【東京喰種:re】オロチの正体は西尾錦!マスクの下の素顔はイケメンだった!?

謎の喰種『オロチ』登場回は『西尾錦』を知らなければ損!?『オロチ』とは?『西尾錦』とは誰なのか?ハイセの心を乱し、覚醒させた『オロチ』とその正体である『西尾錦』を【東京喰種:re】からの読者にもわかりやすく解説!きっと【東京喰種】から改めて読みたくなる!

喰種(同族)を狩る謎の喰種『オロチ』とは?

CCG(喰種対策局)の『オロチ』情報


CCGの付ける喰種の呼び名は喰種の身に着けているマスク、捕食の形跡や癖などの特徴から付けられている。『オロチ』は蛇のようなマスクを被っていることから呼び名がつけられた。
ハイセ(佐々木琲世)伊東倉本一等捜査官に『オロチ』がどんな喰種なのかを聞いているシーンがある。

現状はレートSだけどシッポがなかなかつかめない、まだ上がるかも。とりあえずかなりの手練れっぽい。はじめは准特等率いるチームが捜査してたんだけど返り討ちに遭っちゃってウチに案件が回ってきたワケ。面白いのはそいつ・・・「“喰種”を狩ってる」ようなんだよ。



理由はまだ明らかになっていないが、『オロチ』はハイセ達が追っているトルソーと呼ばれる喰種を探している。アオギリの残党トルソーを知っているか聞いた後殺している。その繰り返しから、理由を知らないCCGは「喰種を狩っている」と認識しているのだと思われる。

オロチは強いのか?討伐レートと赫子をチェック!


先程のCCG情報でも触れている『オロチ』の討伐レート。推定レートより更に上昇する可能性がある【S~(より)】としている。初めは准特等率いるチームが捜査をしていたが返り討ちに遭い、平子班に案件が回ったと倉元が話していることからも『オロチ』の強さはまだ未知数であることがうかがえる。

オロチ』の赫子は、総合的な能力が最も高く、戦闘においては中距離で最も力を発揮する【尾赫】である。形状は先端が二つに割れている巨大な赫子。赫子は喰種の体内に存在するRc細胞により構成されるため、多く消費すればガス欠状態になる。巨大な赫子を何度も形成できる『オロチ』は、かなり強い喰種だと言えるだろう。


こちらの記事もチェック!

オロチとハイセのファーストインパクト!

その確保中止『オロチ』登場!

「その確保・・・中止」とトルソーを追うクインクス達の目の前に『オロチ』登場!「悪ィけど、そこのガリ半裸は俺らのモンなんで」と自らも追っていたトルソーの確保に割って入ってきたのだ。「ちょっと遊ぼうぜ」とクインクス達に戦いを仕掛ける『オロチ』。

“白鳩には容赦しない、今のうちに摘んでやる”とクインクス達を追い詰める。初めて対峙するSレート以上の喰種に、全く歯が立たないクインクス達。大ピンチのクインクス達の元にハイセが駆け付ける!




【東京喰種】からの読者は、あれ?この赫子って…!?と思うであろう『オロチ』のバトルシーン。赫子が大きくなっているけど、この口の悪さは…!?「ただの蹴りだぜ?」と言っているが、あれはもしや…西キック!?と大興奮なのである。

オロチVSハイセ!ハイセの覚醒!!

「僕の部下に手を出すなッ」と『オロチ』と対峙するハイセ。しかし、クインケでは歯が立たない久々の強い喰種を前に「弱いねハイセ」と語りかけてくる内なる【】。呑まれない・・・と何とか意識を保つハイセ「アキラさん・・・有馬さん・・・僕に勇気を」と人差し指をバキィ・・・と鳴らす。

再生が間に合わないと必死なハイセに、再び【】が呼びかける。少しづつ覚醒していくハイセ、喰種状態を初めて目の当たりにしたクインクス達は複雑な心境。六月透“まるで別人みたいだ”と感じる。

覚醒していくハイセに“お返し”を喰らった『オロチ』は“死ぬ死ぬ”・・・ってか?お前ってヤツは・・・どこまで行っても救われねぇのな・・・」とマスクの下の素顔をさらすのだった。

『オロチ』の素顔!「西尾、先輩?って誰??」

ハイセが口にした『西尾先輩』とは誰なのか?


西尾先輩は【東京喰種】に登場している。主人公カネキ(金木研)の通う上井大学の薬学部薬学科2年、西尾錦(にしおにしき)である。カネキの友人であるヒデ(永近英良)を介し大学で出会う。しかし、カネキはその前に彼に出会っていた。ニシキと呼ばれる喰種が西尾先輩だったのだ。


何故ハイセの口から「西尾先輩」の名が出たのか?この一件が、失われた記憶をハイセ自ら辿るきっかけとなる。また、「西尾先輩」を知っている読者は『オロチ』の正体は西尾錦であると確信する。

「死ぬ死ぬっ・・・てか?」のセリフに秘められた『オロチ』の記憶

『オロチ』の言った「死ぬ死ぬ・・・ってか?」とは【東京喰種】1巻#009「孵化」でのエピソードである。

ニシキヒデを“喰いモノ”扱いされ怒るカネキ。極度の空腹と喰種としての力の差により、ニシキに全く歯が立たない。薄らぐ意識の中で『ヒデが殺されるのは嫌だ、そんなのゆるせない』とカネキは「孵化」する・・・。ニシキカネキの“赫子”が襲い掛かる!「ぎゃ・・・めろッ!!やめろォ馬鹿野郎ォォ!!」「死ぬッ!!死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ!!死ぬゥゥウゥゥ!!!!」ニシキは致命傷を負い行方を晦ませる。


