【3月のライオン】あかりは天然?自然に人を惹きつける10の魅力!

「3月のライオン」の川本あかりは主人公桐山零を支える重要な役割も果たしています。作中でもたくさんの人間と関わり、繋がりを持っていますが、何故そこまで人を惹きつけるのか紹介していきます。

『3月のライオン』あかりとは?



川本あかりは、川本家の長女母親は他界しており父親は高校生の頃に蒸発しました。そのため次女ひなたと3女モモの親代わりとして祖父の和菓子屋を手伝ったり、叔母の経営するスナックの手伝いなどをして生計を立てています。将棋のことは一切分かりませんが、桐山を偶然助けたことから将棋関係者との縁ができたりしました。

特に桐山と同期の二階堂のことが気になって仕方がなく家にくるたびにもてなしています。芯がしっかりとしていて、家族のことを何よりも考えているので自分を犠牲にしても家族を守るという感じです。しかしそればかりでは疲れてしまうので、楽しく生きようという風に考えています。

イベントを大事にしていてみんなでわいわいと騒ぐのが好きでもあります。
こちらの記事もチェック!

【3月のライオン】あかりの魅力その1:桐山の恩人である



桐山がデビューして間もない頃に悪い先輩に連れられて飲めないお酒を無理やり飲まされました。そのために酔って動けなくなっていたところをあかりが救いました。家まで連れて行って介抱したことで桐山の調子も良くなったのです。

そんな出来事がきっかけで桐山も川本家へと出入りするようになるのですが、ずっと一人ぼっちで将棋としか向き合ってこなかった桐山には転機となることでもありました。人と向き合ってこなかったから川本家を通じていろいろな人と向き合うことができるようになったのです。

あかりもそんな桐山の性格が分かっているから、何かと理由をつけて強引に川本家での食事を誘ったりしています。桐山も頼られることに対して温かみも感じ、本当の家族ってこんな感じなんだな……と実感しています。

【3月のライオン】あかりの魅力その2:年齢の割に童顔



あかりの容姿は美人というよりはかわいいといった系統になるでしょう。年齢は23歳なのですが、女子高生にも見えてしまいそうな感じです。それも性格が表に出てしまっているということもあります。おっとりとした性格で、来る者拒まず受け入れてくれる様子が誰もを和ませてくれます。

ちょっとしたことでも幸せを感じて、嬉しさを分かりやすく出しているあたりもかわいいと思わせる行動です。だからといって何も考えていないという訳ではありません。しっかりとした大人としての考えももっているので、オンとオフがはっきりしているのかもしれませんね。

かわいい顔をしているのに中身はしっかり……そんなギャップが男からするとたまらないです。

1 / 4