます。

そして、目覚める古の邪悪


ソーのお爺ちゃんに敗れて姿を消し、そのまま5千年ぐらい眠っていたマレキスは、エーテルの封印がジェーンによって解かれてしまった為、永い眠りから目を覚まします
ちょうどその頃、アスガルドのビフレスト(北欧神話に登場する虹の橋のことなんだけど、『マイティ・ソー』ではワープゲートみたいな扱い)の番人で全ての世界を見渡せるヘイムダルは、「ジェーンが消えた」とソーに告げます

2年も彼女を放って置くと引っ叩かれます(当然)

ジェーンが心配でビフレストを通って地球に駆けつけたソーは、地球に戻ってきたジェーンと再会。いきなりビンタ2発も食らいます。そりゃそうだよね、いくらヒゲ筋肉ロン毛筋肉イケメンだからって、ナタリー・ポートマン級の美女を2年もほっといたらビンタ2発でも足りんわ。
さて、エーテルを宿してしまったことで不思議パワーを身に着けてしまったジェーンは、私有地に不法侵入したかどで警察に逮捕されそうになり、不思議パワーで警察を吹っ飛ばしてしまい、公務執行妨害待ったなし。ジェーンの変化に気付いたソーは、アスガルドへとジェーンを連れて行くことに。ビフレスト初体験で「今のもう一回」とかはしゃぐジェーン可愛い

『マイティ・ソー2 / ダーク・ワールド』 ストーリーネタバレ3:キャプテン・アメリカもカメオ出演!?

そして、物語の舞台はアスガルドへ!

地球人であるジェーンの身体に起こっている変化にアスガルドの女医さんたちも困惑する中、オーディンだけはその変化の原因がエーテルであると気付きます。エーテルは前述の通り、『MCU』シリーズの鍵となる6つの秘法=インフィニティ・ストーンの一つであり、物質を暗黒物質へ転換する力があり、生き物に寄生して生命力を吸い取るんだそうです。そして、「エーテルを身体から取り出す方法は無い」とオーディンは断言します。
でも、『マイティ・ソー』のオーディンて、神話より足りない(何が?)人だからなぁ……。息子のソーに「父は全知全能じゃない」とか陰口叩かれても仕方ないくらいに。

#thorandjane #thedarkworld #natalieportman #chrishemsworth

Annaさん(@_chris_hemsworth_fanpage_)がシェアした投稿 –

その頃、地下牢に囚われているロキは、面会に来た母=王妃フリッガと久し振りに母子の会話中。万年反抗期のロキは、大好きなママンにも素直になれず、ついつい憎まれ口を叩いてしまいちょっぴり自己嫌悪。思春期か。
一方、お兄さんのソーは、2年ぶりに会った彼女と久し振りにロマンチックが止まらない感じ。ジェーンも身体がピンチなのに、ソーとのイチャコラが止まりません。面会終えたお母様=王妃フリッガに邪魔されちゃうんだけどね。

マレキス襲来! 蹂躙される神々の国

そんな各人が嵐の前の静けさを享受していた頃、マレキスの刺客=アルグリムは、ならず者を装ってアスガルドの兵に捕まり、易々とアスガルドの城の地下牢に潜入成功。謎の石の力でカースと呼ばれる化け物と化して脱獄し、囚人達を逃がして城を混乱に陥れます。
時同じくして、マレキス率いるダークエルフの艦隊もアスガルドに襲来。防御壁を張ることも阻止されてしまい、アスガルドの城はマレキスたちダークエルフによって蹂躙されてしまいます。


ジェーンの肉体に宿ったエーテルを求めてやってきたマレキスは、ジェーンの身柄を預かった王妃フリッガと対峙。フリッガの策でジェーンは無事でしたが、代わりにフリッガは命を落としてしまいます。怒り狂ったソーの雷撃で顔を焼かれたマレキスは、命からがら撤退。アスガルドは、余りにも大きな犠牲を払い、ダークエルフを退けたのでした……。

ソー & ロキ、宇宙最強の兄弟タッグ結成!

