市原隼人出演映画おすすめランキングTOP10 その熱い演技は必見!

イケメン俳優として人気を得た市原隼人。数々のドラマ、映画に出演しています。あまりにも出演作が多いので、映画に絞っておすすめを紹介!映画のあらすじや見逃してはならないポイントなどを解説しています。

存在感ある演技力!市原隼人とは?

1987年2月6日生まれ、神奈川県川崎市出身です。小学校5年生の時渋谷でスカウトされ、事務所スターダスト・プロモーションに所属します。高校生ぐらいでスカウトされた話はよく聞きますが、小学校5年生でスカウトとは、整った顔してたんでしょうね。

デビューはCM「スパ王」。深田恭子さんがスパ王を食べているのを、ベランダから見ている中学生の役でした。可愛い中学生ですよね。ちょっとタッキーに似てるなと思いました。

その後ドラマ「ヤンキー母校へ帰る」に出演してからというもの、ず~っと第一線を走り続けています。その中でも、出演した映画のお勧め10本をランキングしてみました。

市原隼人おすすめ映画10位 「無限の住人」


木村拓哉さん主演の映画です。SMAPにあんな事件があった後初めて出演の映画だったので、そこばかり取り上げられていましたが、漫画で既に人気があり評価を得ている面白いストーリーなんです。

刺客集団に両親を殺された浅野凛(杉咲花)が、不死身の肉体を持つ男・万次(木村拓哉)に復讐を手伝って欲しいと依頼し、一緒に刺客集団と闘う話です。R12に指定されているのですが、腕を斬り落としたりと、かなり残忍なシーンもあります。

市原さんが演じた尸良は、血も涙もない極悪非道で、賞金稼ぎのために万次と凛と手を組みます。しかしそれが失敗したと分かると、怒りにまかせ女性を暴行しようとするので、市原さん自身も「ここまでやちゃっていいんですかね。」とコメントしてました。

市原隼人おすすめ映画9位 「黄泉がえり」



熊本県阿蘇市に死んだ人が黄泉がえるといわれる場所があります。厚生労働省の川田平太(草彅剛)が謎を探るために現地に行きます。ここは川田の故郷で、幼馴染の橘葵(竹内結子)は婚約者・俊介(伊勢谷友介)を事故で亡くしてしまって、黄泉がえることを強く願っていました。

市原さんはいじめによって自殺してしまった中学生・山田克典役で、葬儀の最中に黄泉がえります。黄泉がえらせたのは、克典のことを小学生のころから好きだった森下直美(長澤まさみ)です。

黄泉がえる現象がいくつか起こり、それぞれ感動します。田中邦衛さんなんて、黄泉がえった奥さんと手話で話してもう涙!ストーリーも素敵ですが、中学生の市原さんと長澤まさみさんが初々しくて可愛いです。

市原隼人おすすめ映画8位 「陰陽師Ⅱ」



平安時代、太陽の光が消えた「日暮れ」という現象が起きてから、身体の一部を食べる人食い鬼が現れるという怪奇現象が起こり始めます。安倍清明(野村萬斎)は調査を始めるなか、「日暮れ」がおきてから、夜な夜なさまよい歩く日美子(深田恭子)に会います。

日美子と清明は日美子の故郷・出雲村へ出かけます。そこには出雲の国の長・幻角(中井貴一)がいて、息子・須佐を鬼にしてスサノオノミコトを復活させようとしていました。この須佐が市原さんなんですが、まだ幼さが残る市原さんは可愛いです。

つまり、鬼となって人の体の一部を食べてたんですね。更にスサノオノミコトと化して都をおそちゃうんです。アマテラスになった日美子(実は姉弟)が、優しく話しかけることで須佐の戻るのですが、二人は一緒に立ち去ってしまいます。

市原隼人おすすめ映画7位 「RANMARU 神の舌を持つ男」


「絶対舌感」を持つ朝永蘭丸(向井理)は、失恋して放浪の旅に出ます。旅先で女医・りん(木村多江)に惚れてしまい、その村に住みつきます。その時、りんと噂になっていた真が殺され、りんに疑いがかかります。

真を殺した犯人を見つけるのですが、蘭丸の舌が多いに役に立つというコメディ映画ですね。市原さんは旅館の若旦那・龍之介で、蘭丸と同じくりんのことが好きなんです。テンガロハットをいつもかぶって、山形弁を話す強烈なキャラクターを演じています。

市原隼人おすすめ映画6位 「極道大戦争」



ヤクザ映画なんですけどね、一風変わってるんです。抗争中に伝統のヤクザ・神浦(リリーフランキー)が倒れます。そして自分の後を継がせるために、死に際に舎弟の影山(市原隼人)にかみつきます。

すると影山はバンパイアになるんです。バンパイアやくざを引き継ぐんですね。激しい抗争となるのですが、その間一般市民もバンパイアにかみつかれ、ヤクザになっていってしまうんですね。

