【マイティ・ソー】あらすじ&ラストネタバレ!大人気シリーズ第一作を振り返る

公開されると初登場で世界36カ国にて第1位を獲得した作品「マイティ・ソー」は、マーベル・シネマティック・ユニバースの4作目になる作品です。主役とも言えるソー役のクリス・ヘムズワースも弟ロキを演じるトム・ヒドルストンもこの作品でハリウッドの大スターへと駆け上った作品でもあります。あらすじやキャストをご紹介。

【マイティ・ソー】とは?

大人気アニメから実写映画へ

映画「マイティ・ソー」ですが、コミックアニメであるいわゆるアメコミの「スパイダーマン」や「X-メン」などでお馴染みのマーベルコミックが原作です。この2011年公開の映画「マイティ・ソー」の監督ですが、シェイクスピア俳優としても有名なケネス・ブラナー氏が監督を務めました。

この映画は、マーベル・コミックのキャラクターの1人であり、その後「アベンジャーズ」の一員となる「ソー」の戦いを描いているシリーズ第1弾にして「マーベル・シネマティック・ユニバース」第4弾の作品です。https://youtu.be/1WBKiQ3I8HE?t=5神として失格だと烙印を押され、地球に追われた神の子であるソー強大な力を宿したハンマー「ムジョルニア」を手にして闘いを繰り広げ、その中でソーが成長していくストーリー展開になっています。

最近日本でもゲームやらによって北欧神話というものが知られるようになったためにご存知の方も多いであろういわゆる神話。その神話に登場する神というものも広く認知されるようになりましたね。ちなみに、ご存知ない方のためにご説明させていただくと「Thor」とは、トール,雷神 《雷・戦争・農業をつかさどる》のことを指します

この映画は、珍しく日本語の映画のタイトルが英語表記と同じ「マイティ・ソー」です。一度ご覧になっていただけるとお分かりになると思いますが、とにかくキャストが超豪華です。

子役からハリウッドの世界で輝きハーバード大学卒業という才媛であるオスカーを受賞しているナタリー・ポートマンをはじめとして、アカデミー主演男優賞やオスカーなどを受賞し、1993年にはナイトを叙勲しているアンソニー・ホプキンスも出演しています。

そしてハリウッド初出演となる浅野忠信さんもこの映画に出演しています。こんなハリウッドの超大作の「マイティ・ソー」に日本人の俳優さんが出るとは・・・・同じ日本人としてきっとファンのみならず、とっても嬉しいキャストの登場ですよね。

浅野忠信さんの役柄としては、主人公のソーを連れ戻しにやってくる「ホーガン」という三銃士の戦士の役を演じています。その勇姿はぜひ本編でご覧になられてみてくださいね。

『マイティ・ソー』主要キャストをご紹介



そんな「マーベル・コミック」のヒーローコミック『マイティ・ソー』の実写映画化の第1作品目であり、この『マイティ・ソー』の主要キャストであるロキ役で一躍有名になったトム・ヒドルストンをはじめとして、本作品の中で、見事にそれぞれの役柄を演じている彼らをご紹介していこうと思います。

主要キャストの5名であるソー役(クリス・ヘムズワース)、ジェーン・フォスター役(ナタリー・ポートマン)、ロキ役(トム・ヒドルストン)、オーディン(アンソニー・ホプキンス )、ホーガン(浅野忠信)をご紹介。

ソー(オーディン王の息子)/クリス・ヘムズワース(日本語吹替え: 三宅健太)

Excited to announce I'll be smelling amazing fronting the @hugoboss #BOSSbottled fragrance campaign as the #ManOfToday. More coming soon… #ad

Chris Hemsworthさん(@chrishemsworth)がシェアした投稿 –

クリストファー・ヘムズワース(Christopher Hemsworth)1983年8月11日オーストラリア生まれ 。

『マイティ・ソー』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズ、『スノーホワイト』シリーズなど多くのシリーズ化されている人気のある作品に出演している彼は、2014年の『ピープル』誌が選ぶ「最もセクシーな男性」に選ばれているくらいイケメンでセクシーと言われている俳優さんです。

