【天空の城ラピュタ】豪華声優陣を一挙ご紹介!不朽の名作に意外なあの人も出演!

1986年に公開された、スタジオジブリ初製作である宮崎駿監督の長編アニメ映画『天空の城ラピュタ』。30年以上経っても色褪せない作品の声優さんをご紹介致します!

【天空の城ラピュタ】スタジオジブリが誇る最高傑作の声優たち


金曜ロードショーで放映されるたびに、話題になるジブリの最高傑作ファンタジー作品『天空の城ラピュタ』、私も幼い頃に観てから何度観たか判りません。今回はそのラピュタの世界を彩る声優さんにスポットを当ててご紹介致します!
中には近年の作品でも主人公をしているあの方や、出ていたの!?と驚く方もいらっしゃいます。
こちらの記事もチェック!

主人公・パズー/田中 真弓

ラピュタの主人公を演ずるはONE PIECEのルフィ!


「親方、空から女の子が!」の名言から始まり、少年としての等身大主人公を演じたのは、1955年月1月15日生まれの声優・女優・ナレーターの田中真弓(たなか まゆみ)さん。
代表作として、1999年から放送中の大人気アニメ『ONE PIECE』の主人公であるモンキー・D・ルフィを筆頭に、1993年放送の『幽☆遊☆白書』のコエンマや、『ドラゴンボール』のクリリンなど、女性でありながら、数多くのヒーローやコミカルな男性役を多くこなす方です。

シータ/横沢 啓子

ラピュタのヒロインは旧ドラえもんのドラミちゃんなども担当

シータ役は、1952年9月2日生まれの声優、女優。透明感のある女性らしい声が特徴の横沢 啓子(よこざわ けいこ)さん。思わず守ってあげたくなる女の子ですが、いざと言う時は凛としている、まさに正統派ヒロインですね。
代表作には1979年から放送のアニメ『ドラえもん』の初代ドラミ役があり、それ以外にも1987年放送『エスパー魔美』の主人公である佐倉魔美など、まさに女性らしい澄んだ声での活動が多く見られます。

ムスカ/寺田 農

ラピュタを代表する冷徹な悪と名台詞「目がぁぁ」を熱演!


ラピュタ王家の末裔で、ラピュタの力を手に入れ支配することを望んでいるムスカ役は、1942年11月7日生まれの俳優、声優である寺田 農(てらだ みのり)が務めました。声優デビュー作が『天空の城ラピュタ』と思えない演技ですね。始終冷徹なヒールを演じ、バルスの後の演技は今も語り草です。
実は文学座出身の俳優さんで、俳優としての映画デビューは1965年『恐山の女』、元々の演技力が高い人だったんですね。洋画の吹き替えでの代表作としては1962年の『101匹わんちゃん』ではコリー犬のコリー、1982年の『ガンジー』では主人公のマハトマ・ガンジーなど。

モウロ将軍/永井 一郎

訃報に涙!磯野波平と真逆の演技が光ります


ムスカと共にラピュタを探そうとする、モウロ将軍。こちらの声優さんは1931年5月10日生まれの俳優、声優、ナレーターで活躍していた、永井 一郎(ながい いちろう)さんです。
アニメの代表作としては1969年から放送中の『サザエさん』の初代・磯野波平!あの温厚なキャラとは真逆ですね、永井さんは洋画吹き替えのお仕事が増えたことにより、声優業に専念されるようになりました。
中年や老人の役を演じる事が多く、同じくジブリの1984年公開の『風の谷のナウシカ』のミトなども演じています。2014年1月27日82才にして虚血性心疾患による心不全による訃報に永井さんのファンは涙しましたが、告別式では多くの声優たちに見送られました。

ドーラ/初井 言榮

こんな風に歳を取りたいと思える心強く優しい女性


「40秒で支度しな!」パズーとシータを追いかける事で出会いますが、段々と二人の味方につく肝っ玉母さんポジ、空賊の女首領であり、飛行船・タイガーモス号の船長でもあるドーラ役を演じたのは1829年生まれの女優、声優である初井 言榮(はつい ことえ)さん。
パズーを鼓舞するような台詞ひとつひとつが小気味良いものです。1978年『愛と喝采の日々』のエマ、1987年『ラストエンペラー』の西太后などの吹き替えをなさっていますが、1990年9月21日、胃癌のため61才で亡くなりました。葬儀は青年座を結成当初から支えた功績から、青年座劇団葬として営まれたそうです。

三兄弟…シャルル/神山卓三、ルイ/安原義人、アンリ/亀山助清

3人はラピュタの清涼剤!?


ドーラの息子である三人の兄弟は、物語が空族のシーンに移動してから、コミカルな面を担ってくれますね。三人の声優さんもご紹介していきます!

