バットマン死す!?「ダークナイト ライジング」あらすじ&ネタバレ紹介!

「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続く「ダークナイト」の三部作にして最終章となった「ダークナイト ライジング」。まさにクリストファー・ノーラン監督によるDCコミックスのアメリカンコミック「バットマン」の実写映画化作品三部作の最終章にふさわしいストーリーになっています。その「ダークナイト ライジング」のあらすじをネタバレで紹介!

トリロジー最終章『ダークナイト ライジング』とは?

https://youtu.be/srb-XzRxVyU?t=5DCコミックスのアメリカン・コミック、通称アメコミの『バットマン』のリブート実写映画化作品の三部作のことをダークナイト・トリロジーと呼ぶのですが、これは元々決まっていたわけではありません。

クリストファー・ノーラン監督で、クリスチャン・ベール主演による作品のことをはじめは「クリストファー・ノーラン版」なんて呼ばれていました。

しかし、爆発的大ヒットとなった『ダークナイト』(2008年)という映画の中で、バットマンという呼び名だけではなくダークナイトという呼び名がファンに限らず知られるようになったためにノーラン監督の作品のバットマンの通称として定着していきました。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

『バットマン旧』の映画シリーズ7作品をご存知ない方のために簡単に少しだけ時系列の順番をご紹介しますと・・・

「ザ・バットマン」(1943年)、「バットマンとロビン」(1949年)、「バットマン オリジナル・ムービー」(1966年)、「バットマン」(1989年)、「バットマン リターンズ」(1992年)、「バットマン フォーエヴァー」(1995年)、「バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997年)というふうに7つの作品がバッドマンの映画シリーズの旧作にはあります。

そして、そのあとに『バットマンビギンズ』(2005年)、『ダークナイト』(2008年)、『ダークナイトライジング』(2012年)と続いていきます。「ザ・バットマン」(1943年)と「バットマンとロビン」(1949年)については、「連続活劇」時代の作品(短編映画形式)なので、若干今のものとは違うのでスルーしてくださいね。

バットマンの終わりと新たな始まりを描く三部作の最終章

このバッドマンは、3人の監督がこれらのストーリーをそれぞれに作り上げており、それぞれに監督特有の特色がありますダークファンタジー色が強くなんとなく暗く重くダークな闇を感じさせるストーリーに描かれているティム・バートン版『バットマン』(1989年)、『バットマンリターンズ』(1992年)。

そして、明るい現代風な?正義の味方であるヒーロー感が満載だったジョエル・シュマッカー版『バットマンフォーエヴァー』(1995年)、『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997年)。https://youtu.be/fRwmuw_KZdU?t=22そして、彼らの作品とはかなり違っているこのクリストファー・ノーラン監督作品3部作ノーラン監督らしいというか、全体的にシリアスでリアル感溢れなおかつ重みのあるストーリー展開になっているのが特徴となっています。

そんなクリストファー・ノーラン監督作品ダークナイト・トリロジーと呼ばれ、『バットマンビギンズ』(2005年)、『ダークナイト』(2008年)、『ダークナイトライジング』(2012年)をまとめてそう呼ばれるようになったのです。



さて、この映画『ダークナイト ライジング』は、架空の都市であるゴッサム・シティを舞台にして平和を壊すヴィラン(悪役)とヴィランに立ち向かうバットマンが街の秩序を守るために奮闘する姿が描かれたストーリーです。

本作では、新たなヴィラン(悪役)であるベインにより、ゴッサム・シティが核爆発の危機にさらされます。そんな事態をバットマンがどうやって救うのかがこのストーリーの基本にあります。

この映画『ダークナイト ライジング』をご覧になるとお分かりになると思いますが、この作品を見ればアメコミなんて子供向けなんじゃない?なんて思う方はアメコミヒーローのイメージがきっと変わるはずですよ。

ダークナイト ライジングの主要キャスト

ブルース・ウェイン役/バットマン役(クリスチャン・ベール)昔バットマンとして活躍していた彼は、表の顔はゴッサム・シティ一の大企業の資産家。犯罪者たちを日々個人的に取り締まっています。ジョーカーらとの戦いによって後遺症を足に患って一線から退いていました。あることから「ダークナイト」とも呼ばれていました。