王妃を失い、やけっぱち気味になってるオーディン様。防御壁も破壊されたままだというのに、ジェーンを幽閉して篭城モード「ダークエルフが攻めてきたら、一万総玉砕ぢゃ!」指導者らしからぬ暴論ぶちかます老害っぷりです。
こんな老いぼれに任せてたらいけねぇと、ジェーンを連れてダークワールド=スヴァルトヘイムへと侵攻する策を練るソー。帰省中のホーガンを除くウォリアーズ・スリー等、気の置ける若い仲間達と画策し、ビフレスト以外の別世界へ通じる道を知るロキを脱獄させることにします。

フリッガの死を嘆き、八つ当たり&いじけモードのロキを、「母の仇を討つ」という名目で焚き付けるソー。思惑通りに奮起したロキを牢から出したソーは、兄弟タッグを結成。シフによって解放されたジェーンと三人で、ダークエルフの船を使って城を脱出(船の起動方法が判らず殴って起動させたソー、マジ筋肉)。マレキスたちが潜伏するスヴァルトヘイムへと旅立ちます。

ちなみに、見出しに書いたキャプテン・アメリカのカメオ出演するシーンはこの辺り。牢から出してもらったロキとソーが城の中を歩いてるシーンで、調子に乗ったロキが「お兄ちゃん構ってモード」で幻術使って変装しまくりソーにちょっかい出すのですが、その時にロキがキャプテン・アメリカに化けるのです。
ハリウッド……というかアメリカって、契約がかなりシビアに重要視されるんですが、映画の出演契約の場合、「今後○年で、御社の映画○○本に出演します」みたいな契約になるんだとか。当然、日本の友情出演レベルのカメオ出演じゃ1本とカウントしないのが慣習ですが、余り何度もカメオ出演させられたりすると、俳優が怒って「今までのカメオ全部1本てカウントして、契約はもう果たしたってことで」と出演拒否に繋がることもあるんだとか

その点、キャプテン・アメリカに扮するクリス・エヴァンスは、マーベルと6作出演という契約を結んでいるそうですが、今回とか、『スパイダーマン・ホームカミング』とか、「何回カメオすんだ」とツッコミたくなるぐらいです。
『アベンジャーズ』の4作目で契約満了の予定であり、マーベル側も「それでおしまい」と強調していますが、むしろクリスの方が「キャプテン・アメリカ愛」は強いようで、「やらせてくれるなら喜んで!」って感じなんだそうです。
おっと、キャップ一押しだからって話が逸れ過ぎた。星条旗マンの話はこのくらいにしておいて、そろそろ筋肉神の話に戻りましょう。

『マイティ・ソー2 / ダーク・ワールド』 ストーリーネタバレ4:ラストはロンドン決戦!

スヴァルトヘイム決戦! えー、ロキ、死んでまうん?

スヴァルトヘイムへ「じゃじゃーん♪(ロキ談)」と辿り着いた一行。マレキスに騙まし討ちする為、ソーとロキは一芝居打ちます。ロキが裏切ったように見せかけ、マレキスにジェーンの身体からエーテルを抜き出させるよう仕向け、外に出たエーテルをソーのハンマー=ムジョルニアで壊してしまおうという算段です。
しかし、腐ってもインフィニティ・ストーンの一つ。ハンマーでどつかれた程度で壊れるわけもなく、エーテルはマレキスが吸収してしまいます。

ジェーンをエーテルから救えたものの、マレキスには逃げられ、残ったダークエルフとカースに苦戦するソーとロキ。ロキは捨て身でカースを倒し、ソーの腕の中で絶命してしま……って死ぬんかい!!!?
ちなみに、アメリカではファンの間でロキが大人気犬猿の仲ぶってお兄ちゃんラブなブラコン弟キャラ=ロキ。久し振りにお兄ちゃんと並んで歩いてあんなにはしゃいで見せたり、スヴァルトヘイムへ向かう船の中ではトムとジェリーよろしく楽しく喧嘩しちゃったり、可愛すぎる弟キャラ(神)のロキ。
まぁ、速攻でファンなら解るシーンが待ってるので、嘆くこともないんですけどね。死んだフリとかお茶目過ぎんだよ、ロキ。

改めまして、ロンドン決戦! 9つの世界を股にかけ、ソーとマレキス大暴れ!