"Thanksgiving" (Part 2 [final] segment 4) I suddenly had a worrisome thought… "Loki, about this tracker," I said, still holding his braceleted wrist, and looking up at him with concern, "While we know it's S.H.I.E.L.D. that are behind this, did they give you any information on exactly who are the ones that are 'tracking' you?" "I was told it would be a secret department of a few people. The information would remain in that department, classified, only to be released to other related parties during an unexplained occurance or event… and only with probable cause I was breaking my probation." He looked into my eyes, "Why do you ask?" "Umm," I couldn't tell Loki what I was actually thinking, I didn't want to make him feel any worse than he already felt, or possibly seed something in his head that he might instigate, "Just basic curiousity. It sounds like the powers that be at S.H.I.E.L.D know what they are doing." I released his wrist (not fully realizing I still had been holding it), trying to keep my nagging thoughts at bay, "I'm so sorry for what happened to you. But… considering the circumstances, it's not exactly the worst price tag for your freedom, is it?" "No. No, it's not," he said, rolling his sleeve back down, "Thank you for listening, Beverlee. I feel better that at least someone knows." "All part of the friendship agreement." I smiled. "I don't know what that means…but I do like the sound of it." Loki said wryly, a smile returning to his face. We were then interupted by a deep voice that called out to Loki, one I didn't immediately recognize… "BROTHER! So this is where I find you, in the cold climes of Canada?" ….Stay tuned for Part 3! #Loki #lokilaufeyson #Avengers #Marvel #FrostGiant #RolePlaying #Fandom #Winnipeg #ShortStory #TomHiddleston #ChrisHemsworth #Thor

Beverlee Ballonさん(@masada42)がシェアした投稿 –

2009年に公開されたJ・J・エイブラムス監督の『スタートレック』で、ジェームズ・カークの父親のジョージ・カーク役でハリウッドデビューを果たしました。

プライベートでは、2012年に第一子、そして2014年に双子の赤ちゃんが生まれて2男1女のお父さんでもあります。こちらの記事もオススメです!

ジェーン・フォスター(天文物理学者)/ナタリー・ポートマン(日本語吹替え:坂本真綾)

ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)1981年6月9日イスラエル エルサレム生まれ

ハーバード大学とイェール大学に現役合格して、ハーバード大に進み卒業している才色兼備。この言葉は、彼女のためにあるのではないかと思うくらい才媛なナタリー・ポートマンです。



わずか13歳で演じた『レオン』のマチルダ役での衝撃のデビューをしてから、『スター・ウォーズ』シリーズ、アカデミー賞主演女優賞を受賞した『ブラック・スワン』などなど沢山の映画に出演しています。『スター・ウォーズ』のパドメ姫と言えばお分かりになる方も多いかもしれませんね。

ロキ(オーディン王の養子)/トム・ヒドルストン (日本語吹替え:平川大輔)

He's back!

Tom Hiddlestonさん(@twhiddleston)がシェアした投稿 –

トム・ヒドルストン(Tom Hiddleston)1981年2月9日イギリス生まれ

母方の高祖父は準男爵のため貴族の家系に生まれたトム。名門パブリックスクールで『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に出演していたエディ・レッドメインと一緒に学んだイートン校を卒業してから、ケンブリッジ大学のペンブルック・カレッジで学びました。

この作品でロキ役を演じ大ブレイクした彼は、『マイティ・ソー』シリーズ、『アベンジャーズ』、『キングコング: 髑髏島の巨神』などに出演しています。

イギリスBBCOneおよびアメリカ合衆国AMCに共同制作された「ナイト・マネジャー」(2016年)というトム・ヒドルストン主演のスパイ・サスペンス・テレビドラマシリーズでは、第74回ゴールデングローブ賞男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞しています。こちらの記事もオススメ!

オーディン(アスガルドの王)/アンソニー・ホプキンス (日本語吹替え:浦山迅)

Beautiful Monday morning… #lovetherain #southerncalifornia

Anthony Hopkinsさん(@anthonyhopkins)がシェアした投稿 –

サー・アントニー・ホプキンズ CBE(Sir Philip Anthony Hopkins, CBE)1937年12月31日イギリス生まれ。

第64回アカデミー賞で主要5部門を受賞した映画『羊たちの沈黙』(1991年)でハンニバル・レクター博士を演じてアカデミー主演男優賞を受賞したあの大物俳優さんです。

Trying to look intelligent… ?

