【シュタインズゲート】牧瀬クリスはツンデレ女王!天才ツンデレの魅力5選!

美人で天才でツンデレとか・・・!萌え要素詰め込みすぎの期待の18歳、牧瀬紅莉栖の魅力に迫る!「シュタインズ・ゲート」シリーズ最大のキーパーソンにしてヒロインにはどんな秘密が・・・?

『シュタインズゲート』牧瀬紅莉栖とは?


若くして父をも超える研究成果をたたき出すほどの天才科学者・牧瀬紅莉栖(まきせ くりす)!研究熱心で好奇心旺盛!冷静沈着、分析力と判断力もピカイチです!!しかし好奇心旺盛な性格が災いし、岡部倫太郎(おかべ りんたろう)という重度の中二病患者とかかわることに・・・。
未来ガジェット研究所のラボメンNo.004。本作のヒロインにして「線形拘束のフェノグラム」と「(劇場版)負荷領域のデジャヴ」のもう一人の主人公。18歳。1992年7月25日生まれ。身長160cm、体重45kg。血液型はA型。スリーサイズはB79/W56/H83。

出典:https://ja.wikipedia.org

岡部がダルこと橋田至(はしだ いたる)とともに作った電話レンジに興味を持った紅莉栖は、ガジェット研究所に通い詰めラいつしかラボメンに。そして紅莉栖は過去にメールを送るだけだった装置をタイムリープマシンとして完成させるのです!

クリスは18歳ながらとてもしっかり者で、礼儀知らずな岡部と常にぶつかり合います。特に「助手」や「クリスティーナ」などあだ名で呼ばれることを嫌い猛抗議。それでも次々と妙な名前を作り出す岡部に、紅莉栖もあきらめざるを得ないのでした・・・。

天才でも完ぺきじゃない!ちょっと抜けてる紅莉栖が可愛すぎる!


岡部との初対面では論破に次ぐ論破で、鮮やかに岡部を言い負かすほどの頭のキレを持つ紅莉栖・・・。天才的頭脳に美しい外見、才色兼備の完ぺき少女かと思いきや、紅莉栖にも弱点があったのです!

ある時、研究成功のパーティーをすることになったガジェット研究所のラボメン達。女子メンバー総出で手料理をふるまうことになったのですが、ここで見せた紅莉栖の料理が独創的すぎる・・・。なぜカレーを作る鍋にリンゴを丸ごと入れる・・・?

クリスが作ったアップルパイは、バイト戦士・鈴羽曰く「紅莉栖がいなければもっと楽しかった」というほどの不味さだったようです。ほかにも「普通に作っても面白くない」と言ってサラダにグレープフルーツと納豆をコラボする独特のセンス・・・天才ならではの感性なのでしょうか!?
こちらの記事もチェック!

牧瀬紅莉栖の魅力1 声優は今井麻美!


天才科学者・牧瀬紅莉栖を演じたのはアニメや舞台、ナレーターなど幅広い活動をしている今井麻美!強気でツンとしたイメージなのに可愛さを組み込んだ絶妙な演技が、牧瀬紅莉栖というキャラクターを完ぺきに表現しています。THE IDOLM@STERでも如月千早を演じられてましたね。

天才らしい冷静で大人っぽい一面と18歳らしいかわいらしさが相まって、素直になれない紅莉栖の性格が声から伝わってくるようです。絵に描いたようなツンデレ紅莉栖にトキメキが止まらない・・・!

いつもツンと気を張っているクリスですが、父との関係が芳しくない影のある一面も。天才とツンデレ、そして内に秘めた心の闇・・・それらすべてが盛り込まれた演技は必見です!!

牧瀬紅莉栖の魅力2 牧瀬クリスは天才科学者!


アメリカのヴィクトル・コンドリア大学脳科学研究所所属研究員。専攻は脳科学であるが、他の理系分野に於いても博識である。日本出身だが、2003年(小5)の頃から母親と共にアメリカに移住している。若くして飛び級で同大学を卒業し、17歳にして学術雑誌で名高いサイエンスに自らの論文が掲載される程の才媛。

出典:https://ja.wikipedia.org

記念すべき岡部との初対面エピソードでは、岡部を論破しただけでなく中二病設定・狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真(ほうおういん きょうま)をバカにしたように「なら作ってみてくださいよ・・・鳳凰院・・・凶真さん?」とうっすら微笑み余裕まで伺わせる紅莉栖。そんな紅莉栖に岡部はぐうの音も出ません

大学生である岡部をいとも簡単に言い負かす紅莉栖は紛れもなく天才!自らの研究に対する自信と、確かな裏付け、そして驚異的な分析力のなせる業です。そして。岡部とダルが作り上げた電話レンジに興味を示したこともさすが紅莉栖、お目が高い・・・!

この電話レンジは最初は物体をゲル化させるだけの、時空を超えるための失敗作でした。やがて過去にメールを送ることのできるようになり、クリスはこの電話レンジをもとにタイムリープマシンを完成させるのです・・・!岡部はのちに「紅莉栖のタイムリープ理論は完ぺきだった」と語るのでした・・・。

牧瀬紅莉栖の魅力3 ツンデレ発言連発!岡部との会話


それにしてもこの助手、ツンデレである~」ダルにもお墨付きをもらうほど、紅莉栖は絵にかいたような典型的ツンデレ!岡部がクリスに向かって大声を出した時涙ぐんでしまった紅莉栖の言い訳は「男の人に怒鳴られて怖かったとか、そんなんじゃないんだから!」・・・このツンデレ、本物である

「助手でもティーナでもない!」岡部と紅莉栖の言い合いの定番フレーズです。どこかかみ合わない、犬猿の仲の2人でしたがまゆりを助けるために一人タイムリープを繰り返す岡部の力になったのは、いつも紅莉栖でした。

岡部が何気なく「紅莉栖」と呼んだことに、驚きつつも素直に喜ぶ紅莉栖。「ちゃんと名前を呼んでくれたことも忘れちゃうのかな」世界線を移動し続ける岡部に、紅莉栖は切なそうにつぶやきます。何度でも呼んでやりなよ!!岡部の鈍感!!思わずそう叫んでしまうようなシーンでした。
こちらの記事もチェック!

