【ヒナまつり】三嶋瞳の有能さを7つのポイントで語る!

極道サイキックギャグ漫画『ヒナまつり』。登場する超能力少女たちの破天荒さが目を引きますが、ヒロインの一人、三嶋瞳の適応力ももはや超能力!?最強の世渡り上手キャラとなってしまった三嶋瞳の、本人の望まぬままに発揮されつづける才能を紹介します!

『ヒナまつり』の有能少女 三嶋瞳とは?

ごく普通のかわいらしい少女だったはずなのだが・・・


『ヒナまつり』に登場する三嶋瞳はまだ中学生です。本作のトラブルメーカーで、未来からやってきた超能力少女のヒナとたまたま同じクラスになり(なってしまい)ます。そして彼女に関わってしまったばかりにその数奇な運命が音を立てて動き始めるのでした。
瞳本人の意向とはまったく関係なく、色々な仕事に手をつけていくことになります。なんでもすぐに覚えてしまうという特性と、断り切れない本人の性格とがあいまって、そこらへんの大人よりも人生経験を積んでしまうのです・・・。
そんな三嶋瞳は極度の巻き込まれ体質でもあるようで、色々なトラブルに見舞われては、そのつど手に職を付けていきます。そんなとんでもない状況がかさなりすぎて、ある意味ヒロインのヒナより目立つキャラクターです。

極道サイキックギャグ『ヒナまつり』とは?

漫画『ヒナまつり』は大武政夫の初の連載作品です。2010年からエンターブレインが刊行している「Fellows!」という雑誌に連載されています。2018年の春にアニメ化し、今後もその不思議な笑いで人々を虜にしていくであろう作品です!
若手極道・新田義史の住まいに突然超能力少女が未来からやってくるというぶっ飛んだ展開で「ヒナまつり」は開幕します。新田はヒナと名乗る少女を追い出そうとしますが、超能力で暴れまわる彼女の世話をしぶしぶすることに・・・。
ヒナが超能力で敵対勢力を制圧し、その超能力が便利だと知ると新田はヒナを利用しようとします・・・が、ヒナはとんでもないトラブルメーカーで、災難ばかりを引き起こす人物であることを知るのでした!

三嶋瞳の有能すぎる魅力1 中学生でバーテンダーに!驚愕の理由とは・・・


三嶋瞳の運命の歯車が回り始めるのは、ヒナを放ってキャバクラを遊び歩く新田が原因でした。さらに直接の原因となったのがヒナで、彼女は新田を探すために瞳も一緒に連れ出します。そして瞳を新田の行きつけのバー「Little Song」に置き去りにしたのです(ひっでぇ・・・)
新田を探すためにヒナが店主の詩子を連れ出してしまったため、バーにひとり取り残される瞳。そんなタイミングで運悪く、店の常連客がやってきます。店の人間じゃないからと客のオーダーを断る瞳ですが、客の指導でしぶしぶ酒を出すことに・・・。
そして詩子たちが戻ってきたころには、すっかりバーテンダーとしての仕事ぶりが板につき(!!!?)、みんなを驚かせていました。中学生にして短時間で酒の作り方を覚えてしまうほど、驚異的な吸収力を持っているのです・・・っていうか中学生にお酒出させちゃダメでしょ!!

三嶋瞳の有能すぎる魅力2 店長・詩子より有能になる成長ぶり


そんな瞳の才能を知ってしまった詩子は、瞳を手に入れるためバーで酒を提供している写真を撮り、彼女を詩人の経営するバーに取り込みます。そして瞳を大学生と偽って働かせてしまうのでした・・・えげつないですね。
しかし飲み込みの早い瞳はバーの常連にシェイクとステアの技術を認められるまでに成長!短期間でお酒の名前を言われるだけで、すぐに提供できてしまうほどの知識と技術を身に着けてしまうほどに・・・瞳の才能は恐ろしいですね。もはやこれも超能力・・・。
さらに酒の作り方も仕事の効率も詩子を越えてしまい、元来グータラな性格の詩子は一生懸命働く瞳をそっちのけで、ただただダラダラしてバーで過ごすだけになってしまいます。完全に大人と立場が逆転してしまった恐ろしい中学生です。

三嶋瞳の有能すぎる魅力3 ヒナの代わりに生徒会の書記をやらされる・・・

学校を牛耳るドンになるという理由だけで生徒会長に立候補したヒナですが、一年生なのでなれるはずもありません。書記として選ばれると落胆し、いちども生徒会には顔を出さなくなります。
そこで白羽の矢が立ったのは有能過ぎる少女、瞳でした。彼女はヒナの代わりに仕方なく生徒会室に行くも、多くの仕事を頼まれることになりました。そこでも瞳は恐ろしいほどの才能を発揮します。
言われた仕事を言われた通りだけでなく、それ以上に痒い所に手が届く仕事ぶりで大活躍。その手腕は見事なもので、今後も代理として生徒会で仕事をしてくれるよう頼まれるなど瞳はここでも才覚を発揮してしまいます。