硬派の役が似合う市原さんですが、鍛えぬいた見事な上半身をご披露してくれています。

市原隼人おすすめ映画5位 「ボックス」

小4まで親友同士だったカブ(市原隼人)とユウキ(高良健吾)。ユウキが東京に引っ越したため音信不通になるものの、同じ高校に通うことになって、二人はまた以前のような親友に戻ります。

二人はボクシング部に入り、毎日猛練習します。カブに一目ぼれした丸野智子(谷村美月)はボクシング部のマネージャーになります。ある日元々病弱だった智子が亡くなってしまい、カブは智子が作ってくれた練習ノートを持ち更に練習に励みます。

無敗のモンスターといわれる稲村和明と対戦することになりユウキは負けてしまいます。その後カブと稲村が対戦することになり最期にカブが勝利します。この流れだと最後にカブが勝つんだろうな~と思っていたものの、対戦中はドキドキでしたね。

市原隼人おすすめ映画4位 「DOGxPOLICE 純白の絆」

単独行動が目立つ警察官の早川勇作(市原隼人)が、警備部に移り警備犬・シロとバディになっていく話です。早川を指導する水野夏希(戸田恵梨香)とは、最初は仲たがいするものの段々と恋に発展していくところも見所です。

都内で連続爆破事件が起こり、爆発物を見つけるために警備犬が出動します。一度は失敗して犯人を取り逃がしてしまうものの、シロのずば抜けた嗅覚で、犯人を追いつめることができます。

ところが犯人を追いつめたところで、早川は鉄骨の下敷きになってしまうんです。爆弾が起爆しそうな状態で、早川が「シロ、ゴー、シロ絶対命令に従えって言っただろ!」といってシロを助けようとするんですが、シロは行かないんですよ~、もう涙涙の感動のラストでした。

市原隼人おすすめ映画3位 「猿ロック THE MOVIE」

銀行で立てこもり事件が起こり、鍵屋を営んでいる猿丸椰太郎(市原隼人)は、警察の友人山田次郎(高岡蒼甫)に頼まれ、銀行の裏口の鍵を開けます。人質もお金も無事でしたが、犯人を逃してしまいます。

ある日人質になっていた篠崎マユミ(比嘉愛未)が猿丸のものにやってきて、職場(スポーツクラブ)の鍵を開けてくれるように頼みます。鍵を開け中にはいっていたスーツケースをもって二人は逃げることになります。

犯人につながるものなので、二人は追われる身となるのですが、マユミは捕まってしまいます。そのマユミを助けるために猿丸は奮闘します。命がけでマユミを助けようとする熱い男の猿丸は、市原さんならではの味が出ています。

市原隼人おすすめ映画2位 「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」



ママチャリ(市原隼人)は、友人たちといたずらに明け暮れる日々を送っていました。ある日仲間の一人西条(石田卓也)が原付きのスピード違反でつかまり停学にます。坂の下のスピードの出る場所で待ち構えていた駐在(佐々木蔵之介)への復讐が始まります。

復讐といっても、わざとママチャリで駐在さんの前を猛スピードで往復して、自転車は軽車両だからとつかまったりするいたずらなので、ほのぼのするんです。入院していた西条に夏祭りの花火を盗む計画を持ちかけられます。

これは窃盗になるので躊躇するママチャリ達。実はずっと入院していて花火が見られない少女のために、花火を見せてあげたいという理由があったのです。最後には、駐在さんが花火師にお金を払って、少女に見せる花火を打ち上げたという、心温まるラストです。

市原隼人おすすめ映画1位 「ROOKIES 卒業」



熱血教師・川藤幸一(佐藤隆太)が、問題を抱える野球部を甲子園出場に導く青春ストーリーです。新学期になって大リーグへ行くという大きな夢を持った赤星(山本裕典)が入ってきます。

ある日赤星が不良に絡まれ、それを庇った御子柴(小出恵介)が怪我をしてしまいます。今まで協調性のなかった赤星が練習に参加するようになって、選抜大会が始まります。数々の試練を乗り越え、川藤率いる二子玉川学園は見事甲子園の切符を手にします

市原さんはピッチャーの安仁屋でした。それ以外にも、桐谷健太さん、城田優さんなど輝かしいメンバーがキャスティングされています。スポーツを通じての熱い青春ストーリーですから、ハラハラするものの感動のラストに暖かい気持ちになれます。

進化し続ける市原隼人はこれからも活躍まちがいなし!



今までアウトローな役柄が多いためか、男っぽい印象の市原隼人さんですが、昨年はドラマ「不機嫌な果実」に出演。夫のいる麻也子(栗山千明)さんを好きなってしまう役で、今でのイメージが大きく変わりました。

更に湊かなえさん原作のドラマ「リバース」では、上司のパワハラに耐えるサラリーマン役で好演。大人になったな~っと思います。大河ドラマ「直虎」にも出演していますが、以前のような無鉄砲な感じではなく、冷静な部分も備えている強い僧侶を見事に演じています。

イケメン俳優として人気があったわけですが、アイドルっぽくなくて演技派の俳優として変貌し始めていますね。作品に真面目に取り込むタイプのようなので、主演ではなくてもこれからも出演し続けるでしょう。こちらの記事もオススメ!