ロキまで失った悲しみに暮れ、嵐の中、洞窟に辿り着いたソーとジェーン。一息ついたジェーンは、エーテルを通じて感じたマレキスの思考から、マレキスが惑星直列を使った9つの世界の崩壊を、地球で起こすと気付きます。
しかし、ロキも居ない、ビフレストも使えない今の2人では、世界を渡ることもできません。万事休すかと思われたその時、洞窟に鳴り響く間抜けな着信音。ジェーンの携帯電話です。なんと、ご都合主義過ぎる展開ですが、2人が逃げ込んだ洞窟が世界の境界が不安定になっているポイントで、地球と通じる境界が存在したというワケですね。

で、ロンドンに戻った2人。例の変態事件で強制入院されてたエリック博士を連れ出したダーシーたちと合流し、マレキスの目的地を割り出そうとします。『MCU』世界では、古代文明の巨大な遺跡は、惑星直列時の重力変動を用いて建造されたんだとか。だから、その痕跡である遺跡を線で結んだ中心は……グリニッジ。そう、あのグリニッジ天文台のグリニッジですね。
9つの世界が完全に重なる瞬間、最も効果的なポイント=グリニッジでエーテルを使えば、宇宙の全てが破壊されてしまう。ジェーンは、エリック博士が開発した特異点を検出する杭の様な装置を、空間転移させてしまう装置として活用マレキスを転移させて邪魔してやる作戦を立案します。

ソーはマレキスと一対一のタイマン勝負。惑星直列の影響で、世界と世界の境界が曖昧になったグリニッジで、一発殴っては違う世界に飛ばされ、異世界でぶん殴れば地球を通過してまた異世界へ。果ては投げたムジョルニアがマレキス素通りして月までぶっ飛ぶ、9つの世界を股にかけたドラゴンボールも真っ青の出鱈目バトルを展開
戦闘中、ダークエルフの船に攻撃しようとしたイギリス空軍の戦闘機がホーガンの故郷ヴァナヘイムに迷い込んじゃって、ホーガンが「ん? 何? 今の」って顔するところ浅野忠信のプロローグ以来の出番なのでお見逃しなく
あと、飛んでったソーのハンマー、ムニョムニョことムジョルニアがソーとマレキスが異世界飛び歩いてる所為で、迷子になりつつもソーのところに戻ってこようと必死に飛んでる姿が萌えポイント。


で、一人3駅先の地下鉄のホームに飛ばされた所為で、地下鉄に乗ってグリニッジに戻る羽目になり、マレキスを停めることに失敗してしまったソー。発動したエーテルが世界を侵食し始める中、地下鉄で戻ってきたソーは、エリック博士の装置を持ってマレキスと最後の決戦へ
装置と共にムジョルニアの一撃を叩き込み、マレキスごとエーテルを異世界へ転移。エリック博士の機転でちょっと遅れて飛ばされたダークエルフの船に押し潰され、マレキスは敗れたのでした。最後の決着、ちょっと雑ですね。


マレキスから9つの世界を救ったことでオーディンに褒められたソーは、褒美として自由を求めます。オーディンはその想いを受け止め、ムジョルニアと共にソーの旅立ちを認めます
しかし、そのオーディンは、なんとロキが化けていたのでした! ほらね、言ったでしょ? ロキがそんな簡単に死ぬはずないやん。アスガルド兵がスヴァルトヘイムに行ってたシーンで、ロキの変身時の光がちゃんと映ってたんで、ロキのファンなら判ってましたとも。
と、いうワケで、ロキ死んでませーん次の『ラグナロク(邦題:バトルロイヤル)』でも続投でーす。マーベル最強のお茶目神、もしくはお茶目ヴィラン、ロキの活躍をお楽しみに! つづく!

『マイティ・ソー2 / ダーク・ワールド』 ストーリーネタバレ5:そして、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』へ!

