シャーマンキングは完全版で完結!真の最終回をネタバレ紹介!

いまなおファンに愛され、ネット界隈で語り継がれている不遇の名作『シャーマンキング』。過小評価を受けているこの漫画は未完に終わり、完全版として補完されています。そんな『シャーマンキング』の魅力を再発見するための記事です。

『シャーマンキング』とは?


『シャーマンキング』は「週刊少年ジャンプ」にて1998年から2004年までの6年間ものあいだ掲載されていました。残念ならがアンケートの不人気により未完となってしまいましたが、魂をテーマにした濃い内容で根強いファンも多いです。
霊的な力を持ち、持ち霊を使って壮大なバトルを繰り広げる漫画です。500年に1度行われるシャーマンファイトで、シャーマンの王となるべく各国から強いシャーマンたちが集まってきます。やがて悪役ハオを中心に1000年も続く因縁に人々が翻弄されるストーリーです。
霊能力者たちが戦うバトルだけにとどまらず、彼らの想いが映し出され、人間とはどうあるべきかが描かれています。自然と文明のテーマが背景にあり、シャーマンという自然信仰を通した目線が面白いです。

作者・武井宏之の経歴


武井宏之はデビュー前に和月伸宏のアシスタントをしており、同時期にアシスタントをしていた尾田栄一郎とは仲が良いです。週刊少年ジャンプでの連載が多く、『仏ゾーン』『シャーマンキング』『重機人間ユンボル』の順で連載しています。
武井の作品は仏教などの宗教観から見た現代の人間社会とそれと共存する自然が共通して描かれています。それぞれ仏、シャーマン、擬人化した重機が登場し、環境や自然をテーマにその中に住む人々の在り方が描かれているのが特徴的です。

未完の打ち切りから完全版での復活へ

出典:https://www.amazon.co.jp

『シャーマンキング』の連載は残念ながら、本誌で打ち切りとなってしまいました。その際に物語は未完のままとなっています。このことは作者の武井にとって不本意なことであり、その旨をアニメ版の声優によるラジオで語っていました。
しかし2008年になり、未完のままだった物語が補完されることになります。完全版の発売です。完全版では連載時に打ち切りとなった最終回から新たにエピソードが追加され、晴れてその物語の幕が閉じられることとなりました。

こちらの記事もチェック!

霊を操る魅力的なシャーマンたちが数多く登場


『シャーマンキング』の特徴はなんといっても霊的な力を持つシャーマンたちが多く登場することです。彼らは太古より世界各地に存在していて、病気を治す医療から政治を決める占いに至るまで歴史的に活躍してきました。
そんな彼らが物語に続々と登場し、それぞれの宗教的価値や特徴を活かして戦い活躍する物語はとてもわくわくします。霊的な物や神秘的な物がテーマなので、厨二心をかきたてられる内容が良いです。

主人公・麻倉葉と人間・小山田まん太との友情物語


物語は主人公の麻倉葉が転校先で小山田まん太と出会うところから始まります。シャーマンとしての修業のためにやってきた葉は、幽霊の見えるまん太を気に入り友だちになりました。
始めはシャーマンである葉の存在に戸惑っていたまん太ですが、葉の人柄に惹かれ、次第にその世界に興味を持ち始めます。葉の成長を見守るまん太は、やがて無二の親友となっていくのです。
シャーマンという異質な存在が集まる『シャーマンキング』の物語世界に置いて、まん太の目線は非常に重要となります。いわばまん太の目は読者の目であり、シャーマンという興味深い世界を広げるためのツールです。
そんな彼の目線があるからこそ、一緒に葉の成長を見守る感覚に陥り、感情移入がしやすくなっています。そのため多くのファンの心を掴んでいるのです。

婚約者・恐山アンナとの愛情の物語

出典:https://www.amazon.co.jp

物語が進むと、もうひとつの視点が増えます。それは恐山アンナの視点です。彼女は葉の許嫁であり、葉をシャーマンキングにするためのコーチでもあります。スパルタな恐ろしい鬼嫁キャラは一見すると面白いのですが、それはふたりの絆が成せる業です。
人の心が読め、鬼を呼び寄せてしまう体質を持つアンナは心を閉ざしていました。ですが葉の必死のがんばりで鬼も消え、同時に心の声が聞こえる呪いからも解放されています。ふたりの過去編だけでも感動的です。
本編ではその絆の深さを感じることができます。きつい特訓を葉に科すアンナですが、それは葉をシャーマンキングにしてあげたいという思いがある故です。アンナは葉がシャーマンキングになれると本気で信じており、そこには信頼もあります

こちらの記事もチェック!