Anthony Hopkinsさん(@anthonyhopkins)がシェアした投稿 –

『エレファント・マン』、『マイティ・ソー』シリーズ、『トランスフォーマー/最後の騎士王』などなど沢山の映画やドラマなどに出演しています。

その功績を称えられてイギリスから1987年にコマンダーに、1993年にはナイトを叙勲されている名実ともに現代を代表する名優の一人です。

ホーガン(三銃士の一人)/ 浅野忠信

What a Hela are you doing??? #thorragnarok

浅野忠信さん(@tadanobu_asano)がシェアした投稿 –

浅野 忠信1973年11月27日神奈川県出身。

クォーターである浅野さんは、1988年にテレビドラマ『3年B組金八先生III』(TBS系)でタレントおよび俳優としてデビューしました。どことなくほりの深いお顔はクオーターだからだったんですね。

With Taika. @taikawaititi

浅野忠信さん(@tadanobu_asano)がシェアした投稿 –

『マイティ・ソー』だけではなく、『47RONIN』、『バトルシップ』、『孔雀』などなどこの他にも日本やハリウッドだけではなくアジア系やらの映画にも多数出演しています。

現在上映中の『マイティ・ソー バトルロイヤル』でもホーガン役をかっこよく演じています。言葉の壁を乗り越えて、これからもハリウッドの映画に沢山出演して欲しいですね。

映画『マイティ・ソー』 ストーリーネタバレ1

ソーが地球に来る前



時は西暦965年アスガルドという神の世界がありました。そのアスガルドの王であるオーディン(アンソニー・ホプキンス)は、地球などを含む9つの王国をフロスとジャイアン達、そしてラウフェイが征服するのを防ぐためにフロスト・ジャイアンのリーダーのラウフェイと戦いました。

その戦いは、神の世界であるアスガルドの戦士たちの勝利となり、フロスト・ジャイアン達を打ち破ることに成功。その勝利によってフロスト・ジャイアンたちのパワーの源である『古代の冬の小箱』を強奪することに成功します。



そして現代に舞台は移ります。アスガルドのオーディン王様の息子であるソー(クリス・ヘムズワーズ)は、神の世界のアスガルドにおいて王の座につこうと少しずつ覚悟を決める準備をしていました。

しかし、そんな中でフロスト・ジャイアンが奪われたパワーの源である『古代の冬の小箱』を取り返そうと式典を邪魔されたことにソーは激怒。ソーはアスガルドの王である父の命令に背き、ヨツンヘイムに向けてラウフェイと対決するために出向きます。

そんなソー弟であるロキと、ソーの幼なじみのシフ、そして三銃士であるヴォルスタッグ、ファンドラル、ホーガンがお供としてついて行きました。

アスガルドのオーディン王がアスガルド人を助けるために、ソーが命令に背いた戦闘に介入するまでずっと彼らの闘いは続いていました。アスガルドの王様であるオーディン王は息子であるソーの勝手さにとても怒ります

怒ったオーディン王は息子のソーから神の力を奪ってしまい人間として生きるように地球へ追放してしまうのです。ソーから神の力は奪ったのですが、ソーが大切にしていた使うべき時ではないと使用することが許されていない魔法の力で封印されている最強の武器ハンマー状の武器であるムジョルニアというソーの力の源はソーと一緒にありました。

映画『マイティ・ソー』 ストーリーネタバレ2

地球に追放されたソー

THOR: THE DARK WORLD – MOVIE REVIEW – “You must be truly desperate to come me for help.” – It’s fitting how the first Thor movie had a Shakespearean tone and direction to it because as Bill once said: “all that glitters is not gold.” (Yea, he actually came up with that.) It’s a saying that cane be interpreted in both an optimistic and pessimistic way but for this instance, it means the latter. Not everything that Marvel has done has been perfect. They had some duds along the way and we haven’t really noticed them since we hold them to such a high standard. It’s only recently that people have been stepping and pointing some of Marvel’s weaker moments and to some, besides Iron Fist and the Inhumans, this is their weakest moment yet. Thor: The Dark World is the second Thor movie and the second movie in Marvel’s Phase Two following the monumental Avengers crossover and Iron Man 3. At the end of The Avengers, they all split up and went about their separate ways. Tony Stark had unfinished business to handle with Pepper, Captain America joined SHIELD and of course, Thor went back go Asgard to kick-ass across the Nine Realms. He’s been trying to keep the peace but that proves difficult when an ancient race of dark elves known as Dark Elves led by Malekith the Accursed come out of hiding after thousands of years in search of The Aether which is a weapon that will help them plunge the world into darkness because they’re dark elves. Only problem is, Thor’s Earth girlfriend Jane Foster has been trying to call his bae for the past two years in doing so stumble upon this singularity which puts her and the universe in danger and only Thor can save everyone. If that premise was too much for you, here’s a much simpler version: Thor punches people and hits stuff with his hammer and Loki’s in it as well. That’s it. That’s all you need to know because admittedly, this is not an interesting movie. It’s not a bad one, but it’s definitely a step down from the first Thor movie. I do not hate this movie, I do not love this movie, I am simply entertained by it. ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

