【エウレカセブン】レイはかっこよすぎる母親!10の魅力で活躍を振り返る!

『交響詩篇 エウレカセブン』に登場するレイ・ビームスは子供と成長がテーマの本作において、心も成熟した存在です。それだけに子供たちが憧れる生き方をしています。そんな彼女の活躍と魅力を、その悲しい結末に至るまで紹介する記事です。

『交響詩篇 エウレカセブン』レイ・ビームスとは?


レイ・ビームスは『交響詩篇 エウレカセブン』に登場する女性キャラクターです。夫のチャールズと共に傭兵を生業としており、夫婦で世界各地を自由気ままにまわって暮らしています。誰もが羨むようなかっこいい生き方です。
レイには裏のテーマに母性があります。主人公レントン・サーストンの母親役となり、エウレカのことやゲッコーステイトのことで迷っている彼に進むべき道を教えてくれるキャラクターです。
明るく楽しい生活を送っているかのように見えるレイですが、過去との悲しい因縁があります。その呪いとも言える因縁が彼女に絡みつき、悲しい最後が待っています。1章分しか登場しませんが、ファンの心に残る人物です。

『交響詩篇 エウレカセブン』とは?


『交響詩篇 エウレカセブン』はアニメ制作会社のボンズによって企画・制作されたアニメーション作品です。2005年から2006年にかけて50話が放送されました。ボンズはバンダイと共同で「Project EUREKA」を立ち上げ、同じ世界観を共有するゲームや漫画も出ています。
レントン・サーストンという名の少年がニルヴァーシュと呼ばれるロボットに乗った少女と出会い、恋をし、ゲッコーステイトのメンバーとなって世界を救う旅に出るストーリーです。冒険の中でレントンは英雄と呼ばれた父親のことや、世界の秘密を知って行きます。
主人公たちが多くの人たちと多くのことを経験していくことで、世界とどのように向き合うのかを決意していく成長の物語がウケました。いまなお人気の続く作品で、2017年から新たな劇場版が随時公開されています。

レイの魅力1:声優はベテラン・久川綾


レイ・ビームスの声役は久川綾です。1990年に『魔物ハンター妖子』で主人公役を射止め、数々のアニメで重要な役柄を演じ続けてきました。『美少女戦士セーラームーン』の水野亜美役(セーラーマーキュリー)や、『カードキャプターさくら』のケルベロス役など、誰もが知ってるあの作品の誰もが知ってるあのキャラを演じています。
少女のような澄んだ声と、大人の色気を含んだ声が特徴です。とにかく綺麗な声で、ひとたび彼女がその役をやれば、ファンを魅了します。『碧の軌跡』や「閃の軌跡シリーズ」では鋼の聖女アリアンロード役で登場し、その声はまるで女神のようでした。
今回のレイ役はその澄んだ声で、大人の女性を演じています。いつも明るく気丈に振る舞っている彼女の姿は、子供のレントンにとって母親のような愛と元気を与えてくれる存在です。

レイの魅力2:夫チャールズと歩むかっこいい夫婦の生き方


登場時のレイとチャールズの夫妻はとにかくかっこよかったです。ゲッコーステイトのメンバーとうまくいかず、エウレカにも必要とされていないと勘違いしたレントンは家出してしまいます。そこでレイとチャールズの夫妻に出会うのです。
ふたりにとって迷える子供に見えたレントンを、彼女たちは優しく受け入れます。そして自分たちの船にまで案内してくれました。そこでふたりの自由で奔放な生き方に関心。ゲッコーステイトの仲間たちと違い、優しすぎるほどの対応をしてくれました。
自分たちが健康的な食事をするのは、片方が早死にしてひとり取り残してしまわないためとレントンに語るふたりは実に生き生きしています。夫婦そろって素敵な生き方をするかっこいい女性です。

レイの魅力3:その正体はフリーランスの傭兵夫婦

出典:http://eurekaseven.jp

そんな自由な生き方をするレイたちですが、その正体は依頼をこなして生計を立てている傭兵でした。軍にいた経歴があり、そのときの経験を活かした仕事をしています。彼らが仕事に使っている船と機体は引退時に退職金として軍から譲り受けたものでした。
レイたちの船に招かれてレントンは驚愕します。そこがあまりにも月光号に似ていたからです。それもそのはず。彼らの白鳥号は月光号の試作機だったからです。白鳥号はレイが操縦しており、彼女が出撃する際には自動操縦にもできます。
そんな軍あがりのふたりが自由気ままに傭兵家業しながら世界を旅する生活はかっこよくて憧れてしまいます。危険な仕事で放浪の旅は一筋縄ではいかないですが、それができるのは夫婦の愛が成せる業です。

レイの魅力4:愛用の機体は赤いスピアヘッド


夫婦は白鳥号の他に2機のKLFと呼ばれる人型の機体を退職金として譲りうけています。スピアヘッドと呼ばれる機体で、6つのカメラアイと頭部に取り付けられたスピア型の可動式武器が特徴的です。
胴体部分に4門のレーザー砲がついており、自由自在に向きが変えられるので、あらゆる方向にビームを飛ばすことができてかっこいいです。ブレード状の飛行モジュールであるサーカスマニューバを使用することで、トラパーに乗って大空を自由に駆け回ることができます。
夫婦で2機のスピアヘッドを所有しており、夫のチャールズが青、妻のレイが赤い機体を駆ります。夫婦で連携をしてターゲットを狩る姿はかなりかっこいいです。ふたりの生き残がかいまみえます。