ベイン役(トム・ハーディ)
ブルースを陥れようとしている地下牢獄、奈落の出身者で 謎の犯罪者です。

セリーナ・カイル役/キャットウーマン役(アン・ハサウェイ)
ブルースの元からネックレスを盗み出した黒一色のボディースーツを着たセクシーな女怪盗。 

ジェームズ・ゴードン役/ジム役(ゲイリー・オールドマン)
警察官であり、バットマンのよき理解者でたまに共に行動します。

映画『ダークナイト ライジング』 ストーリー1

ブルース・ウェインの過去

THE DARK KNIGHT RISES !!! . . . . #THEDARKKNIGHT #THEDARKKNIGHTRISES #BATMAN #CHRISTIANBALE #BRUCEWAYNE #GOTHAM #HOLLYWOOD

THE DARK KNIGHT RISESさん(@the_dark_knight_rises_777)がシェアした投稿 –

ブルース・ウェインは、幼い頃に枯れた井戸に落ちてしまった時に沢山のコウモリに囲まれて怖い思いをしたためにコウモリが出てくるとトラウマになってしまっていました。

ゴッサム・シティというブルースの住んでいる街は、警官や判事たちも悪党に買収され街全体が悪に染まった街になってしまっていました。両親を強盗に殺されたブルースは、ラーズ・アル・グールという人がいる『影の同盟』のところでコウモリ恐怖症を克服する方法を教わります。

そこでブルースは、精神的にも肉体的にも鍛えられ生まれ育ったゴッサム・シティに戻って、自身の正体を隠し悪を叩くバットマン(コウモリの男)として世の中の治安を守ろうと決めます。



バットマンとなったブルースは、最強の犯罪者と言われる「ジョーカー」と戦います。最後にはバットマンがジョーカーを逮捕することに成功します。しかしそれと同時にバッドマンの最愛の女性であるレイチェル・ドーズと、その恋人で正義の検事だったハービー・デントを失ってしまいます。

ジョーカーへの恨みからハービー検事は殺人を犯しています。新任検事であるハーヴェイ・デントゴッサム・シティの「希望」とされ光の騎士とも言われていたために、バッドマンは彼の罪を全てかぶってゴッサム・シティの暗闇へ消えていきました

街から姿を消したダークナイトでありバットマンでもある彼は、善良な市民の象徴ともいえるハービーがいくら自身に起きたやりきれない辛い出来事をきっかけにして人殺しになってしまったとしても、そのことを市民に知られてしまったとしたら、人々が混乱してしまい、ゴッサム・シティの崩壊を狙っている悪にそのすきを狙われてしまうと考えたために自らハーヴェイ・デントの罪を被りました。

してもいないことをしたと周りに思われていることは本当はゴードンにとってとても苦しいことでした。バットマンとして正義を守ることにも疲れたブルースは、リタイヤした生活を送っていました。

そんなある日のこと、セリーナブルースの屋敷に密かに押し入り、ブルースの指紋を奪っていきました。そして時同じくしてバッドマンの理解者であるゴードンが重傷を負ってしまい彼の部下であるジョンがブルースに助けを求めにやって来ます。

ゴッサム市警の正義感の強い警官のジョンは、自身が持っている鋭い感性からバットマンが誰であるのかを感づいていました。それはブルース、彼が、命の恩人であるバットマンなのだと・・・・

街から姿を消してしまったかつてこの街をバットマンとして命をかけて守っていたブルースが、本当は英雄ではなく悪であったハービー・デントの代わりに汚名を代わりにかぶっていたことも・・・

映画『ダークナイト ライジング』 ストーリー2

バットマンVSジョーカーから8年後

バットマンが平和を願い悪と闘い始めて史上最大の敵であるジョーカーと闘いジョーカーがゴッサム・シティを震撼させたあの恐ろしい事件から8年の歳月が経っていました。誰もがバッドマンのことなど忘れていました。

しかし、ブルースにとってそれは同時に最愛だった人をなくしてしまい、この街を託せられるであろうと信じた光の騎士とも言われていたハービー・デントの死からも8年が経過していたのです。

その昔バットマンという恐怖を感じる存在によって犯罪が抑制されていたこの街は、バットマンが汚名を被った事によって英雄として死んでいったハービー・デントの記憶によってこの街の平和が成り立っていました。

Gotham is yours…. #Bane #TheDarkKnightRises #TomHardy

The Dark Knight Trilogyさん(@thedarkknighttrilogy)がシェアした投稿 –



ハービー・デントにちなんだ「デント法」という法律まで成立しており、街はかつてない程に平和と安心を得たかのように感じられました。しかし、それはあくまでも見た目だけの話だったのです・・・。