『オロチ』の正体 西尾先輩こと西尾錦という男

プロフィール


西尾錦(にしおにしき) 上井大学薬学部薬学科2年生。主人公金木研の大学の先輩。身長177cm、体重59kg、足のサイズ26.5cm。2月4日生まれのみずがめ座。血液型はO型。「ニシキ」「西尾先輩」と呼ばれている。20区所属の喰種。人間以外の好物はブロンディのコーヒー。人間のフリをするための食事の演技が上手い
口癖は「クソ」で口が悪い。性格は、神経質で攻撃的。自分のテリトリーに立ち入られることを嫌う。しかし実は情に厚い一面を見せる。(詳しくは「西尾錦の変化」にて)得意技は自称“本気出せばトーカや西方にも引けをとらない”蹴り。(ファンのなかでは『西キック』と呼ばれている)また、他の区の喰種からは“そこそこやる”と一目置かれている。

西尾錦の過去【姉の死】


は幼少期ヒトを喰べるということに“かわいそう”という感情があり、口にすることを拒んでいた。親代わりであるからホームレスの様な生活をしながら喰種としての生き方を学び育てられた。そんな貧しい生活の中、生活のためバイトに出ていたはバイト先の店長に好意を抱く。ところが喰種捜査官が襲われてしまう。嫌だ姉ちゃん・・・死ぬなよ!と泣き叫ぶニシキの目の前で、一人でも生きて・・・と息を引き取る。その後、喰種捜査官に通報したのは姉が好意を抱いていた店長だったことを突き止めるニシキ。人なんか信じられないとニシキ人間不信となってしまう。


ニシキ宛に残した手紙には姉の気持ちが込められていた。もしもの時に父が残した西尾家の真っ白な戸籍を使い、『西尾錦』として生きてください。『ニシニシ』ってちょっと変だけど我慢してね。私のヘソクリ、あなたの好きなように使ってください。困ったときは誰かに頼っても良いんだからね。・・・あ生意気は程々にしなよ?それじゃあね一緒に居てくれてありがとう。姉ちゃんより・・・と。

西尾錦の変化~二人の人間との出会い~

彼女『西野貴美』の愛


カネキに受けたに傷が回復せず、瀕死のニシキ“肉”を喰わなければ危険な状態。そこへ貴未が訪ねてきて喰種だとバレてしまう。当初ニシキは“何かに使えるかもな”と軽いノリで貴未に声をかけた。空腹で限界のニシキは「お前に声かけてよかったッ」と襲い掛かろうとするが傷が深く力が入らない。弱り切ったニシキは“通報されて終い、姉貴とおんなじ最後、つまんねー人生・・・”と諦めた。



ニシキは「・・・いらね」と貴未の肩を離す。『人を信じるのは難しい・・・けど、お前になら別に裏切られてもいいかも』と思うのだった。かつて、愛した人に裏切られ死んでいったニシキの姉と同じように、ニシキ“生きて”と願った貴未の気持ちと愛がニシキを変え、の気持ちをニシキも理解できたのではないだろうか。

『金木研』との関わり


貴未ニシキを助けるためカネキの元を訪れたが、その帰りに美食家(グルメ)こと月山に、カネキを釣る餌としてさらわれてしまう。食事がとれず瀕死のニシキ貴未を追いカネキの元へ。月山にさらわれたことを知りカネキと共に貴未を助けに向かう。しかし、ニシキは瀕死状態、カネキは激弱で手も足も出ず、トーカも参戦するが人肉以外を摂取していたことで本来の力が発揮できない。それでもしつこいニシキ月山は容赦なく攻撃する。



『何もねぇ・・・貴未以外・・・もう・・・手・・・出したら・・・殺すぞ』と諦めないニシキを見て、自分と親友を殺そうとしたニシキに対し“知りたい・・・何があの先輩をここまでさせているのか・・・今は先輩を殺されたくない”とカネキの心を動かす。カネキトーカと共に月山に立ち向かう。


その後、カネキの計らいでニシキあんていくの一員となる。そこからニシキは、徐々に本来の情に厚い性格を出せるようになり、物語の中で重要な人物となる。貴未カネキ、二人の“人間”との出会いが『西尾錦』を変えていったのである。

アニメ版西尾錦を務めた声優『浅沼晋太郎さん』

声幅と演技が凄い!


浅沼 晋太郎(あさぬま しんたろう、1976年1月5日 – )は、日本の脚本家、演出家、俳優、声優、ナレーター、コピーライター、デザイナー。岩手県盛岡市[1]出身。仙台育英学園高等学校特別進学コース卒業、多摩美術大学造形表現学部 映像演劇学科 卒業[2]。血液型はO型。左利き。身長175cm。

出典:https://ja.wikipedia.org

イケメン声優としても知られる浅沼晋太郎さん。イケメン声優ランキングに選ばれるほどである。代表作は、ダイヤのA(倉持洋一)、一週間フレンズ。(九条一)、暗殺教室(前原陽斗)など。実はCMのナレーションも数多く担当している。携帯電話会社や自動車会社、生命保険会社などなど、誰しもが1度は聞き覚えがあると言ってもいいかもしれない。多彩な才能と広い声幅を活かし、声優だけではなく多方面で活躍している。

オロチ=西尾錦はイケメンだった!!


『オロチ』こと『西尾錦』は【東京喰種】から【東京喰種:re】まで、主人公以外に大きく変化を見せているキャラクターの一人である。その中でも人気が高いのは、容姿や強さだけではなく“人間性ならぬ喰種性”ではないだろうか。まず、まあまあ突っ込みどころのあるキャラであること。特に女性人気の要因は、不器用ながら実は情に厚く優しいギャップ萌え貴未への愛の形だろう。

こちらの記事もチェック!