牧瀬紅莉栖の魅力4 世界線を超えた先に待つ死・・・岡部を思う気持ち


岡部はまゆりを助けようとタイムリープを繰り返し奔走するうち、まゆりを助けた先のβ世界線で待つものが紅莉栖の死であることを悟ります。自らの死が待つことを知りながらも紅莉栖は「元の世界線に戻ることが岡部のためであり私のため」そう言ってまゆりを助けるように岡部を促します。

「どの世界線でも、助けてくれたのは紅莉栖だった」いつしか岡部にとって、紅莉栖は特別な存在となっていたのです。「俺はお前が好きだ。お前はどうなんだ」ストレートな告白に、頬を赤らめる紅莉栖。クリスは目を閉じるように岡部に指示し、そして2人はキスを交わすのでした。

「べ、別にしたくてした訳じゃないから。ファーストキスのような強烈な印象とともに海馬に刻まれた記憶は忘却されにくい・・・」とまたしてもツンデレな言い訳!大切な人との時間は、短く感じる・・・相対性理論のロマンスを感じながら、岡部との別れを惜しむのでした。

※ゲームでの紅莉栖ルートとアニメの違いは?


正規ルートは、ゲームもアニメと大筋同様のストーリーのようです。しかし、ゲームでしか見ることのできない紅莉栖と岡部の胸キュンエピソードが途中に織り込まれています!なんと、あのクリスが「岡部って・・・好きな人いるの?」と聞いてくる場面が!!

そのうえ「何となくよ!特に意味はないんだから!」とここでもツンデレ全開!!エンドは同じでも、過程で楽しませてくれる・・・ゲームの『シュタインズゲート』にはそんな要素が満載!ツンデレだけでなく、ヤンデレな一面も拝めるということですね!?

また『STEINS;GATE 0』では紅莉栖を救うことのできなかったβ世界線が舞台。Amadeusに紅莉栖の記憶が保存されているというストーリー。一から紅莉栖との関係を築きなおす、紅莉栖ファンならはまってしまうこと間違いなしのストーリーです!

牧瀬紅莉栖の魅力5 お別れはこっそり口パク・・・素直じゃない性格


日本を立つ紅莉栖を秋葉原駅まで見送りに来た岡部に、ドクターペッパーを投げ渡す紅莉栖。しかし的を大きく外れ、それを岡部が拾いに行っている隙にクリスは姿を消してしまいます。声を出さずに告げた別れは「さよなら」といっているように見えました。

誰も覚えてない自分を、覚えている岡部はきっと苦しむ。でも、そのつらさが愛しい・・・。ふとした瞬間に、岡部が思い出してくれるだけでいい。「1%の壁の向こうに私は必ずいるから」クリスは一人、思いを馳せます。

岡部は全ての元凶であるSERNのデータを削除しβ世界線に移動しますが、紅莉栖を失った苦悩のあまり中二病設定が全開に。「その口調、もう続けなくていいんだよ。オカリンは、オカリンのために泣いていいんだよ」そう慰めるまゆり。岡部は「これでよかったんだ」と自分に言い聞かせるのでした。
こちらの記事もチェック!

【ネタバレ】SERNと紅莉栖の関係は?


α世界での未来は、SERNにより支配された自由のない世界。ここでの紅莉栖は、タイムマシン開発の重要人物。SERNにとって、紅莉栖はタイムマシン開発にはなくてはならない存在なのです。

「タイムマシン開発の母」と呼ばれているクリスは、阿万音鈴羽(あまね すずは)をはじめとするレジスタンス組織「ワルキューレ」にとっては天敵なのです。しかし、紅莉栖が意図していたのは、タイムマシン開発でSERNの支配のないβ世界線に行くこと。

「SERNの支配のない世界に」という目的は同じにもかかわらず、情報操作により紅莉栖の思いを知らない鈴羽はクリスを敵対視していたのでした。紅莉栖は天才ゆえに、恐ろしい未来を導いてしまっていたのですね・・・。

『シュタインズゲート』たどり着くのはタイムマシンのない世界・・・感涙のハッピーエンド!


クリスを失った悲しみも癒えぬうち、第3次世界大戦を防ぐべく、再び姿を現すバイト戦士・鈴羽。ミッションは牧瀬紅莉栖を助け、アトラクタフィールドの干渉を受けない唯一の世界線「シュタインズゲート」を目指すこと。

「シュタインズゲート」は岡部とダルが推測した理論上の世界。岡部はこの未知の可能性にかけて、クリスを救うために旅立つのでした。そして紅莉栖を救うことに成功し、誰も死なない未来を勝ち取った岡部。しかし、紅莉栖には岡部と過ごした3週間の記憶はありません。

「また会えたなクリスティーナ!」そう呼びかけると岡部に「だから私はクリスティーナでも助手でもない!」と紅莉栖。そう言った紅莉栖が一番不思議そうにしています。無限の可能性がある未来、その中でも岡部とともに歩む未来がシュタインズゲートの選択なのでした。

こちらの記事もチェック!