かりそめの平和の裏では、着実に悪が芽吹いていたのです。そしてそれをバットマンであるブルースに伝えに来たのが、キャットウーマンという女怪盗でした。

キャットウーマンと名乗る女性・セリーナは、ある人物に頼まれて、ブルースの指紋のついた真珠のネックレスを盗み出していました。その依頼人とは・・・ベイン。かつてブルースが壊滅させた組織「影の同盟」を追われたベインは、復讐の炎をその身に宿しながらブルースの破滅を画策していたのです。

映画『ダークナイト ライジング』 ストーリー3

ゴッサム・シティに巻き起こる嵐

https://youtu.be/Aq_GfCiA9SA?t=2

以前の事件で足を負傷していたこともあり、ブルースバットマンとしての活動をせずに本職であるウェイン財閥の管理を行っていました

しかし、セリーナことキャットウーマンブルースを訪ねたことによって、平和に思えていたゴッサム・シティに再度、危険が迫っていることをブルースは察知します。そして8年ぶりにバットマンとして闇の世界へ復帰することを決めるのです。

そんな折、なんとベインブルースに再び接触してきました。実はベインは、ウェイン財閥が持っているエネルギー原子炉を利用し、メルトダウン事故を起こそうと画策していたのです!!

BATMAN & COPS !!! . . . . #THEDARKKNIGHT #THEDARKKNIGHTRISES #BATMAN #GOTHAM #BRUCEWAYNE #CHRISTIANBALE #ANNEHATHAWAY #CATWOMAN #HOLLYWOOD

THE DARK KNIGHT RISESさん(@the_dark_knight_rises_777)がシェアした投稿 –



ベインは、自身が企てた恐ろしい計画の邪魔になると思われるブルースのことを架空取引によって破産させてしまいます。その後、ベインブルースを拉致して「奈落と呼ばれる牢獄に閉じ込めてしまいました。

この「奈落」という牢獄、地下深くに存在し、いままで脱出した人はこれまでにたった1人だけという地獄・・・。ライバルであるバットマンを奈落に入れたベインは、ゴッサム・シティの攻撃される様子を用意してあったスクリーンでバッドマンに見せます・・・!

残虐なイメージを見せつけられたブルースは、どうにかして地上へはい戻ろうとしようとします!・・・しかし、堅牢な奈落から抜け出すことは容易ではありませんでした。ブルースは、いつか奈落からの脱出をすることを目標にしてひたすらにトレーニングに励むしかないのでした。

映画『ダークナイト ライジング』 ストーリー4

二重の裏切り

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

奈落からブルースが脱出することに手間取っているあいだにも、ベインゴッサム・シティの街を破壊し尽くすために、行政機関などの重要なシステムをことごとく麻痺・破壊していくのでした。

この破壊で、ゴッサムシティの民主主義は崩壊。独裁国家へと変貌してしまいます・・・。その上、囚人たちまで解放して街を大混乱に陥れたるベイン。まさに外道です。

さらにブルースが自分のことを犠牲にしてでも守ろうとしたハービー・デントの本当の姿を世間に公表してしまいました・・・。人々が街の英雄であると信じてきたハービーの真実を知ってしまった民衆は、それを隠してきたトップに対して怒り狂ってしまい街で暴動が起こる事態に。

BACK IN THE GOTHAM !!! . . . . #THEDARKKNIGHT #THEDARKKNIGHTRISES #BATMAN #BRUCEWAYNE #CHRISTIANBALE #GOTHAM #HOLLYWOOD

THE DARK KNIGHT RISESさん(@the_dark_knight_rises_777)がシェアした投稿 –

囚人を全て開放したことによって、街の秩序は混乱へと変わってしまいます。そして、彼らは貧困に喘ぐものたちの不満に火をつけるように焚きつけて暴動をますます悪化させるようにしました。

かつてゴッサムシティが平和だった頃には感じられなかった絶望という道へと街全体が転落していきます。しかし、そんな中でもベインの周到な悪に対してなおも抵抗をしようとしている人たちがいました。

それは、かつてバッドマンに家族を助けられ、自身をも助けられたゴードンとジョンだったのです。

BATMAN BIKE !!! . . . . #BATMAN #CATWOMAN #GOTHAM #THEDARKKNIGHT #THEDARKKNIGHTRISES #CHRISTIANBALE #BRUCEWAYNE #ANNEHATHAWAY

THE DARK KNIGHT RISESさん(@the_dark_knight_rises_777)がシェアした投稿 –

屈辱と焦燥の中、ようやくブルースが奈落の底から地上へ這い上がることに成功します!再びベインとの直接対決に挑むバットマン。幾度かピンチを迎えながらも、ベインの弱点であるマスクを破壊して辛くも勝利します。

ベインを追い詰めたブルース。これでこの闘いが終わると思った矢先・・・想像を絶する裏切りが潜んでいました。なんと味方であり、またブルースの新しい恋人でもあるミランダがブルース/バットマンを裏切ったのです!

