【宝石の国/ルチル】素敵なドクターはマッドサイエンティスト!?宝石たちを支えるお医者さんの魅力5選!

個性豊かな宝石たちが活躍するアニメ「宝石の国」。今回は戦う宝石たちを支えるお医者さん、ルチルの魅力についてご紹介します。

「宝石の国」ルチルとは?

戦う宝石たちをケアするお医者さん



ルチルクオーツ:硬度は6。宝石たちの中では医療を担当しており、主に月人との戦闘で割れてしまった宝石の修復やそれに使用する樹脂などの管理を担当しています。月人との戦闘のたびに割れたり傷ついたりする宝石たちにとって、ルチルの医療の技術はなくてはならない大切なものです。

性格は慎重で繊細・・・と見せかけて意外に適当で、時折イエローなどの年長者に向けて毒を吐くことも。ずっと眠っている相方・パパラチアに相談に来た宝石にパパラチアの代わりに返事を返したり、フォスに挑発されると思わず乗ってしまったりと、意外にノリのいいところもあります

ルチルの魅力1:声優は内山夕実!

素敵な女医さんのようなイメージに!

ルチルの魅力的な声を担当するのは声優の内山夕実さん。代表作は「Aチャンネル」のナギ、「ニセコイ」の宮本るりなど。2005年に別名義でいったんデビューしましたが、その後家庭の事情で一度引退。普通のOLとして就職しましたが、その後3年のブランクを経てふたたび声優に復帰したという頑張り屋さんです。

ルチルは漫画を読んでいた時は男性的なイメージがありましたが、アニメでは内山さんの声がついたおかげで女医さんのようなイメージになりました。ノリのいい女医さん、可愛いです。

ルチルの魅力2:かわいい宝石たちのお医者さん!

仕事は宝石たちの修復


日々襲い来る月人との戦闘によって傷ついたり割れてしまった宝石たちの修復を担当しています。宝石たちは不死身のため破片をくっつけるだけで身体を治せますが、その継ぎ接ぎにも技術がいるようで修復は主にルチルの担当する仕事となっています。

他の子たちも修復ができないわけではないのですが、漫画版で「お前が割れたらどうする」と言われていたところを見るとルチルが割れたらみんなが困るくらい頼られている様子。ちなみにフォスは以前修復を手伝っていてほかの子の足を逆にくっつけてしまったことがあるようです。さすがの主人公といったところですね。

ルチルの魅力3:神経質そうに見えて実はテキトー!?

真面目なのは外見だけ?

白衣に無表情、さらにお医者さんと堅物で真面目な外見のルチルさんですが、実は真面目一辺倒な性格ではありません。その実態は意外なことに適当キャラ!前触れもなく靭性検査を始めて突然議長をかなづちで殴ったり、謎の生き物を躊躇なく解剖しようとしたりとその行動は意外にフリーダム。

主人公であるフォスも色々やらかしている自由人なのですが、ルチルは表情を崩さないままやりたいことをやってしまうというフォスとは違う方向の自由人のようです。マッドサイエンティストと呼ばれてしまうのも納得の自由なふるまい、とにかく外見とのギャップがすごいです。

挑発にも簡単に乗る



フォスから軽口を叩かれたり挑発を受けたりするとそのまま乗ってきてしまうことも。やっぱり表情は崩しませんが、体勢がノリノリだったりしてかえって怖い。

ルチルを怒らせると色々恐ろしい目に遭いそうな気もしますが、フォスはルチルに対して結構軽口をたたくことが多いです。身体がもろいため一番割れやすく、その分ルチルのお世話になっていることも多いフォス。会う頻度が高いためか、このコンビは原作の漫画でも何かと絡むことが多いです。

ノリノリで脱いでくれます



「モデルですか?いやです」と言いながら素早く白衣を脱ぐルチル。その場にいた宝石たちに「どっちだよ」と突っ込まれながらもちゃんとモデルをやってくれます。

無表情で怖いキャラに見えるルチルですが、このような謎のノリとのギャップが可愛いギャップ美人ですね!普段は冷静で真面目ですが、とってもお茶目さんです。

ルチルの魅力4:ヤブ医者って呼ばれがち!名医と呼んで!

何故かヤブ医者と呼ばれがち


きちんと仕事をしているにもかかわらず、その自由な性格のせいか公式でヤブ医者疑惑のあるルチル。本人もすこし気にしているようで、フォスに「ヤブ」と言われると簡単に挑発に乗ってしまいます。

単行本の見開きのキャラクター紹介にもわざわざ「ヤブではない」と書かれてしまう始末。こうして書かれると余計に疑惑が深まるような気もしますが、与えられた仕事はきちんとこなす「名医」です。

ちゃんとお仕事しています



貪欲なインクルージョンのおかげでなんでもくっついてしまうフォスと違い、本来宝石たちは自分とは違う素材のものは付きにくいようにできています。カンゴームの腕を修復し、まだ腕の接着が甘いとカンゴームに注意を促すルチルは完全に頼れるお医者さんのそれ。

ノリが軽くて真顔のまま自由なことを始めてしまいますが、ルチルは職務には忠実なのも魅力です。自由なときとお仕事モードのギャップが素敵。


ルチルの魅力5:相棒を支えた過去、ルチルとパパラチア

ルチルのかつての相棒、パパラチア



ルチルが医療を極めている理由、それはルチルが過去に組んでいた相方にありました。ルチルのかつての相方は、オレンジ色の髪がまぶしい宝石・パパラチア。ルチルは彼を支えるために医療を上達させてついに宝石たちの修復を任されるまでに成長したのです。

パパラチアはイエローお兄様と同じくらいの生まれの年長者です。 彼は特異体質で生まれつき体におおきな穴がいくつも空いていました。ルチルはそんな彼を医療でサポートしましたが、やがてパパラチアは動けなくなり眠りについてしまいます。

年々難しくなるパズル

活動できなくなったパパラチアは現在医務室で眠っていますが、体の穴に他の石を組み込むと時々動けるようになることがあります。ルチルはそれをパズルと呼んでおり、彼の目標は相方であったパパラチアを再び動けるようにしてあげること。その熱の入りようは、冬眠中でも石の組み合わせを考えつくと起きだしてしまうほど。

しかしパパラチアのパズルは回を重ねるごとに難しくなっており、最近では起きてくるほうが稀。ルチルは自分の非力さを責めていますが、パパラチアは手間も時間もかかる自分のパズルをルチルに諦めてほしいと思っています。

不死身であるが故に、何事も諦めきれない宝石たち。ルチルがパパラチアのパズルを攻略することはできるのでしょうか?

物語のキーパーソン!素敵なお医者さんルチルの活躍に今後も注目!



医師という立場から様々な宝石たちとの交流があり、真面目で仕事熱心だけどお茶目でノリのいいルチル。アニメにも早速出演して大活躍しています。

主人公・フォスとの関係はもちろん、かつての相棒であるパパラチアとの切ない関係もこれからどう展開するのか気になるところ。宝石たち髄一のキーパーソン・ルチルのこれからの活躍からますます目が離せません!

宝石の国  コミック 1-7巻セット

売り上げランキング: 12,575