破壊も封印も出来ないエーテルをアスガルドは……


さて、世界は救われたワケですが、最後の決着が雑なので「マレキスはちゃんと死んだのか? エーテルの行方は?」と心配になった皆さん、ご安心下さい。マレキス、死んでますエーテル、回収されてます
アスガルドによって回収され、キューブ状の石に封印されたエーテルは、ソーの信頼厚い仲間、シフとヴォルスタッグの手によって、ザ・コレクターという人物の下へと届けられます。
シフとヴォルスタッグ曰く、アスガルドは、既にインフィニティ・ストーンの一つ、四次元キューブを保管しているので、エーテルまで一緒に保管するのは危険と判断したそうな。


原作におけるコレクターさんは、超存在エルダーズ・オブ・ユニバースの一人不老で限りなく不死に近い存在宇宙の崩壊に備えてあらゆる物を標本として収集、保管している人なので、収集癖が酷すぎてアベンジャーズまで標本にしようとしちゃって敵対することに……なんてよくある変人キャラです。
『MCU』版では、インフィニティ・ストーンを収集する気満々のご様子な上、続く『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でも登場するコレクターさん。すんげー怪しいけど、本当にこんなヤツに預けちゃって大丈夫なんだろうか? 人選間違ってない? アスガルドの皆さん

神様だって恋したい! ナタリー・ポートマン相手なら誰だってしたいわ!


――と、いうワケで、世界を救い、一人の男として恋に順ずる生き様を選んだソーさん。ラストでビフレストを通って地球に戻ったソーは、ジェーンと熱い抱擁とキスを交わします。うん、映画のハッピーエンドは、やっぱ主人公とヒロインのキスシーンだよね!
リュック・ベッソンの『レオン』の時からファンの筆者(誰だ、今ロ○コンとか言ったヤツ!)からすれば、ソーの選択は男としてアリのアリアリ、大アリなワケですが、実はこのシーン、裏があるんです。

本作の大団円を飾るソーとジェーンのキスシーン撮影終了後に撮り直しが行われたシーンの一つでもあります。が、その撮り直しの時、ソー演じるクリスは香港でお仕事中。ジェーン演じるナタリーの方は、既に別の映画の撮影に入っており、香港まで行くわけにもいかず。
結果、最後のシーンのジェーンは、なんと、女優やってるクリスの奥さん(エルザ・パタキー)にジェーンのウィッグと衣装を着せて撮影したんですって。ああ、確かに、ジェーンの顔はっきり映してねー! 最後の最後の最高のシーンでヒロイン代役とか、何処までいい加減(褒め言葉)なの、この映画。

――さて、そんなワケでコメディ作品としてご紹介した『マイティ・ソー / ダークワールド』のネタバレあらすじ紹介、如何でしたか? 生粋のアメコミギークだけでなく、オタクじゃない観客も動員しやすい様にリアリティを尊重している『MCU』作品ですが、その中でも『マイティ・ソー』だけはファンタジーとSFが入り混じった不思議なテイストのシリーズです。
もう、その出鱈目っぷりの時点でシリアスに受け止めるのもどうか、という話になっているワケですが、リアリティ重視でシリアスに振り過ぎた為、ともすれば中二病っぽいテイストに陥る『MCU』作品の中で、『ソー』だけは最初っから「そんな真面目に観んなよ、映画だぜ?」ってシリーズだと思うのです。「真面目に不真面目、怪傑ソー」なんですよ。

もーね、公式からしてこんなネタぶちかますんですから、真面目な解釈しようとしてる時点で観方を間違っちゃってるワケですよ。そんなワケで皆さん、『ソー』は筋肉エンターテイメント作品です。随所に散りばめられたネタを愉しみつつ、ハンマーに萌え、ロキを愛でる。それで良いんです。
ネタバレあらすじ何かじゃ語りきれない細かいネタ満載の、抱腹絶倒筋肉神アクション映画『マイティ・ソー / ダークワールド』。皆さんも是非、ご覧下さい! いや、マジで紹介し切れなかったネタ盛り沢山ですから!
こちらの記事もオススメ!
マイティ・ソー/ダーク・ワールド(字幕版)
(2014-06-18)
売り上げランキング: 1,945

マイティ・ソー (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 2,000