実はミランダは果たせなかった父の目的である「ゴッサム・シティの滅亡」を、ベインを利用して実現させようとしていました!そう・・・かつて奈落を脱出したたった1人の人間というのはミランダの事だったのです!!

映画『ダークナイト ライジング』 ストーリー5

最終決戦でキャットウーマン登場

I don't want to leave Ireland 😫

The Dark Knight Trilogyさん(@thedarkknighttrilogy)がシェアした投稿 –



ミランダに刺され負傷してしまったバッドマンに対して逆襲するベイン。窮地に陥ってしまったバットマンでしたが、絶体絶命と思われたバッドマンを救ったのがキャットウーマンでした。

キャットウーマンはベインをバズーカで滅殺。ベインは倒しましたが、ミランダがメルトダウンのスイッチを起動してしまいます。

ゴッサムシティを守るべく、バットマン/ブルースは飛行艇で原子炉を移動させます。ブルースの決死の行動で街は守られましたが、しばらくしてゴッサム・シティから離れた海の上で巨大な爆発が確認されたのでした・・・。

THE DARK KNIGHT RISES !!!! . . . . #BATMAN #THEDARKKNIGHT #THEDARKKNIGHTRISES #CATWOMAN #GOTHAM #BRUCEWAYNE #HOLLYWOOD

THE DARK KNIGHT RISESさん(@the_dark_knight_rises_777)がシェアした投稿 –

ゴッサムシティを守り散ったブルース。しめやかに行われる葬儀。人々がブルースの死を嘆く中、ブルースの執事を長年務めてきたアルフレッドのところにある信号が入りました

その信号は、以前キャットウーマンに盗まれたブルースの真珠のネックレスに仕掛けてあったGPSの反応でした!その信号を確かめるべくイタリアへ向かったアルフレッドでしたが、そこでセリーナと一緒にいるブルースを発見します。

その頃、ジョンブルースの家を訪れていました。彼は孤児出身だったので、同じ孤児でもあるブルースをとても尊敬していました。そして彼は、ブルースの家の地下で彼が使用してきたであろうスーツや兵器などを発見していたのです。

バットマン新三部作のラストはハラハラドキドキすることが満載!

I MUST TO GO FAST !!! . . . . #BATMAN #CATWOMAN #BRUCEWAYNE #THEDARKKNIGHT #THEDARKKNIGHTRISES #GOTHAM #HOLLYWOOD

THE DARK KNIGHT RISESさん(@the_dark_knight_rises_777)がシェアした投稿 –

ゴードンを助けるため、ゴッサムシテイを守るために8年ぶりにバットマンとして復活を決心したブルースが、セリーナが盗んだ指紋を使ってベインが企てた罠にはまって破産に追い込まれ、奈落という外国の地下牢獄に閉じ込められてしまいましたね。

ベインの目的は、ブルースの財団で開発中だった核融合炉を爆弾にしてゴッサム・シティを爆発&壊滅へと追い込もうとしていたのですが・・・・・とダークなストーリーの中にも見所が沢山あるこの『ダークナイト・ライジング』

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

ブルースが亡くなってしまったと悲しむ執事のアルフレッドの様子もちょっと涙を誘います。でもアルフレッドがイタリアで見たブルースの姿・・・お互い気がついてはいても気づかなふりをすりのがなんとも言えず・・・そして、ブルースが信じていた人に最後に裏切られるというのがまるでスパイ映画のように面白い展開へと誘います。

バットマンは死んでしまたことにはなったけれどもバットマンの勇しい姿により、街の人々の心に善が再び戻るというテーマ・・・ヒーローものの映画として王道な感じですよ。そして、アン・ハサウェイのキャットウーマン姿でバイクに乗るシーンはカッコイイですよ。ぜひご自身の目でご覧下さい!