レイの魅力5:家出したレントンの拠り所となる母性


家出したレントンを白鳥号に招いた夫妻ですが、イジったり邪魔者扱いする月光号とは違い、ふたりは優しく彼を迎え入れてくれました。レントンもその優しさに甘え、本当の家族のようにそこで過ごします
レイはそんなレントンを息子のように思い始めるのでした。傭兵という危険で勇ましい生活とは真逆な母性を彼女から感じることができます。子供が産めない体なので、その分彼に注がれる母性は強いです。
レントンがゲッコーステイトにいたことを知ると、レイは彼に傭兵としてゲッコーステイトを狙っていることを告げます。そしてゲッコーステイトに帰ることを選択したレントンをいずれ敵対することを知りながら涙ながらに見送るのでした。

レイの魅力6:過去の事件で子供を産めない体になった悲しい過去


レイが子供を産めない体になったのには、軍にいたころの事件が関係しています。デューイ・ノヴァクを中心に進められていた「アゲハ構想」に反対したホランドはエウレカと共にセブンスウェルを人為的に引き起こしてしまいます。
そのサマー・オブ・ラヴと呼ばれた現象に巻き込まれたレイはこの時に子供を産めない体になってしまったのです。そのことをレイは恨み、エウレカにも激しい憎悪を燃やしています。そのためにデューイからゲッコーステイト討伐の依頼を受けるのです。
不妊症という苦しみを味わいながらも陽気に生きてきたレイは、レントンと出会い、彼を養子になるよう提案するまでの仲に発展していきます。ですがそんなレントンと敵対して戦争しなければならないという悲しい結末が待っていたのです。

レイの魅力7:夫婦でみせた意地と夫チャールズとの別れ


その戦いのときはやってきます。レイとチャールズは軍と連携し、あらかじめ位置を補足していた月光号に襲いかかりました。しかしレントンがエウレカと共に搭乗したニルヴァーシュにより、その連携が断たれてしまいます
レイはチャールズと月光号に取りつき、内部に潜入。そのままシステムを乗っ取ろうと画策します。しかし潜入がバレて、中で好戦。チャールズは軍時代からの因縁があるホランドと対決します。
ホランドの足を撃ち抜いたチャールズですが、ホランドに腹を打ち抜かれて命を落としてしまいしました。捕まったレイは隙を見て月光号から脱出し、夫の仇を討つことを誓います

レイの魅力8:意地が招いた悲しい最後


レイは心の拠り所となっていたチャールズを失ったことで、心がだんだん壊れていきます。ふたりで生活していた思い出のある品を破壊していったあと、自分の体を不妊症にしたエウレカへの憎しみを募らせていきました。
その恨みを晴らすため、夫の因縁である倒すべきはずだったゲッコーステイトに再度奇襲をかけることを決意。自分も死に、レントンをチャールズのもとへ連れて行こうとします。
しかしその特攻も失敗に終わり、レーザーで貫かれた白鳥号のコックピットは火の海となりました。炎の中でレイはチャールズとの思い出を幻に見て、その幻の中で白鳥号と共に爆散します。レントンに見守られながらその悲しい生涯を終えるのでした

レイの魅力9:新劇場版ではレントンの養母に


新劇場版である『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』ではレントンの養母になっています。新劇場版では軍にいたころのレイのも描かれており、恋人時代のふたりも描かれていました。
作戦中にレイは負傷し、義体化を余儀なくされています。サマー・オブ・ラヴ後にレイはチャールズと結婚し、レントンを養子に育てています。成長したレントンは自分の道を進むことを決意し、レイは彼を送り出します。
今回はエウレカとの確執もないため、テレビ版とは異なった結末が期待されます。しかしもと軍人という設定は変わらないだけに、またゲッコーステイトと敵対しないか心配です。

レイの魅力10:レイが鼻歌をうたうテーマ曲『Get it by your hands』で涙する

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=iKBv54TWuyI

作中にチャールズのお気に入りの曲として『Get it by your hands』があります。レイは亡きチャールズのあとゲッコーステイトに特攻をしかけるとき、この曲を鼻歌で奏でていました
楽曲提供はHiroshi Watanabeで、本作の劇中のために作られた楽曲です。このレイが鼻歌をうたうシーンはファンに語り継がれている有名なシーンで、涙なしにはこの曲を聴けないほどです。

レイ・ビームスは悲しい過去を背負いながら母性に満ちた女性

『交響詩篇エウレカセブン』に登場するレイ・ビームスは不妊症の体になってしまった暗い過去を背負いながら、愛するチャールズと共に世界を旅をして暮らしていました。しかしレントンと出会うことでその生活は一変します。
息子のようにレントンに接するその姿にはたくさんの母性を感じますが、傭兵としてレントンの仲間を倒すという任務を背負っていました。そして夫を失い、自身も彼らとの戦いで命を落とすという悲しい運命も背負っています。
そんなファンにとって一番印象深いと言っても過言ではないレイの生き様や母性を感じる優しさが魅力です。その悲しい結末が新劇場版ではどう変わっていくのか、多くのファンが見守っています。

こちらの記事もオススメ!