ご先祖様で双子の兄・麻倉ハオとの因縁の物語


『シャーマンキング』を語るうえでなくてはならない存在が、ハオです。謎の目的を持った謎の悪役として登場し、シャーマンファイト参加者たちを翻弄します。強大で凶悪な敵としての登場です。
物語が進むにつれてその目的が明らかになってきます。ハオは1000年前に存在した陰陽師で、星を汚す人類を減らしシャーマンの王国を作り上げるために転生してきたのでした。ハオの野望を阻止すべく世界中から多くのシャーマンたちが集まります。
ハオが自分の双子の兄として生まれていたと知った葉は、物語の中心となってハオの野望を阻止しようとします。そしてケタ外れなハオの力を目の当たりにした葉たちは、シャーマンファイトの優勝をハオに譲り、シャーマンキングとなる儀式で決着をつけようとするのでした。

連載では未完・打ち切りで終わったジャンプ史に残る衝撃のラスト


優勝決定戦となる個人戦ではハオに勝てないと考えた葉は、シャーマンキングとなる儀式で眠りにつくハオを仲間と協力して倒す道を選びます。そこで仲間のチームとシャーマンファイトを辞退し、打倒ハオへの準備を進めることになりました。
シャーマンキングの儀式をするハオのもとへ辿り着くには、たちはだかる十祭司を倒す必要があります。儀式の場所はムー大陸。舞台は海底に沈んだムー大陸に移り、物語はいよいよ佳境へと突入しまいた。
そして葉たちが十祭司たちとの死闘を繰り広げている間、まん太は夢を見ます。ハオを倒すために集う葉と仲間たち、そしてプリンセス・ハオ。あのハオが王子様の訪れを待つお姫様になって終わるというジャンプ史上、衝撃の最終回となりました。

未完だった最終回が補完!大作らしいフィナーレ【ネタバレ】


連載では未完となって終わってしまった『シャーマンキング』ですが、完全版として復活しました。それだけでなく十祭司を倒してハオのもとへと向かう続きのエピソードが描かれ、物語は本当の最終回を迎えたのです。
まん太がプリンセス・ハオの夢を見たその後、残っていた十祭司たちを倒していきます。最後の戦いの中においても成長を続ける葉たちは、ついにハオのもとへと辿り着きます。しかしその時にはハオはシャーマンキングとなり、目覚めてしまいました
世界を滅ぼそうとするハオですが、それでも葉は彼の心を救うことを選びます。激しい戦いの末に、ハオと関わりのあった人々の魂がやってきたのです。最後に母親の魂がやってきて、愛のあるビンタを一発くらいます。ハオはもうすこし人類を見守ることを約束し、物語は終わります。

最終回が補完された完全版で魂揺さぶる大作を読もう!


武井宏之による『シャーマンキング』は多くのファンを魅了しながら、未完という形で惜しまれつつも打ち切りとなってしまいました。不本意ながら描きたいことを最後まで描き切れず、俺たちの戦いはこれから的な終わり方となってしまった『シャーマンキング』。
しかし2008年に発表された完全版はそのストーリーを補完し、作者も読者も満足のいくものとなりました。葉とハオを巡る戦いにも終止符が打たれ、世界にも一応の平穏が戻ったのです。
他にも完全版には詳しいキャラクター紹介が巻頭についており、より深く『シャーマンキング』の世界を知ることができます。他キャラクターにまつわるサイドストーリーなどもふんだんに掲載された究極のファンブックです。