シャルル/神山 卓三


ドーラの長男で、30歳のシャルル、豊かなヒゲを持つ大男で、ダッフィーと力比べを繰り広げます。好物はプディングですが、シャツを胸筋だけで弾き飛ばすほどの怪力!兄弟の中で縁の下の力持ちを演じたのは、神山 卓三(かみやま たくぞう)さん。
1931年11月22日生まれの俳優、声優で、アニメ作品では中年や老人役、または動物の声を演じる事が多い方です。代表的な出演作品は1966年放送のアニメ『おそ松くん』のダヨーン、デカパンなどで、2004年3月15日、敗血症のため72才で亡くなりました。

ルイ/安原 義人


ドーラの次男で、25歳のルイは、ちょび髭でシータの女性らしさに、しばしば鼻の下を伸ばしては怒られています。好物はミンス・ミートパイで、そんな彼を演じたのは安原 義人(やすはら よしと)さん。
1949年11月17日生まれの俳優、声優さんで、代表的なアニメ作品では1996年から放送のテレビアニメ『るろうに剣心』の四乃森蒼紫役をなさっています!意外なキャスティングですね。

アンリ/亀山 助清


ドーラの三男で、20歳のアンリ。タイガーモス号の操縦を務めており、あまり表には出ませんが、操縦と言う大役を担っています。三兄弟の中で唯一髭が無く、頬にそばかすがあるアンリ役は、亀山 助清(かめやま すけきよ)さん!
1954年11月9日生まれの声優さんで、2003年に二代目だった八代駿が亡くなってからは、三代目プーさんとして日本語版『くまのプーさん』の声をして親しまれていましたが、2013年1月26日午前、悪性リンパ腫に伴う肺炎のため58歳と言う若さで亡くなりました。

ハラ・モトロ/槐 柳二

亡くなってしまっても作品の中で色褪せずに……


タイガーモス号のベテラン技師。一家からはじっちゃんと呼ばれ、ルイは怒らせるとドーラより怖いと評している。ドーラの父の代からいる部下、(このキャラの風貌は『千と千尋の神隠し』の釜爺に少し似ていますね。)ハラ・モトロ役槐 柳二(さいかち  りゅうじ)さん。
1928年3月27日生まれの声優さんで、1968年放送の『ゲゲゲの鬼太郎(第1作目)』の、ぬらりひょん役など古くからアニメ界を支えている大御所さんです、2017年9月29日、うっ血性心不全のため89歳で亡くなりましたが、数々の作品に声として生きていらっしゃいます。

声優の関俊彦と林原めぐみも実は出演しています!

関俊彦(役名表記なし、シャルルと親方の喧嘩シーンのガヤで出演)


1962年6月11日生まれの声優、舞台俳優、歌手、ナレーターであり、今でこそ声優界では大きな存在の関 俊彦(せき としひこ)さん、ラストのクレジットを見て驚いた方も多いのではないでしょうか?
実際には役名の表記はありませんが、シャルルと親方が喧嘩するシーンの野次を今度ラピュタを観る機会があったら、是非とも耳を澄まして聞いてみてください!

林原めぐみ(青い服の婦人)


1967年3月30日生まれの女性声優、歌手、ナレーター、ラジオパーソナリティ、作詞家(MEGUMI名義)、エッセイストと幅広くお仕事をされている、林原めぐみさん、実は初の劇場アニメ出演作品がこちらのラピュタでした!
パズーに「まだ仕事ー?」と声をかける青い服の女性で登場していらっしゃいます。今でも作品を見返して飽きることがないのは、脇を固める役にもこう言った今の大御所さんが彩りを与えて下さっているからなのですね!

ラピュタ初放映から30年以上経ち名場面を皆で楽しむ時代に!

1分間に23万以上も「バルス」とツイートが!


嘗て、初めて劇場でラピュタを観た方は、楽しみの共有は手紙だったかも知れません、幼少期の私は学校の友人達と語る程度でした。そして、時代が進むにつれ、電話やSNSと媒体が増え、今ではTwitterなどで鑑賞を共に楽しめる時代となりましたね。
なんと、ラピュタの放映時、ラストのパズーとシータが手を取り合い「バルス」を放つ瞬間には23万以上もの「バルス」ツイートが!一度経験されていると判るかも知れませんが、Twitterが落ちてしまうくらいのものです。
あの名シーンをリアルタイムに皆で共有出来る、その作品が30年以上昔のものであっても、ラピュタの与えてくれる感動はいつまでも変わらない証拠だと思います!今は亡き声優さんも多いですが、作品の中ではいつまでも輝いていてくれるのが嬉しいです。
こちらの記事もチェック!