Sebby the X-Kidさん(@sebbyskywalker)がシェアした投稿 –

神の力を奪われ父のオーディン王から地球へ追放されたソーが降り立ったのはアメリカのニューメキシコ州。

天体物理学者のジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)と助手のダーシー・ルイス、そしてエリック・セルヴィグ教授が謎のオーロラ現象を調べているところへ、激しい雷が落ちます。突然に現れたソージェーンが車でひいてしまうという衝撃の出会いをします。

そして少し離れた場所で地元の住民がソーの武器であるムジョルニアを発見し、ムジョルニアは国家組織S.H.I.E.L.D.により回収されました。そのムジョルニアはエージェントのフィル・コールソンらによって調査されることになります。

THOR – MOVIE REVIEW – “How dare you attack the son of Odin!” – Let me take you back to 2011 when the Marvel Cinematic Universe was still very much in its infancy and this was the first movie in that soon-to-be megafranchise that I watched in theaters. I missed out on Iron Man, The Incredible Hulk and Iron Man 2 when those came out but watching them later made me take note of the rising quality of superhero movies. I also heard whisperings that something big would happen in regards to movies involving Marvel characters in the future so I had to be sure to check this one out. Years later, the love for this movie seems to have faded away slightly, but not from me. I still very much love this movie. Thor is the third offering Marvel Studios and at the time it was considered to be the most difficult Marvel movie to properly adapt into a movie. The times really have changed, haven’t they? It stars Chris Hemsworth as the titular God of Thunder and son of Odin, played by Anthony Hopkins, who gets banished from his homeland of Asgard by his father Odin for talking shit to his daddy and being a bit of an arrogant and entitled douche. Without any of his Thundery powers or his hammer Mjolir, he lands on Earth in a small town in New Mexico where he starts to see the error of his ways when he meets a hot piece of Earth ass played in Jane Foster played by Natalie Portman. For the longest time, before mainstream audiences knew who Ant-Man, Doctor Strange or the Guardians of the Galaxy were, Thor was considered to be the hardest part of the Avengers lore to adapt properly into a film. Whenever talks about a Thor movie happened they almost usually ended with a collective “nay.” Studios were so concerned that audiences wouldn't respond well to this the prospect of a world that’s all Shakespearean where the dialogue consists of a lot of “thees” and “thous”. Personally I don’t have a problem with that as I can buy into that since I am a theatre student but you can see the look of concern on Marvel’s eyes. Thankfully, they got the right guy on to direct. ⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️⬇️

Sebby the X-Kidさん(@sebbyskywalker)がシェアした投稿 –

ソーは自分の持ち物でもあり最強の武器ムジョルニアを取り戻すために1人で国家組織S.H.I.E.L.D.の施設に向かいます。しかし、ムジョルニアを持ち上げられずにその場で取り押さえられて捕えられてしまいます。

その後、セルヴィグ教授によって助けられ解放されたソーはジェーンと再会します。そして、お互いの関係を深めていきオーディン王から追放されてしまった地球での追放生活をソーは受け入れ地球で新しい生活を始めることになります。

映画『マイティ・ソー』 ストーリーネタバレ3

ロキが出生の秘密を知る

一方アスガルドでは、ロキが自分の実の父がオーディン王ではなく本当はラウフェイの息子であり、かつての大戦後にオーディンが養子にしたことを知ります。ロキはオーディン王が体調がおもわしくなく回復するために効果の高い深い眠りに落ちた時に、ヨトゥンヘイムと組んでラウフェイにオーディンを殺害させ『古代の古代の冬の小箱』を奪い取るという計画を考えます。

しかし、ロキによって招き入れられオーディンを殺そうとしたラウフェイを、ロキが裏切り返り討ちにしました。ロキはラウフェイを利用して、父を助けてアスガルドの英雄になるつもりだったのです。