三嶋瞳の有能すぎる魅力4 中学生にしてOLに

バーテンダーに生徒会書記代理。断り切れない性格が仇となり、瞳は様々な仕事を引き受けることになります。そのほとんどがバーで知り合ったツテで、はっきり言って学生のやるような内容ではありません。
そしてなんやかんやあり、なんとOLとして会社にまで勤めるようになります。童顔で嫌な顔せずなんでもこなす瞳を先輩OLたちがかわいいと思うはずはなく、ここでも瞳は活躍。それにしても学生でOLってどういうこっちゃねん・・・。
時に嫌味の言葉を浴びせられますが、そんな言葉もなんだかわからないままに瞳はOLとしての業務を淡々とこなします。最終的には詩子にそそのかされて、高級マンションでひとり暮らしをすることになります。決して安くないマンションでの生活費を払うために、多くのわらじを履きながら中学生をする瞳は規格外すぎますが、非常に不憫です。

三嶋瞳の有能すぎる魅力5 英会話を学びたい!→軍事訓練!?


瞳はある日、語学を学ぶために2週間の短期留学をしたいと言い出します。それには働きづめの生活から解放されて、バカンスを楽しみたいという目論みがありました。たまたまバーに居合わせた斡旋会社の協力で、念願の留学をすることに
しかしもはや意味不明な手違いで瞳は本来向かうはずだった英会話の教室ではなく、なんと軍事訓練のキャンプに行かされます。英語がわからなかった彼女は不審に思いながらも、英語を学ぶのに必要なことだと訓練を受け続けるのでした。
なんとか英語を勉強しつつ訓練についていくと、いきなり射撃をやれと命じられます。本来の目的を知っていれば当たり前なのですが、英会話を習いに来ていると思っている瞳は当然驚きます。しかし、そこでも恐ろしい才能を発揮。すべての弾が的の中心に集まるという超人ぶりを発揮するのでした。っていうか気づいて!瞳ちゃん気づいて!

三嶋瞳の有能すぎる魅力6 高校生で社長の座にまで上り詰める!

新田ともバトル?!


中学生だったころから物語は3年後へと飛び、高校生になった瞳は知り合いが新しく立ち上げた会社の社長に抜擢されました。しかもかなりのやり手のようで、おもちゃのプロモーションをするコンペティションでは、コンサルタント会社として新田と対決するほどです。
さらに数奇な巡りあわせが彼女のもとへやってきます。父親の会社が倒産し、就職活動中だった父親が瞳の会社に面接にやってくるのでした。そして反対意見を押し通して、コネで父親を入社させます。
こうして瞳は父親からも写真からも自分の正体を隠し、高校生である身分を隠しながら2足のわらじ生活を見事にこなすのでした。知り合いとニアミスしながら正体をバラさずに多忙な生活をこなす瞳は、もはや超人です。この辺から泣けてきますね・・・。
こちらの記事もチェック!

三嶋瞳の有能すぎる魅力7 たまに出てくる辛辣な言葉


瞳は見た目もかわいく、同級生やバーのお客から恋心を抱かれるほどです。そんな瞳は性格も人当たりがよく、相手にノーと言うこともできません。しかし本人にはその気もなく、さらりと辛辣なことを言ってしまうことも・・・
とくに詩子に対しての言葉は酷く、使えない彼女への直球すぎる文句を独り言のように口走ることがあります。しかしながら詩子に対してはそれほどまでに追い詰められているので、しょうがないと言えばしょうがないです。っていうかもっと言っても良いですよね!?
また、友だちに対する評価が辛口になることもあります。さすがにヒナでもおつかいくらいはできるのではないか、と何気に辛辣な言葉まで飛び出しますが、本人に悪気はありません見ていて面白いです。もっと言っちゃって下さい。

どこまで行くんだ・・・有能すぎる三嶋瞳の武勇伝!


ヤクザ×超能力少女という異質な組み合わせの漫画『ヒナまつり』。そんな超能力少女の同級生として登場する三嶋瞳が普通の女の子かと思いきや、これがとんでもない才能を秘めたモンスターでした。
バーテンダーとして無理やり働かされたかと思うと、才能を発揮します。そこで知り合った人たちから色々な仕事を紹介されて、中学生にしてOLになります。他にも色々な仕事をやっているようで、がてん系の仕事はきついとあるまじき発言をしている描写もありました。
高校生になると社長にまで出世し、射撃の才能まで発揮したりと凄まじいです。そんな瞳さんは巻き込まれ体質であったり、悪気もなく辛辣な言葉を放ったりと、登場するたびに笑わせてくれます。ツッコミ役としてもこの漫画になくてはならない存在です。瞳ちゃん、頑張って!
こちらの記事もチェック!