#ThorRagnarok comes out today!!! When are you seeing it? ⬇️Comment Below⬇️

Comix Unlimitedさん(@comix.unlimited)がシェアした投稿 –

それもこれもロキはソーへの劣等感、そして父として尊敬していたオーディンに認められたいという想いがロキの心の奥の闇となって、彼をそんな行動へと誘う原動力になってしまっていたのでした。パワー不足で倒れたままのオーディンに変わり、ロキは勝手に王として君臨することになります。

そんなロキを前にして、以前からロキに不信感を抱いていたシフと三銃士達は、地球へ追放されたソーを連れ戻すために地球へと向かおうとします。宇宙の狭間を旅するためのビフロストの門番をしているヘイムダルが、三銃士達とシフが地球へ行くための道を開けてくれるはずだと信じていました。

映画『マイティ・ソー』 ストーリーネタバレ4

ソーVSロキ

そのことを知ったロキは自動装置破壊者のデストロイヤーに、彼らを追跡させソーを殺害しようと目論みます。地球で三銃士はソーを見つけるのですが、シフ三銃士がソーに合流したところにデストロイヤーが襲いかかりってきました。

ソーらは絶体絶命の危機に陥ります。しかし、ソーが瀕死の状態になり絶体絶命の時だからこそ、最強の武器であるムジョルニアの出番となって「今ムジョルニアを使うんだ」ということが分かったと同時に最強の武器であるムジョルニアがソーの元へと戻ってきました。



そして誰かを守るために自らを犠牲にすることもいとわないといったソーの行動が、王であるオーディンやムジョルニアによって認められたため、再びソーに神の力が戻ってきました。最強の武器であるハンマーのムジョルニアは、ソーの力を回復させてデストロイヤーをやっつけます。

デストロイヤーを倒すことに成功したソーは、ジェーンにさよならのキスをし、きっと必ず戻ってくるからと約束をして仲間達と共にロキと対決するためにアスガルドへと戻っていきました。


ソーがアスガルドに到着して、ロキの計画を阻止するために、ソーとロキは対決します。ロキがビフロスト橋を破壊する前にソーとロキは対戦することになるのですが、アスガルドで止まってしまっていました。

ソーがロキと激しい一騎打ちとなっている時に長い眠りから目を覚ましたオーディン王が、ビフロスト橋の崩壊と共に作られてしまう奈落の底に、ソーとロキの2人が落ちないようにするのですが・・・・・ロキは奈落の底に落下してしまいます。落ちるというよりも、むしろロキは王である父から自らの行動をとがめられ自分から時空の狭間へと落ちる選択をしました



父だと思っていたオーディンにただ認められたいという一心で行動していたロキにとって、オーディンに咎められたことが苦しかったのでしょう。ロキが奈落のそこに落ちてしまった後にソーは長い眠りから覚めたオーディン王との関係を修復し、自身にはまだアスガルドの王になる心の準備が出来ていないことを告げました

そして、王になるためにこれから頑張ることを誓います。その頃、地球ではジェーンと研究チームは、アスガルドへ行くための入り口を開く方法を模索していました。

S.H.I.E.L.D.の研究施設に招かれたセルヴィグ教授は、長官から箱に秘められた力を研究するよう頼まれました。そこにはソーと闘って奈落のそこに落ち死んだはずのロキが侵入していて、セルヴィグ教授は姿の見えないロキに操られるままに研究することに同意したのでした。

どうやら、アスガルドにあるはずのあの箱が、S.H.I.E.L.D.の研究施設にあることをロキが知ってしまったために教授を操って調べようとしている・・・・のかも?(※エンドロール後、MCUの作品においてですが、大切な次へと繋がる伏線?のようなものが流れますので、終わってもお席を経たずにそのままご覧下さいね。)

『マイティ・ソー』日本人俳優初出演の浅野忠信さんも必見!

本作に登場するアスガルドの人々は北欧神話に出てくる神々がモチーフになっています。雷神(Thor)を英語読みしたのがソーという呼び名なのですが、タイトルにあるマイティは北欧神話とは関係なく「強力な」という意味があったりします。

そんな神話などと重ね合わせてもこの作品は面白いかもしれません。シリーズ化されており、第二弾『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 や現在11月から上映中のマーベル映画最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』と共にお楽しみいただける作品です。同じ日本人として浅野さんの活躍もぜひご覧下さいね。こちらの記事もオススメ!